フェンシング

【フェンシング】全日本選手権(団体戦)2日目 男子フルーレ、惜しくも入賞ならず

第66回全日本フェンシング選手権大会(団体戦)
日時:2013年11月22日(金)~24日(日)
会場:長崎県諫早市中央体育館

全日本選手権の団体戦、2日目に行われたのは男子フルーレと女子サーブルの2種目だ。男子フルーレは前回大会ベスト8、女子サーブルは3位という成績を残した。それを上回る結果を残すことを目標に、戦いに挑んだ。

最後の試合を戦い抜いた辻

試合結果

試合結果

種目出場選手試合詳細成績
男子フルーレ 辻慶謙、長島徳幸、東哲平、大石利樹 1回戦 ○法大45ー23青森クラブ 2回戦 ○法大45-25法政二高 準々決勝 ○法大45-32和歌山クラブ 準決勝 ●法大24ー45警視庁 3位決定戦 ○法大29-45早大 4位
女子サーブル 木村毬乃、栗本ひかる、真田玲菜、久良知美帆 2回戦 ○法大45-41山口クラブ 準々決勝 ●法大37-45警視庁 ベスト8

戦評

男子フルーレ

 今年度は王座決定戦のタイトルのみにとどまった男子フルーレは、主将の山田祥大(キャ4)や吉田玲(文4)を起用せず、長島徳幸(法2)、大石利樹(法2)、東哲平(法2)といった下級生主体のメンバー構成で試合に臨んだ。
 初戦は青森クラブに大勝すると、続く2回戦の対戦相手は日頃合宿などで交流のある付属校・法政二高との対戦となった。今年度の高校総体で準優勝するなど、高校では屈指の実力を持つ相手に、法大は格の違いを見せつける。長島、大石利の2人で序盤2戦を10-1と圧倒すると、臆せず攻めてくる相手にも冷静に対処し点差を広げていく。終盤は法政二高も粘ったが、最後は初めてアンカーを務めた長島が試合を締め、45-25で快勝した。準々決勝では昨年のフルーレ主将で東の兄・純平氏を擁する和歌山クラブと対戦。いきなり1戦目で兄との対戦となった東が5-2で勝利し勢いに乗ると、そのまま強豪を寄せ付けず45-32で撃破、ベスト4進出を決めた。
 準決勝は大会11連覇中と、この種目で別格の実力を持つ警視庁が相手に。序盤こそ王者相手に何とか食らいつき、4戦目まで16-20と接戦を演じたが、次第に相手の個々の高い実力に圧倒され、その後5戦で計8得点しか奪えず、24-45で大敗を喫した。3位決定戦では、1週間前のインカレ決勝で敗れた早大と会いまみえた。何とかリベンジを果たし、今年度を勝利で終えたい法大だったが、相手の2大エースである北川、鬼沢の前に序盤2セットで4-10といきなりビハインドを背負うと、巻き返したい3戦目でも東が逆に点差を離され、インカレ同様相手にチーム力の差を見せつけられる展開に。劣勢のまま迎えた8戦目、ピストには東に代わり4年生の辻慶謙(法4)が上がる。4年間で最後の試合に観客席から見守る仲間から大きな声援を受けた辻は、北川相手に奮闘を見せたが、流れを変える活躍は出来ず。最終スコアは29-45と、インカレ以上の大差で敗れた。
 今大会は長島、大石利の主力に加え、東がほぼフル出場を果たし、全員が2年生以下というメンバーで戦った法大。視線は早くも来年以降に向けられている。この大会で積んだ経験を生かし、来季こそ学生、全国のフェンシング界に法大フルーレの復権を宣言してくれることだろう。

