フェンシング

【フェンシング】全日本学生選手権(2日目) 男子サーブル個人、安藤決勝で散る。関カレとの二冠ならず・・・

全日本学生選手権
日時:2013年11月11日(月)~15日(金)
会場:駒澤屋内球技場

全日本学生選手権(以下インカレ)の2日目の種目は男子サーブル、女子エペ。特に男子サーブルは関カレ優勝の安藤、3位の吉田健らと実力者ぞろい。計4人の選手が出場し、頂点へ向けて激闘を繰り広げた。

得点を奪い雄たけびをあげる安藤

試合結果

個人戦結果

種目選手名試合詳細(決勝トーナメント以降)順位
男子サーブル 安藤光平② 2回戦 ○15-5 3回戦 ○15-8 準々決勝 ○15-12 準決勝 ○15-11 決勝 ●12-15 準優勝
  斎藤采④

2回戦 ○15-9 3回戦 ○15-5 準々決勝 ●12-15 

ベスト8
  吉田健人③ 2回戦 ○15-6 3回戦 ●13-15  ベスト16
  大崎葵一① 1回戦 ○15-14 2回戦 ●13-15 ベスト32
女子エペ 緒方渚① 1回戦 ◯15-12 2回戦 ●5-15 ベスト32
  池田五月① 1回戦 ●13-15 トーナメント1回戦敗退
  小林未来② 予選プール敗退

戦評

男子サーブル

 関カレで優勝した安藤光平(法2)、3位の吉田健人(法3)、主将斎藤采(法4)と役者揃いの男子サーブル陣。予選プールではこの3人はシード権を獲得する上々の発進。加えて、成長著しい1年生の大崎葵一(営1)も突破し、決勝トーナメントへ駒を進めた。
 1回戦に登場した大崎はいきなり苦しい試合展開、一時はマッチポイントまで追いつめられるが粘り強い攻めで逆転勝利をおさめた。2回戦では関カレ準優勝の強豪は張眞(専大)と対戦。格上相手に健闘するもあと一歩届かず敗退となってしまった。斎藤は完勝。負けじと、吉田健、安藤も相手を寄せ付けさせず、ベスト16へと進出した。
しかし、ここで波乱が起きる。優勝候補であり、法大サーブルのエースである吉田健がまさかの敗北。序盤、中盤とリードを奪うも後半4連続ポイントを奪われ、逆転負けとなってしまった。
 3回戦で中大・前田を破った安藤と斎藤がベスト8に残った。そして準々決勝、その斎藤と安藤が激突。お互いの実力が拮抗する好ゲームとなったが、終盤に安藤が突き離し、同校対決を制した。続く準決勝も勝利し、決勝へ。関カレとの2冠まであと一歩まできた。決勝の相手は2回戦で大崎を破った張眞。関カレと同じ組み合わせとなった。1ヶ月前は優勝を決めたが、今日は・・・。
 「勝率がいい相手」と安藤が言うように攻撃的なスタイルでポイントを重ねていく。が、試合巧者張眞もしっかり対策し、すぐさま追いつく。高まる緊張感の中、両者が日本一を決めるべく熱い試合を繰り広げていく。要所で光ったのは安藤のリポスト。相手に攻め込まれても、落ち着いて対処。中盤からはペースを掴み、一気の攻め。リードを4点まで広げる。あと少し、というところまできたが、ここで落とし穴が待っていた。「単調になってしまった」と上手くはまっていたリズムが張眞のペースに持っていかれてしまい、最後には5連続でポイントを奪われ、まさかの逆転負け。手元までおさめかけた栄冠は土壇場でするりと抜け落ちてしまった。
 優勝を手にすることはできなかったが、準優勝の安藤、ベスト8には斎藤、2回戦で敗れた大崎も張眞と好勝負を演じ、まずまずの結果となった。懸念材料はエース・吉田健の不調であろう。これから迎えるサーブル団体優勝へ向けても彼の存在なしでは成し遂げられない。彼の復調こそ、団体へのキーポイントである。そして、なんとしても、昨年のインカレでの悪夢、今年の王座、関カレでの敗戦を拭い去るべく、法大戦士の誇りに懸け、最後は笑顔でインカレ制覇を成し遂げたい。

女子エペ

関カレで優勝した大石栞菜(法3)が未出場となった女子エペには小林未来(文2)、池田五月(文1)、緒方渚(国1)が登場した。予選プールが全員が突破と予想されたが、小林がまさかの予選通過ならずという波乱の出だしとなった。
1回戦では池田が終盤、逆転を許し、敗戦。緒方は1回戦は見事突破するも、2回戦では見せ場がないまま完敗。2回戦で全選手の名前がトーナメントから消えるあまりにも早い結末であった。
このままでは終われない女子エペ。次に控える団体戦では個人戦の悔しさも乗せ、躍進することを期待したい。(芳野 史征)

