フェンシング
 

男子エペ、リーグ戦5連覇達成!/フェンシング部

関東学生リーグ戦
日時:2012年5月8日~11日、14日~15日
会場:駒沢体育館屋内球技場

昨年度は、リーグ優勝・王座出場を共に決めた男女エペ。伝統的な強さを見せ、確実に強さを築きあげた。今年は、男女で明暗分かれる結果に。1勝が遠く勝利に届かなかった女子。一方で、男子は勝負強さを見せ優勝し、リーグ戦5連覇という快挙を成し遂げた。

reague1-1
勝負強さを発揮した鈴木

試合結果

総合結果

種目出場選手得点詳細結果
男子エペ  菅野慶嗣④、鈴木理来③、吉田玲③、吉沢有紀②、村越優希①  ○45-39中大、○45-34東農大、○45-40専大、○45-31日体大、●28-45早大  優勝 
女子エペ  本村祐里香④、久良知美帆①、小林未来①、中島春世①  ●20-21専大、●35-44日女体大、●24-31東女体大、●26-34日体大、●37-45日大   6位

※名前の横の数字は学年

最終戦落とすも優勝!(男子)

 14日と15日に行われた男子エペ。14日には3試合が繰り広げられた。リーグ初戦となった中大戦は、8セット目まで接戦の試合展開となる。アンカーを務めたのは鈴木。序盤は緊張からか動きが固かったものの、最終セットでは本来のキレのある動きを見せる。そして、同時突きも含め着実に得点を重ねていき45-40と初戦を勝利で飾った。続く東農大戦は、相手に点差を詰め寄られそうな場面でしっかりとシングルを取っていく。40-33と7点リードで迎えた最終セット。アンカーの吉田玲は、開始直後にアタックを決められるも、その後はテンポ良く5連続ポイントを挙げ、45-34と快勝した。そして前半戦のラストは、今リーグでもっとも警戒し、気持ちも引き締まっていた専大戦。4セット目まではリードを保っていたが、5セット目で22-22の同点に追いつかれる。直後に、判定に関する長い中断を挟むと、そこから立て続けにシングルでポイントを奪われ、吉沢はこのセットを22-25で明け渡した。しかし、7セット目で再び吉沢に回ると、積極的に前へ攻め31-31の同点に追い上げ勢いをつける。続く吉田は、一進一退の攻防を繰り返したが、最後はきっちりとシングルで40点目となるアタックを決め、大きくガッツポーズを掲げた。40-39と僅差でバトンを受け取った鈴木だったが、テンポ良く得点を重ねていき、45-40で見事大一番での勝負を手にした。
 15日に行われた日体大戦は、2セット目でルーキーの村越が10-6とリードを作ると、そのリードを最後まで各々が守りきり、45-31で圧勝した。そして、全勝優勝を懸けた最後の相手は早大。しかし、「メンタルがボロボロだった」(吉田)と語るように、本来の攻めが見られず逆に相手の攻撃に押され続けた。そして、最後までなかなか1本でアタックを決めることができないまま、最終戦は28-45と大差での敗退となった。
 最終戦に敗れはしたものの、結果は4勝1敗で優勝し、6月17日に行われる王座への出場権を獲得。リーグ戦での記録も5連覇に延ばし、新たな歴史を刻んだ。しかし、本来の力を発揮できず、結果に納得がいかない様子も伺われた。昨年は優勝を決めた王座。今年も優勝する力は十分に持っている。後は、当日いかにその力を個々が発揮できるかなのだろう。早大に敗れた気持ちも糧に、王座優勝に向け男子エペはひたすら突き進む。

全敗で入れ替え戦へ・・・(女子)

