自転車

【自転車】全日本学生RCS最終戦 明治神宮外苑クリテリウム  堀込がグループ2で優勝!!ルーキー相葉も表彰台獲得!

 

2017年度全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ最終戦
第12回明治神宮外苑大学クリテリウム
2018年3月11日(日)
東京都 明治神宮外苑周回コース(1周・1.5km)

 今年度締めくくるRCS最終戦は恒例となった神宮で行われた。学連主催の大会では唯一東京でのレースだけあって関係者を含め多くの観客の中でのレースとなった。大歓声の中グループ2Aでは堀込統吾(法2)が快勝で上位カテゴリーに昇格した。グループ2B でも相葉健太郎(人1)が2位となり実力を発揮する形になった。大学対抗戦も兼ねて行われたグループでは外国からの招待選手らの逃げを最後までとらえ切れず最上位は渡部将太(人3)の9位となり、学校対抗の部門でも昨年より順位を落とした6位となった。

DSC 0586 R
表彰台に立つ勝又㊨と堀込

試合結果

グループ1

順位名前(学部・学年)
9位 渡部将太(人3)
 16位 佐藤遼(経3)
21位 近藤翔馬(文2)

グループ2A

順位名前(学部・学年)
1位 堀込統吾(法2)
3位 勝又高陽(法3)
16位 鈴木陸来(営3)
29位 三好健士郎(文1)
30位 高橋綜一郎(営3)
31位 昼田達哉(法1)
DNF 五味大征(法1)

グループ2B

順位名前(学部・学年)
2位 相葉健太郎(人1)
5位 上野恭哉(営2)
20位 鶴健志(文1)
24位 鈴木良(経3)
26位 須貝翔吾(法3)
30位 矢部駿人(営1)

学校対抗結果

順位大学名ポイント
6位 法政大学 25

 

RCS最終結果

順位名前(学部・学年) ポイント
5位 佐藤遼(経3) 110
8位  勝又高陽(法3) 82
10位 堀込統吾(法2) 76
11位 相葉健太郎(人1) 64
 ※DNF...Did Not Finishの略。

戦評

グループ1

明治神宮外苑で行われた今大会を締めくくるグループ1は、大学対抗レースでもあり全大学3名が出場している。法政からは渡部、佐藤、近藤が出場。オランダから招かれたアムステルダム大学の選手を含め、レベルの高いレースが予想された。
序盤、コースを20周するこのレースで逃げを狙うアムステルダム大学の選手2名を含めた5名の選手が現れ、残り16周になるとその差は5秒と、徐々に差が開いていった。法大や他大学の選手は、これを追うことなく足を溜め集団で機会をうかがうようにアタックをかけずにいた。
しかし、中盤逃げ集団との差が20秒以上もつき始めるものの、すでにその差はなかなか埋めることが出来ない。
結果、ファーストアタックで逃げ切りを狙った5名を最後まで捉えることは出来ず、法大の最高順位は渡部の9位、大学対抗としては6位という結果になった。

グループ2A
グループ2Aは法大から7人の選手が出場。2週目から日大の貝原涼太が逃げるが、集団の先頭に位置した堀込らに4周目で吸収される。逃げる選手が消えるとペースが上がり、単独でのアタックを許さない展開に。残り2週となってからは三好が前に出てさらにスピードを上げる。集団のままレースが進み勝負はゴールスプリントに委ねられる。ここで前に出た堀込が勝又らを制して優勝。上位カテゴリーへ昇格を果たした。

グループ2B
このレースでも多くの選手が出場した法大は終始レースを沸かせた。1周を終えた時点から須貝が前に出て集団と差をつける。5周を終えたところで吸収されるが今度は矢部が前に出る。しかし、レースを決めるような逃げとはならず決着はまたしても集団でのスプリント勝負になる。ここで相葉が一度抜け出すもゴール5m手前でかわされ2位となった。

