フェンシング
 

男子エペ、2名がベスト16入りを果たす 全日本選手権1日目/フェンシング部

全日本選手権(個人戦)
日時:2012年9月7日(金)~9月9日(日)
会場:代々木第一体育館

9月7日~9日の3日間、全日本選手権(以下・全日本)の個人戦が行われた。学生から社会人までトップクラスの選手が集結し日本の頂点を目指す今大会。法大からも多くの選手が出場し、熱戦を繰り広げた。

zenniti1-1
1年生ながらベスト16入りの村越

試合結果

総合成績

 名前順位得点詳細
男子エペ 吉田玲③  11位  7-6、15-8、7-15
  村越優希①  16位  15-13、15-8、 9-15
  鈴木理来③  17位  15-11、11-13 
   吉沢有紀② 22位 15-14、14-15 
   藤倉陸① 51位   4-15
   加藤祥② 63位 9-15 
女子サーブル 木村毬乃②  21位  15-9 、10-15
   栗本ひかる① 34位  13-15 

*名前の後の数字は学年。
*得点詳細は、決勝トーナメントの1回戦、2回戦…の順。
*男子エペは、3セット15点先取。女子サーブルは、2セット15点先取。
 

男子エペ エイトの壁は越えられず 

 1日目の種目は、男子エペと女子サーブル。男子エペには、鈴木・吉田玲・吉沢・加藤・村越・藤倉の6名、女子サーブルには木村と栗本の2名が出場した。
 まずは7人のプールに分かれ総当たり戦を行い、84名の出場者から上位64名が本戦出場の資格を得る。法大は全員が予選を通過し、本戦であるトーナメントに駒を進めた。

 加藤と藤倉が初戦敗退、鈴木と吉沢が2回戦で敗れベスト32となった。吉沢は1回戦で本田(熊本クラブ)と対決。2セット目の終了時点で14‐14となり一本勝負へ。この試合で得点源となっていた、足もとへの攻撃を仕掛け見事勝ち切り2回戦に進んだ。2回戦は、上原(専大)と対戦し再び14‐14で一本勝負へと持ち込む。しかし、相手に先に突かれ惜しくも敗退。鈴木は、太田(熊本クラブ)との2回戦、途中5‐9と4点のビハインドを負ったが、終盤の巻き返しで10‐11と迫る。ここで残り時間は10秒。開始間もなく相手のアタックが決まり再び離されたが直後に鈴木の攻撃も決まり1点差に。残り時間がほんの数秒のなか、攻めるしかない鈴木は前へ走り込むも逆に相手に突かれタイムアップ。11‐13で敗れ、吉沢と同様ベスト16まであと一歩及ばなかった。
 そんななか、ベスト8をかけた3回戦に進出を決めたのは村越と吉田。村越は、プール戦こそ64名中59位と好調ではなかったものの、1回戦からは本来の動きが戻り順当に勝ち上がる。しかし、北村(日大)との3回戦は、9‐15と点差をつけられ敗退した。吉田は、1回戦で接戦を制すと、続く2回戦は15‐8と大差で勝利。そして、迎えた3回戦の相手は宇山(同大)。長身の強豪を前に、「相手への解決策が見当たらなかった」と7‐15で敗れた。結果、村越・吉田はベスト16入りを果たすも、3回戦で負けた悔しさを口にした。越えられなかったベスト8への壁。狙える位置にあったからこそ逃した悔しさは強く、関東インカレそして来年の全日本へリベンジを誓った。

