フェンシング

女子サーブル、法大史上初のメダル獲得! 全日本選手権2日目/フェンシング部

全日本選手権(団体戦)
日時:2012年12月14日(金)~16日(日)
会場:台東リバーサイドSC

メダルを首にさげた彼女らの笑顔がはじけた。今年はシーズン通して苦しい戦いを経験してきた女子サーブル。しかし、この全日本選手権という最後の大舞台で躍動を遂げる。特に、今後のチームを担う若い選手の活躍が光った。
 

賞状を手に笑顔を見せる(左から、中島・栗本・木村・本村)

試合結果

総合成績

 出場選手結果得点詳細
 女子サーブル 本村祐里香④、 木村毬乃②、栗本ひかる① 3位  1回戦○45-26立命館大、準々決勝○45-42日大、準決勝●21-45大阪市信金、3位決定戦○45-28岐阜クラブ
男子フルーレ  東純平④、菅野慶嗣④、長島徳幸①、小久保航汰①  ベスト8  1回戦○45-41埼玉クラブ、2回戦○45-15熊本クラブ、準々決勝●29-45NEXUS 

*名前の後の数字は学年

女子サーブル チームワークで掴んだ初の表彰台!

   試合前、そして1年を通してキャプテンの本村は「みんなで」戦う姿勢を強調した。3位に輝いた名誉は、その団結力で掴み取ったものだろう。
 1回戦は立命館大と対戦。盤石の形で勝利すると、今季1度も勝てていない日大との試合を迎えた。序盤、中盤と法大が着実にポイントを重ねていき、優位に試合を進めていく。強豪日大相手にリードする展開にベンチも沸く。 だが、そう甘くはない。第8セット、栗本は相手から8連続となる猛攻を浴びてしまう。10点もあったリードはなくなり、37-40とついに逆転を許してしまった。ーここまでか。しかし、望みはある限り、あきらめるわけにはいかない。最終セット、昨日のけがを押して出場してる本村に代わって、アンカーを任されたのは木村。ここで試合は最高潮の盛り上がりを見せる。「強い気持ち」を胸に秘めて、木村は前にでる。積極的な攻め込みで一気に4連続得点を奪い取り同点に追いつく。そして、そのまま抜き去ってみせた。45点目のランプが法大につくと、会心のガッツポーズを見せる木村。「逆転してくれて感極まってしまった」と嬉し涙を見せた栗本。本村、そしてベンチも加わり、試合後は歓喜の輪が生まれた。
 準決勝は大差をつけられ敗れたが、3位決定戦では自力の強さを見せる。栗本は日大戦の悔しさをぶつける。40点目のポイントをアタックで決めると、マスクをはずし雄たけびをあげた。アンカーは再び木村が務める。しっかりと5点をとり、法大の3位を確定させた。
 女子サーブルでは今大会まで必ずしも好調なわけではなく、タイトルにも縁がなかった。しかし、最後の全日本選手権という一番の大舞台で満開の花を咲かせてみせた。試合後に齊田監督はこう言った。「(本村)祐里佳を手ぶらで帰らせなくてよかったな」と。結果が出ず苦しいときもチームメートを信頼しあい、「みんなで」やっと掴んだ3位の座。その表彰台に上った彼女らの笑顔は、メダルよりも輝いていたに違いない。

