フェンシング

【フェンシング】第65回全日本学生フェンシング王座決定戦(フルーレ) 長島が復帰した男子が2年ぶりの王座奪還! 女子は専大へのリベンジならず、無念の逆転負け

学生王座決定戦
2015年6月7日(日)
大山崎町体育館

男女ともにリーグ戦は2位で終わったフルーレ陣。しかし男子は長島が、女子は柳岡がチームに復帰し強力なメンバーで王座に挑む。京都の舞台でそれぞれのリベンジを果たすことはできたのだろうか。

bti4o
復帰した長島

試合結果

種目出場選手試合詳細順位
 男子フルーレ 長島徳幸(文4)、東哲平(営4)、大石利樹(法3)、野口凌平(営1)  準決勝○45-24 同大、決勝○45-33日大  優勝
女子フルーレ  久良知美帆(法4)、柳岡はるか(法3)、真田玲菜(キャ3)、緒方実奈海(法1)  準決勝○45-29同大、決勝●40-45専大  準優勝 
 

男子戦評 

関東学連1.2位と関西学連1.2位の4校によるトーナメントで争う王座決定戦。復帰した長島、1年生の野口が起用され、リーグ戦とは大きくメンバーを入れ替えて臨んだ。

準決勝は同大との対戦。第1セットの長島が5-0と完璧な滑り出しを見せる。続く野口も1年生ながらしっかりと得点源となり10-2と早くも差をつけ始める。しかし長島が「思い通りのプレーができなかった」と振り返った第5セットは5点を奪われてしまうが、リードは詰められない。第7、8セットも大石とリザーブの東が相手を全くよせつけず、40-18の大差で最終セットへ。ここでも長島は自身の納得のプレーとはいかなかったが45-24のスコアで圧勝。力の差を見せつけ決勝に進んだ。

決勝の相手はリーグ戦で敗れている日大だ。法大はローテーションを変更し大石がスターターへ。この試合でも第1セットを5-1と快調な出だしとなる。しかし第2セット、野口が佃(日大)を相手に苦戦を強いられる。8点を奪われてしまうが、10-9となんとかリードで回した。勝負を分けたのは中盤の戦いだった。15-12で迎えた第4セット、野口が20-15とプラスで回すと、第5セットの大石も失点を2点に抑えて25-17。第6セットの長島も3連取を許すも、奪い返し30-20で終え、気付けばリードは10点にまで広げる。ここからは法大が勢いに乗った。さらにリードを広げ、40-25で迎えた最終セット、大石が苦しむも45点目を奪い快勝。日大にリベンジを果たし、2年ぶりに王座優勝に輝いた。

bti4o

昨年は出場も逃した王座。長島は「気持ちを注ぎ切れていないところがあった」と振り返る。自身は今年、けがでリーグ戦を欠場。そんな中で迎えた今年の王座で男子フルーレ団体は強さを見せつけ、王座奪還を果たした。関カレ、インカレに向けて「一勝ずつしていければ」と語った長島。エースが復活した男子フルーレ、秋もまたこの強さを見ることができそうだ。(高津勇佑)

bti4jgpi

(左から)野口、長島、大石、東

女子戦評

 昨年同大会優勝の女子フルーレは、春リーグ準優勝のため、初戦の相手に関西学連優勝校の同大を迎える。メンバーは久良知美帆(法4)、真田玲奈(キャ3)、緒方実奈海(法1)に春リーグは海外遠征のため不在だった柳岡はるか(法3)を加え、磐石の布陣で臨む。

1セット目から久良知が5点連取の好スタートを切ると、続く真田もこのリードを守り10-2で3セットに繋ぐ。緒方実が相手につかまり5失点を許すが、真田、久良知がルーキーの失点を帳消しにする気迫のプレーでリードを維持する。6、8セットでピストに上がった柳岡は13点を奪う活躍を見せる。最終セット、久良知が連続得点を取られる場面もあったが45-29で快勝。

