バスケットボール
 

法政 vs 早稲田大学(5/12)

2010/05/12
代々木第二体育館

試合結果

トータル試合結果

72 20 1Q 19 75
22 2Q 19
17 3Q 13
法政大学 13 4Q 24 早稲田大学

第1ピリオド、法大は#11長谷川の1on1や#41谷口が得点を重ねる。すると、早大もインサイドで応戦し、一進一退の攻防が続く。中盤、法大は#21加藤らの激しいディフェンスで早大の得点を阻むが、なかなか流れに乗ることができない。このままお互い一歩も引かず、残り1分で逆転されるが#11長谷川がシュートを決め1点のリードを守り20-19で第1ピリオド終了。

第2ピリオド、法大は序盤から#3鈴木がカットインから得点を奪い、さらに激しい相手マークの間から#11長谷川が3Pシュートを沈め、流れを掴みかける。しかし早大の3Pシュートで再び点差が縮まってしまう。最後まで拮抗した展開が続くが#11長谷川が速攻から得点を奪い、42-38と法大が一歩リードして試合は後半へ。

第3ピリオド、#11長谷川、#41谷口が得点、さらに再び#11長谷川が3Pシュートと立て続けに得点を奪い49-38と11点差まで引き離す。しかしそこから先は点差を広げることが出来ず、一時は早大の3Pやフリースローで点差を詰められてしまう。だが#11長谷川が立て続けにシュートを沈め再び点差を二桁に戻す。終了間際に早大に3Pシュートを沈められると、59-51と法大の8点リードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド、序盤から早大のシュートが決まり始めると、開始2分で3点差まで迫られてしまう。法大も#11長谷川、オフェンスリバウンドから#21加藤が得点するも早大の流れは止められず。残り4分ついに65-65と同点に。さらにフリースローで逆転、続けて得点され3点差に。しかし、すぐさま#11長谷川が3Pシュートを決め同点に戻し、その後も一進一退の激しい攻防が続く。残り50秒を切ったところでこの試合の勝敗を分けた3Pシュートを決められ72-73と1点リードされる。時間がなくなった法大は残り15秒でファウルゲームに出るがフリースローを2本とも決められ3点差。最後の望みを#11長谷川の3Pシュートに託すがこれが外れ試合終了。72-75でベスト8への道は絶たれた。

選手のコメント

#3 鈴木選手

―今日の試合を振り返っていかがですか?
今日は気合を入れて挑んだんですけど、途中から流れが悪くなってしまいましたね。

―11点差まで開く場面もありましたが?
ちょっと集中が切れて、そのときに攻められちゃいました。

―(早大が)オールコートのディフェンスでしたが?
特にやりにくさとかはなかったですね。でも、最後の方に失速してしまいました。

―決定的な敗因は何だと思いますか?
最後にローテーションがうまくできていなくて、外からやられてしまったことですね。やっぱり油断して気を抜いたときに攻められてしまったと思います。

―ベスト16という結果についてはいかがですか?
この結果はもう受け止めるしかないので、今回の試合をリーグやインカレにもつながるようにしていきたいです。(今日の試合を)教訓にこれからやっていきたいと思います。

―今大会で残った課題は何ですか?
うちのチームは背が低いので、スクリーンアウトや攻守の切り替えですね。

―今後、特に練習していきたいことは?
やっぱり速さを鍛えて、ディフェンスでのローテーションやカバーディフェンス、ゾーンディフェンスをしっかり練習したいです。

―逆に得られたものはありますか?
今まであまり出ることができなかったメンバーが試合に出れて、経験が積めたということは良かったと思います。この経験を生かして頑張りたいです。

―リーグ戦に向けて意気込みをお願いします
去年も初戦は勝つことができなかったので、まず初戦は勝てるように。気合いを入れて練習していきたいです。

#11長谷川選手

―試合を振り返っていかがですか?
負けたけど今までで一番いい試合でした。

―最大で11点差までリードを広げましたが?
みんな今日は気持ちを持っていたから、プラスにはなったと思います。でも点差が広がったことで気を抜いたわけではないし、そこは向こうの4年生の経験が出たのかな…。どうしようもないしこれからですね。

―4Qで逆転を許してしまったが?
(早大の)気力に押し負けてしまいました。バテたとかもあるかもしれないですけど、ハードな試合だったしみんな少ない試合経験の中でよくやったと思います。

―最後のタイムアウトではどのような指示があったのでしょうか?
焦らないようにということと、ディフェンスが狭くなっているから足を使っていこうとかです。

―長谷川選手自身、3Pシュートを打つチャンスが減っていると思いますが?
去年より明らかにマークはきつくなっているし、その分中に入ったり他のところでもっと点数を取れるようにしたいです。

―ベスト16という結果についてはいかがですか?
屈辱ですよね。1からまたリーグ戦に向けてやっていきたいと思います。

―今日の敗戦は今後に繋がるでしょうか?
またミーティングをして、繋げていかなきゃいけないです。

―今後に向けて目標や意気込みをお願いします
体を強くして、リーグ戦は負けられないんでみんなで話し合って、一生懸命やっていきたいです。

#41谷口選手

―今日の試合を振り返っていかがですか?
相手が二部だったんですけど、京王(電鉄)杯でボロボロにやられていて、次はみんなチーム一つになって勝ちに行こうと思っていました。それがこういう結果になって…。でもみんな切り替えは出来ているので、次につながる試合だったと思います。

―早稲田大の対策はしていましたか?
やっぱり、20番の久保田のところをしっかりカバーして守って。成功したんですが、アウトサイドのパスが綺麗に通ってスリーでやられたので、そこは改善しなくてはと思います。

―早稲田大の注意すべき選手はやはり♯20久保田選手だったのでしょうか?
そうですね。あとは上の三人のスリーが決まって乗り出してくると厄介なので。外も中も今日は厳しかったなと思います。

―第2Qまで詰まっていた点差が第3Qでは11点差までリードしましたね
ハーフタイムでしっかり選手同士でここでもう一回気を入れなおそうということを言って、それが実行できたのが大きいかなと思います。

―第4Qではシュートがあまり入らなくなりましたが…
流れが向こうにあって、ディフェンスもうまくいかなくって、疲れがあって足も動かなかったので。そこがやっぱり悔しいです。

―課題はありますか?
一人一人が一試合走りきって、足動かして出来るようにすることです。

―今後、どのように修正していきますか?
選手同士でコミュニケーションがしっかり取れて、ディフェンスも連携で流れるようになったらもっと強くなるし、しっかり良い所まで行けるんじゃないかと思います。頑張りたいです。

フォトギャラリー

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み