フェンシング
 

男子サーブル、圧倒的な強さで個人・団体ともに優勝!! 全日本学生選手権/フェンシング部

全日本学生選手権(全日本学生個人選手権/全日本大学対抗選手権)
2011年10月24日(月)~28日(金)
会場:駒沢屋内球技場

 ”絶対覇者”=男子サーブル――だが、飽くなきまでに頂点への想いは強い。ナショナルチームで活躍する頼れるエースが戻り、他を寄せ付けない圧倒的な戦いぶりで個人でワンツーフィニッシュ、団体でも2連覇を達成した。

fen zennihon4-1
個人で初優勝を飾った新井

試合結果

個人成績

種目選手名結果備考
男子サーブル    新井 弘太④  優勝   
   水谷 一貴③  準優勝  
   荒井 俊樹④ 8位   
   斉藤 采② 12位  
   菊池 崇志④  14位   
   佐藤 直輝③  24位   
   丹代 翔①  25位   
   大石 峻司③  28位   
   山田 祥大②  53位  予選落ち 

団体成績

種目選手名結果
 男子サーブル団体 新井弘太④、水谷一貴③、荒井俊樹④、 大石峻司③  優勝
得点詳細 

1回戦 45-21愛工大、2回戦 45-11日体大、
準決勝 45-30立命館大、決勝 45-38中大 

 

*サーブル
 サーブルの有効面は、頭・両腕を含む上半身(腰より上)。また、先に攻撃した方が「攻撃権」を持ち、防御側は相手の剣を払うなどしてから攻撃を行わないと得点とならない。エペ、フルーレの攻撃が「突き」だけに対し、サーブルは「突き」と「切り」(=剣身で触れる)が認められている。

新井、インカレ初優勝!!8強に法大が3人の名を連ねる

 インカレ決勝の舞台に立った2名は、どちらも法大の看板を背負った選手だった。1人は新井弘太、もう1人は水谷一貴。昨年も好成績を残している者同士が、頂点を目指し、同校対決へ臨んだ――。
 
 新井は、予選をトップで通過しシード権を得て、初戦から大石との同校対決でにリードを許すことなく、15ー9で勝利すると、続く3回戦も序盤に6連続ポイントを挙げ流れを作り、リードを守って15ー9とベスト8進出を決めた。準々決勝は序盤、2点のリードを追いかける展開となったが、焦りを見せることなく5連続ポイントを奪い返し逆転。その後は次々と素早いアタックや切りが決まり、相手の攻撃を寄せ付けず、15ー7と圧勝した。準決勝においても、勢い切らさず、隙が生まれた頭部も狙いっていく。ポイントを重ね、14ー5とあっという間迎えたマッチポイント。ここで相手から3連取されたものの、最後は敵陣まで走り込むと攻撃が決まり、決勝進出を果たした。

 新井の決勝戦の相手となったのは、法大で共にナショナルチームに所属する水谷。
2回戦は序盤に3連取されると、自分の流れに持ち込めずに試合は進む。4点ビハインドとなったなかで、本来の強さが現れる。まずは1点を返すと、あっという間に点差を翻し、14ー11と逆転、マッチポイントへ。そして最後もきっちり収め、15ー11で勝利。序盤リードされていただけに、終了後は安堵の笑顔を見せた。
 続く相手は、法大の斎藤。同校対決となった。一進一退のなか、水谷が離しにかかったと思いきや、すぐに斎藤が4連続ポイントを奪い返し同点へ。試合は終盤に。まず一歩抜けたのは水谷。直後、斎藤が2連取し逆転。しかし、水谷も2連取し逆転するが、斎藤が意地でまたもや同点に追いつく。だが、水谷がアタックを決めマッチポイント。そして最後は斎藤を追い込み、わずかな隙を突いて15ー13と僅差で勝利した。
 準々決勝では序盤にリードを作るも、中盤で同点に追いつかれる。その後素早いアタックで4連取し再びリードを奪うと守りきり15ー12で勝利し、準決勝へ駒を進めた。そして、後半も終盤の追い上げにより勝利を収めると、新井との決勝へたどり着く。

