フェンシング
 

強い女子、確立へ!!女子エペがメダル獲得 全日本選手権2日目/フェンシング部

第64回全日本フェンシング選手権大会(団体戦)
2011年11月25日(金)~27日(日)
会場:大垣武道館

 今年、女子部の快進撃が止まらない。全日本という大舞台でもメダル獲得という快挙を成し遂げた。そして、インカレでベスト8止まりとなり、涙を呑んだ男子エペもこの日、今季最後の戦いへ挑んだ。

zennihon2-1
3位入賞を果たした女子エペ陣

試合結果

総合成績

種目出場選手結果
男子エペ  辛島裕太④、吉田玲②、吉沢有紀①、鈴木理来②  ベスト16 
得点詳細  2回戦●28-45香川クラブ(1回戦シード)   
 女子エペ  飯塚早紀④、本村祐里佳③、大石栞菜①  3位
得点詳細   2回戦〇14-10明大、準々決勝〇45-24京都クラブ、
準決勝●36-45朝日大
 

飯塚「チームワークが本当にすごい良かった」

  リーグ初優勝、王座準優勝、インカレ準優勝ーーたった4人で3種目のチームを組んできた女子が今季最も結果を残したのはこのエペ種目だろう。
  シードて迎えた全日本。初戦は9月の関東選手権で敗戦した明大だった。「明治に勝つことが目標」(飯塚)としたように序盤から45点先取の団体戦で、なんと1桁台のロースコアの戦いとなった。確実に取れる1本を取り、お互い我慢の試合に。一歩優勢となったのは法大たったが、7-7の同点で迎えた第8セット。本村が我慢の末に大事な1点を奪うも、足元を突かれ、再び同点。最終セット、大石も得点を取れず延長に。延長へ突入し、お互い激しく突くが、同時突きで9-9。だが、力強い大石らしい攻めで3連続で得点を挙げると、攻め込んでくる相手を冷静に対処し、このペースを守り切った。14-10、ロースコアの厳しい戦いを制し、準々決勝へ駒を進めた。続く京都クラブには序盤ロースコアも、3セットめで本村がペースをものにし、相手を引き気味にさせると、その後は順調な試合運びで20点以上の差をつけて準決勝へ。

  準決勝、対するは朝日大。王座、インカレで法大の優勝を阻んできた地元・関西の強豪校だ。だが、法大も負けてはいなかった。お互い我慢しながら確実な1本を決めていき、一歩も引かない。試合が動いたのは8セットめだった。20-21と王者をあと1点まで追い詰める。思い切り突いていき、接近戦から隙が生まれた相手の背中を突くと、24-24の同点に。だが、再び相手が25とリードしたところで、膝を痛めたか、試合が一時中断する。長きにわたった中断から朝日大の選手が復活を遂げると、大石から同時突きを含めた2点を奪う。25-27、最終セットの本村へ。だが、相手は本村より大柄でリーチの差で有利に立ち、高い部分から剣を突きさし、7連続でポイントされ、突き放される。この点差を取り返すべく、思い切り良く攻め、本村は逆に相手の下半身部分を狙う。同時突きを含む8連続得点で35-40まで再び詰め寄る。だが、寸分の力の差が出て、最後まで本村は攻めの姿勢を失わなかったが、突きに行ったところを突かれてしまい、36-45と敗れた。

  女子部が力をつけてきたのは、近年ではここ2年間のことだ。結果が出ず、辛い時期を乗り越え、昨年から再び全日本の舞台へ出場、そして今年は「初優勝」の歴史を2度も作り続けてきた。その背景にある力は何物にも代えがたい「チームワーク」。個人でも上位に入る実力があるのは確かだが、1人のプレーに対して全員で喜びの声を上げ、励ましの声をかけ、得点時のガッツポーズはベンチへ向けて返す。チームとしての意識が高く、1つにまとまっているからこその強さなのだ。「3種目やっていたからこそ一つ一つ戦績が出た」と全ての種目でチームを鼓舞し続けた飯塚は話した。今年、最も公式試合をこなしてきたのは彼女たちだろう。春からいくつも同じメンバーで試合を戦ってきたからこそ培ったチームワークだ。来季、飯塚は抜けるが、今後もこの紛れもない結果を自信にし、そしてチームワークの良さを伝統にして受け継いでいってほしい。(酒井 加奈)

