フェンシング
 

新井がベスト8入り果たす 第64回全日本選手権大会1・2日目/フェンシング部

第64回全日本フェンシング選手権大会
2011年9月8日~11日
会場:代々木第一体育館

 今年から団体戦と個人戦が分離され、別日程での開催となった全日本フェンシング選手権大会(以下・全日本)。例年より参加選手の数が増え、また、国際フェンシング連盟が定める公式戦と同数の試合を消化するようになり、世界水準へと変革を遂げた。
 社会人チームから高校生まで、フェンシング界の強豪が一堂に会した全日本。ここでナンバーワンになることは決して容易くはない。遠い栄光の座を追い求め、いざ、戦いが始まる。

fen zennniti1-1
ベスト8入りを果たした新井

試合結果

総合成績

 名前総合順位結果備考
男子サーブル  新井 弘太  8位 15-1、15-6、15-6.5-15  ベスト8 
  水谷 一貴  9位 15-7、15-9、6-15  ベスト16 
   荒井 俊樹 21位 15-13、9-15  ベスト32 
   菊池 崇志 28位 15-7、6-15   ベスト32
   佐藤 直輝 42位 7-15   
   丹代 翔 43位  10-15  
  斉藤 采 65位   予選敗退
女子フルーレ  大石 栞菜  30位  14-6、5-15  ベスト32
   飯塚 早紀 61位 6-15   
   本村祐里佳 63位  2-15  

*結果スコアは左からトーナメント初戦、2回戦…の順
*個人戦は15点先取

男子サーブル 新井が8強

 大会1日目に行われたのは男子サーブルと女子フルーレのプール戦。1プール6人~7人で総当たり戦を行い、出場者84名中上位64名が2日目の本戦であるトーナメント戦に駒を進めることができる。
 男子サーブル種目には、法大から7名が出場。新人戦優勝経験のある斉藤が1勝1敗からその後3連敗し、無念の予選敗退となってしまったものの、6名が決勝トーナメントへ。ナショナルチームでも活躍している実力十分の新井と水谷の両選手は6戦全勝と安定した戦いぶりで、他を圧倒する強さを見せつけた。水谷はこのプール戦でけがを負うも、「(いまだ)エイトに入れてない」ことを悔しがり、「少しでも弘太選手に近づけるように頑張りたい」と目標を語った。

 「身体が固かった」―大会2日目、トーナメント戦に臨んだ新井。昨年の全日本で3位という好成績を残しているだけに、今年も表彰台が期待されていた。初戦を15-1と相手を全く寄せ付けず順当に勝ち上がると、続く2、3回戦を15-6と危なげなく勝利。難なくベスト8入りを果たした。
 そして、4強入りをかけて迎えた運命の一戦。すべては昨年の自分を越えるために―。対する相手は、強豪・NEXUSの徳南。「練習では毎日やっている選手」と話ったように、対戦経験も豊富のよう。しかし、試合は思わぬ展開を見せ、徳南に序盤からリードを奪われ、厳しい戦いとなった。2-7からさらに4連取され、2-11と一気に新井は追いつめられる。悔しさからか、自らの腿を叩き、叱咤する場面も見られた。
 「弘太さん頑張れー!!」「先輩これからこれから!!」観客席から仲間たちが檄を飛ばす。それが勢いの契機となったか、気合で1点を奪取。本来の持ち味である相手を圧倒するスピードでらしさを発揮し、間合いを詰め、一瞬の隙を突いた。だが、終始新井はペースを掴むことができず、5-15で無念のベスト8となった。後ろを向いてふりかざした剣は、ただ空を切り、新井の悔しさを物語った。

 ベスト16入りを果たした水谷は、3回戦で前回チャンピオンのNEXUS・小川(法大OB)と対戦。力の差を見せつけられ、冷静に、かつ着実にポイントを重ねていく小川に対し、攻めあぐねてしまった。今年も越えられなかったベスト8の壁。来年以降の活躍も期待したい。

女子フルーレ 大石、王者と対戦

 法大から3名の選手が名を連ねた女子フルーレ。この種目は春のリーグ戦(団体戦)で無念の6位となった悔しい種目でもある。活躍が期待されたのは新入生の大石。団体戦ではポイントゲッターとして流れを作ってきた。結果は3勝3敗も、決勝トーナメントへ。飯塚、本村も2勝4敗で本戦出場を果たしている。

 最初に登場したのは大石。初戦を序盤からリードし、連続ポイントで7-2と引き離す。中盤には相手に3連取されるも、再び流れを取戻して14-6のマッチポイントへと追い込んだ。タイムアップとなり、そのままのスコアで2回戦へ。
 2回戦の相手は大会3連覇中の宮城クラブ・菅原。王者への挑戦となった。菅原が終始淡々とポイントを重ねていくのに対し、大石は必死に食らいつく。結果は健闘も5-15と完敗し、ベスト32。目標として掲げていたベスト8には届かなかった。

