フェンシング

【フェンシング】全日本選手権(団体戦)3日目 男子サーブル、女子エペ、揃って表彰台へ

第66回全日本フェンシング選手権大会 
日時:2013年11月22日(金)~24日(日)
会場:長崎県諫早市中央体育館

全日本選手権もいよいよ最終日を迎える。登場するのは全日本学生選手権(以下、インカレ)で優勝を果たした男子サーブルと、今季苦しい戦いが続いた女子エペ。有終の美を飾るべく試合に臨んだ。   

準優勝の女子エペチーム

試合結果

試合結果

種目出場選手試合詳細成績
男子サーブル 斉藤采、吉田健人、安藤光平、大崎葵一 2回戦○法大45-6伊那北高校 準々決勝○法大45-35中大 準決勝●法大29-45NEXUS 3位決定戦○法大45-30岐阜クラブ 3位
女子エペ 大石栞菜、久良知美帆、小林未来、池田五月 2回戦○法大45-38宮城クラブ 準々決勝○法大45-37岐阜クラブ 準決勝○法大45-32日大 決勝●法大40-45中京大 準優勝

戦評

男子サーブル

 先日行われたインカレで見事、優勝に輝いたサーブル陣。全日本で目指すは、もちろん『日本一』の称号だ。
 初戦は伊那北高校相手に、45-6と圧倒的な力の差を見せつけ勝利する。準々決勝の相手は中大。安藤光平(法2)がいきなり5-1とリードを奪うと、続く吉田健人(法3)も勢いよく得点を重ね、10-2と早くも流れをつかむ。次にピストに立った大崎葵一(営1)が、相手に連続ポイントを許し点差を縮められるものの、安藤がその嫌な空気を一掃した。スピード溢れる攻撃で圧巻の5連続得点。再び、法大に流れを引き寄せる。7セット目にはサーブル主将の斉藤采(法4)が登場し、安定した試合運びを見せると、最後は45-35と吉田が試合を締めた。
 強豪チーム、NEXUSとの対戦となった準決勝は、試合序盤から厳しい展開となってしまう。3セットを終えて15-5と10点差をつけられ、中盤以降もなかなか得点を奪えない。最終セットの安藤が粘りを見せるも、追い上げ及ばず45-29のスコアで敗れ、決勝進出とはならなかった。
 表彰台を目指して挑んだ3位決定戦の相手は岐阜クラブ。準決勝での負けを引きずることなく、社会人チーム相手に自分たちの攻撃を見せていく。45-30と大差で勝利し、学生王者は全日本の舞台で3位に輝いた。
 それでも3位という結果に選手たちは満足していない。サーブル主将の斉藤は、試合後「来年はさらに上にいってもらいたい」と後輩にエールを送った。インカレや全日本で活躍した吉田や安藤を中心に、来年はタイトルを独占してもらいたい。

女子エペ

 今季、苦しい戦いを強いられた女子エペ。全日本の舞台で巻き返しを誓い、試合に挑んだ。
 初戦の宮城クラブとの試合は、中盤までリードを許すも途中出場の久良知美帆(法2)が流れを変える。5点のビハインドを1点差にまで縮めエース格の小林未来(文2)につなぐ。小林は勢いそのままに得点を稼ぎ、終盤で逆転に成功する。最後は頼れる大石栞菜(法3)の突きが決まり45-38で初戦を突破する。
 準々決勝の岐阜クラブに対し、43-37で勝利を収めベスト4に進出。準決勝の相手は日大との顔合わせとなった。強豪日大に対し、1セット目に登場した大石が5-0と法大に流れを呼び込む。中盤までに10点差以上をつけ、相手を突き放し45-32と快勝の形で決勝進出を決めた。
 優勝を懸けて中京大と激突。一番手を任された小林が5-2とリードを許すと続く大石、池田五月(文1)も流れを変えることができない。中盤まで試合は進み、優勝のためにも早く追いつきたい法大。6セット目の大石の場面で同点とするも、再び点差を離されてしまう。この日、活躍が目立った小林が果敢に攻め、一時2点差に追い上げるも連続失点を喫してしまう。最終セットの大石に優勝の望みを託すも、45点目を取られ準優勝という結果で全日本の幕は閉じた。
 全日本で躍進し2位となったが、選手は悔しさをにじませた。来年も同じメンバーで戦うことが予想される。この経験を今後に生かし、悲願の優勝を手にしてもらいたい。(宮城風子)

試合後の選手のコメント

斉藤采

ー今日の試合を振り返って
新チームで自分があまり出ないで、ここまでこれたのはすごいと思うし、来年も多分同じチームで出ると思うので、さらに上にいってもらいたいと考えてます。

3位という結果についてどう思われますか
去年も3位で今年も3位で、やっぱり決勝にいくまでの壁が高いと思うので、NEXUSと警視庁に勝てるように、後輩たちは練習で頑張ってほしいと思います。

ーインカレでは優勝を果たしましたが
リーグ戦は(優勝を)取ったんですけど、他の関カレと王座は優勝できなくて、でも学生最後の試合で優勝することができて、本当に良かったという思いだけです。