無念の初戦敗退 男子エペ

 インカレで今季初めて負けを喫した男子エペ。彼らにとって最初で最後の、屈辱を晴らすときが来た。しかし、ここは全日本の舞台。強豪チームがひしめき合うなかで、目の前の勝利をつかむことさえも簡単ではなかった――。

 法大は、シードとして2回戦から登場した。初戦の相手は、早大のOBを多数擁する、強豪・香川クラブ。
 序盤は僅差を保っていたが、第3セット以降から力の差が明らかになってくる。吉田がピストに上がると、初めは連続得点を許し5ー10とリードを広げられるも、その後は同時つきで得点を挙げた。胴体への突きも勢い良く続けて決め、8ー11と差をつめるが、これ以上は縮まらず、逆に相手の攻撃ペースに乗せられてしまう。このセットを8ー14で終えると、続く吉沢も5連続でポイントを奪われピストを下りる。第5セット、辛島でさえも相手の勢いを止められず、敵陣へ追い込み1点をやっとのことで返すことしか出来ない。この時点で9ー25。法大の攻撃が全く決まらない。
 この連鎖を断つかのように、第6セットで吉田が連続ポイントを奪うもその後は同時突きが続き、思うように点差は詰まらない。そして、終盤にさしかかった第7セットでも、吉沢が再度連続得点を許し16ー35とリードは広がっていく。第8セットは、吉田が相手の足下を果敢に攻めると得点を重ねたが、24ー40と大幅にリードされたままラストの辛島へ。最終セット、同時突きが続き相手の43点目が決まる。だが、辛島も諦めを切らすことなく、単独得点となる27点目を挙げると、声を吐き出す。相手の44点目が決まっても
、背を向けた一瞬を逃がすことなく、アタックを突き返した。しかし、最後は剣が辛島の胴体へと突き刺さり、相手のランプが点灯し試合終了。力の差を見せつけられ、28ー45と大差での敗退となった。シードであったためにベスト16という結果となったが、今までの功績を振り返ると、早すぎる終幕であった。

 『戦力不足』と言われ幕を開けた男子エペチーム。しかし、キャプテンの辛島は、チーム力をつければ勝てると信じていた。そしてその言葉の通り、チーム一丸となって迎えたリーグ戦・王座・関カレでは頂点に上り詰め、再びの5冠達成への期待が高まった。しかし、頂点に立ったことで勝つことに対する油断が表れたのも事実。その結果が、インカレでの敗戦につながった。今大会は気持ちを改め臨んだものの、自分たちの試合が出来ずに初戦敗退。しかし、辛島はこのすべてを含めて「良い思い出です」と語った。
 『チャンピオン』と『挑戦者』、2つの異なる立場と向き合った1年間。辛島は引退となるが、吉田や吉沢はこれからチームを引っ張っていく立場となり、まだまだチャンスは残っている。今季培った経験と辛島が託した想いは、彼らが引き継ぎ、必ずや活かしてくれるはずだ。(藤井 志帆)

選手の試合後のコメント

辛島裕太選手(4年)

―まず全日本にはどのように臨もうとしましたか
全日本はレベルの高い試合で、一発目の香川クラブは強いって知ってて、どう戦うかチームで話し合って作戦立てて臨んだんですけど、個々の能力の差がありまして、試合の組み立て方が良くなかったです。

―今日の敗因は
序盤から点を取れなくて、僅差だったら何とかなるかなと思ったんですけど。相手の良い戦い方にさせてしまったことですかね。

―香川クラブと実際に戦って、試合の前に考えていたのと比べていかがでしたか
もっと僅差になるかなと思ってたんですけど…。

―今年1年間を振り返っていかがですか
『優勝』が出てこないと思ってたんですよ。でもチームで一丸となって、リーグ・王座・関カレで(優勝を)とれたんですけど、インカレと全日本で悪くなっちゃって、最終的に悪くなってしまいました。でも良い思い出です。

