フェンシング

【フェンシング】関東学生フェンシング選手権大会 男子サーブル団体は昨年の悔しさを払しょくする準優勝!女子エペはあと一歩及ばず団体戦を3位で終える 

関東学生フェンシング選手権大会
2018年10月18日(木)、19日(金)
駒沢オリンピック公園体育館

5日間に渡って開催される関東学生選手権。男子サーブル・女子エペは2日目、3日目に試合が行われた。昨年4位という結果に悔しさを見せた男子サーブルは健闘し、準優勝と確かな手ごたえをつかむ。女子エペは個人戦では村上久美(国文4)の11位、団体戦は3位とあと一歩及ばぬ結果となった。

DSC 1358 R
初の関カレでベスト8入りした山本

試合結果

男子サーブル個人

選手名順位
 柳嘉亮(文4)  6位
山本真太郎(営1) 7位
小野大貴(文2) 20位タイ
横尾知浩(社4) 24位
魚躬裕介(法3) 53位 
山名星文(理工2)  54位タイ
 小田隆介(営1)  54位タイ 
 武捨大輔(文2) 77位 
 

女子エペ個人

選手名順位
村上久美(国文4) 11位 
 富永恵美(法4) 17位
前田友菜(文3) 26位
新井ひより(営2) 35位
加藤有紗(営1) 57位 

男子サーブル団体

出場選手  試合詳細順位
 柳嘉亮 横尾知浩 山本真太郎 小野大貴  準々決勝〇45-32専大 準決勝〇45-33慶大 決勝●37-45中大 準優勝

 

女子フルーレ団体

出場選手試合詳細 順位
 富永恵美 村上久美 前田友菜 新井ひより  準々決勝○45-27東女体大 準決勝●32-39日大 3決○45-37明大 3位

男子サーブル個人戦評 

 大会2日目の男子サーブル個人には柳嘉亮(文4)、横尾知浩(社4)、魚躬裕介(法3)、小野大貴(文2)、古田凌大(文2)、小田隆介(営1)、山本真太郎(営1)らが本戦に出場。魚躬、古田、小田ら3人が1回戦で姿を消すと続く2回戦で小野が敗退。団体戦でも主軸を担っている柳に加え1年生の山本が健闘を見せ、ベスト8には法大勢が2人残ることとなった。

 2回戦では山本と横尾の同校対決が行われた。立ち上がりは横尾が着実に得点を重ね、一歩リードする展開に。しかし、中盤から山本の脚の動きが軽快になると、最後は1本勝負と白熱した試合を見せる。山本のひと突きが勝り、勢いそのまま3回戦も快勝。準々決勝では渡邊裕斗(中大)に及ばずベスト8で大会を終えた。

 安定した強さを見せたのは柳だった。3回戦では中大の野村涼と対峙。試合展開は常に柳リードで進むと、自分の攻めのペースを貫く。剣が折れるアクシデントに見舞われたものの、15‐12と快勝で準々決勝進出を決めた。準々決勝では金子健司(日大)と対峙するも8-15と敗戦した。(梅原早紀)

女子エペ個人戦評

 女子エペには富永恵美(法4)、村上久美(国文4)、前田友菜(文3)、新井ひより(営2)、加藤有紗(営1)が出場。予選プールで加藤が新井も1回戦で姿を消した。

富永は2回戦で早大の登尾と対戦。同時突きで点を入れるケースが多く、最後まで点差を詰められず敗戦。無念の2回戦敗退となった。 前田も強敵村上(早大)相手に、シーソーゲームを展開したが、ラスト1分で連続失点を許した。 学生王者として挑んだ村上だったが、日大の登尾に対し積極的な攻撃ができず敗戦した。 レギュラー全員が入賞台に入れなかった関カレ。1ヶ月後のインカレで立て直せるか。(京岡沙寿乃)

男子サーブル団体戦評

 準々決勝の専大戦では、1回り目の横尾の攻めが決まり、そこから勢いにのり徐々に点差を広げ、勝利を上げた。 準決勝の慶大では、またも横尾が1回り目で3-5から7得点を挙げ逆転に成功。2回り目の柳も良い雰囲気のまま、1失点に抑える活躍を見せ、勝利。

 決勝では、今大会個人戦でベスト4に2人が入った中大と対戦。1回り目で登場した柳がリードを奪うも、それ以降なかなか点を取れずリードを広げられた。最後に柳が維持の反撃を見せるも、10点差開いた点差を逆転することはできず敗戦。リーグ戦より1つ順位を上げ準優勝に輝いた。(京岡)

女子エペ団体戦評

 初戦の準々決勝を戦ったのは、入賞候補の学習院大を破った東女体大。勢いのあるチーム相手だったが、序盤から実力差を見せつけ一度もリードを許さないまま45点目をあげた。

 迎えた準決勝は強豪日大と対戦。戦略的な戦いで接戦を繰り広げた。最後まで勝敗がわからない展開になったが、最後回りの村上でラスト1分に怒涛の5連続ポイントを許した。そのまま追いつけずに敗戦。3位決定戦に回った。 3位をかけて戦うのは明大。1番手を富永に変えて挑んだ。序盤からシーソーゲームになるも、2回り目の前田で5点の点差をつけた。そこからは危なげない戦いが続き、勝利。3位に輝いた。(京岡)

選手コメント

横尾知浩

 —まずは準優勝おめでとうございます
やっぱり優勝したかったですね。 優勝したかった悔しい気持ちが7割でリーグ戦よりも成長を感じられた嬉しい気持ちが3割くらいです。

—準優勝できた要因は
1年生の山本が個人戦でベスト8に入りましたし、自信になったと思います。リーグ戦の時よりも、同じチームとして一緒に戦いやすくなりました。

—夏にはどんなところを課題として取り組んだか
自分個人としては、落ち着いてフェンシングができるようになったと思います。チームとしては、なによりも山本が成長してくれたことです。

—決勝で敗れた敗因は
序盤に流れがつかめずに悪い雰囲気のまま、試合をしてしまったことです。

—1ヶ月後のインカレでは
団体戦を優勝すること、個人ではベスト4を狙っていきたいです。

フォトギャラリー


  • DSC 1358 R初の関カレでベスト8入りをした山本

  • DSC 1366 R団体では最後回りを務めた柳

  • DSC 1481 R横尾は最上級生としてチームをけん引
  • S  59539467 R準優勝でフィニッシュ終えた男子サーブル団体

  • S  59539478 R安定した強さを見せた村上

  • S  59539475 R富永は持ち前の明るさでチームを支える

  • DSC 1570 R前田は隙をつくプレーで団体戦で貢献

  • S  59539482 Rリザーブとして出場した新井
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み