バスケットボール
 

法政 vs 流通経済大学(5/11)

2010/05/11
代々木第二体育館

第1ピリオド、#21加藤がフリースローを沈め、このゲーム初のとなる得点を挙げる。序盤は初戦という硬さからかなかなか決まらず、ロースコアのまま試合が進む。昨年のこの大会で3Pランキング2位に輝いた#11長谷川が3Pを決めるが、流経大も負けじと応戦する。終盤、#8深尾が3回目のファウルを犯すなど両チームともチームファウルが5回となる展開で第1ピリオド終了。25-19で第2ピリオドへ。

試合結果

トータル試合結果

107 25 1Q 19 76
24 2Q 13
32 3Q 18
法政大学 26 4Q 26 流通経済大学

第2ピリオド、立ち上がりから流経大がゾーンディフェンスに戦術を変えたことでリズムを崩される。だが次第に対応し、#3鈴木の3P、#41谷口のオフェンスリバウンドからの得点もあり、リードを広げる。後半は一転、得点のない時間帯が続く。一方で流経大に立て続けに決められるが、49-32とリードを保ったまま、前半終了。

第3ピリオド、#11長谷川の連続得点さらに#3鈴木のスティールからの得点で、追いすがる流経大を引き離す。#6陳のハイポストからのシュート、#11長谷川と代わったルーキー#0高田の得点などで81-50と更にリードを広げ、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、法大は新戦力を試すため選手を次々投入。これまで出場機会の少なかった#37岸、#0高田と同じくルーキーの#13三角が期待に応える働きを見せ、107ー76で初戦を見事飾る。選手達が「山場」と語る明日の早大戦に向けて、弾みのつく結果となった。

選手のコメント

#10山越主将

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
今日は相手がどうのこうのではなく自分たちのやるべきことをやる試合でした。やるべきことはみんなに伝わっているので、出来ていない部分は反省します。

―出来ていない部分は具体的には何ですか?
ボックスアウトとかあとリバウンドは確実に取りに行かないといけないと思います。

―練習通りに出来たところはありますか?
守って走るというチームの意識は浸透していると思います。

―チームの状況はいかがですか?
みんなが目標に向かってひとつになってやっていると思います。

―下級生の活躍についていかがですか?
好きなようにやってもらえばいいと思う。支えていることもわかってくれているので。

―監督から何か指示などはありましたか?
やることは分かっているので、言われる前に自分からみんなにやらせるようにしています。

―キャプテンとして心掛けていることはありますか?
小学校の頃からやっているので特にないです。みんながやりやすいようには心掛けています。怪我人がひとり出てしまったけれどそのこと以外は順調だと思います。

―明日は電鉄杯で一度対戦した早大ですが具体的な対策などはありますか?
マネージャーと自分でビデオみて研究しました。あの試合は相手にやられたっていうより自分たちがやられたので。2試合目の試合だったので継続する力がついていなかった。明日は1試合だけなので最初から守って走っていきたいです。負ける相手ではないので。

―明日の意気込みをお願いします
自分が試合に出てる時も出てない時もチーム力を意識して負けないようにしたいです。

#3 鈴木選手

―今日の試合を振り返っていかがですか?
課題の残る初戦でした。

―序盤は硬さが見られましたが?
自分的に緊張はなかったんですけど、入りは意識していたし初戦だし硬かったですね。

―孤軍奮闘に見える場面もあったが?
去年から試合に出ているのが自分と長谷川だけなんで、声をだしていかなきゃというのはありました。

―チームの雰囲気はいかがですか?
ミーティングをして上がり調子ですね。京王電鉄杯のころは連戦続きで疲れてたんでそのころよりは。

―流経大の印象は?
今日は流経がどうっていうより、自分たちが相手にセカンドチャンスをあげちゃったりした感じですね。

―修正点は見つかりましたか?
スクリーンアウトと攻守の切り替えと流れが悪いときのオフェンスの組み立てです。リバウンドは…みんなボールを見過ぎなのかわかんないですけど、話し合ってやっていきたいです。

―明日の早大戦へ意気込みをお願いします
とりあえず何が何でも勝ちたいです。

 

フォトギャラリー

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み