 そして、迎えた決勝戦。序盤は水谷がリードを取る。しかし、新井が連続ポイントで逆転すると、7ー4と引き離す。今度は水谷が追いかける番となったが、素早いアタックと切りで2連取し1点差まで迫る。だが、再度新井が引き離しにかかる。わずかなタイム差を物にし、3連取すると、水谷の攻撃を寄せ付けない。そこに更にポイントは重なり、14ー9と優勝まであと1点。そして、水谷のほんの一瞬の隙を狙うとアタックを仕留め、15ー9と初優勝を成し遂げた。その瞬間、新井は両腕を高く突きあげ力強く吠えると喜びを表した。
 
 また、この種目では荒井がベスト8、斎藤と菊地がベスト16入りを果たしている。
 荒井は、大差で順調にベスト8まで勝ちあがると、あと一歩のところでベスト4を逃した。試合は拮抗も、終盤にリードを許してしまい、惜しくも2点差で敗れたが、最後まで強気の姿勢がうかがえる試合だった。
 斎藤は、ベスト8を懸けて前述の水谷と対戦。ビハインドのなかでも先輩・水谷への攻めの気持ちは失わない。ここから、4連取を奪い同点へと追いつく強さがあった。迎えた同点の場面。 ここで水谷のアタックが決まりもう後はない。試合開始の声がかかり攻めようとするが、逆に追い込まれると、ほんのわずかな隙が生まれた際に剣は突かれ、13ー15と惜しくも敗れた。
 菊地は2回戦、序盤の大量得点で9ー3と波に乗ると、相手の攻撃を許すことなく安定した展開が続く。最後も怒涛の5連取で15ー7と圧勝した。ベスト8がけでは、9-15と思うように攻められず、悔しい負けを喫した。

ライバル・中大を撃破!!V2達成

 個人でワンツーフィニッシュ、そしてベスト8入りを果たした荒井を擁するサーブルチームにとって、団体優勝は絶対的に求められるものだった。
 初戦では個人・準優勝の水谷を温存し、代わりに大石を起用して臨んだ。1順目の荒井が4-5でリードされるが、2番手の新井が素早いアタックで相手を寄せ付けずリードを広げる。その後は順調な試合運びで45-21で勝利した。
 2回戦の日体大戦では水谷が復帰。1順目で15-3と大差をつけると、相手を全く寄せ付けず、45-11と余裕をもってベスト4入りを果たした。
 準々決勝、相手は立命館大。1番手の新井が5-1で代わると、続く新井、水谷も順調にリードしていく。しかし、3巡目、荒井が連続でポイントを奪われ、33-23と点差を詰められてしまい、立命館大ペースに傾く。水谷が盛り返すも、アンカーの新井がまさかの4連続で得点を許す。だが、保ってきた点差の強みもあり、最後はしっかりと決め、45-30で勝利を挙げた。

 優勝まであと少し。今年も決勝の舞台には法大と中大の姿だけがあった。因縁のライバル・中大。サーブル種目の強豪校であり、試合は決勝にふさわしく白熱する。
 1番手の水谷が5-3とリードすると、そのわずかな差を守りながら試合を運ぶ。取っては取られ、取られては奪い…一瞬の力強いアタックで勝負が決まっていく。動いたのは3順目の荒井。31点目を完璧な突きで決めると、自分のペースを取戻し、35-26と9点のリードを奪うことに成功。勢いづきたい法大だったが、続く水谷が野里(中大)に4連続でポイントを取られると、思うようにアタックが決まらない。気が付けば38-36に。しかし、気合であと2点を奪い取ると、アンカーの新井にすべてが託された。
 序盤、深谷(中大)に連続でポイントを献上し、2点差とされるも、中大の反撃はそこまでだった。41点目を不安を払しょくするような切りで決めると、新井らしいダイナミックな動きでアタックを狙い、そして45点目――マスクを取り優勝の雄叫びが会場に響く。サーブルメンバーは安心したような笑顔を見せ、強い抱擁で優勝の喜びを分かち合った。
 