 10日と11日に行われた女子エペ。昨年と同様、今期もエペ専門の選手を擁することなく、その時の最良のメンバーで臨むという方針を採った。今リーグでは、キャプテンの本村と1年の久良知・小林・中島の4人でチームを組んだが、思うような結果とはいかなかった。
 初戦の専大戦は、最終セットで本村が怒涛の追い上げを見せるもあと1本がでずに20-21とロースコアの接戦を落とした。続く日女体大戦も、中島が相手のペースにはまると途中11-19と大幅なビハインドを負う。8セット目で、小林が単独の6連続ポイントを奪い反撃を見せアンカーの本村へ。本村もひたすら攻撃を仕掛け差を詰めていくが、元のビハインドが大きく35-44で敗れた。10日の最終戦であった東女体大戦は、序盤からわずかにリードされ追いかける展開が続く。終盤に本村が3点差に追い上げるも、最終セットでまたも引き離され24-31と痛い3敗目をあげることになる。
 全敗で前半戦を終えて後がない法大。しかし、後半戦に入っても勝利を手繰り寄せることはできなかった。日体大戦は、1セット目を本村が2点リードと上々のスタートを切るも、続く久良知が途中7連続ポイントを奪われ逆転を許し、3セット目を終えた時点で7-10と劣勢に立たされてしまう。しかし、5セット目で本村が11-11と同点に追いつくと、続く小林はポイントを取られてもすぐに取り返し、22-23と1点差に持ち込む。7・8セット目はともに点数は動かず22-23のまま、試合の行方はアンカーの本村に託された。本村は果敢に攻め得点を奪うもなかなか点差を縮めることができない。25-27となったところで一気に相手に攻め込まれ5連続ポイントを許してしまい万事休す。結局、試合は27-34に終わるも途中1点差まで追いついただけに悔しい敗戦となった。そして、残す試合はあと1つ、日大戦だ。試合はいきなり久良知が4連続でポイントを奪われ1-5と苦しい展開。続く本村・小林も点差を埋められず、5セット目を追えて12-19と終始日大ペースで進められてしまう。迎えた6セット目。本村がアタックを次々と仕掛け、17-19と一時2点差まで追い上げ反撃をするも、続くセットで再び8点差をつけられなかなか勢いに乗ることができない。最終セットでは、本村が6セット目同様ポイントを重ねていくも、同時突きとなり点差は縮まらず、37-45で敗れてしまった。
 結果、リーグ戦は全敗で6位と最下位。本日5月26日(土)、台東リバーサイドスポーツセンターにて12時から、2部で1位となった早大との入れ替え戦に臨む。「絶対に勝ちたい」と話す本村の決意は固い。なんとしてでも1部に残留するために、踏ん張り時はまさしく今だ。

 

試合後の選手のコメント

鈴木理来選手(文3)※取材は14日

ー前半3試合を振り返って
実力は一緒くらいだったので、みんなで楽しくやろうと思っていました。


ー序盤は動きが固いように見えましたが、緊張はありましたか
バリバリ緊張してました(笑)。

ー徐々に調子を取り戻していったように見えましたが、何か変化はありましたか
やってるうちに何とかなると思っていたので何も変えたりはしなかったです。最初動かないのはいつものことなので(笑)。

ーアンカーという大役を任されていましたが
チームの二人が点数取って帰ってきてくれるので、あんまり負担ではなかったです。

ー順番はどのように決めているのですか
みんなで話しあって、チームに合わせて変えたりしています。

ーご自身の調子は
良いです!

ーチーム全体の調子は
良いムードで3試合折り返せたので、この流れのままいきたいと思います。

ーこのリーグ戦で鍵となりそうな試合は
もう終わってしまったんですけど、専修です。今日のラストで大事だなって思っていました。明日だったら早稲田です。

ーその早稲田戦はどんな試合展開にしていきたいですか
まだ話しあってないんですけど、今日と一緒でみんなで楽しく流れに乗って、守るのではなく(点を)取っていくような試合をしたいと思います。

ー翌日に向けて
全勝して優勝したいと思います。

吉田玲選手(文3)・吉沢有紀選手(文2)※取材は15日

ー優勝して今の気持ちは
吉田:なんとも言えないですね。
吉沢:納得いってないですね。やりきってない、自分を出し切れてない。
(それはリーグ戦全体を通してですか?)そうですね。僕はそうです。
吉田:でも優勝できたんで大丈夫です。最後は負けちゃったんですけど。前の4戦も少し油断してて、途中で引き締めて返す結果が多くて。専大戦は最初から引き締めていたんですけど、早稲田戦は全員メンタルがボロボロだったんで、そういうのもあって負けたかなって思います。