決勝の相手は春リーグで唯一黒星を喫した専大。立ち上がりで久良知、真田の剣が冴えず4-5とリードを許すが、3セット目で柳岡が同学年の相手、安部夏帆(専大)との接戦を制し11-9と再びリードを奪う。続く真田も連続得点でさらに点差を広げるが、5セット目で19-21と久良知が安部に逆転を許してしまう。その後柳岡、真田が何とか逆転し39-35で最終セットの久良知に繋げるも、ここで大きな落とし穴が待っていた。相手は専大のエース格で同じ4年生の川村理沙(専大)。久良知が苦手とする左利きの相手だ。久良知は果敢にアタックを仕掛けるが思うように決まらず、逆に相手の猛攻を浴びてしまう。結局1点しか奪うことができず、相手に大逆転を許し40-45で敗戦。春リーグのリベンジとはならなかった。(竹内大将)

abcde

久良知は最終セットで惜しくも逆転を許した

選手のコメント

長島徳幸

ー優勝を決めたお気持ちは
けがをしてしまってリーグ戦に出ることができず、今回復帰戦ということだったのですが、その試合で優勝できたのは良かったと思います。

ー今日の試合を振り返って
初戦の同志社戦は自分の思うようなプレーができませんでした。最初は5ー0と良いスタートを切れたのですが、それ以降はダメになってしまって。なので、次の試合は最後回りはやめようかと。(大石)利樹に任せたらうまくいきました。

ー初戦は手堅く勝ったという印象でしたが、そうではなかったのですか
同志社には20点に抑えて勝とうと言っていたのですが、それを超えてしまったので良くなかったですね。

ー決勝はけがで欠場した試合で敗れている日大戦でしたが、どのような思いで臨まれましたか
リーグでは自分は応援する側にいたので、その時は出ることができないという悔しさはありました。そして今回の3人は全員ユニバーシアードに選ばれているので、日大に負けるわけにはいきませんでした。必ず勝つという強い気持ちで臨めました。

ー昨年出場できなかった王座で優勝することができました
昨年の春は手を抜いたというわけではないのですが、全力で気持ちを注ぎ切れてないところがあって負けてしまったというところがありました。今回はそういうことがないように気持ちで勝つことができたと思います。

ー秋に向けて
関カレ、インカレも気を抜かずに一勝ずつしていけたらいいなと思います。団体も個人も優勝目指して頑張ります。

久良知美帆

―今日の試合を振り返って
王座は優勝を狙っていたので、非常に悔しいです。

―専大にはリーグ戦に続き優勝を預ける形になりましたが
自分が今回足を引っ張ってしまったので、もうちょっと左利きの対策を秋に向けて頑張りたいと思います。

―左利きに苦手意識があるということですか
人それぞれなのですが、1回戦(同大)の相手は全員右利きで、2回戦(専大)の1人目は右利きだったので、その後左利きが出てきて、それに動揺してしまった部分があります。団体の課題としては、チーム内でもっと盛り上がれるかなって思いました。

―今日は盛り上がれなかったということですか
1回戦は盛り上がれなかったわけではないのですが、チームがまとまって声出す事が法大の良いところだと思っているので、そこが足りなかったかなと思います。

―京都開催という事もあり応援の数も少なかったですが
応援は少ないと感じたのですが、試合始まったらそこまで気にはならなかったです。

―連続失点が多く見られましたが
シーソーゲームの後の点が相手に入ることが多かったので、そこで一人一人大切に得点すればもっと楽に点数も稼げると思いました。

―次の関カレに向けての課題は
チームとしての課題はやっぱりもっとまとまりのあるチームになりたいです。あと、もう少し団体戦の練習をしていきたいと思います。個人は左利きの対策をして、関カレもインカレも優勝したいです。もちろん団体も優勝します!

フォトギャラリー

    • btoijo決勝は最後回りを戦った大石
    • breuj1年生の野口も活躍
    • bvrmfcieo準決勝に出場した東
    • abチームに戻った柳岡
    • a得点源となった真田
    • arkrfr緒方実もリーグ戦に続き出場

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み