試合後の選手のコメント

安藤光平

準優勝に終わってしまった今のお気持ちはいかがですか
めちゃくちゃ悔しいです。

―関カレ優勝者として臨んだ今回のインカレでしたが目標やモチベーションはどうでしたか
目標は優勝だったんですけど、決勝で前回(関カレ)同じ、で勝ってる相手だったので、もしかしたら心のどこかで油断があったのかもしれません。

―トーナメントでは中大・前田選手、同校の斎藤選手との対戦でも順調な試合展開を見せてくれましたが手ごたえはありましたか
あの自分のペースで試合を展開できましたね。それはよかったです。でも、若干雑な部分があったのかな、あとリズムが少し単調だったです。

―決勝では前回同様、専大・張眞選手でしたが何か意識はありましたか
割と勝率のいい相手だったので、いつも通りやろうとは思ってました。で、中盤まで大幅にリードしてたんですけど、だんだん展開が単調になって、そこを上手くつけ込まれてしまった感じです。

―今回のインカレの敗因は油断があったということでしょうか
油断してたわけではないんですけど、関カレ終わった後ちょっと足肉離れしたり、腰痛めたり、少し準備不足だったかなとというのを感じます。

―個人戦は今年最後となりましたが、この1年間の個人戦を振りかえっていかがですか
今年1年は全体的に結果がよくて、大分一年生のときと比べて、成長できたと実感できましたね。やっぱり、まだ所々甘さがあるので、来年はそこを修正していきたいです。

―次はいよいよ団体戦となりますが、意気込みお願いします。
雪辱を晴らすべく、優勝します。

斉藤采

―最後の個人戦が終わりましたが、今のお気持ちは
小学校6年生からフェンシングを始めて、大学の4年間を経て今に至るんですけど、大学の4年間はあっという間だったなと。インカレではいつもベスト16とかで、去年のキャプテンの水谷さんとかにも負けたりしてて、最後の大会で結果は8強止まりだったけど素直に嬉しいです。

―プール予選を1位で通過しましたが、今日の調子は
いつも大会でアップをしないで、そのまま試合しちゃうので、今日は最後だし、念入りにアップしてプールに臨みました。みんなが当たり前にしてることをやっただけです。

―準々決勝で後輩の安藤選手との直接対決を迎えました
関カレで安藤が優勝して、公式戦と彼と戦うのは彼が高校2年の時、自分が大学一年の時以来で、久しぶりにやれて楽しかったっていうのもあるし、関東ブロックのチャンピオンに12点獲れたのはまあまあ良かったし、勝ちたかったですけど、彼のほうが技術も上だったんで、仕方ないですかね。

―終盤まで接戦を演じましたが、ある程度想定の範囲の中で試合が出来ましたか
試合をイメージしたり想定したりするのは好きじゃないんで、本能ではないにしろ試合の中で一本一本課題を見つけていくタイプなので。いつもやってる相手っていうのもあるのかもしれないですけど。

―相手の弱点も分かっているという状態でしたか
そうですね。いわゆるカウンターの攻撃だけじゃ勝てない試合だったので、流れを自分に持ってくる点の取り方っていうのはアタックなので、それを軸にしました。結果負けちゃったけど、その中でもアタックで8点ぐらい取ったので、流れは途中までは良かったと思います。後半ポンポン取られちゃって、ちょっとどうしようも出来なくなって、そんな感じです。

―吉田選手と安藤選手の敗戦をベンチから見守っていましたが
吉田健人も安藤も練習でやっていることをそのまま出せれば本当に強いし、健人も安藤も負ける相手じゃなかったので。しっかりインカレ前の練習も3人でやってたんで。安藤は関東ブロックで優勝したプレッシャーもあったのかなと。(吉田健は)自分のしたいことと決めたいことが上手くマッチしてなかったのかなって感じかな。

―この後団体戦が控えていますが、どんなことを考えていますか
去年関カレで最初慶応だったんですけど、みんな相手が弱いからって声も出さないで、手を抜いた感じだったんだけど、そういう戦い方だと次の専大との試合でい流れが作れなかったので。初戦から相手がどこであろうと最初から最後まで選手も応援する側も声出して、良いムードで決勝に行って優勝出来ればなと思います。日大はそういう面が凄いので。

―明後日の団体戦への意気込みを
最後だから一生懸命やるっていうのは勿論、最後だから勝たなくちゃいけないっていうことばかり考えずに、このメンバーでやるのもこれが最後だし、常に流れをこっちのものにして、良い雰囲気で試合をしたいです。その前にフルーレがあるので、その結果もあるんですけど、プレッシャーをあまり感じすぎずに、一番強いっていうのを証明したいと思います。

 

フォトギャラリー

  • この日もアタックが冴え渡った(安藤)
  • 最後のインカレで8強入りの斉藤
  • 安藤に敗れ悔しい表情を見せる斉藤
  • 本来の力を発揮出来なかった吉田健
  • 大崎は1回戦を1本勝負で制した
  • 女子エペ個人で32強入りの緒方
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み