 今大会、男子で唯一もぎ取った優勝を讃え、4年生の新井主将と荒井主務を胴上げ。はじける笑顔は絶対王者としてのプレッシャーから解放されたもの、そして優勝を勝ち取った嬉しさの両方だったろう。
 3冠を成し遂げ、勢いに乗る男子サーブル。昨年の全日本選手権では表彰台に届かず悔しい思いをしているだけに、今度こそ頂を目指したい。

選手の試合後のコメント

新井弘太選手(4年) *取材は大会3日後

ー優勝しての率直な気持ち
安心してます。ホッとしてます。

ーインカレに向けて、四年生としての特別な思いは
ありませんでした。勝つことしか、それ以外になくて、四年生だからというものはなかったです。

ーインカレは初優勝でしたが
そうですね、悔しいですね。もうちょっと(タイトルが)欲しかったですね。

ー同校対決については
水谷の決勝は逆山になれば絶対そうだと思っていたので、そこは予想してた通りで、初戦の大石は…大石が悪いです(笑)自分のせいじゃないです(笑)
(同校対決は嫌なものですか?)いや、そんなことないです。こんだけいるので。

ー世界選手権に今年も出場されましたが、去年と違うものはありましたか
オリンピックのポイントが入るということで、レベルの高いものになっていたと思います。その中で、自分の力を発揮出来ず、負けてしまったのでとても悔しかったです。

ー世界で活躍する身として学生大会では負けられないという思いは強いですか
はい、強いです。それしかないです。

ー今回もプレッシャーは
ありましたね。

ー最後に団体に向けて
団体は去年も勝ってますし、メンバーも代わっていないので、今年もしっかり一個ずつ勝って、優勝したいです。

水谷一貴選手(3年) *取材は大会3日後

 

ー昨年と同じ準優勝でしたが今の気持ちは
今年は取りたいなと思ったんですけど、実力の差を見せつけられましたね。なんにも言えないです。

ー今大会はどんな思いで臨んだんですか
弘太先輩がカンカレの時に、世界選手権に行っていたので、自分が世界選手権に出れなかったので、インカレで弘太先輩に勝って、見せつけてやろうという気持ちでやってました。

ー同校対決が続きました
カンカレが全部法政だったので慣れましたね。弘太先輩は全然大丈夫なんですけど、同じ大学の下の後輩とやるのはやりづらいですね。

ー以前、新井選手を目標としているとおっしゃってましたが、インカレ決勝の舞台で対戦したことについて
とりあえず弘太先輩とやれたので良かったですね。その前で負けたら、何も意味ないので、弘太先輩と決勝の舞台でやるのが目標だったので、やれて良かったです。

ー準決勝ではビハインドからの追い上げでした
朝日大の選手も岐阜出身で、高校の時は自分が結果出していたので、吉岡は埋れてたんですけど、今本当に強くて危険視していて。そういう選手に負けたらダメだと思うし、法政大学の一員として、その上をいかなくては行けないので、プライドを持って勝ち切りました。

 

フォトギャラリー

  • fen zennihon4-1個人で初優勝を飾った新井
  • fen zennihon4-2新井は団体戦でも要として活躍
  • fen zennihon4-3ベスト8となった荒井俊樹
  • fen zennihon4-4ベスト16入りを果たした菊池
  • fen zennihon4-5個人準優勝の水谷
  • fen zennihon4-6男子サーブルメンバー(左から荒井・新井・水谷・大石)
  • fen zennihon4-7インカレ優勝後、4年生を胴上げ!!
  • fen zennihon4-8おつかれさまでした!!
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み