バスケットボール
 

最後は笑顔の逆転勝利!! 第51回関東大学バスケットボール新人戦 対順大

第51回関東大学バスケットボール新人戦 対順大
2011年6月8日(水)
会場:駒沢屋内球技場

 各大学の1、2年生のみが出場する新人戦が開幕した。昨季は1部の専大と対戦し、1回戦敗退となった法大。
 だが、今季の法大はプレシーズンマッチであった京王電鉄杯から下級生を積極的に使い、春を通して他大学より経験を積めている。新人戦は、試合経験が少ない選手が主体となるだけに、これは大きなアドバンテージだ。
 初戦の相手は同じ2部に所属する順大。序盤こそ有利に進めていた法大だったが、そう簡単に屈する相手ではなかった―。

0608-10 R
シューターとしてもチームを引っ張った高田

試合結果

トータル試合結果

72 19 1Q 14 64
22 2Q 14
14 3Q 21
法政大学 17 4Q 15 順天堂大学

戦評

 第1ピリオド、幸先良く♯31安達幹が先制すると、♯14大塚誠、♯5松澤が続いて得点を重ねていく。落ち着いて連携が取れており、見事なパスプレーから♯19田宮が決めるなど、14-9とリードを奪った。しかし、残り2:15秒で順大も負けておらず、♯4泉に同点にされてしまう。その勢いを封じるように♯13三角のフリースロー、♯14大塚誠の速効などで再び引き離し、19-14で第2ピリオドへ。
 第2ピリオド、開始早々からリバウンドを取って♯31安達幹がゴール下を、♯13三角の3Pシュートでいっきに10点のリードを得ることに成功。タイムアウトを取り、立て直した順大は♯4泉がバスケットカウントを得るが、シュートミスが目立ち流れに乗り切れない。対する法大は、♯14大塚誠、♯13三角などが着実に得点を重ね、残り4:00を切ったところで15点差を付けた。法大は声を出し合い、連携の良さが光る。ルーズボールを取られ、フリーで♯18村山に決められると相手ベンチが盛り上がり、押され気味となると、法大はシュートが入らなくなる。残り2:24秒、法大はタイムアウトを取ると、なんとか♯31安達幹が食らいつき、41-28と依然リードを守り前半終了。
 第3ピリオド、相手ディフェンスの前にシュートが入らなくなった法大は、流れを順大に渡してしまうことになる。♯19田宮の活躍で差を守るも、選手がもつれた隙にルーズボールを拾い、フリーで順大♯5鈴山に速攻を決められ10点差に。加えてボールをコート外まで追いかけた♯19田宮だったが、放ったボールは無情にも♯5鈴山の元へ。そのままダンクを決められ、流れが順大に傾いていく。この勢いでついに5点差にまで詰め寄られた法大は、残り5:09秒でタイムアウトを取る。残り3:35秒で久々の得点を♯0高田が挙げ、なんとか盛り返すと、ファールを量産し始めた順大に、フリースローを確実に決めていき、リードを守った。しかし、法大はボールを持ったサイドの選手に気を取られ、フリーとなった逆サイドから瞬時に攻められてしまう。55-49で波乱の最終ピリオドを迎える。
 第4ピリオド、法大はシュートが入らず、オフェンスリバウンドが取れない苦しい立ち上がり。順大は♯4泉、♯8小薗井がフリースローを決め、勢いに乗ると、アウトサイドからもシュートを放ち、残り6:00を切ったところで57-61と逆転されてしまう。ゴール下も入らない焦りが見られた法大だったが、♯0高田がこの大事な場面で3Pシュートを決めると、♯19田宮も続き、♯31安達幹も粘りを見せてインサイドから得点。苦しい時間帯から脱出する。残り1:45秒、66-64と詰め寄られるも、♯5松澤がフリースローを確実にリングに収め、この流れに順大はペースを崩されミスを連発。残り10秒1には♯31安達幹が駄目押しし、リードを広げることに成功。72-64―、最後は試合終了のブザーとともに♯0高田の放ったボールが高く舞い上がった。
 見事一回戦を突破を成した法大。自らのシュートミスから相手に流れを渡すところはあったものの、ここぞのシュートを終盤には決め続け、最後は流れを奪い取る強さがあった。明日はベスト8をかけて白鴎大学と対戦する。この勢いのまま勝ち進んで最終日まで戦ってほしい。

 

フォトギャラリー

  • 0608-10 Rシューターとしてもチームを引っ張った高田
  • 0608-1 R時には周りを使い、高い精度のシュートを放つ大塚誠
  • 0608-4 R積極的なオフェンスを見せた三角
  • 0608-6 Rレイアップシュートを決める三角
  • 0608-9 R圧倒的なサイズを誇る松澤
  • 0608-13 R公式戦初出場の田宮も活躍!
  • 0608-12 R逆転に湧くベンチの選手たち
  • 0608-5 R上級生も観客席から応援を盛り上げた

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み