女子サーブル

 昨年のこの大会で過去最高の3位入賞を成し遂げた女子サーブル団体。関カレから大怪我からの復活を見据え、試合をこなす木村毬乃を中心に、今大会でも躍進が期待された。
 初戦の2回戦は山口クラブとの対戦。この試合では、サーブルの経験の浅い真田玲菜(キャ1)が相手に2度大量得点を許す試合があったものの、木村、栗本ひかる(社2)の先輩2人がそれをカバー活躍で、試合を優勢に進める。3点リードで迎えた9戦目は、木村が一時逆転を許し冷や汗をかいたが、そこから気迫溢れるプレーで4連続得点を奪い、45-42で接戦をものにした。続く準々決勝は、法大OGである飯塚早紀を擁する社会人チームの強豪・警視庁と対戦。序盤は木村の大活躍もありリードするが、5戦目の真田が相手の勢いを止められず逆転されてしまう。6戦目の木村が再度逆転するが、7戦目でまたも試合をひっくり返されると、8戦目、最終戦の栗本、木村も挽回できず。強豪相手に善戦をしたものの、惜しくも準決勝へは進出できなかった。 
 エースの木村の怪我により、本職でない選手を起用するなど、終始苦しい戦いを強いられた女子サーブル団体の一年が終わった。来年は中島春世が留学から復帰することもあり、久しぶりに本職の選手が3人以上揃うことになる。ようやく万全の状態で戦えそうなチームがどこまで成績を伸ばせるか、注目が集まりそうだ。(田中 宏樹)

試合後の選手のコメント

辻慶謙

ー最後の試合となりましたが振り返って
最後だったので準決勝まで行けて良かったです。

ー3位決定戦の早大戦に出場したときのお気持ちは
最後の試合なので悔いの残らないように、しっかりと動いて思い切ってやりました。

ー相手は同学年の北川選手でしたが意識されましたか
逆に変にしないようにしました。負けていたので、追いつこう追いつこうという気持ちで。学年とか関係なく(点数を)取ることしか考えてなかったです。

ー観客席からの応援は励みになっていましたか
すごいムードも良かったので、強みにもなったし良かったです。

ー4年間を振り返って
最後は結構、後輩が頑張ってたので(笑)4年間で......今回の試合が最後だったので一番思い出深いですね。

東哲平、長島徳幸、大石利樹

―今日の試合を振り返って
東:大学の試合よりは緊張しなかったです。格上の選手が多かったので。
長島:緊張しました。

―2戦目の法政二高は、普段から練習されている相手だったようですが
東:やりづらかったです。
長島:同じく。
東:結構普段からやりづらい相手なので。気を引き締めてやりました。

―1番やりづらかった相手は
長島:(竹田)陸人?
東:僕も陸人ですね。

―3戦目の和歌山クラブ戦の初戦で、東選手は兄の純平選手と対戦されましたが
東:意識はしました。でも楽しかったです。

―敗れた警視庁戦については
東:自分はあの時が一番動けててました。その前とか自分のところで点取られちゃったりしたんですけど、あの時は悪くはなかったかなと思います。勝てたらいいなぐらいの気持ちで臨めたので。

―東選手は久しぶりに団体戦をフルで出場されましたが、意識したことは
東:自分のことだけじゃなくて、まわりのことに気を使うように意識しました。

―早大戦はインカレの決勝戦で敗れた相手との試合でしたが
長島:正直警視庁戦で力を使い果たしたというか、エネルギー切れもあるんですけど、足が止まってしまって、戦う気持ちになってなかったので、そういうところは反省ですね。やられてしまって満足してしまったというか、燃え尽きちゃったというか。

―警視庁戦では強い選手と当たりましたが、試合をして感じたところは
長島:やっぱり強いので、もっと張り合えるようなテクニックをつけたいですし、負けて悔しかったですね。

―この1年を振り返って
東:良くなかったですね。個人も団体も良くなかったので、来年はもっと頑張りたいです
長島:非常に濃い一年でしたね。国際大会にも何回か出させてもらって、インカレも勝てましたし。でも団体とか勝てない試合とかもあったので。王座で勝てましたけど。

―一番印象に残っている試合はありますか
長島:そうですね、メキシコとやって…
東:そこなの(笑)?
長島:そこじゃないよね(笑)やっぱりインカレの個人優勝ですね。

―国際大会の試合も印象的でしたか
いや、全然。インカレの決勝が一番ですね。

(ここで大石利選手も加わる)
―大石利選手はこの1年を振り返って
大石利:やっぱり個人戦でも団体戦にしても、あと一歩及ばずみたいな感じだったので。
長島:上手いこと言うなあ。
大石利:でも悔しいですね。インカレでも個人戦で準決勝と3決で負けて、団体戦でも決勝で負けて。全日本でも準決勝で早稲田にボコボコにされて、早稲田にもその流れのまま負けてしまったので。悔しいですね。