 4年生の飯塚は、序盤こそ接戦に持ち込むも、中盤以降は相手に流れを握られ、思うように攻められなった。また、本村も初戦で世界選手権代表内定者の池端(京都クラブ)に対し、2-15と圧倒された。

 それぞれ果たせなかった目標と、届かなかった未知の栄光。今大会で味わった悔しさは、次戦へ向けての原動力となるだろう。一歩一歩前へ、上を目指し続ける法大フェンサー達の成長が止むことはない。

選手の試合後のコメント

新井弘太選手

―今大会を振り返って
振り返ると最初から緊張していて、固い動きのまま徐々に慣れてきたんですけど、そのままやっぱり緊張してしまって、身体が固かったかなと思います。

―調子は
調子が悪いというわけではなかったんですけど、周りのコーチの方から見れば、自分の悪いところが出ていたという指摘をもらっていたので、自覚なしで悪いところが出ていたんだと思います。

―ベスト8という結果は
駄目ですね。悔しいです。

―去年3位だったというだけに悔しいですよね
そうですね。去年から(順位が)落ちているというのもあるし、優勝を狙ってやっていたので、優勝できなければ最初負けようがエイト入ろうが変わらないです。

―準々決勝で当たった徳南選手について
練習では毎日やっている選手で、ここのところ勝ったり負けたりで、相手のクセとかもわかるんですけど、今日は先手を取られて…。焦っているつもりはなかったんですけど、そのあと自分の立て直しができずにずるずる行って負けてしましました。

―夏にユニバーシアード大会がありましたが
ユニバーシアードの時は、比較的リラックスして予選に入れて、予選も悪くなくて。トーナメント初戦はよかったんですけど、追いつかれて…内容はよくなくて。でも自分の中では16(ベスト16)に入ったのは良い方だったんじゃないかと思います。

―サーブル個人では日本人最高11位でしたが自信がついたのでは
メダルが取れていないのは悔しいんですけど、1回戦を突破できたことは自信になったと思います。団体で意外と、自分では納得いくような試合が出きて、そういう面ではよかったと思います。

―秋シーズンに入りましたが、意気込みを
このあと、全日本選手権では負けてしまったんですが、世界選手権のメンバーに選ばれているということで、このあとすぐ合宿に入って、ドイツに入って世界選手権という形になると思うんですが、そこをいかに集中して、さらにレベルを上げて、一つでも上のレベルに持っていけるようにしたいです。 

水谷一貴選手

 ―大会を振り返って
昨年同様の結果で全日本のベスト8の壁は大きく崩せなかった。日頃一緒に練習をしている小川さんと実際に戦いトップとの差を改めて確認した。負けはしましたが、現状を知ることが出来たという意味では良かったです。

―けがの影響は?
テーピングをしてもらい痛みを和らげてもらった。あまり影響はなかったです。

―これからの秋大会について
リーグで準優勝と結果を残してきた。常勝軍団として落とせない。

大石栞菜選手

―全体を振り返って
練習はすごくやってきたんですが、予選が悪くて。トーナメントの相手も今まで勝ったことのない人だったんですけど、頑張って勝って、2回戦はチャンピオンにボコボコにやられてしまって…それが悔しかったです。

―トーナメント初戦直後に、仲間の選手に「緊張した」とおっしゃってましたがプール戦とはまた違った緊張感がありましたか
プール戦は5本なので、あっという間に流れを持っていかれて終わってしまうので、そこの点では15本の方が良いんですけど。最近試合の結果があまり良くなくて、同世代の試合とかでも。やっぱり駄目なのかなあ、と思ったりしていたんですが、初戦では3本目くらいの時にすごく綺麗に取れて。それまでずっと緊張していて、それ取ったあとは行ける、と思って取れました。

―大会連覇している菅原選手と対戦してみて
ナショナルチームでは練習を一緒にさせてもらっているんですが、試合は始めてでした。試合という面では、練習の時より迫力が違うなあと思いました。

―スコアは健闘したのでは
いや、できなかったです。

―ベスト32という結果に悔しさは
ありますね。(掲げていた目標は?)エイトに入りたかったです。

―全日本を通して得たものは何かありますか
試合の中で、いかに自分の有利な試合を運べるかと、負けてる時に、自分のペースではない時に、どういう風にやらなくてはいけないかを学びました。

―秋に向けて大会がまだ控えていますが目標を
言えば、全部優勝したいですね。

 

フォトギャラリー

  • fen zennniti1-1ベスト8入りを果たした新井
  • fen zennniti1-2悔しげな表情を浮かべた(新井)
  • fen zennniti1-3総合9位の水谷
  • fen zennniti1-4荒井俊樹
  • fen zennniti1-5佐藤直輝(右)
  • fen zennniti1-6女子フルーレ・大石栞菜
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み