フェンシング
 

男子サーブル全勝!男子は総合優勝へ/フェンシング部

関東学生リーグ戦
日時:2012年5月8日~11日、14~15日
会場:駒沢体育館屋内球技場

法大のお家芸である『男子サーブル』。昨年中大に破れリーグ優勝を逃した雪辱を果たし、見事全勝で優勝を決める。女子サーブルは、順位こそ振るわなかったものの絶妙なチームワークで戦いぬいた。そして、男子は6年連続となる総合優勝をつかみ、最後は笑顔で終幕を迎えた。

reague2-1
ラストの中大戦、最後の45点目を取る!(水谷)

試合結果

総合成績

種目出場選手得点詳細結果
男子サーブル  水谷一貴④、大石峻司④、斉藤采③、吉田健人②、丹代翔②、安藤光平①  ○45-27日体大、○45-31専大、○45-31日大、○45-41早大、○45-33中大  優勝 
女子サーブル  本村祐里香④、木村毬乃②、栗本ひかる①  ○45-17東女体大、●42-45早大、●39-45専大、○45-38日体大、●33-45日大  4位 

※名前の横の数字は学年

圧倒的な強さで優勝!(男子)

 10日に前半の3試合が行われた。初戦となった日体大戦は、終始法大が優勢のまま45-27と圧勝。続く専大との試合はキャプテンの水谷が警戒しており、ここ近年勢いがあるだけにあなどれない。しかし、そのようななかでも自分たちのプレーを押し出していく。途中点差を詰められる場面もあったが全員で補い合い、45-31で勝利した。前半最終戦となった日大戦は第1セット、いきなり斉藤がペースを崩し2-5とリードを許すも、そこから主将の水谷・ルーキーの安藤、そして斉藤を交代で入った吉田がいずれも会心のフェンシングを店20-12と逆転する。その後第5~7セットにかけては安藤の動きに硬さが見られ、水谷にもミスが目立ち35-29と差をつめられたが、第8セットの吉田が5連続得点すべてを自らのアタックで奪い相手の反撃を断ち切ると、最後は水谷が締め結果的には45-31と快勝。前半を3戦3勝で終え、翌日に弾みをつけた。
 11日にはまず早大戦が行われた。この試合は、4年の水谷と大石は欠場し、3年の斉藤を中心とした来年を見越してのチームで挑んだ。終始苦戦を強いられたものの、最終セットで斉藤がしっかりとアンカーとしての役割を果たし45-41で制した。しかし、決して満足のいく試合内容ではなく個々にも反省点が多くみられ、一度ミーティングを開き気持ちを立て直し、そしてサーブル最後の試合にメンバーは臨んだ。その相手は、昨年のリーグ戦で破れ優勝を明け渡した中大。法大が大会前からこの試合に照準を合わせてきたという大一番は、昨年同様優勝を争う状況での試合になった。第1セットの吉田は、「緊張していた」との言葉通り動きが鈍く、1-5とビハインドを背負う。しかし、第2セットで水谷が底力を発揮し10-9とこの点差を逆転する。その後も少しずつリードを広げていくと、第6セットの水谷・第7セットの大石ともに最上級生の経験を生かした冷静なプレーで得点を重ね、35-24と点差を大きく広げた。この試合終始キレのある動きを見せた水谷は、最後のセットも相手の反撃を抑え45-33で試合終了。ここ一番の主将の活躍で、見事法大サーブル陣はリーグ戦全勝で優勝した。昨年の主軸であった新井(現NEXUS)を欠いても、水谷を中心にチームの力をさらに強め他大学を圧倒し、堂々と王座出場の切符を手に入れた。

抜群のチームワークを発揮!(女子)

