フェンシング
 

男子サーブル、個人・団体ともに制覇! 関東学生選手権3日目/フェンシング部

関東学生選手権
日時:2012年10月11日(木)、12日(金)、16日(火)~18日(木)
会場:駒沢公園屋内球技場

男子サーブル、女子エペの個人戦と団体戦が行われた大会3日目。まずは、男子サーブル個人で主将の水谷が大学初優勝を飾ると、団体戦も宿敵中大を倒し優勝。そして、女子エペ団体も3位入賞しまさに表彰台ラッシュ。法大の強さを見せた1日となった。

kanto2-1
個人・団体Vを獲得した主将水谷

試合結果

個人戦結果

種目名選手名結果
 男子サーブル 水谷一貴④  優勝 
  吉田健人②  7位 
  安藤光平①  8位 
  大石峻司④  9位 
  丹代翔②  13位 
  斉藤采③  14位 
  佐藤直輝④  19位 
  長島徳幸①  33位 
 女子エペ 本村祐里佳④  12位 
  久良知美帆①  29位 
  小林未来① 34位

団体戦結果

種目名出場選手結果
男子サーブル  水谷一貴、大石峻司、斉藤采、吉田健人、安藤光平   優勝
女子エペ  本村祐里佳、大石栞菜、久良知美帆、小林未来   3位

*名前の横の数字は学年

団体戦 フルーレに続き女子エペも表彰台へ!

男子サーブル

 春のリーグ戦、王座で優勝を飾った男子サーブル。そして、関カレでも地力を見せつけ今季3冠目を獲得した。
 初戦となった準々決勝の慶大戦、準決勝の日大戦を順当に勝ち進むと、迎えた決勝戦の相手は中大。春からの宿敵に、試合の主導権を握られてしまう。後半第6セット。中大に傾いていた流れを断ったのは、キャプテン水谷だった。「流れを自分で持ってきてやろう」(水谷)。20-26と開いていた点差を気迫こもった連続アタックであっという間に埋めて同点へ。これで一気に波に乗ると、30-29とこの試合で初めて法大が優位に立ちセットを交代。大石と吉田健も2点ずつリードをつくり40-36で最終セットへ。勢い切らすことなく着実に1点ずつ決めていく水谷。そして、45点目となる最後のアタックを突くと、雄叫びとともに両腕を天に突きだした。
 負けなしの男子サーブル、残す学生大会はインカレのみとなった。リベンジに燃える中大含め、他大学が『打倒法大』で立ち向かってくるのは確かだろう。しかし、全日本優勝を掲げる彼らにとって、その一歩手前のインカレで負けるわけにはいかない。満を持して挑むインカレ、学生界の頂に佇むのは法大だ。

女子エペ

   女子エペも表彰台へ歩みを進めた。初戦の学習院大を45-24と圧勝すると、続くはシードの東女体大。まずは大石が5-3とリードを作ると、その後も逆転を許すことなく、2~3点のリードをキープする。8セット目で本村が相手に攻撃の隙を与えず28-20と引き離してアンカー・大石へ。ひたすら攻めにかかる相手に対し大石も剣を合わせ、得点を量産。セット終盤、相手の同時突き含む連続ポイントで40-36と詰められるもタイムアップ、猛攻から逃げ切り準決勝進出を決めた。決勝をかけた相手は、春の入れ替え戦で敗れている早大。「最初が悪かった」(大石)と序盤からリードを許すと、終始5点差前後を追いかけそのまま40-45で敗れた。しかし、専大との3位決定戦はスタートから好調さが戻る。大石と本村がストレートで1・2セットを終え10-0と一気に引き離す。続く小林も、1本取られてもすぐに奪い返し連続失点は許さない。余裕のある試合運びで45-25と大勝し、3位の座を見事つかんだ。
  春のリーグ戦で2部降格の悔しさを味わった女子エペだが、先月の全日本選手権も含め次第に強さが戻っている。先日のフルーレ同様に早大に決勝への道を閉ざされたが、決して優勝を狙えない位置ではない。尻上がりの勢いそのまま、インカレでのさらなる飛躍に期待だ。

個人戦 水谷が初優勝を飾る!

 女子エペは結果振るわず、本村のベスト16が最高となった。男子サーブルは不運なことに同校対決が多かったが、そのなかでもベスト8に水谷、吉田健、安藤が名を挙げた。準々決勝、安藤は前田(中大)に力の差を見せられ敗退。そして、水谷と吉田健は同士討ちとなった。序盤の6連続ポイントで吉田の攻撃を寄せ付けない水谷。吉田も途中3点差まで追い上げるも、15-11で水谷に軍配が上がる。「水谷先輩に負けたのは悔しい」と、試合後は自身のやり切れなさに悔しさをにじませた。そして準決勝に進んだ水谷は、谷口(専大)も15-9で退け決勝の舞台に駒を進める。前田(中大)との決勝戦は、途中4連続ポイントを挟むなど相手に流れを譲ることなく15-10で勝利、大学初タイトルを獲得した。

競技・ルール説明

サーブル

 サーブルはフルーレやエペと異なり、攻撃方法が「突き」のほかに「切り」(=剣身で触れる)も認められています。サーブルの有効面は、頭・両腕を含む腰から上の上半身です。そして、フルーレと同様に先に攻撃をしたほうが「攻撃権」をもち、防御側は相手の剣を払うなどしてから攻撃を行わないと得点になりません。フェンシング3種目のなかで最もスピード感があり、長いピストすべてを行き来しながら攻防しあう激しい種目です。