ー優勝後には涙を流されていましたが
人生最後の学生だけの試合で、優勝するというのが目標だったので、それを果たせたからですかね。

後輩に期待していることは
1番と2番手は強いんですけど、3人目の選手がもっと伸びてくれたら。まだ経験も浅いので、もっと経験を積んで強くなれば、より良いまとまったチームになると思うので、そのためにはサーブルキャプテンがしっかりした仕事をするべきじゃないかなと思います。

サーブルという種目の難しさはどんなところですか
スピードかな。速いところ速いところだと思います。

4年間を振り返って
小6からやっていて4年間では済まされないような感じですね。あっという間だったなというのと、もう少し何かできたんじゃないかなと。やり残した感じもあるかな。

後輩の選手へメッセージをお願いします
全力で頑張ってもらうだけで、後輩たちがどう期待に応えてくれるか。本当に結果が全てなので、OBとして応援しています。

吉田健人

―今日の試合を振り返って
3位という結果を残せて良かったと思っています。

―嬉しい気持ちと悔しい気持ち、どちらのほうが強いですか。
個人的には良いプレーをそんなに出せなかったなっていう思いがあるので、悔しい気持ちのほうが大きいなって思います。

―準々決勝ではライバルの中大との対戦となりましたが
前田(脩吾)先輩の存在が結構大きかったので、終始リードして試合をすることが出来たので、来年のリーグ戦などでも良い試合が出来るかなと思います。

―前田選手とは同じサーブルの選手ととして交流もあったようですが
(前田選手が)あの慎重でとてもアタックが伸びて、勝てているので、自分はもっと身長を生かして戦えたら良いというか。前田先輩が小さいなりに動きでカバーしているので、あるもので戦うっていうのを考えさせて頂いたかなと思います。

―Nexusとの対戦では実際に戦ってどんな印象を受けましたか
駆け引きやフィジカルなど色々な面で劣っていたと思います。このスコアは妥当ですね。

―その中でアタックが綺麗に決まるシーンも目立ちましたが
良いとこと悪いところの差が激しい印象があって、良い時は良くて、歩いときは剣を置きに行っちゃったりして、波が激しかったので、そこを直していきたいです。

―今大会大崎選手が多くの試合で出場されましたが
最初の中大戦では普段のプレーが出来ずに点を取られてたんですけど、準決勝や3位決定戦では一年生らしい思い切りの良いプレーが出来ていたので、来年に期待が出来ると思います。

―今年一年を振り返って
最初のリーグで優勝して、王座と関カレに負けて、とても悔しかったんですけど、最後のインカレは取ることが出来たので、最初と最後を取れたことは良かったと思います。個人戦があまり良くなかったので、来年は団体戦でも個人戦でも良い成績を残せるように、頑張っていきたいです。

―来年はサーブル陣の主将になるかと思われますが、意気込みを
もちろん5冠を目指して、良いチームの雰囲気を作りながら、後輩たちを引っ張っていきたいです。

大石栞菜

―今大会を振り返って
悔しい思いばっかりだったなと思います。

―フルーレ団体は優勝を見据えていたのでしょうか
そうですね。

―nexus戦で敗れた要因は
審判に無礼なところとかあったかなと思いますけど、その中で自分達の点に繋げられなかったことが敗因だったかなと思います。

―ご自身の調子自体はいかがでしたか
悪くはなかったです。インカレもそうですけど、悪くなかったと思います。

―エペ団体に関しては準優勝までいきましたが、そこまで行くと考えていましたか
特に考えてなかったですけど、最後負ける相手じゃなかったので、勝ちたかったです。

―フルーレ団体は今季好成績を残しましたが、チームの力に手ごたえは
チームとしてまとまってきてるので、それがそのまま良い方向に出たのかなと。

―今年一年を振り返って
団体戦の楽しさっていうのがわかってきたと思うので、さらに力を伸ばして、個人でも優勝できるようにしたいです。

―初めて主将を任された一年でしたが
特にキャプテンとして何かをやっているということはないです。みんなが着いてきてくれるからだと思っているので。

―来年は最上級生になりますが、意気込みを
全部優勝出来るように頑張ります。

小林未来

今日の試合を振り返って
最後は自分のせいで負けました。

準優勝という結果についてどう思われますか
納得はいかないです。

今日良かった点は
今までずっと不調が続いていて、でもその中ですごい自分らしい動きとかできてきて、自信をもって試合できたところが多かったので、試合を楽しむことも久しぶりにできました。結果だけ見れば2位というのは良いのかもしれないですけど、正直まだ素直に喜べないです。

個人戦で伸ばしたい点は
もっともっと自分の得意な技とかをしっかり出していけるように。最近出し切れていないので、そこを練習積み重ねて、一からスタートするつもりで来年に向けて頑張りたいです。またすぐに個人戦があるので、そこで結果を出せるようにしたいです。

この1年を振り返って
もう散々でした(笑)本当に。団体で勝てても自分の中では良いプレーできてなかったり、ずっと悩んで悩んで苦しかったです。でも最後、準優勝で終われてちょっと楽になりました。

来年に向けて
来年は絶対、優勝します。

 

フォトギャラリー

  • 思い切りのある攻撃が光った小林
  • ガッツポーズを見せる大石栞
  • 貴重な経験を積んだ池田
  • 表彰台に上がる男子サーブル団体
  • 社会人相手に互角に戦った吉田健
  • 最後の戦いとなった斉藤
  • 来年の新戦力候補の大崎
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み