フェンシング

【フェンシング】第67回フェンシング選手権大会2日目(個人戦) 女子サーブル木村は好敵手に敗れる、福島は涙の敗退 男子エペは1年生中村が唯一16強へ

第67回全日本フェンシング選手権大会(個人戦)
2014年12月19日(金)~21日(日)
大田区総合体育館

 

大会2日目は男子エペと女子サーブルが行われた。全選手が予選を突破したが、トーナメントでは厳しい戦いが待ち受ける。そんな中、男子エペで今季1年生ながら団体戦でも活躍した中村豪(人1)が健闘を見せた。また女子も木村毬乃(法4)と福島史帆実(法1)も順調に勝ち上がり、3回戦に駒を進める。ベスト8に入ることはできたのか・・・

 

IMG 6374 R
男子で唯一ベスト16に進出した中村

試合結果

種目出場選手試合詳細
 男子エペ  中村豪(人1) 3回戦●5-15 2回戦○15-12 1回戦○15-12  
 〃 吉沢有紀(文4) 2回戦●9-15 1回戦○15-12
加藤祥(営4)

1回戦●9-15

藤倉陸(社3) 1回戦●9-15
村越優希(文3) 1回戦●7-15
女子サーブル 木村毬乃(法4) 3回戦●8-15 2回戦○15-13 1回戦○15-13   
福島史帆実(法1)  3回戦●14-15 2回戦○15-4 1回戦○15-3
栗本ひかる(社3)  1回戦●7-15

戦評 

男子エペ

 男子エペには、吉沢、加藤、藤倉、村越、中村の5選手が出場した。団体では無冠に終わった今季の男子エペ陣。シーズンを締めくくる今大会で、各選手が悔しさを晴らしたいところだ。

 全5選手が予選を通過し、迎えたトーナメント1回戦。法大勢は初戦から厳しい組み合わせを強いられてしまう。加藤は予選10位の野口(自衛隊体育学校)に敗れ1回戦敗退。翌日に出場するフルーレでは意地を見せたい。藤倉は日大の山田、村越は慶大の武田という学生屈指の実力者と激突。果敢に立ち向かうも地力で上回られ、両者ともに1回戦で姿を消すこととなった。

男子エペチームの主将の吉沢は接戦の1回戦を勝利し勝ち上がると、2回戦でNEXUSの主力伊藤と対戦。格上相手に序盤からリードを奪われ、常に追いかける展開となる。終盤もスコアを詰めることができず9-15で敗戦。法大の学生として臨んだ最後の大会は2回戦で幕を閉じ、ベスト16進出はならなかった。

 そんな中、唯一16強入りを果たしたのは1年生の中村。予選を9位で通過した中村は、終盤に主導権を握り1、2回戦を突破、3回戦に進む。その3回戦の相手は昨年準優勝を果たした奥(警視庁)。序盤こそ3-5と競ったものの、そこから大きく突き放されてしまう。2度の6連続ポイントを奪われる一方的な展開、スコアに結び付けることができない歯がゆさにルーキーは何度も天を仰いだ。結果は5-15と完敗。ベスト8、その先への挑戦は来季以降に持ち越しとなった。

 強豪ひしめく全日本の舞台で、大きな結果を残すことはできなかった。これで4年生は引退となる。吉沢はエペ主将としてタイトルを奪うことはできなかったが、言葉で、プレーでチームを引っ張り続けてきた。そんなエースが去る来季、男子エペチームの主将を藤倉が務めることが決まった。今季のインカレ個人では2年連続のベスト4に入った藤倉。来季は団体、個人ともに今季以上の活躍を期待したい。同じく3年の村越は法大フェンシング部の副将としてラストイヤーを迎える。今季の苦い思いを晴らす、悔いのないシーズンとしてほしい。そして1年生ながらレギュラーとして出場し続けた中村もさらなる成長を見せてくれるはずだ。フルーレ、サーブルが栄光に酔いしれた今季。来季はエペの出番だ。(高津勇佑)

 

