フェンシング

【フェンシング】全日本学生選手権(5日目) 男子エペ、女子サーブル共に団体戦ベスト8で姿を消す

全日本学生フェンシング選手権大会
11月11日(月)~15日(金)
駒沢屋内球技場

5日間に及ぶ全日本学生選手権(以下、インカレ)の最後を締めくくるのは、男子エペ団体と女子サーブル団体。今季タイトルなしの種目のため、インカレでの巻き返しに期待を集めたが、結果は厳しいものとなってしまった。

敗戦後しゃがみ込む鈴木を慰める4年生(斉藤、山田)

試合結果

 団体戦結果

種目出場選手名試合詳細成績
男子エペ 鈴木理来、吉田玲、富沢卓也、加藤祥、吉沢有紀、藤倉陸 1回戦 ○法大45-33中京大 準々決勝 ●法大41-44中大 ベスト8
女子サーブル 木村毬乃、久良知美帆、栗本ひかる 1回戦 ○法大45-42同大 準々決勝●24-45

戦評

男子エペ団体

 今季、優勝を手にしていない男子エペ。インカレでのタイトル獲得を目指した。
初戦の相手は中京大。吉沢有紀(文3)と吉田玲(文4)で10-6とリードを作ると、ここで4年間で団体戦初出場の富沢卓也(営4)がピストに上がる。着実に得点を決めていくと、13-7と点差を広げ仲間につなげた。その後、富沢に代わり加藤祥(営3)が出場。相手に流れを渡すことなく、最後は吉田玲が45点目を奪い、危なげなく初戦を突破する。
 中大との対戦となった準々決勝。1番手を任されたのは、個人戦でベスト4に進出した藤倉陸(社2)。1-1でバトンを渡すが、続く吉沢が5-3とリードを許す。一時、同点に追いつくも再び逆転されてしまう。藤倉に代わり、鈴木理来(文4)が出場するも得点が奪えない。次の吉田玲が連続ポイントで勝ち越すも、団体戦エース格の吉沢の調子が上がらず、またもリードされる展開に。2点を追いかける状況で試合は最終セットに突入。昨年からアンカーを務める鈴木が、粘りを見せるもあと一歩及ばず。まさかのベスト8で姿を消すこととなった。
 昨年は、全日本で準優勝に輝くなど躍進を遂げた男子エペ。メンバーが変わらず今年も期待をされたが、リーグ戦、王座決定戦、関カレ、そしてインカレで無冠に終わった。エペ主将を務める吉田玲は「全日本頑張って、笑顔で終わらせたい」と最後の試合に意欲を見せた。

女子サーブル団体

 劇的な形で優勝を果たしたフルーレに続きたい女子サーブル。
同大との初戦、木村毬乃(法3)が先陣をきる。勢いよく攻撃を重ね、リードした状態で久良知美帆(法2)につなげる。本職でない種目であり、なかなか得点を奪えず逆転を許すと、続く栗本ひかる(社2)も流れを変えられない。しかし、第5セットに出場した木村が流れを取り返す。6連続ポイントを奪うなど、力強い動きで25-23と逆転に成功。その勢いのまま、栗本も相手に得点を決めさせず、リードを7点に広げる。最後は、点差を縮められるも木村が逃げ切り、45-42で勝利する。
 次の、強豪日大との対戦は序盤から10-2と劣勢の展開で試合は進む。前の試合で活躍した木村の場面で流れをつかみたかったが、終始リードを許し45-24と準々決勝敗退となった。 
 足をけがをしていた木村が団体戦に復帰。まだ万全な状態ではないかもしれないが、チームの核が戻ってきたことは確かだ。今大会の悔しさを、全日本団体戦や来年以降の大会で晴らしてもらいたい。(宮城風子)

試合後の選手のコメント

吉田玲

ー最後のインカレを終えて
悔いはないなという感じですね。最後、残念なことはあったんですけど、エペ個人、団体とか。でも、フルーレは目標だった(個人)ベスト8、団体も日大に勝って良かったです。

では、満足した結果や内容だったということですか
そうですね。負けても、勝った人たちを応援できたので、負けたから自分らショックですけど、勝った人たちは喜んでいて、それを見て4年生で最後だし楽しかったなと。全然悔いはないですね。

 
ーインカレで印象に残った試合は
フルーレ団体の(準決勝)日大戦かな。王座は勝ちましたけど、関カレではボコボコにされて、リーグ戦も負けていて、「勝てるわけない」と思っていた相手で、こっちは主力メンバーが一人いなくて。それでも、チーム全体で勝ちたい気持ちが出てて、最後は後輩の長島(徳幸)君が一本取ったときは本当に泣きました。まだ決勝じゃないのに。でも、そこが僕にとって決勝だったので。個人は、日体大の鈴木一平(高校総体個人優勝経験あり)という選手とのベスト8をかけた試合で、今まで一回も勝ったことなくて、今回初めて勝てたのでそれが超嬉しくて!だから悔いがない。どうしても勝ちたい相手に勝てたのは大きいです。
 

