バスケットボール
 

法政 vs 東海大学1回戦(9/4)

2010/09/04
専大生田キャンパス体育館

 

20100904-01

試合結果

トータル試合結果

68 15 1Q 18 81
22 2Q 23
15 3Q 17
法政大学 16 4Q 23 東海大学

第1ピリオド、東海大♯7遥に先制を許すと、法大は思うようにシュートを決められない。しかし、その後♯41谷口に代わった♯6陳や♯♯11長谷川ら中心にインサイドから得点を重ねていく。また、リバウンドは東海大のサイズに押され、取れない場面も見られたが、♯21加藤のディフェンスが光り、相手のシュートを阻む粘りを見せた。均衡した試合の中、15-18という僅差で第2ピリオドへ。

第2ピリオド、立ち上がりから東海大の好守の前に攻めきれない。♯6陳が果敢に攻めるが、シュートが決まらず逆にリバウンドを取られ♯7遥に速攻を食らってしまう。しかし、離されながらも♯21加藤が冷静に決めると、♯11長谷川も3Pで援護。東海大も♯16坂本、♯5多嶋中心にスピードあるプレーで法大ディフェンスをかわし決めていく。どちらも打ち合いとなり法大♯6陳、♯11長谷川も粘り、一進一退の攻防となる。37-41とリードされ前半終了。

第3ピリオド、♯41谷口のリバウンド力が目立つようになるが、そこからチームの得点になかなか結び付けることが出来ない。代わって東海大は♯36養田から♯16坂本への華麗な連携プレーを見せるなど、法大を11点差と突き放して流れを物にする。しかし、♯6陳が入ると一気に四点を奪い、そこから♯24神津らも続く。東海大は法大ディフェンスに阻まれ、シュートが減るようになる。残り一分、♯11長谷川が3Pを決め、点差を縮めて52-58と6点差で最終ピリオドを迎えた。

第4ピリオド、開始早々東海大は♯5多嶋のゲームメイクで♯24田中中心に攻め、付け入る隙を与えない。♯41谷口が固い守りを魅せるが、♯21加藤のパスミスから♯7遥に速攻を決められるなど7点差となる。法大はリバウンドから良い形で攻撃に繋げられず、シュート力ががくんと落ちてしまう。タイムアウト後、法大はファールゲームに持ち込むも、逆に相手の得点がかさむ。ディフェンスは固く、最後まで走るもフリースローなどのイージーシュートも決まらない。終了間際、♯11長谷川が3Pをリングに収めるも勢いに乗れない。68-81と最終的に13点差をつけられ試合終了。法大の開幕戦勝利は叶わなかった。

選手のコメント

#10 山越主将

―試合を振り返っていかがでしたか?
初戦から勝ちにいこうとチームでなっていたから、白星を取れなかったのは痛かったです。チーム状況は、やってきたことが通用する部分もあるし雰囲気はいい。勝つために一試合一試合やっていきたいと思います。

―序盤は均衡した試合展開になりましたが?
自分たちよりも(相手は)でかいし、インサイドが勝負になると思っていた。う ちはインサイドを回しても3人しかいないし、走って抜けるしかないんですけど思ってたよりもよかったです。

―夏合宿についてですが、特に重要視した練習はありましたか?
もう一回走り直すことと、オフェンスもサイズが小さいからシュートの確率を上 げようってことでシュート練習をたくさんしました。今日もシュートの確率は上がってたと思うし、オフェンスも新しい形でやっていこうと なりました。

―春に比べてチームが変わったと感じる部分はありますか?
後期が始まる前にミーティングをして、試合に出る可能性が全員にあると話しま した。春はやっぱり(試合に出る人が)少なかったんですけど、秋はベンチ全員に チャンスがあるし、登録外の人も夏すごい頑張ってくれた。長谷川が怪我をしてたんですけどその時も自分がやってやろうと思う人が多くて、相乗効果でチームも長谷川自身も上がってきたと思います。

―キャプテンから見て注目選手はいますか?
4年生のチームなんでコートの中では恵二(鈴木)が中心だし、自分も声を掛け ていきたい。コートではやっぱり恵二に引っ張っていってほしいです。

―リーグ戦をどう戦っていきたいですか?
一つでも多く白星を取りたいし一戦一戦やっていって、新しいオフェンスもここ 1、2ヶ月で始めたんですけど、最終的にはインカレで勝つために戦って、集中力もつけていきたいです。

―パンフレットに目標はベスト4とありましたが?
今井さん(監督)と自分で決めました。うまくいけばカドも取れると思うんです けど、去年一昨年と明確な目標がなくてだめだったので、自分たちの力ってことで四つ角を狙っていけたらなと思います。

#3 鈴木選手

―今日の試合を振り返っていかがですか?
夏合宿を終えてチームの完成度は正直高くなかったんですけど、試合迎えてみて、やれる部分はこのメンバーでもあったし、去年の三人を抜いたのはでかいですけど、今年は全員でバスケを頑張っているので、負けたことは悔しいです。明日に向けて改善できる面もあったし、できる部分をどんどん磨いていければ良いと思います。

―東海はサイズがあってキツいところがあったのではないでしょうか?
うちはインサイド回しても三人しかいないし、出てくるメンバーもセンター陣よりはでかいんで、苦労する場面はあります。にも関わらず下も頑張ってるし、一回三点差まで行って、逆転できれば良いなって思ったんですけど、ふんばれなかったのは課題ですし、そこを奮起させるのが、最高学年の僕だと思ってるので、出来なかったのが悔しいです。

