フェンシング

男子サーブル団体、今季初黒星。一本勝負を勝ちきれず...... 全日本学生選手権最終日/フェンシング部

全日本学生選手権
日時:2012年11月7日(水)~11日(日)
会場:大山崎町体育館

5日間に渡るインカレもついに最終日。最後を飾る種目は、男子サーブルと女子エペの団体戦だ。今季未だ負けなしで、インカレでももちろん優勝を、そして男子3冠を狙っている男子サーブル。2部降格が決まった春から着実に力をつけ、関カレでは3位と返り咲きを見せる女子エペ。笑顔で終えることはできたのか――。

優勝を逃しうなだれる水谷(手前)と喜ぶ中大ベンチ(奥)

試合結果

総合成績

 出場選手結果得点詳細
男子サーブル  水谷一貴④、大石峻司④、斉藤采③、吉田健人②、安藤光平①  準優勝  1回戦○法大45‐27慶大、準々決勝○法大45‐34早大、準決勝○法大45‐41専大、決勝戦●法大44‐45中大 
女子エペ  本村祐里佳④、大石栞菜②、小林未来①  3位  1回戦○法大 45-27日大、準々決勝○法大31‐27関学大、準決勝●法大40‐45日体大、3位決定戦○法大38‐33朝日大

男子サーブル 今季4冠目ならず

  崩れ落ちたキャプテン水谷と、茫然と立ち尽くしうつむくベンチのメンバー。勝利を確信し一緒にその瞬間を迎えるはずだったフルーレとエペの仲間も、落胆の叫びとともに思わず頭を抱えこむ。それは、負けなしの男子サーブルが今季初めて敗れた瞬間だった。今季4冠目、そしてインカレでの男子団体戦全制覇まであと1点。勝利はすぐ目の前にあるはずだった――。
初戦の慶大、続く早大には大差をつけて順調に4強入りする。準決勝の専大戦は7セット目までシーソーゲームが続いたが、8セット目で吉田健が振り切ると45‐41で勝利。決勝の舞台へ進んだ。
 そして、決勝戦の相手は今季3度の優勝争いをしてきた中大だ。「インカレこそは」と断腸の思いで挑む中大。もちろん法大も今季4冠をつかむため、そして男子3冠を成し遂げるため負けるわけにはいかない。「優勝」への想いは並大抵でないだけに、両者一歩も譲らない展開が続いた。試合は40‐36と法大リードで、最終セット「水谷vs野里」の主将対決となる。1本ずつアタックを決めていった水谷は、44‐41と先にマッチポイントを握った。しかし、準決勝でも大逆転を見せた野里の猛攻が始まった。攻めきれず焦りが見える水谷に対し、積極的な攻めを仕掛ける野里。優勝まであと1点だったスコアは、44‐44と追いつかれ1本勝負となった。「プレ・アレ」試合開始の声がかかった瞬間、大きく前へ踏み込んだのは野里だった。一方で、水谷は身を後ずさり追いつめられる。そして、最後は野里の剣身が水谷の胴体へ触れ、中大側のランプが点灯した。
 今季初黒星の瞬間。水谷は崩れ落ち、立ち上がることができない。「優勝」「学生王者」が当たり前であったサーブルチーム。もちろん準優勝に笑顔はない。この雪辱を晴らす機会は全日本選手権。負けた悔しさはインカレで十分だろう。最後は笑顔で終わりたい。

女子エペ 強豪朝日大に競り勝ち表彰台入り

 関カレではフルーレ同様、準決勝の壁を越えられなかった女子エペ。インカレでも初戦と準々決勝は勝利したが、準決勝で敗れまたもあと一歩のところで決勝戦進出を逃した。
 その準決勝の相手は、リーグ戦・関カレで優勝を収めている日体大。今季の王者相手にもひるむことはなかったが、わずかな失点が重なると40-45で惜しくも敗れ3位決定戦に回った。そして、表彰台の座を争う相手となったのは朝日大。朝日大は女子エペの強豪で、昨季の全日本選手権では法大を倒し日本一に輝いたチームだ。強豪を前に序盤からリードを作ると、法大ペースに試合を持ち込む。毎度団体戦フル出場となる女子キャプテン・本村は疲れを抱えていたが、最後の力を出し切りリードを保って最後回りの1番手を務めた。しかし、続く第8セット、相手の攻撃が再燃し小林が攻めきれずリードを詰められる。逆転を許すことはなんとか耐えたが、28-28の同点で最後は大石栞へ託された。迎えた最終セット。序盤にテンポよくシングルアタックを決めると、完全に大石栞がペースを握る。相手にアタックをさせることなく、その後も連続でポイントを奪うと38-33でタイムアップ。朝日大に勝利し、笑みがこぼれた女子チーム。フルーレに続いて、見事3位の座についた。

 

フォトギャラリー

  • 準優勝にも決して笑顔はない(左から大石、吉田、水谷)
  • 男子3冠はすぐそこにあったが・・・
  • 立ち上がることができない水谷(左)を支える斉藤(右)
  • 疲れを耐えながら団体戦にフル出場した女子キャプテンの本村
  • ルーレ・エペともに「点取り屋」として活躍した大石
  • 初のインカレながらも堂々としたさばきを見せた小林
  • 5日間という長いインカレも終幕を迎える。お疲れ様でした!
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み