フェンシング
 

男子フルーレ田村がベスト8に! 第64回全日本選手権大会最終日/フェンシング部

第64全日本フェンシング選手権大会
2011年9月8日~11日
会場:代々木第一体育館

 4日間にわたって繰り広げられた全日本選手権大会も最終日。女子エペと男子フルーレの決勝トーナメントが行われた。フルーレは、ユニバーシアード大会に出場した東や、4年生の田村など充実したメンバーを擁し、頂点を目指した。

fen zennniti3-1
8強となった田村

試合結果

総合成績

種目名前総合順位結果備考
 男子フルーレ  田村 晋平  8位 15-11,15-12,15-9,4-15  ベスト8 
  菅野 慶嗣  12位 15-14、15-8.7-15  ベスト16
  加藤 祥 32位 15-8、13-15  ベスト32
   東 純平 36位 8-15   
  辻 慶謙 40位 6-15   
  吉田 玲 67位   予選敗退
 女子エペ  本村祐里佳 25位   12-11、5-14  ベスト32

*結果スコアはトーナメント初戦、2回戦…の順に記載
*個人戦は15点先取

男子フルーレ 田村「目標であるベスト8に入れて良かった」

 最終日にトーナメントが行われた男子フルーレ。法大からは5名が本戦出場を決めた。
 ここで、4年生・田村が躍進劇を見せる。初戦、中盤に2点差まで詰め寄られるも、落ち着いた剣さばきを崩さず、15-12で勝利し、2回戦へ。
 2回戦では6-10と一旦は離されたものの、田村本来の素早い突きで怒涛の6連続得点を挙げ、一気に逆転へ。その勢いを切らすことなく、ベスト16入りを決めた。
 そして迎えたベスト8をかけた大一番―。相手は強豪NEXUSの渡辺。第1セットを5-3とリードで終えると、第2セットでは序盤に3連続得点を奪われてしまい、逆転を許す。しかし、最終セットで田村が逆転すると、流れを物にし、相手に隙を与えず、確実に突いていく。田村が突きを決めるたび、観客からは拍手が沸き起こった。そのまま、田村ペースで15-9で勝利し、準々決勝へ駒を進めた。
 ベスト4をかけて挑むは、法大OBである藤野大樹(NEXUS)。「先輩に胸を借りて思いっきり戦えました。」と語ったように、たくさんの仲間が見守るなか、田村は必死に食らいついていく。しかし、藤野に8連続得点を許すなど、圧倒され、1-9と序盤で大きく離された。点差を詰めたいところだったが、藤野の攻撃は衰えることなく、4-14とマッチポイントを握られてしまう。最後は、田村が反則を取られ、4-15と4強入りを逃した。準決勝進出はならなかったものの、目標のベスト8入りを果たす大健闘を見せた。

 また、菅野がベスト16入りを果たす。初戦、相手リードも冷静に隙を突いて攻めていく。試合は延長戦にもつれ込むが、互いに機会をうかがう我慢の時間となる。残り15秒というところで、菅野が敵を一突きし、接戦をものにした。2回戦も落ち着いた試合運びで有利に進め、勝利する。そして迎えた3回戦。先の2戦に比べ、荒々しいプレーが目立った。冷静さを欠き、相手に5連続得点を許すなど、リードを奪われてしまう。中学生相手に負けられないという思いからが空回りしてしまったか、悔しさが残るベスト16となった。

 そして、奮闘した1年生・加藤。初戦を15-8で初戦を勝利し、2回戦へと順調に進む。2回戦の相手は、日大・松本。初戦同様、果敢に攻めていき、テンポ良く5連続得点を決める。中盤は、松本の攻撃も決まり一進一退の展開へ。12-11で迎えた最終セット、まず得点を挙げたのは加藤。ベスト16まであと2点と近づく。しかし、松本がすばやい突きを決めるとその後も3連続で得点を挙げられ、13-14と逆転を許してしまう。最後は赤と緑、2つのランプが点灯し、互いの観客が沸く。得点を決めたのは松本。加藤は13-15で惜しくも敗れ、ベスト32となった。
 