女子サーブル 立ち上がりに課題を残す

 女子サーブルに出場した木村と栗本も予選を通過し決勝トーナメントへ。
 栗本の1回戦の相手は佐々木(早大)。栗本は、以前からリーグ戦等で対戦し負けることが多い佐々木に対してプレッシャーを感じていた。開始直後からミスも重なって、途中5‐10とダブルスコアに。しかし、「勝ちたいという気持ちだけで前に進んだ」と語るように、インターバルを挟んだ後は追い上げを見せ10‐12と2点差まで迫る。だが、前半のミスが響き13‐15で初戦敗退となった。木村は、1回戦を15‐9と勝ち切り2回戦へ。しかし、本来の動きが見られず自分のペースに持ち込むことができない。相手のペースを断ち切れないまま10‐15で敗れた。「(2回戦目は)集中しているはずなのにしきれてなかった」と振り返り、自分らしい試合ができなかったことに対し後悔と反省の念を口にした。また、木村も栗本も立ち上がりの悪さを指摘し、精神面の強化を今後の課題とした。いつも一緒に練習をしている二人のチームワークは抜群。全日本での課題を共に乗り越えたらチーム力はさらに増し、目標とする今後の「優勝」も遠くはないだろう。

試合後の選手のコメント

村越優希選手(文1)

ー今日の試合を振り返っていかがですか
もう少しでベスト8を狙えそうだったのでとても悔しいです。最後の試合は頭が真っ白になってしまったので、もっと考えてやれば良かったと思います。

ー大学に入って初めての全日本でしたが
実は高校3年生の去年も全日本に出場していたのですが(成績は64強)、今回は法政の選手として初めての全日本で、ちょっと力が入りすぎて、危うく予選落ちしそうなところだったのですが、何とか上がれました。

ーベスト16という結果についてはどう思いますか
悪くはない成績だと考えています。ただ、せっかくベスト8が狙えるところまで来ていたので、何とか上がりたかったですね。

ー夏の練習はどのようなことに取り組みましたか
夏合宿では、実績のあるOBの方々とファイティング(試合形式の練習)をさせてもらって、より上のレベルを知ることができました。普段は部内の人との練習がほとんどですが、合宿でそういう経験ができて、より幅の広い戦いができるようになったと考えています。

ー今回見つかった課題と収穫は
今までの攻撃方法が今回相手に見破られていたことが多かったので、新しい攻撃の形とか技を身につけていきたいと思いました。

ー秋の関東インカレに向けて一言
個人はとりあえず行けるところまで行きたいと思ってます。団体はもちろん優勝目指して頑張ります。

吉沢有紀選手(文2)

ー今日の試合を振り返っていかがですか
全体的には悪くない結果だと思いますが、あと一歩足りなかった、という感じですね。

ートーナメントに入ってから2試合続けて1本勝負が続きましたが
最初の試合では、その試合中ずっと足突き(相手の足を突く技)でシングル(相手に点を与えず自分だけ点を取ること)を取れていたので、最後もその技で行って勝てました。2試合目も悪くはなかったんですが・・・あと一歩足りなかったです。

ーベスト32という結果については
満足していないです。

ー昨年も全日本ではベスト32でしたが
去年よりは強くなったというか、相手に対して余裕を持って出来るようになったと思います。

ー見つかった課題や収穫は
もう少しエペ特有の、小手先の技を多く覚えていきたいと思います。

ー秋の関東インカレに向けて
個人ではベスト4を目指して頑張っていきたいと思います。団体はもちろん優勝します(笑)

木村毬乃選手(法2)・栗本ひかる選手(社1)

ー今日の試合を振り返っていかがでしたか
木村:予選は良くて自分の動きがしっかりできたと思って、1回戦も勝ちたい気持ちがすごく強くてギリギリ動けたかなと思ったんですけど、2回戦目はスタートも悪かったですし、考えてるはずなのに頭が真っ白で内容が無いような感じで、反省の仕様がないような試合をしてしまってすごく反省してますしもう一回やりたくなるような試合をしてしまったことがダメだったなと思います。1回で集中しきれてなかったことが敗因につながってましたし、ディフェンスをとってもそのままオフェンスを取り逃げれるとは思っていなくて、相手に完全に動かされてました。相手のペースになってましたし、自分らしくない試合をしてしまって、(ベンチに入った栗本選手が)アドバイスもしてあげられないほどの試合をしてしまったので、すごく後悔してます。

