フェンシング
 

3名がベスト16入りを果たす 全日本選手権最終日/フェンシング部

全日本選手権(個人戦)
日時:2012年9月7日(金)~9月9日(日)
会場:代々木第一体育館

ついに全日本選手権も最終日。ラストを飾ったのは男子サーブルと女子フルーレ。主将の水谷をはじめ、有力選手がこの日も多く出場した。前日に続くベスト8入りは果たせなかったものの、強豪相手に熱戦を繰り広げた。

zenniti3-1
ベスト16入りを果たした安藤

試合結果

総合成績

 名前結果得点詳細備考
男子サーブル  吉田健人②  10位  15‐2、15‐12、7‐15   
  安藤光平①  13位  15‐8、15‐13、9‐15   
  丹代翔②  19位  15‐13、9‐15   
  水谷一貴④  22位  15‐12、12‐15   
  斉藤采③  44位  8‐15   
女子フルーレ  大石栞菜②   12位 15‐4、15‐10、11‐15   
  久良知美帆①  32位  15‐13、10‐15   
  本村祐里佳④  43位  8‐15   
  小林未来①  74位  ―  予選敗退 

*名前の横の数字は学年。
*得点詳細は、決勝トーナメント1回戦、2回戦…の順。
*男子サーブルは2セット15点先取、女子フルーレは3セット15点先取。

男子サーブル 法大OBに力負け

 男子サーブルには、水谷・斉藤・吉田・丹代・安藤が出場し、全員予選を突破した。続く決勝トーナメントで、惜しくも初戦敗退となったのは斉藤。その相手は、今年の3月に卒業したばかりの菊池(警視庁)。菊池の攻撃の勢いをなかなか崩せない斉藤は、試合の主導権を終始握られ8‐15で敗れた。
 また、水谷と丹代も2回戦で敗れベスト32となる。丹代は1回戦、序盤から連続ポイントで6‐12とダブルスコアとするが、終盤に怒涛の攻撃を受けるとさらには自身のフライングによるレッドカードで13‐13と一気に同点とされる。それでも最後は逃げ切って初戦を突破した。続く2回戦は、相手のプレイに動かされ前半を8‐2で折り返すと後半は競った展開となったが、初めの失点が響き9‐15で敗れた。水谷の初戦は谷口(専大)。谷口とは6月に行われたアジア選手権で団体を組んだ仲である。「集中できていなかった」と内容に精彩を欠くも、水谷が競り勝った。続く2回戦の相手は、昨年度法大フェンシング部の主将を務めていた新井(NEXUS)。昨年のインカレ決勝戦が、全日本の舞台で再現されることとなった。競り合うも、水谷は新井に一歩及ばず12‐15で敗れベスト32止まりとなった。
 そんななか、ベスト16進出を決めたのは吉田と安藤。吉田は1回戦を快勝し、続く相手は斉藤が敗れたOBの菊池。序盤からの接戦に競り勝つと、3回戦に駒を進めた。エイトをかけた大一番の相手は、水谷が敗れた昨年度主将の新井(NEXUS)。「(新井)弘太先輩との差を感じた」と、前半は6-8で折り返すも、後半は一気に5連続ポイントを奪われ7-15で敗れた。一方の安藤も、初戦を快勝。しかし、2回戦は中村(日体大)を前になかなか自分のペースに持ち込むことができない。3-8で前半を終えなお苦しい展開が続くなか、ベンチについた大石をはじめ、観客席で見守っていた選手らが安藤にアドバイスとゲキを飛ばす。それを受けて一気に振り切れた安藤。終盤に怒涛の攻撃で13-12と逆転すると、そのまま逃げ切り見事勝利した。そして、3回戦の相手は高校からの先輩にあたる田中(警視庁)。序盤にポイントを連取されたが、安藤も勢いを吹き返し同点に追いつく。しかし、終盤にまたも引き離され9-15で敗れた。

女子フルーレ 大石がベスト16入り

 女子フルーレには、本村・大石・久良知・小林が出場。小林が予選で敗退となったが、残りの3名は決勝トーナメントへ進んだ。
 本村は、宮脇(慶応女子高)を前に大差をつけられ惜しくも初戦敗退となる。久良知は、九野(和歌山クラブ)との接戦を制したが、森(日体大)との2回戦は一歩及ばず10-15で敗れた。
 大石は初戦を快勝し、菊池(朝日大)との2回戦も制すとベスト8をかけいざ3回戦へ。1・2セットは均衡した試合を繰り広げるも、3セット目で徐々に引き離され11-15で惜敗。しかし、今大会ベスト4の吉澤(群馬クラブ)に迫る健闘を見せた大石。2回戦で敗れた昨年からの成長に、手応えを得た様子であった。