 女子サーブルは、キャプテン本村と木村、そしてルーキーの栗本で挑んだ。14日に行われた東女体大には、45-17と圧勝し良いスタートを切る。続く早大戦は、序盤にリードを奪われるとなかなか点差を詰めることができない。しかし、6セット目で23-25で受け継いだ木村が開始直後に4連続でアタックを決め25-26と逆転。その後は取り取られるの繰り返しとなったが、29-30とすぐ背後まで迫る。円陣を組み気合を入れなおし挑んだ終盤。栗本が攻め込まれ35-31と再び点差をつけられるも、8セット目でまたも木村が力強いアタックでみるみる追い上げると40-39と逆転しアンカーの本村へ良い形でつなぐ。最終セット、42-40とリードを広げたところで攻撃が失速。次の1本が出ず、一気に追い込まれるとそこから連続得点を許し42-45と僅差で敗れた。
 15日の後半戦。日体大戦は中盤までシーソーゲームが続くも、4セット目で本村が勝ち越し、そのままの勢いで45-38と勝利を手にした。続く日大戦は、途中勝ち越す場面もあったものの、終盤は攻撃を抑えられず33-45と大差で敗れてしまった。最終戦は、メンバーが苦手意識を持っている専大。4セット目までは均衡した試合展開を繰り広げるが、5セット目で栗本が1点も奪えずに終わると、その後の本村・栗本がそれぞれ1点ずつしか奪えず、29-40と大幅にリードされた状態で最終セットへと渡る。アンカーはもちろん本村。「追いつけるかなと思った」と話すように、ここで連続でポイントを奪い怒涛の追い上げを見せる。しかし、10点前後のビハインドは大きく、39-45で試合終了となった。
 最終結果は2勝3敗と勝ち越すことはできず4位に終わった。けれど、負けた試合にも勝てるチャンスはあり、今後の団体戦に期待が持てる。そして、何よりチームワークの良さと互いを思いやる気持ちはとても強く、女子が掲げている「チーム力」を十分に見せた。さらにチームワークを築き上げていけば、勝利はもっと近くなるはずだ。

リーグ戦終幕

 6日間に渡り行われたリーグ戦も終わりを迎えた。総合結果は、男子が優勝(フルーレ3位・エペ1位・サーブル1位)、女子は5位(フルーレ4位・エペ6位・サーブル4位)となった。優勝した男子エペと男子サーブルは、6月17日に行われる王座決定戦への進出も決まり、次は学生チャンピオンの称号を懸けて関東の大学はもちろんのこと、関西の大学とも対戦する。昨年もこの2種目は出場し優勝を成し遂げているだけに、今年も優勝への期待がかかる。女子は今大会振るわなかったものの実力はあるだけに、秋での巻き返しに期待したい。
 今季の大会は始まったばかり。インカレ、そして全日本といった秋の大一番に向け、法大フェンシング部は歩みを止めずひたすら前に進んでいく。

試合後の選手のコメント(男子、10日)

大石峻司選手(営4)

ー前半戦を終えていかがでしたか
正直誰が出ても勝てるチームだと思うので、みんな補い合って戦っていて、チームとして戦えていると思います。下が頼もしいので、自分が出なくても下が支えてくれています。


ー試合を外から見ていたとき、チームの状況はどのように映りましたか
3試合目はちょっと空気にのまれて相手に合わせて試合をやっているイメージでした。

ー専大戦、ストレートでの引き離しについて
あれは点差も思ったほど離れていなかったので、自分がそこで抜いてしまうと最後の試合に響いてしまうので、そこはしっかり締めていこうと思っていました。

ーリーグ戦で警戒している大学は
やっぱり中央大学ですね。

ー翌日に向けて
もちろん優勝します。

吉田健人選手(法2)

ーリーグ戦前半終えていかがですか
すごい先輩方がいるので、安藤と自分が気楽に強気でできました。(今日は)3勝するつもりでやってたので、3勝できて良かったです。中大がライバルなので、倒して優勝したいです。