―エペキャプテンとして心がけていたことはありましたか
チーム力はつけようと思ってましたね。つければ勝てると思ってたので。(プライベートでも?)けっこう仲良くやってました(笑) 。

―4年間のなかで1番印象に残っている試合はどれですか
今年の王座の一本勝負ですね。

フルーレからエペへの転向で大変なこともあったと思いますがいかがでしたか
最初はフルーレからエペになって、ずっとフルーレがやりたかったんですけど変わってしまって。最初は全然できなくて、試合でも上手くいかなくて、必死になって3年のときにやりました。

―同期へのメッセージをお願いします
4年間どうもありがとうございました。この同期でやれたことは大学生活のなかで大きいですし、迷惑も多々かけましたが、一生の思い出です。ありがとうございます。

―後輩へのメッセージをお願いします
来年こそは五冠を取ってきて欲しい…、絶対に取ってきてほしいです。

―法大フェンシング部はどんな所でしたか
フェンシングだけではなく、社会人に必要なマナーや精神も教えてもらって、充実した4年間でした。

―今後もフェンシングは続けられるんですか
しないです。

飯塚早紀選手(4年)

―今大会を振り返って
フルーレで結構狙ってたんですよ。去年も同じ山形に負けていてベスト4に入れなくて悔しかったです。でもエペで、2種目目で気が楽だった部分もあったんですけど、全日本でメダルを取ることが出来たので、よかったかなと思います。

―接戦だった明治戦が終わった後は大石選手に抱き着かれてましたね
関カレで負けてて、明治に勝つことが目標だったんです。なので、最後勝ってくれてよかったです。

―ずっとロースコアで明治戦は危ない試合でした
そうですね。取れるとこは取って、取れないとこは我慢して、インカレのときと同じようにやっていたので、すごいロースコアで、どっちに転がっても良いような試合でしたね。

―今大会が引退試合となりましたが
去年もエイトがけで負けてて悔しい想いがあったので、あとは4年間最後の集大成として悔いがないように自分が納得いく最後にしたいというのが強かったので、3位で決勝には行けなかったんですけど、メンバーの少ない中でのこの結果は満足してました。

―3種目すべてを引っ張ってきたこの1年間を振り返るといかがですか
逆に3種目やっていたからこそ一つ一つ戦績が出たのかなという部分があって、フルーレだけにかけてしまっていたらこういう成績が出なかったと思います。3種目やってて辛かったは辛かったですけど、4人しかいない中での3種目やってたので、チームワークが本当にすごいよかったと思います。

―4年間を振り返るとどうですか
最初は慣れない環境だったので、すごい弱かったし、入ったことにも後悔していた部分があったんですよ。でも去年の黒岩先輩の代から、全日本にも出場するという結果が出てきたので、チームワークの大切さを重視して、皆で切磋琢磨してやってこれたので、最後の最後で自分の納得の行くチーム、プラス成績も出たので、よかったかなと思います。
(今年は本当にエペでリーグ初優勝、フルーレでインカレ初優勝と歴史を作り続けましたよね。)去年の全日本がベスト8で終わってしまったんですけど、全日本に出場することが女子はあまりなかったので、良い形で来れていたので、今年もそういう気持ちでやっていこうというのが強かったので、よかったですね。成績が出たことが本当によかったです。

―後輩にはどんなチームになっていってほしいですか
去年からうちはこういう形でチーム作りをして、成績も出ているので、チームワークは受け継いでもらって、全日本で悔しい想いをしているので、今年以上の成績を出せる様に、頑張っていってもらいたいし、自分でも社会人になってからもサポート出来たら良いなと思います。

 

フォトギャラリー

  • zennihon2-13位入賞を果たした女子エペ陣
  • zennihon2-24年生としてチームを引っ張り続けた飯塚
  • zennihon2-3本村はエペでは得点源として活躍した
  • zennihon2-4力強いプレーで勢いをもたらした大石
  • zennihon2-5全日本初戦敗退も3冠を成し遂げたエペでキャプテンをつとめた辛島
  • zennihon2-6離されまいと鋭い突きを決めていた吉田
  • zennihon2-7吉沢も1年生ながら果敢に立ち向かった
  • zennihon2-8男子エペ、無念の敗退に肩を落とす…
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み