フェンシング

【フェンシング】第66回全日本学生フェンシング王座決定戦 (サーブル) 絶対王者・男子は風格を見せつけ見事優勝!3連覇達成! 女子は悲しみの4位

2016年第66回全日本学生王座決定戦
2016年6月1日(水)
駒沢オリンピック公園体育館

関東学生リーグ戦では5連覇を果たした法大男子陣と準優勝に輝いた若きキャプテン率いる女子サーブル。3連覇のかかる男子陣は初戦を快勝。決勝戦は接戦になるも、しっかりと制し優勝。女子は2試合とも主導権をつかみきれず4位となった。

IMG 6661
優勝後の男子サーブルメンバー

試合結果

種目出場選手試合詳細順位
 男子団体サーブル 大崎葵一(営3)、高橋優作(法3)、柳嘉亮(文2)、星野剣人(営1)  準決勝◯45—20朝日大、決勝◯45—39中大  優勝
女子団体サーブル 真田玲菜(キャ4)、福島史帆実(法3)、服部妃冬未(法1) 準決勝●33—45中京大、三位決定戦●43—45朝日大  4位
 

男子サーブル団体戦評

 "常勝軍団"男子サーブル団体による王座3連覇への挑戦が幕を開けた。大崎葵一(営3)を筆頭に、高橋優作(法3)、柳嘉亮(文2)、星野剣人(営1)のメンバーで試合に挑んだ。

初戦の相手は朝日大。王者として圧巻のプレーを見せつける。第1セット目は高橋。先制点をもぎ取り、勢いに乗ると立て続けに点を奪い5—1と主導権を握る。大崎や柳もそれに続き点差を引き離していく。5セット目開始時には20—12と相手を大きく突き放すと、団体戦初出場の星野がピストに上がった。1年生ながらも果敢な攻めで5ポイントを連取しさらにギアを上げる。緒戦以上に各セットで相手をロースコアに抑えていき、45—20で勝利。決勝戦に駒を進める。

IMG 6643雄叫びを上げる星野

優勝を懸けた戦いでは、リーグ戦で白熱した戦いを繰り広げた中大と対決。第1セットで1—5とマイナスで回した法大。大崎も第2セットで2点を巻き返し8—10と点差を縮めていく。しかし相手も王座決定戦決勝まで勝ち進んだ強敵・中大。易々と逆転を許してもらえるはずもなく膠着状態が続く。第6セット目に再び大崎が現れると21-25の状態から4連取。25-25と同点に追いつくと相手も負けじと26点目を取る。しかしその後の30点目までを大崎が連取し今試合初のリードをつかむ。星野も健闘すると最後周りを任された大崎がしっかりと締めくくり45-39。リーグ戦より相手を低いスコアに抑えて優勝を果たした。

IMG 6635ガッツポーズする大崎

各大会で結果を出し続け、連覇記録を更新し続けている男子サーブル団体陣。今季こそは5冠を勝ち取るためこの結果に驕る事なく、飽くなき向上心を胸に突き進んでいく。(和多慎之介)

女子サーブル戦評

 関東学生リーグ戦を準優勝で飾り王座に進出した女子サーブル団体。

準決勝の相手は昨年王座決定戦において準優勝を飾った中京大。第1セット目は女子フルーレキャプテンとして大活躍し優勝に導いた真田玲菜(キャ4)。先制点を奪うも強敵である相手の攻撃を上手く防ぐことが出来ず3-5。第4.5セット目では1ポイントも獲得できず大きく相手にリードを奪われてしまう。第6セット目に福島史帆実(法3)が13ポイントも得て、24-30と点差を縮めていくも再び7.8セット目で点を量産され25-40と危機的状況に。最後周りを託された福島だったが、この15点を完全に埋めることはできず敗北を喫した。

IMG 6674果敢に攻め込む服部

3位決定戦では朝日大と対決。4セット目終了時点で11—20と準決勝と同じような展開が繰り広げられる。しかし続く福島が怒涛の追い上げを見せ、3ポイントを奪われるまでに14点を勝ち取り25—23と逆転に成功する。その勢い・ペースを保ちたい女子サーブル団体だったが、真田、服部が上手く流れを維持することが出来ず再度追う展開となり、迎えた第9セット。33-40で回ってきたスコアは、福島の猛追で得点を挙げていき一時は43—44と勝利の兆しが見えたものの、逆転は叶わず接戦に敗れ、4位となった。

IMG 6767得点を量産するも健闘虚しく敗北

王座決定戦では悔しい結果で終えたものの、この舞台に立てることは誰にでもできるものではない。しかし、さらに上へと登り詰めるためにはさらなる成長が必要だろう。ステップアップした彼女らが挑む関カレ、インカレでの活躍は必見だ。(和多慎之介)

選手コメント

 大崎葵一

ー優勝おめでとうございます。今のお気持ちは
すっきりしましたね。4年目なのでプレッシャーが半端じゃなかったんですけど、取るべき所を自分でしっかり取れたのが良かったです。

ー王座決定戦3連覇達成したことについては
あんまり実感はないですね。焦りなどのプレッシャーはなかったんですけど、後輩がいいプレーをして自分に繋いでもらって自分がもし駄目だったらどうしようという考えはありました。今回は劣勢な状態で回ってきたので繋げられたらいいなという思いで取り組みました。星野君というルーキーがいるので、任せて繋ぎました。

ー決勝戦の中大戦は接戦の末の勝利でしたが
審判があって高橋とか気持ちが切れてしまう場面があったりしたんですけど、そんな場面に自分から取りに行けたのが良かったかなと思いますね。流れを掴んで最後まで行けたので。

ー下の代の活躍について
柳とか星野君はいいなと思いました。高橋は考えすぎかなと思いました。考えなさすぎもあれですけど、普段通りの力を出せばいいのにと思いました。結果オーライです。

ーリーグ戦では男子サーブル団体5連覇達成されましたね
自分は1年から出ていたので4連覇なんですけど、実感ないですね。4冠を2年連続しているので、今年も4冠以上を成功して達成感があればいいなと思いますね。

ー史上初の男女総合優勝について
自分キャプテンなので嬉しいですね。女子エペも2部昇格して1部優勝してくれたり、全体のレベルも上がってくれているので法政として嬉しいですね。

ー主将の立場から見たら今回の結果はどうですか
今までで一番いいと思います。リーグ戦では4種目優勝して、王座は3種目優勝ですけど、大会通して優勝を半分以上を法政で占めているので嬉しいですね。

ー今後の抱負は
サーブルはルールが変わるので、それに対応していけたらいいなと思います。全体としては各種目でレベルアップを図って、余裕をもって試合を運んでいければいいなと思いますね。

 

 福島史帆実

ー今日の試合を振り返って
自分がしっかりと点を取らないといけないところで相手にポイントを取られたので自分のミスですね。

ー準決勝、3位決定戦それぞれの相手の印象は
中京大はサーブル陣が粒ぞろいで強くて、勝ちたかったんですけど強かったですね。朝日大は勝ちたかったですけど同じく強かったです。負けたくなかったです。

ーこれからしていくべきことは
服部をもっと強化して、私自身ももっと強くなって45本目を取り切れるようにしていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • IMG 6661優勝後の男子サーブルメンバー
  • IMG 6737サーブルでも健闘した真田
  • IMG 6582決勝戦では逆転に成功した大崎
  • IMG 6724王座でも大活躍 福島
  • IMG 6595尽力した高橋
  • IMG 6672奮闘した服部
  • IMG 6626団体戦初ながら貢献した星野

 

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み