フェンシング

【フェンシング】全日本学生選手権(3日目) 女子フルーレ団体、激戦を制し2年ぶりの優勝!

全日本学生フェンシング選手権大会
日時:2013年11月11日(月)~15日(金)
会場:駒沢屋内球技場

大会の中日にあたる3日目。この日は男子エペ、女子サーブルの個人戦に加え、男女フルーレの団体戦が行われた。いよいよ始まった団体戦、母校の意地と意地の激突が繰り返される名勝負がピスト上で繰り広げられた。

優勝を決め歓喜の女子フルーレメンバー

試合結果

個人戦結果

種目選手名試合詳細順位
男子エペ 藤倉陸 1回戦 ○15-8 2回戦 ○15-11 3回戦 ○10-5 準々決勝 ○8-6 準決勝 ●7-15 3位決定戦 ●9-15 4位
  吉沢有紀 2回戦 ○11-8 3回戦 ○15-10 準々決勝 ●5-6 ベスト8
  村越優希 1回戦 ○15-9 2回戦 ○15-12 3回戦 ●14-15 ベスト16
  吉田玲 2回戦 ●9-15 ベスト32
  加藤祥 1回戦 ●13-15 トーナメント1回戦敗退
  鈴木理来 1回戦 ●8-15
  佐々木建太郎 予選プール敗退
  富沢卓也
女子サーブル 木村毬乃 2回戦 ○15-14 3回戦 ●10-15 ベスト16
  栗本ひかる 2回戦 ●10-15 ベスト32

団体戦結果

種目出場選手名試合詳細成績
男子フルーレ 吉田玲、辻慶謙、長島徳幸、東哲平、大石利樹 1回戦 ○法大45-16中京大 準々決勝 ○法大45-25朝日大 準決勝 ○法大39-38日大 決勝戦 ●法大31-45早大 準優勝
女子フルーレ 大石栞菜、久良知美帆、緒方渚、池田五月 準々決勝 ○法大45-31早大 準決勝 ○法大41-33日女体大 決勝戦 ○法大38-37専大 優勝

団体戦 女子フルーレ、土壇場の一本勝負に勝利!

女子フルーレ

 初の関カレ優勝を達成したばかりの女子フルーレだが、今大会は優勝メンバーの柳岡はるか(法1)、真田玲菜(文1)の2人が海外遠征のため出場できず。代役として緒方渚(国1)、池田五月(文1)の2人を起用し、戦いに挑んだ。
 初戦となった準々決勝から、個人戦で優勝した真所を擁する強豪・早大と激突。第1戦目では、主将でエースの大石栞菜(法3)が5-0と完璧な立ち上がりを見せると、その後の久良知美帆(法2)、緒方の奮闘も光り、リードをキープする。そして8セット目に久良知が8連続得点で試合を決定づけると、最後は大石栞が真所相手に試合をしっかり締め、いきなりの大一番に見事勝利した。勢いに乗った法大は続く日女体大との試合にも3選手がそれぞれの役割をしっかりと果たし、41-33で快勝、関カレに続く決勝進出を果たした。
 決勝戦の相手は、関カレと同じ専大。その時は45-28と大差で下していたが、今回は実力者の揃う相手に苦しむ。一番手で登場した大石栞が4-5とビハインドを奪われると、緒方、久良知も劣勢に立たされ、1回り目を終了して9-14とリードを広げられてしまう。この窮地を救ったのはやはり頼れる主将だった。5セット目、大石栞が積極的な攻撃から一気に逆転に成功すると、1点リードで最後回りに入る。しかし7セット目の緒方が再逆転を許すと、続く久良知が一度は同点に追いつくも、そこからリベンジに燃える相手の勢いを止められず、30-35の5点ビハインドで最終セットへ。最後を任された大石栞がピストに上るが、相手のエース・川村に痛恨の先制点を与えてしまった。
 万事休すと思われたが、経験豊富な絶対的エースが動じることは無かった。焦らずに落ち着いて相手を追い詰めると、そこから正確で早い突きで得点していく。1点、また1点と点差を縮め、試合終盤についに同点に追いついた。沸き返る法大ベンチと観客席に、仲間に向けてポーズをとる大石栞。流れは完全に法大に来ていた。同点のまま試合が終了し、迎えた一本勝負。最後は大石栞のアタックが炸裂し、勝利を告げるランプが灯った瞬間、ガッツポーズと共に歓喜の雄たけびをあげた大黒柱は、駆け寄ってきたベンチのメンバーと熱い抱擁をかわした。 
 万全の状態で臨み、圧倒的な強さで優勝した関カレとは違い、主力を欠いた苦しい状況の中、文字通りチーム一丸で掴んだ2年ぶりのインカレ優勝。その意味の大きさは、「関カレの時より嬉しい」と語った大石栞の言葉に集約されている。試合後の体育館では、快挙を成し遂げたメンバーを祝福する校歌がいつまでも響き渡っていた。

