フェンシング

【フェンシング】全日本学生フェンシング選手権大会 最終日 ~男子エペ&女子サーブル団体戦~男子は今年の初の決勝戦へ、惜しくも準優勝!  女子は各試合一本勝負で競り勝つも優勝叶わず準優勝!!

2016年度全日本学生フェンシング選手権大会
2016年11月20日(日)
京都 大山崎町体育館

迎えたインカレ最終日。男子エペと女子サーブルの団体戦が行われた。男子エペは準々決勝で関カレ王者日大に勝利。勢いに乗り決勝戦の舞台へ上がるも、あと一歩及ばず準優勝。女子サーブルは各試合最終セットまでリードを許すも一本勝負に持ち込み勝利で勝ち進んでいく。決勝戦でも先にマッチポイントを奪われ、同点に追いついたものの望み叶わず、準優勝に輝いた。

IMG 9154
一本差で敗れるも堂々の準優勝

試合結果

種目出場選手試合詳細順位
男子エペ団体 中村豪(人3)、伊藤寛高(営3)、塩原智輝(生命2)、村山健太郎(デザ工1)、川北信海(文1) 準決勝◯45-37慶大、決勝×43-44中大 準優勝
女子サーブル団体 福島史帆実(法3)、服部妃冬未(法1)、真田玲菜(キャ4) 準決勝◯45-44日体大、決勝×44-45日大 準優勝
 

男子エペ団体戦評

 男子エペには個人3位の中村豪(人3)、伊藤寛高(営3)、村山健太郎(デ工1)、川北信海(文1)が出場した。初戦の相手は龍谷大。序盤から安定した力を見せ、相手を一蹴。緒戦を勝利で飾る。

 準々決勝では日大と対戦。1回り目の中村は5-4とリードするも、続く川北は相手に押され、一本も得点を奪うことができず3回り目へ。4-10の嫌な流れを切ったのは村山。6本連取で一気に同点に追い付くと、そのまま逆転して後ろへつないだ。その後は川北、中村と本領を発揮。少しでも流れが悪くなれば中村を中心に円陣を組み、全員で日大の流れを切った。最後回りをしっかりと中村が締め、45-37で大きな一勝を挙げた。

 準優勝の相手は慶大。序盤からそれぞれがしっかりと5本先取し、リードを奪う。中盤2点差まで追い付かれるも、川北の気迫のこもった一本が流れを切る。8回り目の村山がしっかりと点差を広げ、勢いそのまま45-37で勝利。決勝戦へと駒を進めた。

IMG 9154優勝へつなぐ最後の一突きは届かなかった

 迎えた決勝戦は中大との対戦。1回り目の中村が4-5で先行を許すと、川北も6-10と大きくリードを許す。嫌な流れを断ち切ったのはまたも村山。落ち着いて相手の動きに対応し、点差を縮めた。続く川北は相手と一進一退の攻防を繰り広げるも、19-17でリードを奪う。そこからはまさに決勝戦に相応しい大熱戦に。激しい点の取り合いが続き、勝負は2点リードのまま最後回りへ。今まで通り中村がきっちり締めるかと思われたが、相手に攻撃が入らず、中大ペースで試合が進む。そして残り時間が少なくなる中、40-41で逆転を許してしまう。43-44で残り時間わずか、同点を狙い中村が相手へ突っ込むも、それをかわされ試合終了。惜しくも準優勝となった。

 最後まで白熱した決勝を戦い抜いた法大。お互いに声を掛け合い、カバーし合いながら戦うその姿にはさらなる成長の兆しが見えた。惜しくも優勝は逃したが、今後も中村を中心に強いチームを作り上げていくだろう。(阿部暁野)

女子サーブル団体戦評 

 女子サーブルには個人準優勝の福島史帆実(法3)、服部妃冬未(法1)、そして真田玲菜(キャ4)が出場した。
一回戦は関学大と対戦。それぞれが大きくはないリードをしっかりと守りきり、落ち着いて試合を展開した。45-27で準々決勝へ。

 準々決勝は昨年この種目優勝の中京大。1回り目の福島こそ先行するも、その後はリードを奪われ、追いかける展開に。36-40で最後回りの福島へとつながれる。終始中京大ペースで進む試合に、このまま中京大の勝利が予想されたが、ここから福島の本当の強さが表れた。あっという間に同点に並ぶと、先に44点目に手を掛ける。最後は一本勝負を見事制し、大金星を挙げた。

 準決勝は日体大と対戦。序盤から拮抗した展開となるも、少しの差で法大が追いかける。1点ビハインドで7回り目を終えるも、8回り目の真田がまさかの5本連取を許してしまう。34-40で福島へ。2本先取され、34-42となってからの福島がまたも圧巻の集中力を見せる。この苦しい場面で一気に6本連取し40点代に乗せると、43-43で同点に。最後まで前へ強気に攻めた福島がまたも一本勝負を制し、劇的な逆転劇で決勝進出を決めた。