 今年の全日本は、小林の女子エペ8位入賞をはじめ、1・2年生の躍進が際立った。来月から始まる関カレに向けて、下級生の成長は団体戦での戦力アップともなり心強い。関カレで目指すものは各チームとも優勝のみ。男子は昨年に引き続く3冠達成、女子は春リーグからの返り咲きに期待は高まるばかりだ。

試合後の選手のコメント

水谷一貴主将(法4)

ー今日の試合を振り返って
予選ですごく調子が悪くて、弘太先輩と負けた試合はよくできたと思うんですけど、自分のなかで変に上にいる選手たちを見すぎちゃって、前の敵に対して集中できてなくて、こういう結果になっちゃったかなって思いました。

ー1回戦の谷口選手はアジア選手権で団体を組んだメンバーでしたが、やりづらさはありましたか
いや、やりづらさや苦手意識はなかったんですけど、上のNEXUSや警視庁の選手ばかりを見すぎてて目の前の試合に集中できてなかったことが課題ですよね。谷口選手も普通にやれれば勝てる相手だったので、自分の動きができなかったっていうことがすごい悔しいです。

ー新井選手とは久々の対戦でしたが手応えは
去年のインカレより点数が取れたので、少しは追いつくことができたのかなって思いました。

ー関カレに向けて
もう全日本終わったので、これから関カレ・インカレを経て全日本(団体戦)に行くので、チーム一丸となって1回1回結果を出していきたいなと思います。

ー個人としては
個人としてはあまり考えてないです。キャプテンとしてチームを考えると、団体戦を取ることがOBや監督や部長・了徳寺の学生とかサポートして下さっている方への恩返しだと思うので、自分のことよりもチームのことを考えて団体戦を取れるように頑張っていきたいと思います。

吉田健人選手(法2)

ー今日の試合を振り返って
ベスト8の壁は厚いなと感じました。

ーベスト16という結果には満足していますか
法政の先輩の新井弘太さん相手に7点しか取れなかったので、満足はしていないです。

ー今回の大会の目標は
ベスト8に入りたかったんですけど、弘太先輩との差を感じてしまって16止まりだったので悔しいです。

ー菊池さんや新井さんなどOB選手との対戦が続きましたが意識はしましたか
練習で何度も戦ったことはあったんですけど、練習と試合では内容が全然違ったのでやりづらさはありましたね。

ー今大会は個人戦でしたが、先輩などからアドバイスはありましたか
ベンチについてくれた大石先輩やキャプテンの水谷先輩からアドバイスをたくさん頂けたので良かったです。

ー今回の課題や収穫などは
課題は、下がりが弘太先輩などに比べたら下手なので、そういうところを参考にして技術を身に着けたいと思いますね。

ー関カレに向けて
優勝目指して精一杯頑張りたいと思います。

安藤光平選手(法1)

ー全日本での目標は
エイトに入ることが目標だったんですけど、相手が強くて…。悔しいです。

ーベスト16という結果はどう思いますか
今の自分にしては良くできたかなと思います。(トーナメントの)あたりも良かったのでラッキーでした。

ー先輩から何かアドバイスはありましたか
大石先輩や観客席からアドバイスがあって、すごくためになりました。(勝てたのは)あれのおかげです。

ーエイトがけはOBとの戦いでしたが
(田中瞬選手は)法政二高直属の先輩なので、できることは全部やろうと思ったんですけど、強すぎました。

ー途中で同点に追いつき、競り合う展開を見せました
あのときは自分も勢いがあったんですけど…最後はやられてしまいました。

ー関カレにつながる課題は
どの試合も全部立ち上がりが悪かったので立ち上がりから集中して、そのなかで相手を分析して戦っていきたいなと思います。

ー関カレの目標は
優勝です。

大石栞菜選手(法2)

ー今日の試合を振り返って
最後は悔しかったけど、試合のなかで自分なりに成長できたと思います。

ー昨年を上回る成績だったことについてどう思いますか
去年は優勝した菅原さんにボコボコにされたんですけど、今回は負けてても点を取り返して追いつけたシーンが何度かあったので良かったと思います。

ー今日の試合で見つかった課題は
もっと自分が試合を動かせたらなと思いました。

ー関カレに向けて
もちろん優勝です!
 

※掲載が遅くなり申し訳ございませんでした。

 

フォトギャラリー

  • zenniti3-1ベスト16入りを果たした安藤
  • zenniti3-2悔しさを残すも奮闘した吉田
  • zenniti3-3新井との接戦を繰り広げた水谷
  • zenniti3-4ベスト32入りの丹代
  • zenniti3-5初戦敗退となった斉藤
  • zenniti3-6ベスト16入りを果たした大石
  • zenniti3-7ベスト32入りの久良知
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み