―今大会で4年生の選手は引退されますが
長島:やっぱり下級生だけだと不安な部分もあるので。
大石利:ベンチにいないとでかいです。玲先輩とかいないと。
長島:雰囲気的な意味でも、上級生としての存在感があるので。
大石利:長島さんだけじゃ頼りないです!
長島:…はい!?
大石利:嘘です(笑)

―来年の目標は
大石利:やっぱり関カレでもインカレでも優勝出来たらいいなと思いますね。個人でも団体でも。
長島:やっぱりインカレの個人戦を連覇して…
東:僕が阻止します!
長島:団体戦でも優勝出来たらいいと思います。

木村毬乃

―今大会から完全復帰ということでしたが
その予定だったんですけど、まだ先生の許可は出てなくて、手術してから10か月は切れやすい時期って言われたので、いつもお世話になっているリハビリのトレーナーさん達から試合も頑張って来いと言われたので、自分の判断で試合に出場しました。当初の予定である1月頃が本当に復帰ってなる時期になると思います。

―1回戦の山口クラブとの試合を振り返って
順番的に自分が最初の試合だったので、勝って次に回して、良い流れを作るっていうのを意識して、ピストに立って、集中して試合をすることが出来ました。

―ご自身の調子は
試合に入り込んでいたので、相手も格上だと思うので、その相手にどうやって挑もうかって戦った結果思うように点数を取れたので、自分主導の試合をすることが出来ました。そうやって良い流れを作ることで、流れを勝ちの流れに出来て、勝って回すということが出来たと思います。

―準々決勝の相手の警視庁は文字通り格上相手の試合でした
本当に胸を借りるというか、自分も動きを規制されているんですけど、自分の中で思い切り試合がしたくて、栗本が最初に負けて帰ってきた中でもう一点も取らせないっていう気持ちで行ったら本当に良い試合が出来たので、それは凄い良かったです。勝ちたいってがむしゃらに出来たので。あちらには飯塚先輩もいましたし、その次に当たった人とかもこの前のランキングマッチで優勝された方だったので、格上だと思うんですけど、その中で巻き返して次に渡せたので、良い流れは作れたと思います。

―インカレについても振り返って頂けますか
インカレは全日本に繋がる試合をして、試合慣れをする意味で出たんですけど、出るからには勝ちたい気持ちが強かったんですけど、やっぱりインカレ個人に関してはそこまで調子も良くなくて、もっと動きで勝負するよりはアイデアで勝てれば良かったんですけど、相手主導の試合をしてしまったので。団体戦は相手主導にさせないためには自分が楽しむことだと思ったので、この全日本で本格復帰ってことだったので、気持ちを高めてやれて。去年の全日本以来の試合だったんですけど、凄い楽しんで出来たので、試合の内容は個人戦の時よりもよかったです。インカレは全日本に繋がる大会ということで臨んだので、今回は関カレ、インカレと続く最後の集大成ということで、自分の中では一番良い試合が出来たのかなと思います。今の全力がどこまでかはわからないんですけど、自分の気持ちとか、みんなで取りに行くっていうのが強かったからこそ、良い方向に向いたのかなと思います。今の全力は出せたのかなと思います。来年はまたサーブル人が3人揃うので、より良い結果が出せるようにしていきたいです。

―この一年は怪我で苦しんだ一年だったと思いますが
怪我をしたからこそ、もとからフェンシングは好きなんですけど、やっぱり出来ない辛さを知って、よりフェンシングへの気持ちが強くなりました。ちょっとした怪我ではなくて、本当に長期の怪我を味わって、当たり前に出来ていたことが出来なくなるっていう辛さも知ったので、改めて色んなことに気づかされたので、それを今後フェンシングに生かしていきたいです。トレーニングしかしてない状態だったんですけど、それを経験したからこそ知ることもあったので、今後も怪我を通して学んだことを活かしていけるようにしたいです。前より体の仕組みとか、怪我をしない体づくりとかも詳しくなりましたし、フェンシングにしても一歩外からも見れたので、来年さらに頑張っていきたいと思います。内容としてはとても良い一年でした。今まで大怪我をしたことがなかったので、辛かったんですけど、辛かったことばかりではなかったので。

―来年への意気込みを
この一年何も結果を残せなかった分、来年はちゃんと3人揃うので、個人でも団体でも優勝を狙えるように。今までタイトルを取っていないので、取れるように頑張っていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み