男子フルーレ 最後に見せたキャプテンの意地

  11月に行われた全日本学生選手権で見事今季初優勝を飾った、男子フルーレ。今大会もその勢いのままいくと期待されていた。1回戦の相手は埼玉クラブ。各大学のエース級の選手が集まり、社会人チームのなかではトップクラス。試合前から東や管野が「強い」「1回戦が山」と警戒心を高めていた。試合はその警戒通り、苦しい展開になっていく。3セット目終了の8点のリードを奪ったが、ここから埼玉クラブの反撃が始まる。4セット目、小久保が4連続ポイントなどで、一気に2点差まで迫られてしまう。しかし、ここで5セット目で登場したのはフルーレキャプテンの東。開始直後からテンポよく得点を重ねると一気に逆転し流れを変える。再びリードを広げると、そのあとは法大ペース。リードを守りながら、45ー41で逃げ切り、最初の難所を突破した。
 2回戦は熊本クラブに完勝し、準々決勝へ進む。その相手は、ロンドンオリンピック代表選手であった淡路・千田、そして全日本個人戦で連覇を達成した藤野を擁するNEXUS。強豪を前に、「挑戦者」の気持ちで試合に挑む。だが、相手も並の選手ではない。リードを奪う展開にもっていけず、流れを呼び込めない。大差のビハインド。そして、20-40とダブルスコアで迎えた最終9セット目、ピストに立ったのは東。ここで、キャプテンとしての意地をみることになる。相手は全日本王者にもなった藤野だが、東も臆することはしない。冷静な試合運びで、途中は6連続ポイントを奪うなど次々と渾身のアタックを重ねていった。最後は惜しくも敗れてしまったが、「思いっきりできてよかった」(東)と、最後まで法大の力を見せつけることはできたはずだ。

試合後の選手のコメント

東純平選手(営4)※取材は最終日

ー4年間の試合を終えた気持ちは
4年間今までやってきたことを思うと、もう引退だなぁって思いました。

ー全日本の試合を振り返って
僕たち4年生はこれで最後だったんですけど、自分たちの4年間の実力は結果には出なかったですけど、僕たちのなかでは思いっきりできたのでそれは良かったなって思います。1年生とかは次につながる試合で、自分たちとしては結果は悪かったですけど良い大会だったなと思います。

ー今年1年はどんなシーズンでしたか
大変でした。今まではただ試合に出るだけだったんですけど、4年生になってチームのことを考えないといけないんでそういった意味で、人間関係、チームのなかでのチームワークを考えなきゃいけなかったんで。

ー法大フェンシング部として、どんな4年間でしたか
色々あったんですけど、選手としてはユニバーシアードとかジュニアとかに行けたのも法政に入ったからだと思ってますし、あとは法政大学って伝統ある部活なんでいろんな人と接することで人間的に成長したんじゃないかって思ってます。

ー4年間のなかで1番うれしかったときは
インカレで優勝したときです。

ー逆に辛かったときはいつでしたか
辛かったのは、4年生なってチームをまとめたり、フェンシングのことだったら遠征とかで外国行ったときに、外国の選手と世界の差を感じたときにこれからどうしようかなって。

ー後輩へ向けて
毎年OBが増えていって、今年も6人卒業してプレッシャーがまた新しくかかってくると思うので、それに負けないで頑張ってほしいです。そのプレッシャーは大変なので。

ー今後もフェンシングは続けられますか
和歌山県庁の方に帰るのが決まってるので、そこで機会があれば国体とかあるのでやろうかなとは思ってます。

菅野慶嗣選手(国4)※取材は最終日

4年間終えて今の気持ちはどうですか
良いこともあり悪いこともあり、インカレのときも言ったと思うんですけど、なかなか結果が出なかったり辛かったですけど、インカレ取れたので良い4年間でした。全日本は、あっけない終わり方だったんですけど、試合自体は良い思い出になったなという感じでした。

ー全日本前に「楽しんで終わりたい」と話していましたが、全日本は楽しかったですか
かなり楽しかったです!

ー法大フェンシング部としてどんな4年間でしたか
(しばらく考えて)学ぶことが多い4年間かなと思いました。1・2年のときは先輩のすごさと、それに追いつけるように練習をしようと思って過ごしてて、上級生になってからは後輩が追いついてくる立場になったので自分が持っていることを教えつつ、自分もさらに頑張らなければいけないなって気持ちが強くて落ち着きがない4年間でした(笑)

ー後輩へ今後望むことは
まず、挨拶と礼儀をしたうえで結果を残してもらって。学生としても選手としても充実した学生生活が送れるかと思うので、まずは礼儀ですね。真面目に練習してもらって結果を残してもらえると嬉しいです。