女子サーブル
 全日本団体戦では2回戦敗退と苦い思いをした女子サーブル。団体のリベンジを果たすべく木村毬乃(法4)、栗本ひかる(社3)、福島史帆実(法1)が満を持して登場した。
 3選手とも順当に予選を通過し決勝トーナメントに駒を進める。決勝トーナメント1回戦で木村は強敵後藤伊世(和歌山クラブ)との激戦を制す。福島も圧巻の試合運びで勝利する中、栗本は向江彩伽(JOCエリートアカデミー)にダブルスコアでの敗戦となった。
そして迎えた2回戦。木村は1回戦と同様に苦戦を強いられる。相手の大西沙希(大阪シティ信用金庫)に序盤はリードするも最後に13-10から連続3失点を許し追いつかれる。しかし最後まで粘った木村に軍配が上がり3回戦進出を決める。福島も佐藤葵(東女体大)に15-4で勝利し調子の良さを伺わせる。
 ベスト16が出揃いトーナメントもいよいよ佳境に入る。木村の相手は浦野夏菜(中京大)。序盤は互いに一歩も譲らない展開となるが中盤連続6失点を許し4-11で木村に暗雲が立ち込める。最後まで木村の剣は奮わず敗退し大学4年間の幕を閉じた。福島は脇田樹魅(JOCエリートアカデミー)に序盤はリードを許すも、中盤に8-7で逆転する。その後も福島がリードし14-12でマッチポイントを取り、念願のベスト8は目前に思われたが、ここでまさかの連続失点。相手の勢いを止められないまま無念の敗戦で福島はその場に崩れ落ちた。
 ベスト8こそ進めなかったものの、二人の選手がベスト16を決めたのは女子サーブル陣にとって大きな進歩だ。来年からは最上級生の木村が欠いてしまうが、今回の全日本の悔しさを糧にさらなる飛躍を誓う。(竹内大将)
 

選手のコメント 

中村豪

―法政大学として初の全日本個人戦に出場してみて

今回はベスト32まで日付をまたいでいたので、最初は次の日まで残るぞという気持ちでいました。去年も高校生で出て(法政二高)、そのときは64で終わってしまったので、二日目につなげられて良かったというのと、強い人しか残っていなくて一番下の立場でがむしゃらにいこうという気持ちで頑張りました。

―予選は9位通過でしたが良い形で試合に入れましたか
他のプールと見比べたときに、自分のプールは強いというのが一人だけで、いつも通りいけば5勝1敗という形は想定できていたので、それを形として表せたのは良かったと思います。(予選は5本勝負を7人総当たりで行う)

―1、2回戦は共に接戦を勝ち上がりましたが
リードされる場面もあったんですけど気持ちで頑張って、やられた技に対してしっかり対応できて後半はそれでリードできたのが良かったと思います。

―ベスト8をかけた試合は警視庁の選手との試合となりましたが
大きな舞台で上位に残ることはベスト16でも嬉しかったんですけど、8がけの奥先輩とやったときは自分のスタイルが通用しなかったです。そこでまた違うことができれば良かったんですけど、まだ技も少ないので相手に対して、自分の得意なところでも点を取られたので、そこを直していければと思います。

―この一年を振り返って
学生の試合は自分の思ったことが個人も団体もできなくて先輩にも迷惑をかけたので、最後(全日本)個人戦を良い形で終われて来年につなげられました。

―これからの意気込みをお願いします
まだ来年も下級生なので、足を引っ張らないように頑張りたいと思います。

吉沢有紀

―1回戦の相手清川選手(東農大)には逆転勝ちでしたが
よく知っている相手で、ずっと勝ってきていたので今回も勝てるかなって最初は油断していました。5点6点リードされていても試合に集中すれば最後必ず巻き返せると思っていたので、そこで崩れないでいたことは良かったと思います。

―リードされていても勝つ自信はあったということですか
負けるとは思っていなかったですね。弱気になって守りに入るよりは強めの気持ちでいけば得点に繋がると思っていたので、そんなに焦ってはいなかったです。

―試合前のコンディションは
最初の予選で負けてはいけない試合を落としてしまったので、そこで集中しきれていない時がありました。

―2回戦の相手、伊藤選手(NEXUS株式会社)と戦ってみた印象は
もうちょっと自分から色々チャレンジしてもよかったかなと思いました。相手のプレーを見ている時間が長かったので、自分から仕掛ければ展開も変わったと思います。

―自分から仕掛けられなかった要因は
アップがあまりできなかったということもあるのですけど、初めての相手ではなく相手も自分のプレースタイルを分かっていたと思うので、自分がその一個上を行こうとしたのがうまくいかなかったです。

―試合前に作戦はありましたか
守りがうまい選手なのでどうにかしてアタックを仕掛けようとは思っていました。それで見すぎちゃっている時間があったので、そこで強気に行けていればなと思います。