ー団体戦への出場は初めてですか
初めてです。

ー試合前の気持ちは
最初は全然緊張しなかったんですけど、ピスト立ったらガチガチになっちゃって。でも1回やったら慣れて大丈夫でした。

ーご自身の調子は
良かったと思います。

ー特に日大戦の後半良かったと思いましたが実際はどうでしたか
日大戦は安藤が3点とって流れがよくなってたので、ここで自分がだめだと水谷さんに負担がかかってしまうので、自分が流れを作ろうと思いました。

ー明日の意気込みを教えてください
今日勝ち進んでるそのままのペースで優勝したいと思います。

安藤光平選手(法1)

ー団体のデビュー戦となった今日の試合を振り返って
自分で点数取られた試合も多かったのですが、先輩方が取り返してくれました。


ー試合が始まる前の心境は
やっぱり結構緊張しました。まさか全試合出るとも思っていなかったので。そのなかでも先輩方が励ましてくれたので、とても勇気づけられました。

ー第1試合の日大戦はいかがでしたか
結果だけ見ればよかったのですが、やはり身体がちょっと固くて自分のフェンシングができた感じではなかったので満足はしてないです。

ー第3試合の日体大戦は最後かなり詰められてしまいましたが
日体大戦の1・2試合目はよかったのですが、3試合目に苦手意識のある選手とあたってしまって、それまでのいい試合運びができず少し弱気になってしまいました。それでも最後になんとか逃げ切って勝てたことは良かったと思います。

ー今日の試合で通用したプレイや見つかった課題は
緊張していたのもあったと思いますが、まだ自分の持ち味であるピストを大きく使ってよく動くフェンシングや、入りにこだわったプレイが出せませんでした。今日は長所を生かせませんでしたが、それでも勝てたことは次につながると思います。

ー入学して間もないですが、法大フェンシング部の印象は
雰囲気にはだいぶ慣れました。先輩方がたくさん声をかけてくださるのはとてもありがたいです。上下関係はもちろんしっかりありますが、そのなかでもフレンドリーって言い方は変ですけど、すごく良い関係が築けていると思います。

ー先輩方のプレイで見習うべき所は
水谷さんはメンタルがしっかりしていて、相手に連続で点を取られても取り返せるところが凄いです。大石さんとかはすごく綺麗なフェンシングをして技術も高いので、本当に見習うべき先輩ばかりです。

ー明日の残り2試合に向けて
自分はまだ1年生ですし、良い意味で先輩に頼りきって、自分は自分のプレーを思い切りして、少しでもチームの力になれたらなと思います。

試合後のコメント(男子、11日)

水谷一貴主将(法4)

ー優勝おめでとうございます
ありがとうございます。


ー今の気持ち聞かせてください
とりあえずほっとしてます。前の新井弘太先輩(現NEXUS)や荒井俊樹先輩がいなくて自分が1番上なので、どうなるかなって思って。
(けっこうひやひやしてましたか?)
正直ひやひやしてましたね。僕は外見は強がってる感じなんですけど、内心はやっぱひやひやしてました。

ー今日の初戦の早稲田戦は接戦でしたね
そうですね。あれは(自分は)出てなかったんですけど。

ーそれは中大戦のためですか
いや、来年を見越して、4年の大石と自分を抜いての新チームで、自分たちいなくなったときの練習って感じですね。

ー中大戦への切り替えはどのようにしましたか
早稲田戦をとにかく引きづらないように、終わったあとみんなでミーティングして、自分の反省とかを言って、そこで忘れようって感じで。だから、ミーティングして、「色々反省できたね。じゃあ切り替えて中央戦迎えよう。俺らもいるから!」って感じでやりました。

ーリーグ戦、キャプテンとしてどのようなプレーを心がけていましたか
団体戦って個々の能力じゃなくてチームワークだと思ってるんで、後輩に頼られる存在になりたいなと思っていつも練習してるので、先輩に頼ってくれれば後輩も自分らしいプレーができると思うので。かと言って、自分で抱え込むのではなくて上手くメンタルコントロールしながらっていう感じで心がけてましたね。

