バスケットボール
 

1部・早大との接戦を制す! 第27回京王電鉄杯2日目

第27回京王電鉄杯 対拓殖大・早大
2011年4月30日(土)
会場:明治大学和泉キャンパス

京王電鉄杯2日目は、1部に所属する拓殖大と、昨季入れ替え戦を制し今季から1部に昇格する早大との対戦。

大会初日の試合後、ディフェンスを課題に挙げたオレンジウィザーズの選手達。前日欠場した#41谷口も加わりベストメンバーで臨む大会2日目。青学戦で最初に見せた好ディフェンスを、2日目の両チーム相手にも見せることができたのか。

0430-1
ラストイヤーに懸ける長谷川

試合結果

トータル試合結果

54 10 1Q 21 87
12 2Q 24
12 3Q 25
法政大学 20 4Q 17 拓殖大学 

トータル試合結果

78 18 1Q 13 72
20 2Q 21
20 3Q 17
法政大学 20 4Q 21 早稲田大学 

序盤から苦しい展開に・・・<拓大戦>

開幕2日目、迎えた拓殖大戦。法政大は、序盤、#7崎濱、#6陳が積極的に攻めるも、拓殖大の堅いディフェンスを崩すことができず、11点差をつけられ第1Qを終える。続く第2Qも序盤のパスミスが響いたのかなかなか点差を縮めることが出来ない。さらに終盤、焦りからか、立て続けにミスをしてしまう。開幕初戦で素晴らしい当たりを見せた#14大塚誠のシュートも、拓殖大の堅いディフェンスにより封じられてしまう。20点差から後半がスタートという苦しい展開。#7崎濱が果敢にゴールへ向かい、#37岸が3Pを決めるなどするもなかなか差を詰めることができない。対する拓殖大は#11佐々木の2連続ポイント、#6長南の3Pシュートと流れを掴み、激しい攻めをみせる。拓殖大にボールを動かされる展開となってしまった法政大は、54‐87と大きく差を開かれ、大敗してしまった。
 

接戦を制し最終日へ<早大戦>

第2試合は早大との対戦。序盤は相手にフリースローから得点を与えるも、#24神津、#11長谷川を中心に得点を重ね、リードを保ったまま第1Qを終える。第2Qに入っても#5松澤、#41谷口らが確実にゴール下を決め、流れを相手に渡さない。残り1分から立て続けに得点を許すも、前半を38-34で終える。第3Q、#5松澤、#41谷口がリバウンドで奮闘し、そこからの速攻につなげ勢いに乗る。残り5分から早大#14久保田に4連続得点を奪われるも、#11長谷川、#21加藤を中心に活躍し相手の追い上げを許さない。リードを58-51の7点差に広げ第4Qへ。第4Q終盤、バスケットカウントを決められ、67-64の3点差まで詰め寄られるも、フリースローによる7連続得点などチャンスを確実にものにし、78-72で勝利した。これによりAブロック3位となり、最終日はBブロック3位の中央大学との対戦が決まった。

 

フォトギャラリー

  • 0430-1ラストイヤーに懸ける長谷川
  • 0430-4速攻からレイアップを決める崎濱主将
  • 0430-5前日、大活躍の大塚誠
  • 0430-6初日欠場の谷口はこの日2戦ともスタメン出場

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み