ーリーグ戦での課題や成長面は
吉沢:取りに行く場面で焦って相手に取られるよりも、時間を使って取られないで自分から先に取るっていうのが課題だと思います。成長した面は特に変わってないと思います。
吉田:自分は普段エペ練習してなくてこういうときしかやらないんで、去年と比べると1番上手い人がいて抜けちゃったぶん、そこでこの5試合は調整が追い付かない部分があったなって、自分が取り行く場面で締めきれなくて、勝ってるんですけどもっと大差で勝てたところもあったし、逆に早稲田戦とかで行かなくていいときに軽い気持ちで出て…。課題はもっと役割をしっかりしないと、自分のやることは迷惑かけないようにしっかりやりたいなと思いました。

ーエペチームは3年生が引っ張っている印象を受けますが、何か話し合ったりしていますか
吉田:そうでもないですね。吉沢が1番強いんで、そこをどう生かすかっていうので順番がけっこう重要になってくるので、どういう回りで行けば楽にいけるかっていうのを話したりはするんですけど、特に引っ張ってはないです。

ー王座に向けて
吉沢:優勝したいですね、やっぱり。今日1回負けてるんで全勝してたら王座までの期間で怠けるかもしれなかったんですけど、負けたときの気持ちがわかってるんで、練習はしっかりして、去年決勝は1本勝負だったんですけど、今年は圧勝できるように頑張りたいと思います。
吉田:自分らはちゃんとやれば勝てるチームだと思うんですけど、ちゃんとやれないっていうのが自分らの弱点で、技術的に強くなるって問題じゃなくて、王座の日の心構えというか精神的な面ですね。
 

村越優希選手(文1)※取材は15日

ー優勝おめでとうございます
ありがとうございます。


ー初めてのリーグ戦いかがでしたか
本当に先輩方の強さを感じました。

ー緊張はありましたか
緊張はありましたけど、先輩がいたので安心してできました。

ーどんな気持ちで試合には臨もうと
使ってもらえるときに頑張って、使ってもらおうと。期待に応えようと思いました。

ー入部してしばらく経ちますが、法大フェンシング部の環境には慣れましたか
はい、慣れました。

ーどのような印象を持ちましたか
(しばらく考えて)…大学の部活ってこんな感じなのかなって感じです。

ー今回のリーグ戦で見つかった課題は
点を取りに行くことができなかったので、攻撃面を強くしていきたいです。

ー調子は悪くないみたいですね
はい、悪くはないけど・・・(早稲田に)ボロ負けしました。強かったです。

ー王座に向けて一言お願いします
出れるなら、優勝に貢献していきたいです。

本村祐里香選手※取材は11日

ー今日の試合を振り返って
調子自体は悪くなかったと思います。


ー入れ替え戦に回ることになってしまいましたが
とても悔しいです。勝てる試合で勝つことができず、自分の未熟さを感じました。チームを勝利に導くことができなかったので悔いが残ります。

ー入れ替え戦に向けて
一部に残るために、絶対に勝ちたいと思います。
 

ルール紹介

*エペ*
エペの有効面は全身です。3種目のなかで唯一「攻撃権」がなく、そのため慎重に相手の動きを見極め一瞬の隙を突かなければなりません。選手がにらみ合い、けん制しあったまま3分が過ぎるのもエペならでは。「突き」のみでポイントを争います。また、選手が同時に相手を突いた場合は「同時突き」として、両者にポイントが認められます。

*団体戦について*
フェンシングの団体戦は1チーム3人から4人の選手が交代し合い、1セットの持ち時間は3分として9セットまで行われます。また、第1セットの3分間の間に5点先取した場合はそこで交代。以降、セット×5点がそのセットの得点の上限になります。45点先取で勝利が決まり、また、最終セットの時点で持ち時間が終了した場合は得点の高いほうが勝利となります。最終セット終了時に同点の場合は、一本勝負の延長戦へ。先に突いたほうが勝利です。

 

フォトギャラリー

  • reague1-1勝負強さを発揮した鈴木
  • reague1-2エペキャプテンの菅野
  • reague1-3低い体勢からアタックにいく吉田
  • reague1-4ルーキーの村越も勝利に貢献!
  • reague1-5確実にポイントを奪う吉沢
  • reague1-6何度も追い上げを見せた本村
  • reague1-7果敢にアタックをしかけた小林
  • reague1-8苦戦しつつも戦いぬいた中島
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み