男子フルーレ

初日の個人戦でベスト8に4人が名を連ねた男子フルーレ。3位に甘んじた関カレの雪辱を期すべく、大会連覇を見据えた団体戦が行われた。
 初戦となった中京大戦、続く朝日大戦では、ともに快勝を収める。長島徳幸(法2)、大石利樹(法1)の若き2人のエースと、吉田玲(文4)、辻慶謙(法4)、東哲平(法2)等の選手を起用し、大一番となる準決勝に備えた。
 その準決勝、相手は関カレの準決勝で敗れた日大。関カレの借りはインカレで晴らすー強い思いを胸に、法大は各選手が奮闘を見せる。長島、大石利の2人が得点源として次々とポイントを重ね、辻は相手の攻撃を必死に防ぎ流れを渡さない。好選手が揃う日大も簡単には離されず、21-18と3点リードで最後の1回り目(団体戦は互いのチームの3選手が総当たりで試合を行う)を迎える。第7セット、法大は辻に代えて吉田玲を投入するが、相手の攻撃を食い止められず追いつかれると、続く大石利も高校の先輩である村上(日大)に苦戦し、33-35と逆転を許す。決勝進出は、個人戦で優勝した長島の剣に委ねられた。長島は期待に応え3連続得点で逆転に成功するが、日大の主将・松岡も粘り、38-38でタイムアップ、決着は一本勝負へと持ち込まれた。会場全体に緊迫した雰囲気が漂う中、互いに攻め合った結果、最後に長島の勇気のある攻撃が相手の有効面を捉えた。その瞬間、長島は勝利の雄たけびをあげ、ベンチ、観客席の法大選手たちは歓喜に溢れた。両校の意地がぶつかった死闘を制し、2大会連続の決勝進出を決めた。
 決勝の相手は、春のリーグ戦王者の早大。準決勝で激戦を繰り広げた法大に比べ、余力のある形で決勝進出した相手に、序盤からリードを許す展開に。相手の2枚看板である鬼沢、北川の巧みな剣さばきに次々とポイントを奪われ、またもう一人の選手相手にも貯金を奪うことが出来ず、相手の術中にはまった法大。31-40と9点差で長島に最後の望みが託されたが、攻撃がリポスト(相手の剣を払って攻撃する技)によって弾き返され、1点も奪えぬまま試合終了。大会連覇は夢へと消えた。
 最後に悔しい思いをしたフルーレ団体。有終の美を飾ることは出来なかったが、メンバーには有望な下級生も多い。この経験を糧に個人、チームが一回り成長し、来年こそは「常勝フルーレ」を証明する結果を残す。(田中 宏樹)

個人戦 藤倉が初のベスト4!