―後輩の中村豪選手が善戦されていましたが
今回の全日本は結構レベルが高いので、その舞台で一年生が活躍できるのは凄いことだと思います。

木村毬乃

―敗れた3回戦を振り返って
最初から全然自分の動きができていなくて、対策されているなと感じました。そのことが段々自分のプレーが雑になったりしたことにつながってしまいました。相手主導の試合になってしまいましたね。3-8で折り返してから後半も思ったような試合展開ができなくて、何回も当たっていた相手だったんですけど、今までと違うやり方をされたという感じでした。勝ちたい気持ちはもちろんあったんですけど、向こうもインカレのリベンジということもあったと思います。自分は来年以降もフェンシングは続けるので、法政の名前で試合に出ることはないんですけど、今日のことを反省材料として、またここからがスタートかなと思います。

―昨年は出場することができなかった大会でしたが
大学の試合で一番大事だと思っているのは自分の中ではインカレだと思っています。もちろん今年良い順位を取ることができれば良かったんですけど、正直全日本は来年も再来年もチャンスはあるので。こんな甘いこんな甘いことを言っているようではいけないんですけど、来年以降への反省材料としたいですね。いつも勝ちたい気持ちはいつもあるので、特に全日本だからということはなかったです。来年のナショナル選考にも関わってくるので大事にしたい試合ではありましたけど。相手はそれ以上に作戦を練ってきていたので、結果は仕方ないなという感じですかね。

―お話にもあったように法政の選手として最後の大会を戦い終えて、今のお気持ちは
1、2回戦で社会人に勝って、3回戦に学生に敗れたということで、悔しいし、法政の名を残したかったというのはあります。いつも負けているという相手ではないので。只々自分の動きができなかったということですね。これが最後という思いはあまりなかったですね。インカレはこれが最後という気持ちはあったんですけど、全日本では一個一個頑張ろうと思っていました。自分は来年以降も続けるので、またこういう試合展開をしてはいけないという教訓にしていきたいです。

―団体、個人ともに素晴らしい成績を残すことができた今年1年を振り返っ
4年生になってけがから完全に復帰することができて、3人サーブルの選手がそろったのでリーグにはすごく懸けるものはあったんですけど、気持ちが空回りしてしまったんですよね。アップではすごく調子が良いのに、試合では何もできなかったり。それを立て直せるほどのメンタルも私にはなくて、春は結果を残すことはできませんでした。でもそれを教訓に秋、関カレの個人はインカレに向けてという気持ちだったんですけど、団体はリーグで負けている分絶対勝とうと思っていて。気持ちで勝つことができたと思っています。そしてインカレでは個人でも団体でも絶対優勝しようと思っていました。そこに向けて春から続けていたトレーニングもあったので、そこにピークを持っていくことができて、優勝できたのかなと思います。全日本団体ではうまくチームがまとまらなくて悪く試合をしてしまったんですけど。でもその試合に向けてピークを持っていくということが今年1年、もちろん失敗もあったんですけど、うまくできたのかなと思います。この大会でも合わせることができなかったわけではないんですけど、全体のなかの一つの試合で集中が欠けていたりしたので、最後の締めくくりとしては良いとは言えないですけど、その努力を来年からしていきたいと思います。本当に良い1年だったと思います。学生の試合では結果を残すことができたと思うので、来年以降は法政大学の選手としてはないですけど、社会人として、法政OGとして頑張っていきたいと思います。

―これで引退となりますが後輩に向けて
本当に力を持っている後輩たちばかりなので、ぜひ自分たちの力を発揮して悔いのない試合をしていって欲しいという気持ちでいっばいです。

福島史帆実

全日本の雰囲気いかがでしたか
昨年も出たこともあって、すごく楽しみにしていました。
 
 法政大学1年目を振り返って
今年は団体戦でも最後回りを任せていただいたり、インカレ優勝したり、結構自分的にも成長できた1年でした。けど今回のような、しかも相手も中学3年生(脇田)なんですよ。JOCエリートアカデミーの。強くて自分はまだまだだな、と改めて実感できました。
 
―1年目でつかんだこと、課題になったことはそれぞれ何でしょうか
自分1年生ですけど、ちゃんと自分から積極的に攻めたりしたら、他の選手とも対等に戦えることが分かりました。課題はいっぱいあるんですけど、細かいことですけど、試合中体が浮いちゃったりしてしまうので、そこは直したりしていきたいです。
 
 来年の目標を教えてください
 来年は1月にJOCというジュニアの大学1年生までの試合があるのでそこで優勝することです。それと2015年はユニバーシアードがありますので、そこに出場したいです。

 

 

フォトギャラリー

  • IMG 6374 R男子で唯一ベスト16に進出した中村
  • IMG 6380 R中村は来年さらなる活躍を誓う!
  • IMG 6394 Rエペの中心として4年間戦った吉沢
  • IMG 9393 R卒業後もプレーを続ける木村
  • IMG 6522 R惜しくも一本勝負に敗れた福島

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み