ー動けなくなってしまった原因は
木村:自分のなかでは集中してたはずだったんで、逆に余計に混乱しちゃったんですよ。集中してるはずなのに集中できてない自分がいたので、そこで自分を忘れちゃった部分があって相手に動かされたので、そこをもっと自分が動いて相手を動かせたら試合運びも変わってたと思うので、まだまだ自分をコントロールできてないですし、安定しないって言われちゃうので次からは気をつけなくちゃなって思います。

ー栗本さんはどうでしたか
栗本:予選は自分が思ってた以上にできたと思ったけど、1回戦目がいつも試合で負けている早稲田の4年生の先輩(佐々木優選手)でその時点でプレッシャーがあったんですけど、でも勝ちたい気持ちはあったので。最初はすっごい離されちゃったんですよ、でもそこから勝ちたいという気持ちだけで前に前に追いつめたんですけど、最初自分のミスで取られすぎちゃったので…。
木村:試合が前半と後半に分かれていて8点で折り返しなんですけど、8点までの試合が自分たち悪すぎたので、それを後半戦に持ってくるなら最初からやれよっていう試合をしていて。
栗本:なので今後は、15本勝負をちゃんと取れるように意識しないといけないなと思います。

ー全日本での目指していたところはどのあたりでしたか
木村:ベスト8を目標にし、ベスト16に入りたかったんですけどその1個前のベスト16がけで負けてしまって…。
栗本:また次に全日本にでたときに、出るだけじゃなくて勝てるように練習しないといけないなって思います。
木村:いつも一緒に練習しているんですけど、メンタルもお互い強くなっていかないといけないですね。メンタルを強くすることで(動きも)ブレないようになると思うので。フェンシングは(メンタルに)すごく影響されてしまうので。自分らも結果を残せられるようにしたいなと思います。

ー夏合宿ではどのようなことをされていましたか
木村:最初のころは伊藤先生がいらしてくれたので、フィジカルトレーニングを中心に2日ぐらい行って、そのあとはフェンシング中心ですね。全日本にむけて。あと、けがもあったので調整するなかで、自分らの目標としてはけがをせずに万全な形で試合を進めるという、初歩的なことですけど大事なことで、けがをしない身体を作っていかなきゃいけないなとも思いますし、反省することが多すぎて…。
栗本:試合も続いていて、先週北海道に行ってその前合宿で。
木村:毎週調整で、調整不足ではないんですけど…。
栗本:この想いをリベンジしたいです。
木村:という気持ちが強いですね。今はふがいないですけど。

ー先週の北海道で行われたサーブルチャレンジカップで木村さんは優勝されましたよね
木村:一応二十歳未満という形で、二十歳未満の世界選手権の選考会で優勝したんですけど、シニアには全然通用しないんで、シニアで通用していけるような練習をしてもっと強くなっていかなきゃなって思います。

ーこれから関カレなど始まりますが目標を教えてください
木村・栗本:優勝です!
木村:もう優勝しかないですね。
栗本:ガチで優勝を狙いたいです。
木村:ここに(本村)裕里佳先輩も加わるので。
栗本:自分はまだ1年生ですけど、リーグ戦の反省を生かして。
木村:自分も2年生として頑張って先輩に回して、全員で(点を)取れるような形で頑張りたいなと思うので、目標としては優勝ですね。

 

フォトギャラリー

  • zenniti1-11年生ながらベスト16入りの村越
  • zenniti1-2強豪を相手に立ち向かう吉田
  • zenniti1-3鈴木は最後まで相手に攻め込む
  • zenniti1-41回戦、1本勝負を見事制す(吉沢)
  • zenniti1-5思い通りの試合ができず苦闘した木村
  • zenniti1-6栗本は格上相手にもひるまず戦った
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み