男子エペ

 予選では関カレで3位の吉田玲(文4)、ベスト8の吉沢有紀(文3)は予選上位通過者のみに与えられるシード権を獲得するなど、計6人の選手がトーナメントへ進んだ。
 1回戦から波にのれない展開になり、加藤祥(営3)と鈴木理来(文4)の2人が早々と姿を消した。そんな中、2年生が躍進する。まずは藤倉陸(社2)が高い身長を生かした柔らかいフェンシングを見せる。関カレベスト16の実力そのままに1、2回戦を相手を撃破していった。村越優希(文2)はポイントの度に声をあげ、気持ちを前面に出し敵を圧倒し、3回戦へ進出した。シード勢は吉沢が3回戦へ進んだが、吉田玲は2回戦でまさかの敗退となってしまった。
 3回戦はまず吉沢が力を見せつけ、法大勢ベスト8一番乗り。成長株の藤倉はシードの西森(早大)との対戦も臆することなく自分のペースに持ち込み完勝した。村越は1年生ながらエペ団体戦王者・日大の主力である山田とのマッチアップ。一進一退の攻防となった。先にマッチポイントをとったのは村越だったが山田に追いつかれ、一本勝負へ。ここは相手に軍配はあがり敗戦、村越は悔しい表情のままピストを去った。
 2人が生き残った準々決勝、吉沢はここで全日本選手権個人戦王者・宇山(同大)と激突。試合は立ち上がり、お互いが出足を伺う展開となる。先に動いたのは宇山。が、吉沢がその宇山の突きをかわし、逆にアタック。鮮やかな先手をとると、さらに連続でポイントを奪う。一度は追いつかれるが再び勝ち越し、流れは吉沢にと思われたが、宇山が怒涛のシングル(自分にのみ得点を奪うこと)を決めあっという間に追いつく。結局時間切れのため、一本勝負に勝負の雌雄が決されることに。しかし、一本勝負をとったのは宇山。王者にあと一歩まで迫りながら、この壁を壊すことはできなかった。藤倉は鬼澤(早大)と対戦。関カレでも破った相手にこの試合も優位に進める。自信にみなぎる藤倉の姿は関カレ、インカレを通して大きく成長したことを示すように、勝利を収めベスト4へ。
 準決勝、ここで法大勢の前に立ちふさがるのはまたも宇山。藤倉は自分のペースにもっていくことは出来ず、ポイントを失っていく。終わってみれば、宇山の前に7-15と完敗だった。3位決定戦にも敗れ、エペ個人戦は幕を閉じた。
 来年以降もエペを背負っていく法大剣士たちの活躍がキラリと光った今回の個人戦。しかし、やはり4年生の活躍が見たい。学生最後の大会で、今年無冠のエペチームを優勝に導くため、最上級生の逆襲がインカレ制覇に必要不可欠だ。

女子サ―ブル

 女子サーブルは2選手が出場。栗本ひかる(社2)はこの1年間の間、怪我で戦列を離れていた木村毬乃(法3)の代わりにサーブルチームを牽引。インカレではその成果が試される。もう一人は木村。関カレから復帰した木村は順当にインカレへ照準を合わせてきた。サーブルの柱がこの地で完全復活することが期待される。
予選プールはお互いシード権を獲得し、トーナメントでは2回戦からの登場となった。まず、木村がピストへ上がる。積極的に木村は前へ、素早い攻めで序盤は優勢に進める。しかし相手もまだ本調子ではない木村の隙をつきポイントを重ねた。。お互い一歩も譲らず11‐11まで進行すると、ここで相手選手の攻撃がピタリとはまり11-13。追いつめられるが、ここで木村は意地の3連続ポイントで逆転に成功。しかしまたも同点に追いつかれ、一本勝負で決着をつけることになる。何度も同時の判定が続き、4度目。観客席では法大選手の応援、その声を味方につけた木村の剣が一瞬早く相手の有効面をヒット。苦しみながらも最後まで楽しんでプレーした木村は3回戦へ進んだ。次に登場した栗本は、常に相手のポイントを追いかける展開。差が縮んだかと思えば再び突き放され、そのまま逃げ切られ敗退した。
 3回戦の木村も栗本と同じような試合展開。自分のペースに持ち込みことができず、徐々にリードを広げられてしまう。最後まで届かず、3回戦で女子サーブル個人戦は幕を閉じた。
 関カレに続き、厳しい戦いとなってしまった女子サーブル。それでも、昨年全日本で快進撃を見せた団体戦が待っている。復調気配のある木村を中心に逆襲の団体戦へ女子サーブル陣は目を向ける。(芳野 史征)

試合後の選手のコメント

大石栞菜

―フルーレ団体優勝された今のお気持ちは
普通に凄い嬉しくて、終わってすぐに泣いちゃって、本当に素直に嬉しかったです。

―関カレから主力2人を欠いての戦いになりましたが
まずは一番上の自分がぶれないようにするのと、その中で緒方と久良知を上手く使うっていうことを心掛けました。普段いつも怒ってばっかりなんですけど、団体の本番の時には後輩2人が気持ちよくやれるように、声掛けすることを意識しました。

―関カレの時点で、インカレは全日本選手権出場権の確保が目標とおっしゃってましたが、実際に優勝を意識されたりはしましたか
口では無理だろ無理だろみたいなことを言ってたんですけど、内心大会の前からあわよくばとは思ってました。

―早大戦に勝利して、ある程度チームに手ごたえを感じたということは
そうですね。一年の緒方が凄い頑張ってくれて、久良知も普段しないような良いプレーをしてたりして、それに自分も応えれてたんで。正直早稲田が一番厳しいなと思ってて、でもそこに勝って日女にも勝って、これはちょっと行けるんじゃないかっていう感じはしました。