今大会をもって今年度の主要大会は終了となった。鈴木陸主将の下始まる新年度の彼らの目標はやはり全日本大学対抗選手権での総合優勝だろう。その目標に向け走り続ける彼らに2018年度も注目だ(小島周・山﨑志馬)

 

選手コメント 

 鈴木陸来

ー今日のレースを振り返って
今日は自分の種目ではなかったんですけど結構楽しく走れたんじゃないかなと思います。
 
ーチームとしての戦略はありましたか
自分の組は堀込と三好がロード班でクラス2ってことでどちらかを上げられればいいんじゃなかと思っていました。最後前にいるやつが堀込か三好を引っ張ってあげるつもりでした。
 
ー会場のアナウンスでは法大は集団スプリントで鈴木選手を行かせるという話もありましたが
僕が(クラス1に)上がってもしょうがないので需要があるやつを上げたほうがいいと思っていました。
 
ー今年は主将としてのシーズンになりますが
冬場に自分らでメニューを組んで練習していてこの大会に向けてもしっかり調整をしてきました。結果も結構いいかんじだったので自分としてはやってきたことが間違ってなかったんだなっていうのが実感できたので、自分としてはうれしかったです。
 
ー目標とするチーム像はありますか
レースについては互いに協力しながらも切磋琢磨できるチームがいいのかなと思います。

 佐藤遼

―今日のレースを振り返って
正直(RCSランキング)3位には入りたかったんですけど、最後全然スプリントができなくて悔しかったです。

ー前回の埼玉でのレースと同様に前と大きく差ができたレースでしたが
前の試合では風が強かったので逃げが有利というのは分かっていたんですけど、今日は捕まえられるず逃げに入っておけばよかったなと後悔しています。

―大学対抗戦ということで法大としての戦略はありましたか
逃げが生まれたら必ず1人はついて行って、最後集団のままだったら自分がスプリントで行こうと思っていました。

ー今年度のRCSを振り返って
毎回試合に出てポイントを取らなきゃいけないので体調管理には気を使って臨んでいました。

ー最終学年となる来年度に向けて
四年生はインカレしかないと思っているのでそこでいい結果を出せればいいなと思います。有終の美を飾れればと思います。

 堀込統吾

ー今日のレースはどうでしたか
作戦等はなかったんですが、最近調子が良くて、クラス1へ昇格がかかっていたので、最後の方に法政の選手が固まってたら先輩に引っ張ってもらおうと思っていました。でも先輩たちが結構キツそうだったので残り1周の時タイミングよく1台がトレインを組んでいたのが見えてそのトレインを使っていこうと思っていい感じで最終コーナーまで来てあとは自信もってもがいたという感じですね。

ーチームでの戦略はありましたか
特にはありませんでしたね。ただ最後まとまりができたら、自分をエースということで引き上げてくれると話していましたね。レース中に先輩が群れを作ってくれたり後ろをチームメイトがコントロールしてくれたりしたので、最後自分がいいタイミングでいけたという感じですね。全てのチームメイトの動きがいい方向に動いて最後いい感じにつながったのだと思います。

ー次の目標はありますか
来年一年間としてはクラス1で一回でも表彰台に上がらないとクラス2にまた降格してしまうので表彰台に上がることが来年の目標ですね。

フォトギャラリー

  • DSC 0586 R表彰台に立つ勝又㊨と堀込
  • DSC 0255 R先頭でゴールしガッツポーズを見せる堀込
  • DSC 0320 R一時は先頭に躍り出た矢部
  • DSC 0276 R須貝も積極的前に出てレースを揺さぶった
  • DSC 0195 R左から昼田、高橋、五味
  • DSC 0607 R相葉は惜しくも昇格を逃した
  • DSC 0533 Rゴール直後の渡部
  • DSC 0525 R佐藤はインカレでポイントゲッターとして期待が懸かる
 

 

 

最近の記事