ーリーグ戦通しての成長面と課題は
成長面は、本当に自分が成長したなと思いました。前は好き勝手に思いっきりできたのは良かったんですけど、よく団体戦を理解してないなって思ってて。1つ勝ったからって言うのもあれですけど、キャプテンになって団体戦を意識するようになってから、他のメンバーのことを見れるようになったし、チームみんなを見れるようになったことが成長ですね。課題は、まだ崩れてしまうところがあるので、その崩れたときにどう持ち直すかっていうのがみんな課題だと思うし。崩れっぱなしでずっと負けちゃうパターンもあるので、崩れてそこからどう立て直すかを課題にしてやっていきたいなと思います。

ーリーグ戦で警戒してた相手は中大でしたか
いや、専大ですね。中大は前から強かったんで警戒してたんですけど、専大のチームはけっこう(メンバーが以前と)変わらず強くて伸びてきてたので、中大もですけど、専大もけっこう警戒してました。

ー王座に向けて意気込みを教えてください
変わらずこのままチームワークっていうのを強めていって、課題であるどう立て直すかを、個人でもだしみんなでも立て直す必要があると思います。王座で優勝する自身はありますし、頑張っていきたいなって思います。絶対勝てるんで。それを、いかに楽にして勝てるか、いかにチームで勝てるかっていうのを。自分はチームが一丸になることを最終目標にしてます。そこ(王座)は絶対勝てるとこなので大丈夫です!

大石峻司選手

ー優勝されましたが今の気持ちは
本当に後輩のおかげですね。

あれは正直あせりましたね。でお、あいつらならやってくれると思っていました。

ー昨年同様、中大が最後の相手でしたが意識はありましたか
それは、新チームになったときから「ヤマは中大戦」ということだったので、やっぱり意識はしてました。

ー大石選手は中大戦が特に好調に見えましたが
うーん、正直なところ、昨日よりはまだ今日のほうが(良い)っていう感じですかね。

ー先程、優勝は後輩のおかげとおっしゃってましたが、今のチームはどのようなチームですか
上だけじゃなくて下も強いので、自分たちがミスをしたときに下がフォローしてくれるので。チームとしては良い状態だと思いますね。

ー今大会全体を振り返っていあかがですか
チームとしてしっかりと戦うことができたと思います。

ー王座に向けての意気込みを
奢らずに着々と王座までやるだけですね。

吉田健人選手

ー今の率直な気持ちは
自分は足を引っ張ってしまったけど、優勝できて良かったです。


ー早大戦は接戦でしたが
来期に向けての新チームで臨みました。相手は団結していたんですけど、自分らには「勝てる」という奢りがあって、それが接戦につながってしまいました。

ー最後は昨年敗れた中大でしたが、それに対する先輩の戦いぶりはどうでしたか
自分が取られたポイントを先輩方が取り返してくれて。かっこよかったです。

ー今日も緊張はありましたか
早稲田戦は全くなかったです。でも、中大戦はガチガチで。ピストに立つと自分の動きができなかったです。思っていた以上に緊張して、個人よりもできなくて、怖いなと思いました。

ー王座に向けての意気込みを
このままの勢いで王座も取ります。頑張ります。

安藤光平選手

ー今の率直な気持ちは
先輩方に優勝させてもらったという印象です。

ー1戦目の早大戦は接戦でした
その試合は上級生は出さずに下級生中心で挑んだのですが、そのせいもあって変に気負ってしまってかなりムラのある試合をしてしまったので歯がゆかったです。

ー前回王者の中大戦前の雰囲気は
最初からチーム全体で中大戦に照準を定めていたので、フルメンバーで挑みましたし、気持ちも入っていたので雰囲気は良かったです。

ーベンチからの先輩のプレーはどのように映りましたか
やっぱり心の落ち着きが違うなと思いました。3年間培ってきた経験の力を感じました。試合中の修正力も凄いですし、自分もさらに力になれるように頑張りたいと感じました。