―個人戦では本来のプレーが出来なかったとおっしゃってましたが、団体戦でのご自身のプレーについては
一番最後はもう100点でしたけど、それ以外はうーん、60点から70点ぐらいかな。でも個人が取れなかった分団体に気合が入ったというか、個人で悪かったところを修正すれば大丈夫かなと思っていて、それが出来たので、良かったんじゃなと思います。

―決勝戦はリードを許す展開でしたが、試合前にある程度想定されていましたか
自分が最初勝てばもっと違う試合だったと思うんですけど、みんな良く食らいついたと思うし、最後久良知がボコボコにされて帰って来たんですけど、最初に言ったように自分がぶれちゃいけないと思って。落ち着いてやれば絶対勝てると思ったので。結果的には自分が最初に負けてしまって、内心最悪の結果も思い浮かんだんですけど、それよりはみんな良いプレーをしてくれたんで、最後に繋がったと思います。

―5点差で最後が回ってきましたが、勝てる自信はありましたか
個人で3決でやってる相手で、基本的に勝ってていつも負けることはないので、自分がいつもやられていることをやられなければと思って。確実に勝てるとは思ってなかったですけど、1点1点詰めていく度に行けると思ったんですけど、いつもいけるって思ったら集中力切れたり、簡単に点与えたりしてるので、まだまだってずっと思ってました。1本勝負の時も同じようにまだまだって思ってやってたら、勝てました。

―1本勝負の前の合間に、どんなことを考えていましたか。また、決勝点を決めた時のお気持ちは
1本勝負になったときは、絶対相手も対策してくると思って、それが攻撃に対しての自分のリポスト(相手の剣を払って突く攻撃)っていう攻撃を、タイミング良く外してルミーズ(アタックを仕掛けた後、攻撃権がない状態で2度突きする攻撃)で突いてくる攻撃でくると思ってたんで、そこを注意するのと、ずっと攻めて点取ってたんで、守ったら多分負けるなって思って。後は自分達のアドバンテージ(一本勝負の際、両者得点が入らず1分経過した場合、あらかじめ抽選でどちらのチームを勝利とするかを決めておく)だったんで、むこうが時間使われるの嫌だろうなって思って、わざと時間を使ったりして、チャンスを狙ってました。優勝した時は去年のインカレの個人戦の時みたいに、やった!みたいな感じでしたね。もう嬉しすぎて、、ちょっと言葉にはならないです。

―今回の優勝は後輩の2人の活躍も大きかったと思いますが、その点については
緒方は今後への期待も含めて70点、久良知には80点あげたいですけど、最後やられちゃったので70点ですね(笑)。でも本当に良くやってくれました。あの2人のおかげで優勝出来たし、柳岡と真田がいた関カレの時よりも…嬉しかったですね(笑)

―全日本選手権団体戦への意気込みを
大学の日本一になったんで、今度は社会人を倒して、日本一になれるように、頑張っていきます。

久良知美帆

―団体優勝された今のお気持ちは
嬉しかったですね。関カレは初優勝だったんですけど、関カレとインカレだと、インカレは全日本の学生選手権なので、大きさも違うので、その分嬉しさも倍増しました。メンバーも足りない部分があって、苦しい中で優勝出来たので、今までの試合の中で一番感動しました。

―主力2人を欠いての大会でしたが、目標は優勝でしたか
やっぱり優勝はしたかったですけど、先を見る前に目の前の試合を勝つことを意識しました。

―団体戦でのご自身の役割と、それが全うできたかという点については
自分はあまり点取れる点タイプではないし、かといって守れるタイプかといったらそういうわけでもないので難しいんですけど、(大石)栞菜先輩っていう凄い尊敬できる先輩がいたので。最後は自分がマイナスばっかりで帰ってきちゃって、先輩お願いしますっていう感じで頼っちゃったんですけど、それに応えてくれるような先輩で本当に良かったと思います。もうちょっと練習しなきゃいけないと思います。

―決勝の専大戦はビハインドを許しての試合でしたが、そういった展開もある程度想定していましたか
特にそこまでは考えてなかったですね。点差が離れても徐々につめれば、無理ではないと思っていたし、楽に行くとも思ってなかったので。