IMG 9241各試合、最後周りで相手を翻弄し続けた福島

 決勝戦は日大と激突。福島が先行してつなぐも、その後はわずかな点差を縮めることができず、追いかける。7回り目が終わった時点で28-35とリードを広げられてしまう。しかしそこで真田がすかさず鋭い突きを連発。点差を詰め、36-40で最後回りへ。二度あることは三度ある。3試合連続でビハインドからの最終セットとなるも、福島は落ち着いていた。相手は個人戦決勝で敗れている小栗。「絶対勝とうと思っていた」という気持ちの表れる強気の攻めで一気に流れを引き寄せる。42-44と先に大手をかけられるも、そこから連取し、またも勝負は一本勝負へ。緊張が走るなか、最後は攻撃を見切られ44-45で準優勝となった。

 福島の圧倒的な追い上げが光ったが、もちろんそれだけではない。堅実な攻めでチームを支え続けた服部、欲しいところできっちりと連取する勝負強さを見せた真田の存在は大きかった。全員でつかんだ準優勝。法大女子サーブルのさらなる進化が期待される。(阿部暁野)

選手コメント

中村豪

ー今日の試合を振り返って
メンバーの2人がいい仕事をしてくれたので、今年初めて団体戦で決勝の舞台に上がることが出来たし、いい一日でした。決勝ではリードして渡してくれたのに、逃げ切れなかったので、もっと頑張らなきゃなと思います。

ー決勝ではあと一本という場面でしたが
行くしかなかったので、出なきゃ出なきゃという感じでした。

ー準々決勝では関カレで敗北した日大との対決でした
1年生2人が関カレの時はいませんでした。我慢するときは我慢する、点を取るときは点を取ると仕事をこなせていたんじゃないかなと思います。

ー作戦はありましたか
日大の慶應も一人の選手が桁違いに強いので、他の選手で勝とうと考えていました。

ー個人戦はどうでしたか
調子が良かったですが、敗れてしまいました。3位決定戦では勝つことが出来て良かったです。

ー同期や後輩の方々がどんどんと力を付けてきているように思いますが
同期の伊藤は個人戦で結果を出してきているので団体でもやってくれるのかなと思います。試合でしっかりと勝ち切ることはできていると思うので、成長が楽しみです。

ー全日本に向けて
2年連続1回戦負けで終わっているので、高みを目指して頑張っていきたいと思います。

 

福島史帆実 

-試合を振り返って
悔しいです。

-2回戦から激しい試合が続きました
あんまり頑張って点を取るとか考えずに、まずは1本1本取るようにだけ考えて頑張りました。

-昨年王者の中京大戦について
気負ったりとかはしなかったんですけど、絶対勝ちたいとは思っていました。

-決勝戦でまた一本勝負になったときの気持ちは
いや絶対負けないと思っていました。ずっと終わらなかったじゃないですか。私が先に仕掛けていこうと思ったんですけど、それがまあ。仕掛けたのは悪くなかったと思います。

-常に強気に前に出ていたのが印象的でした
一本勝負は引かないでおこうとずっと思っていて。その前の一本勝負も全部引かずになので。

-共に戦った真田選手、服部選手について
本当に…真田先輩に関しては特にフルーレなのに。ありがとうございますという感じです。

-日大の小栗選手について
個人は負けたから団体は絶対勝とうと思っていたんですけどね。

-個人戦含め、福島選手にとってどのような結果でしょう
すごく何か…嫌ですね。悔しいというか。でも別に勝った試合の方が多いと思うので。もうちょっと頑張れたら良かったです。

-次の全日本選手権について
全日本はまたちょっとレベルが違うと思うんですけど。頑張ります。

-個人的に目標は
ベスト8で!

-次に向けて
悔しいインカレに終わってしまったので、また頑張っていこうと思います。

 総評

インカレ1.2.3日目で行われた個人戦。6種目中1種目が優勝、2種目が準優勝の座を勝ち取ることに成功。

3.4.5日目には団体戦が行われ、3種目が優勝、2種目が準優勝、1種目が3位とすべての種目がベスト4以上に進出。男女フルーレ団体においては今年負けなしの4冠目を達成。残る冠は全日本選手権団体戦の頂のみとなった。男子サーブル団体はインカレ4連覇と学生タイトルの最高峰を掌握し続けている。全国に法大フェンシング部の強さを見せつけた。

IMG 9297

個人戦総合成績

種目選手名成績
男子フルーレ 敷根崇裕 準優勝
  野口凌平 3位
 男子サーブル 大崎葵一 優勝 
男子エペ 中村豪 3位
女子フルーレ 真田玲菜 3位 
  梅津春香 4位
 女子サーブル 福島史帆実 準優勝

※ベスト4以上を掲載

団体戦総合成績

種目成績
男子フルーレ 優勝
 男子サーブル 優勝 
男子エペ  準優勝 
女子フルーレ 優勝
女子サーブル 準優勝
女子エペ  3位 

 

フォトギャラリー

  • IMG 9154一本差で敗れるも堂々の準優勝
  • IMG 88221年 川北
  • IMG 88491年 服部
  • IMG 90901年 村山
  • IMG 92413年 福島
  • IMG 9304大会終了後のフルーレメンバー
  • IMG 9306大会終了後のサーブルメンバー
  • IMG 9297全員で写真撮影
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み