―インサイドより外からの攻めが多くなるとシュートの確率は落ちるのではないでしょうか?
でも外のシュートも生命線だし、そのシュートをいかに決めるかが大事だなと思います。困ったときはインサイドと思いますけど、どう自分らが外から決めたり、崩して、インサイドから決めたるかが課題だと思います。

―前半は特に加藤選手や谷口選手のリバウンドなどディフェンスが良かったですね
サイズが相手より小さいので体張らないといけないのは分かっていると思います。夏に比べたら試合経験できて慣れてきている部分があるので、試合にちょっとずつ対応できるようになってきたかなと思います。

―夏合宿で力を入れた練習とは何ですか?
チームオフェンスの確立だったり、小さいのでディフェンスを。だいたい夏合宿は走って速攻ができれば良いと思っていて、あとはチームオフェンスの練習です。試合を通して課題がでてくると思うのでそれに対するチームディフェンスをもっと磨ければ良いかなと思います。

―最終的に4Qで13点差がつきましたが、シュートミスが目立ったのではないでしょうか?
トーナメントも3Qまではずっと良い感じで出来ていて、でも4Qで失速してしまうので、それをいかに僕中心になって奮起できるかが課題ですね。

―スタミナはどうですか?
自分は経験してる分スタミナは平気なんですけど、他の部分で集中力が切れちゃうので、声出してやっていきたいです。

―リーグ戦の目標を聞かせて下さい
周りは法政はもう入れ替え戦行きだって言ってるんですけど、その下馬評を覆えすようにどんどんチャレンジして。皆うちには勝てると思ってるので(笑)、チャレンジャー精神持って立ち向かってやっていきたいです。

―明日に向けて意気込みを聞かせて下さい
今日の試合で出来ることはやっぱあったので、一勝したいですね。

#11 長谷川選手

―今日の試合を振り返っていかがですか?
今日は小さいなりにセンターとか頑張ってたし、みんな頑張りました。勝てない試合ではなかったので、うちらもやれるということを感じました。でも、自分は自分の仕事が全然できてなくて、フリースローも入れなきゃいけないのに外しちゃって、反省します。

―4Qで点差が開いてしまいましたが?
最初は良い流れだったと思うんですけど、だんだん3点から4点差になって……やっぱり相手との高さや決定力の違いが出たんだと思います。あと、自分がフリースローを外したことで流れを止めてしまったということもありますね。

―結構競っていましたが、敗因は?
最後はコミュニケーションが不足してしまって、苦しくなりました。やっぱりもっとチームで協力していくということを大事にしていかなければいけないですね。気持ちの問題です。チームで協力しなきゃいけないです。

―リーグ戦はどうやって戦っていくか
やっぱりリーグ戦は長期なので、チーム一丸となって、良い意味でコミュニケーションを多く、今までにない感じではとれていると思うので。スター選手というのはもういないので、みんなでやっていくしかないですね。

―3P王について
あまり意識はしたくないですね。3年目がかかってるだけあって、狙いたいという気持ちはあるのですが……。でもやっぱり賞をとることが目的じゃないので、勝ち星をとりにいきたいと思います。

―明日も東海大ですが、今日で生かせることは?
みんなでそれなりにコミュニケーションはとれていたと思うのでそこは継続して、あとは疲れて集中が切れないようにしていきたいと思います。

―夏合宿はどんなことを?
走ったり、新しいオフェンスのシステムを導入したので、それの練習をひたすら繰り返し行っていた感じです。

―夏で成長したことは?
やっぱり暑い中でハードな練習を行ったので、みんな精神的に強くなったと思います。例年よりキツいメニューをこなしたので、今まで妥協が多かったのですが、今日の試合とかキツいときにちゃんとその成果が出たかと。

―チーム状況は?
結構良いと思います。自分が悪いだけなんで、チームは良いですね。

―ご自身の調子はあまり良くない
良くないです。今日は特に入りから、ちょっとメンタルがやられちゃって……言い訳になっちゃうんですけど(笑)。とにかく今日は良くなかったので、明日は絶対勝ちますから!

―では、明日の意気込みをお願いします
勝ちます!チーム一丸となって、うちはみんなできる子たちなので。今日は自分が引っ張ってもらっちゃったので、明日は自分が引っ張って、勝ちたいと思います。

#41 谷口選手

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
前半、ファールで迷惑をかけてしまったので…。チームとしては(点差を)離されずに常に追いついていたと思います。

―毎回の法大の課題でもある立ち上がりは今回は良かったのでは?
気持ちで負けずに出来たと思います。

―最終ピリオドでは離されてしまいましたが…?
集中力が切れてしまったのだと思います。でも明日に繋がるものあったので。

―具体的には?
やられた原因がインサイトなのでそこを修正すればいいと思います。そこがカギになっていると思う。

―ベンチの様子はいかがですか?
盛り上がって試合にむかっていたので良かったです。

―夏の練習で重点的に行ったところは何ですか?
ディフェンスがサイズが小さいのでひとりひとりがやるのを意識してやるように しました。

―夏を通してチームが成長したところは何ですか?
ひとりひとりチームのために声を出してまとまって出来た。今日の試合にも出ていたと思います。

―個人的に成長出来た部分は?
走れるようになりました。

―今のチームの状態はいかがですか?
始まったばかりでまだわかりませんがこれから調子よくなると思います。

―今日の内容を踏まえて明日への意気込みをお願いします
チームひとつに最初から飛ばして勝っていきたいです。

 

フォトギャラリー

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み