―大石栞選手が一本勝負を制して優勝しました
流石ですね(笑)。本当に尊敬できます。

―試合後に涙を流されていましたが
自分が思うような試合が出来なかったのがありますし、それを救ってくれてまさに団体戦っていう試合が出来たので、色々な感動がこみあげてきました。

―今年一年間を振り返って
後輩が入ってきて、その分自分が上になったという立場で責任感も増えましたし、かといって先輩も凄く頼れる先輩だったので、先輩に負けないぐらい自分も頑張ろうという風になりました。

―全日本団体戦に向けて意気込みを
絶対に優勝したいです。NEXUS(社会人の強豪チーム)には負けたくないです。その前の試合も1試合1試合、目の前の試合を考えて、勝ちにこだわりたいですね。

緒方渚

―フルーレ団体優勝の気持ちを教えて下さい
嬉しかったです。

―同期二人がいない中での出場でしたが
すごく不安だったんですが、自分がポイントを取られても、先輩方が取り返してくださいました。チームみんなでカバーし合って優勝することが出来たと思います。

―大石選手、久良知選手という2人の先輩がいる中で自分の役割はどう考えていましたか
先輩たちにベストの状態で繋げようと思ったんですけど、点数をたくさん取られてしまい、先輩方には迷惑をかけたかなと思います。

―決勝戦の最後は大石栞選手が同点に追いつき、そのまま逆転して勝ちました
先輩はやっぱりすごいなと思いました。

―今年1年を振り返っての感想を教えて下さい
個人としてあまり成績を残してない中で、最後の団体戦に出る機会が巡ってきました。そこで先輩方の姿を見て、今後入ってくる後輩への気遣いの仕方などいろいろなことを学ばせてもらいました。最後に優勝出来て嬉しかったです。

―これからの目標は
個人で成績を残して、また団体戦でも優勝したいです。

長島徳幸

―フルーレ団体戦を振り返って
今回の団体で初めてアンカーを務めさせてもらったんですけど。やっぱり、いつも以上に緊張する試合が続いて。準決勝の日大戦で最後に1本勝負を取ったんですけど。また新しいものが得られたかなと思います。新しい経験ができました。

―日大は関カレで負けた相手でした
そうですね、三冠されていたので。ここだけは勝って決勝に行きたいという気持ちがあったので。

―その日大戦はビハインドの場面で回ってきて、1本勝負に持ち込んで勝利しました。どんな心境でしたか
「自分のプレーをしっかりやろう」と常に頭に置いておいたので、自分が得意なアタックもけっこう決まったので良かったと思います。最後の1本勝負は、(1本勝負)は苦手なんですけど、自分の得意なアタックで決めようと思っていたので最後は思い切り前にでることができて点を取ることができて良かったです。

―一方で早稲田戦は点差が開いた敗戦でした。どういった部分に原因があると思いますか
日大戦に勝って、自分ではあまり意識はしていなかったんですけど、気持ちの面で気が抜けた面があったのかな、と思います。取られる必要の無いポイントをけっこう取られて、自分もポイントを取れなくて。日大に勝ってやりきった感が出てしまった部分があって、しっかり集中して試合をすることができませんでした。

―関カレの時と比べて今回はベンチが盛り上がっているように見えました
関カレの時の課題を踏まえて、ベンチワークをもっと盛り上げていって、チーム一丸で勝てるようにしたかったので。いろいろなことをしながら盛り上げました。

―個人戦の優勝についてはいかがでしょうか
2年で取れたので、「来年取らないといけない」みたいなプレッシャーもあると思うんですけど。インカレ優勝することが目標だったので、達成できて良かったです。

―今季は団体戦でフル出場され主力として活躍しました
今年は国際大会が多くて、色んな経験を積むことができたし、レベルが高いところでの練習環境でした。そういう経験を活かして学生の大会で(結果を)出せました。王座も取れたので、来年こそは団体も関カレ、インカレも取れるように頑張りたいです。

―今季を通して自身が成長したと思う点はありますか
試合の組み立てがうまくなってきたと思います。

 

 

フォトギャラリー

  • 大活躍で優勝の立役者となった大石栞
  • 2冠に大きく貢献した久良知
  • 不在メンバーの穴を埋めた緒方
  • 1本勝負を制した長島に駆け寄る男子フルーレメンバー
  • 得点源の1人となった大石利
  • 日大戦の勝利に貢献した辻
  • 初のベスト4進出の藤倉
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み