ー2日間のサーブルを振り返って
まずは優勝して良かったと思います。個人的にはまだまだ先輩の足を引っ張っていたところがあると思うので、秋に向けて頑張っていきたいと思います。

ーリーグ戦での良かった点や課題は
1年生なので先輩に頼って思い切りやれたところは良かったと思います。ただ、そのなかでも変に気負ってしまった試合があったので、自分はまだ1年生なので天狗にならずにもっと頑張っていきたいと思います。

ー王座決定戦に向けて
反省をしっかり修正して少しでもチームの力になれるように頑張りたいと思います。

試合後の選手のコメント(女子)

本村祐里香選手・木村毬乃選手(法2)※取材は14日

ー前半戦終えていかがですか
本村:疲れました。どうだった?
木村:去年のリーグに比べたらすごい自分らしくプレーしてましたし、先輩につなぎたいって気持ちが特に早稲田戦は大きかったんで、自分のやるべきことはしっかりやれたかなって感じです。欲を言えば(早稲田戦)勝ちたかったんですけど、すごい内容が次につながる、明日につながる試合だったと思います。チームワークも自分でいうのもなんですけど、エペやフルーレより遥かに良かったんじゃないかなと。
本村:うちもそう思うよ。楽しくできたし。
木村:すごいよかったです。


ー東女体大戦は圧勝でしたね
木村:東女体はもう勝つしかない。
本村:ここで負けたら明日はないよっていう。
木村:もう1発目からどんどん自分らしいプレーを出してって、点数気にせず早稲田につなげたかったんでそれはできたと思うんで、ただほんとに(早稲田戦は)微調整のところで…
本村:すいません。
木村:でも明日勝っていくぞっていう気持ちは強いんで、もっと先輩に楽してもらえるように渡したいなって思います。

ーチームの調子は良さそうですね
木村:もうよろしすぎますね。
本村:団体すごく良いですね。サーブルやってるとき良かったです。自分の気持ちも楽な部分があって、声出せるという部分もあるんですけど、全体的にチームで声かけあったりとかしたんでよかったと思います。

ー個人の調子はどうですか
木村:本来以上の…以上ではないですけど、試合なんで緊張とかするんですけど、1番落ち着いて何かと冷静、でも声は出てるっていう状態でいれたんで。
本村:去年よりも良かったよね、毬乃は。良かったと思う。
木村:ありがとうございます。照れるー!
本村:本当に早稲田の最後回り以外は、みんな練習以上にできてるなっていう風に二人を見て思ったんで、すごいいいなって思って。自分もそれで気持ち楽になって試合できたんで、良かったと思います。
木村:本当に信頼関係が良くて、先輩が自分らに気遣ってくれますし、うちらも尽くしたいっていうのがあって、チームとして本当に良かったと思います。一つになってた感じがしました。だから、負けたときはすごい悔しかったし、勝ったときなんてこのままいけるって感じがすごい出てましたし、明日もそれでいきたいですね。
本村:ね。勝ちに行きたいです。

ー1番警戒してる相手は
本村:専大?
木村:言うてもうみんなトントンですね。
本村:専修は全般的にやりにくいのを持ってるのであれなんですけど。
木村:でもどこも勝てない相手ではないので。今日やってみて思いました。早稲田にこんなに取れるなんて思っていなくて。去年、サーブル人が2人いたなかで、去年と同じスコアなんですよ。そのぶん、自分も去年に比べたらカバーできるなと思いましたし、自分が去年はマイナスだったんで。チャンスあるんじゃないかなって。
本村:行けます、多分。