ー(フルーレ団体)決勝では敗れてしまいましたが、力を出し切れたということですね
決勝で負けたインカレというよりは、準決勝で勝ったインカレという感じですかね。

エペ団体を振り返って
力不足かなと思いますね。去年、全日本で2位取れてメンバーも変わってなくて、しかも去年なんか負ける気しなかったんですけど、今年は入る前から「あ~あ」みたいな。負けるんじゃないかなと思った時点で、自分たちのメンタルの弱さだったり、エペ団体はもう1試合勝てるかなとは思っていたんですけど、優勝は難しいかな...という感じだったのでエペ団体においては悔いは残りますね。

これまでのエペ団体を振り返ってはいかがですか
どうですかね。やり残したことはたくさんあると思います。3年生のときは当たり前のように勝ってた。でも今年は全然勝てないってなって、なぜかと考えると仲間に頼りきっちゃってて、「誰かが(点を)取るだろう」と。去年はそういう気持ちではなかったですし。チームもベンチも緊張していて良い感じだったんですけど、今年は「誰かが取るだろう」という気持ちを最後まで直せなかったのが、今シーズンの反省かなと思っています。まあ、来年は(優勝)取ってくれます!本当、今年は下のメンバーが悔しい思いをしたと思うので、やってくれると信じています。
 

エペのチームで同級生の鈴木選手はどんな存在でしたか
いつも最後回りをしてくれて。最後回りって一番きついんですけど、それを引き受けてくれて。僕、エペキャプテンなんですけど名ばかりで、フルーレばかり練習しているので。(鈴木)理来が支えてくれて、何をするにも僕を立ててくれて本当に良い...何ですかね...。良い同期でした(笑)自分も最後回りやって本当に大変だなと分かったので、お疲れ様って言いたいです。

全日本に向けて
ベスト8というよく分からない結果で終わっちゃって。僕、終わったとき全然涙流れなかったんですよ。「こんなもんか」っていうのと「やることはやった」という感じで。これで負けるのは単純に弱いなと思って。でも、理来とか吉沢(有紀)や後輩がベンチで泣いてて、何かみんなのために全日本頑張って良い笑顔で終わらせたいな、貢献したいなと強く思いました。

鈴木理来

―インカレを振り返っていかがですか
そうですね。個人戦も団体戦も負けてしまったので・・・。最後の学生大会だったんですが、いい試合、いい大会だったとは思えないですね。
 
―昨年3冠したときのメンバーも変わらず今年臨んだわけですが、まさかの無冠という結果となってしまいましたが
凄い残念だし、絶対優勝狙えたチームだったので、勝ちたかったですけど、これは結果としてちゃんと自分で受け止めないといけないと思います。幸い全日本行けるので、しっかりそこまで期間がぜんぜんないですけど、もう一度勝てるチームに戻したいなと思います。
 
―全日本も出場が決まったんですね。
そうですね。 全日本もメンバー変わらないでやっていきます。
 
―学生大会が終わってしまいましたが、今のチームをどう見ていますか
凄いいいチームだとは思います。勝てはしなかったんですけど、雰囲気もいいし、お互い尊重しあって、いいチームです。
 
―4年間で印象に残った場面はなんですか
そうですね。団体に出る3年生で団体の中心メンバーとして出るようになってから、1試合1試合いい思い出です。
 
―全てがかけがえのない思いでなんですね。
本当、全部印象に残っている試合ですし、どれも危ない試合ばっかだったんですが(笑)、1試合1試合みんなで乗り越えてきたので、全部が大切ですね。
 
―最後の試合が近 づいてきますがそれまで何か準備などは
いや、もう時間も少ないので、とにかく最後ですし、楽しんでいこうかと思います。
 
―4年生の同期の皆さんとやるのも最後ですしね
それこそ1年生から4年間ずっと毎日一緒に練習して、辛いことも楽しいこともみんなで共有してきたので、ほんとそれこそ一日一日が大切な思い出ですね。
 
―鈴木選手にとって学生フェンシングは何ですか
なんですかねー(笑)。やっぱり中学、高校とフェンシング続けてきて、一番プレッシャーがかかった試合が多かった気がしますし、一番勝てなかったというかほんと色々なことを考えてフェンシングした時期でした。

 

フォトギャラリー

  • 苦戦する場面も見られた吉沢
  • 最後のインカレを戦い抜いた吉田玲
  • 笑顔でベンチに迎えられる富沢
  • 本格復帰へ状態が上がってきた木村
  • チームの主力として奮闘した栗本
  • 本職でないサーブルで奮闘した久良知
  • インカレ閉幕!1年間お疲れ様でした!
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み