木村毬乃選手(法2)・栗本ひかる選手(社1)

ー今日の試合を振り返って
木村:とりあえず、やりきりました。今持ってる力は出し切りました。本当だったら勝てない相手(日大や岐阜クラブ)にも勝てて、嬉しいし、今までこんないい順位はとったことないので最後に結果が残せてよかったです。
栗本:インカレ、関カレとずっと後悔してきたので、最後の全日本にかける思いがあったので、よかったと思います。
 
ー準々決勝の日大戦について
木村:序盤、中盤はよかったけど、最後逆転されてしまい、でも負けてても今日は強い気持ちをもってできました。思いっきりプレーできたと思い ます。
栗本:(試合後の涙について)最後、逆転されちゃってしまって、最後まわりの先輩に申し訳なくて、・・・託す気持ちでつなぎました。逆転してくれて、感極まってしまいました。
 
ー木村さんは最後まわりを任されましたが
木村:昨日の試合で、本村先輩が捻挫してしまったんで、急にやることになって(笑)。最後は堂々と頑張れたと思います。プレッシャーもありましたが、安堵感と嬉しさの気持ちで解放されました。
 
ー3位決定戦についてはいかがですか
木村:準決勝のことをしっかり切りかえて、自分が最初だったので、しっかりと勝ってきて、みんなを盛り上げないとって意気込みで試合に入りました。前向きな気持ちがありましたね。
栗本: 先輩たちからの借りがあるので、自分の持てる力を思いっきりだしました。
 
ー11月のインカレについて
2人:いろんな遠征のあとだったので、疲れていましたが、(遠征で)韓国とかの強い選手と試合をやって、自信になって、それが結果につながったのかなと思います。
 
ー1年間の試合が終了しましたが
木村:最後の最後でいい結果がでたので、今までやってきたことは無駄じゃなかったと思いました。今まではムラとかが激しかったんですけど、力をださないといけないところでだしきれたので、そこはよかったです。来年になると代表選考もあるので、すぐ切り替えて、まだまだあるので頑張っていきたいです。
栗本:初めて大学入って、今ま での環境とはがらっと変わりました。でも、自分の満足のできる、いい経験になったと思うので、成長できたと思います。
 
ー来年になると4年生がいなくなり、木村選手はサーブルの核となっていきますが、成長したいところはありますか
木村:今日、最後まわりを経験して頑張れたので、来年もしっかり準備して、サーブル3人でやっていきます。あまり期待されないところを裏手にとって頑張りたいと思います(笑)。
 
ー栗本さんは今年の成長とか課題はいかがですか
栗本:1年やってきて、課題がいっぱいあって、今日の試合でも課題が増えたので、そこを直して、でも試合ではベストを尽くせるようにしたいです。先輩のためにも。

ー本村選手へのメッセージを
木村:2年間お世話になったんですけど、チームワークは悪くなかったんですけど、それが結果につながらなくて、自分が頑張らないといけないところで頑張れなくて・・・先輩には迷惑をかけてきて、最後の最後の団体で結果はどうであれ、自分の納得するかたちで終わりたかったと思います。2年間一緒にやってきて”本当にありがとうございました”の一言で伝えきれないようなことがあって、もう今は”ありがとうございます”しか言えないけど、この気持ちが先輩に伝わればいいなぁと思います。
栗本:初めてリーグ戦団体ででたときに、自分がふがいなさすぎて・・・でも。そこで先輩の大切さやありがたさがあって、支えてくれ たことも力になったんで。先輩は体力ギリギリのところでもいつも全力で、そこは本当に感謝です。

フォトギャラリー

  • アンカーを務めた木村(中央)は本村(左)のもとへ
  • けがを感じさせないほどの動きを見せた本村
  • 栗本の果敢な攻めはチームに勢いをもたらした
  • 来季からは2人がチームの軸だ(左:栗本、右:木村)
  •             最後までキャプテンとして全うした東純
  • 楽しむ気持ちを忘れず笑顔を絶やさない菅野
  • 来季のチームの軸となるか(長島)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み