ー翌日はどんなプレーを心がけたいですか
本村:この調子のままでミスした分みんなで取りにいって、みんなで1本ずつ(取っていく)っていうのが良いですかね。同じミスをしないことが1番の課題かなって思います。
木村:先輩と一緒で、やるならやるでせっかくだし勝ちたいですし、勝てない相手ではないなって見てて思いましたし、本当に早稲田戦が明日につながる良い試合だったなって。良い負け方したなって思いました。
本村:そうだね。頑張った。
木村:はい。でもまだあきらめず3戦あるので、自分らしくプレーしたいです。
 

本村祐里香選手※取材は15日

ー女子サーブルを終えての感想は
疲れました。・・・疲れましたね。途中途中反省点あったんですよ、でも最後思いっきりやり遂げたかなって思います。


ー最後の専大戦は最終セットに追い上げましたね
そうですね、追いつけるかなーって思ったんですけど・・・追いつけなかったです。

ー反省点というのはどのようなことですか
いらないミスで取られてたりとかあって、自分サーブルできないんですけど、そのなかで考えすぎて中途半端なことするっていうのが多かったので、そういう点がなかったら自分にも迷いがなかったしもっとアタックで取れたかなっていうのはあるんですけど。

ー相手の印象は
日体は戦ってて負ける気はしなかったですね。日大は技が上手いんで、取れるところは取れるんですけどそこでやっぱぶれてないなって思ったんで、技もそうだし試合に対する姿勢とか試合運びも上手いなって思って。専大は自分が自爆してた部分も多かったんで、勝てない相手ではないと思ったんですけど。

ーリーグ戦全体を振り返るとどうですか
いろんなことがありましたね。長かったです。いろんなことがあって、そのなかで自分の未熟だった部分も見つけましたし次につながる試合にできたかなって思います。

ー1年生も多く試合に出てましたよね
そうですね、1年生と仲は良いんですけど、試合で戦ううえでのチームワークがまだ完成してなかったなって思って、そこで他大とは違くて負けてたりするので、次はチームで勝ちます。

ーリーグ戦で見つかった課題や成長面は
いっぱいあるんですけど、チームの一体感やチームでの試合運びが欠けてたかなって思いましたし、個人的には、いらない点があったのでそこを無くしていかないと後輩に背負わせるわけにはいかないんで、自分が確実に取らないとなって思いました。成長面は、エペとかが今まで取れなかった点で取れたりとかちょっと余裕が見えてきたので、もっといろんなこと吸収して精度を上げていきたいです。
 

ルール紹介

*サーブル
サーブルは、フルーレやエペと異なり攻撃方法が「突き」のほかに「切り」(=剣身で触れる)も認められています。また、サーブルの有効面は、頭・両腕を含む腰から上の上半身です。そして、フルーレと同様に先に攻撃をしたほうが「攻撃権」を持ち、防御側は相手の剣を払うなどしてから攻撃を行わないと得点になりません。フェンシングの3種目のなかで最もスピード感があり、長いピストすべてを行き来しながら攻防しあう激しい種目です。

*団体戦について
フェンシングの団体戦は1チーム3人から4人の選手が交代しあい、1セットの持ち時間を3分として9セットまで行います。また、1番手は3分の間に5点先取した場合、そこで交代となります。2セット目以降は、セット数×5点がそのセットの得点の上限となります。45点先取で勝利が決まり、また、最終セット終了の時点で持ち時間が終了した場合は、得点の高いほうが勝利となります。最終セット終了時に同点の場合は、一本勝負の延長戦。先に突く、もしくは切った方が勝利者です。

 

フォトギャラリー

  • reague2-1ラストの中大戦、最後の45点目を取る!(水谷)
  • reague2-2安定感ある攻撃を見せた大石
  • reague2-3吉田のプレーにベンチも盛り上がる
  • reague2-41年生ながら全試合に出場した安藤
  • reague2-5常に一体感のあるチームワークを見せた(手前は本村)
  • reague2-6常に全力プレーの木村
  • reague2-7突きにいく栗本
  • reague2-8お疲れ様でした!
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み