 辻と東は惜しくも初戦敗退となる。辻は、日体大の東谷に開始から4連続得点を挙げられ、第1セット終了の時点で2-7と大きくリードされる展開に。第2セットを先制し、その後は攻防戦が続くも、流れを寄せることが出来ない。最後は、東谷のすばやい突きによって4連続得点を決められ、6-15で試合終了。
 東は鳥羽高校の小久保と対戦。相手のペースにはまり、得点することが出来ない。序盤から2-12と大幅にリードを許してしまう。その後東は持ち直すものの、追いつけず、相手のマッチポイントに。ここで東は2連続得点を挙げ、粘りを見せる。しかし、序盤の失点が響き、8-15で敗れてしまった。

女子エペ 

 法大からは本村が予選プールを勝ち抜いてトーナメントへ。中盤から徐々に調子を上げるも、3セット目で両者譲らずの展開に。延長戦の末、12-11で初戦を勝利で飾った。
 続く2回戦はアジア大会銀メダリストの中野希望。本村は粘りを見せ、試合開始1分半に1点を先取する。しかし、やはり大会女王の強さは圧倒的。隙を感じさせない中野が連続で得点を重ね、強さを見せつけられる試合となった。

 男子サーブルから新井、フルーレから田村が8強入りを果たし、今年の全日本個人戦は幕を閉じた。満足いくものだったか、それとも悔しさが残ったか、それは選手それぞれが違う評価を下す。しかし、強豪と対戦し、実のある大会になったことは間違いない。
 これから控える関カレやインカレ。名門・法大のプライドをかけ、今度は学生頂点を目指す。

選手の試合後のコメント

田村晋平選手

―今日の試合を振り返って
目標であるベスト8に入れて良かったです。
 
―ベスト8という結果は満足のいく、納得できる結果ですか
はい、そうですね。相手(藤野選手。今大会優勝)が法政のOBで、先輩に胸を借りて思いっきり戦えました。
 
―仲間からたくさんの声援が送られていましたね
そうですね。すごく応援してくれて嬉しかったです。力になりました。
 
―次への目標は

団体でなかなか勝てないので勝って、優勝できるようにしたいと思います!

東純平選手

―今日の試合を振り返って
自分の良くない部分が出てしまって。上がれるトーナメントだったのでもうちょっと上に行きたかったんですけど…。その後田村先輩のベンチに入ってすごいなと思いました(笑)
 
―ユニバの感想は
ないっすよ、ぶっちゃけ。全日本と一緒で。・・・2年後のユニバに向けて、大学のチーム力向上のためにもっと活躍して引っ張らなければと思います。
 
―次への目標は
個人より団体です。自分たちで勝ててなくて、このチームでできるのは最後なので頑張りたいと思います。この3人(東・田村・菅野)で出ます!

本村祐里佳選手

―初戦は延長戦にもつれ込みました
2,3セット目で相手からプレッシャーをかけられてしまいました。相手が来るのを待って、耐えて、来たところでこちらから仕掛けました。

―2回戦目の中野選手の印象を聞かせてください
練習で当たったことはないです。ノーモーションで入ってくるので、私の方も身動きが取りにくかったです。ですから、よく足を取られました。(中野選手は)フレンチ剣で長いので、下手に動くとすぐとられます。

―1点目が入るまでかなり時間がかかりましたが、粘ったのでは
チャンスを狙っただけですね。チャンスをものにしよう!と。

―今回の試合で見えてきた課題は
相手を来させて取る戦法しか自分にはないなと感じました。攻めのフェンシングも自分のものにしたいです。

―関カレの目標
団体戦も頑張りたい。団体でインカレ出場したいです。個人でも入賞したい。

 

フォトギャラリー

  • fen zennniti3-18強となった田村
  • fen zennniti3-2ベスト16入りを果たした菅野
  • fen zennniti3-3初戦突破した加藤
  • fen zennniti3-4エペでは本戦出場もフレーレでは叶わなかった吉田
  • fen zennniti3-52回戦で敗れるも奮闘の本村
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み