エペ

 エペは「突き」のみでポイントを争います。有効面は全身です。3種目のなかで唯一「攻撃権」がなく、そのため慎重に相手の動きを見極め一瞬の隙を突かなければなりません。また、選手が同時に相手を突いた場合は「同時突き」として両者にポイントが与えられます。選手同士がにらみ合い、けん制しあったまま試合が過ぎるのもエペならではの面白さです。

団体戦

 フェンシングの団体戦は1チーム3人から4人の選手が交代し合い、1セットの持ち時間を3分として9セット行います。また、第1セットの3分間の間に5点先取した場合はそこで交代です。以降、セット数×5点がそのセットの得点の上限となります。45点先取で勝利が決まり、また、最終セットの時点で持ち時間が終了した場合は得点の高い方が勝利です。最終セット終了時に同点の場合は一本勝負の延長戦へ。先に突いた方が勝利者です。

個人戦

 エペは3分間×3セットの15点先取、サーブルは2セット15点先取です。

水谷一貴主将(法4)

―優勝おめでとうございます
ありがとうございます。

 ―今日の試合を振り返っていかがでしたか
試合やる前から、自分は団体戦に賭けていました。個人はもう、いけるとこまでいこうと。法政同士で潰しあいがあって、自分しか残らなくて残念だったんですけど…。

―個人戦は学生初タイトルでしたが
大学生ではそうですね。2位ばっかりだったので、どれも。

―一番になったお気持ちはいかがですか
結構、取れる取れるみたいな感じで言われてたので、すごいプレッシャーだったんですけど。とりあえず、ホッとしています。というよりは団体戦の方が嬉しいです!フルーレ負けちゃったんですけど、それの悔しさをバネに敵討ちできたので、本当に良かったです。

 ―団体戦決勝では水谷さんが流れを引き寄せられましたね
自分がサーブルのキャプテンだったので。どっかでやっぱ変えないと、流れって持ってこれないので。だったら自分が持ってきてやろうと。自分が流れを作らなきゃいけないなと思いました。

 ―対戦相手が個人決勝と同じ中大の前田選手でした
やりやすかったと言えば、やりやすかったです。決勝で相手の戦法が大体分かったので。自分が流れを変えなくちゃという気持ちがあったので、実際に自分が流れを変えることができて良かったです。 すぐ自分怒っちゃうんですよ。去年とか一昨年まではまだ未熟なところがあって。まだ未熟なんですけど。先輩に抑えられてたんです。だけど、それを自分でコントロールできるようになったので、まあ成長できたと思います。感情で力任せになって、やられちゃう場面がすごく多くて。今までは先輩に抑えられて助けてもらってたんですけど、自分が一番上になって、自分しかいなかったんで。流れも引き寄せることができて良かったですね。

―感情に左右されることも無くなったということですね
はい。まだ甘いですけどね。個人とか、最初すごい良かったのに、途中から敵にやられて、また流れを持ってこなくちゃいけないことが多くて。自分の流れを途切れさせないようにしなくちゃいけないと、今日の試合で改めて感じました。

―サーブル団体のチームについて
みんな気持ちの動きが激しいので、流れに乗ることができればすごく強いチームなんですけど。中大の決勝の最初とか、完全に相手の流れになってしまって、自分のプレーができなかったということがありました。自分たちは、本当に感情一つで動く“単純”なチームですね。本当にそうですよ!だって自分が流れを変えたらみんなすごくいい動きしたじゃないですか。けど、まあ1、2年生と下級生も頑張ってくれて、僕はすごく安心してプレーをすることができました。

―インカレへ向けて主に練習したい点など
やはり、その感情でプレーが左右されるところですかね。それを自分でコントロールできるようにならないといけないし、それを後輩にも伝えていかなきゃいけないと思います。流れが相手の方へ向いても、自分たちの力で流れを変えられる。そんなチームにしたいです。

 ―では最後にインカレへ向けて意気込みをお聞かせください
今回、関カレではフルーレが負けちゃって。サーブルが勝って敵討ちができたので良かったんですけど。やっぱり、自分たちが目指しているところはインカレや関カレじゃないので。全日本を獲ることを目標にしているので、インカレもいい形で終えられるように、気を抜かず頑張りたいです。

吉田健人選手(法2)

ー優勝おめでとうございます
ありがとうございます。

ー優勝して今の気持ちはどうですか
(決勝戦は)前半負けててひやひやしたんですけど、巻き返して喜びも倍になりました。

ー中大戦は前半押されていましたが、切り替えるために意識していたことなどは
得点取ったらベンチ向いてみんなで喜ぶことを意識して、負けててもそれを意識してました。

ー次に、個人戦についてはどうでしたか
身内に負けたので、やりきった感がなくて悔しかったです。どうせなら他大の人とやって負けたかったなと。水谷先輩に負けたのは悔しいです。

ーインカレにつながる課題などがあれば教えてください
技術面も色々あるんですけど気持ちの面で、そこで切り替えるってことをできるように。自分最初悪くて上がってくタイプなので、そこを最初からマックスの状態でインカレではいけたらなと思います。

ー最後に、インカレの目標を聞かせてください
個人ベスト4、団体優勝です!
 

大石栞菜選手(法2)

ー今日の試合を振り返って
途中の早稲田戦は最初が悪くて、巻き返すことが出来なかったんですけど、そこを修正するのと、最後の試合みたいに最初からいい感じで入ることが出来るようになっていたら、もっともっといい成績で、優勝とかも出来たんじゃないかなと思います。
 
―ご自身の出来については
全然良かったと思います。
 
―エペは春に2部に降格してしまいましたが、そこから巻き返しての3位入賞です。
いや、春は自分が出てなかったので。特には。
 
―試合後に肩の辺りをを気にしてらっしゃいましたが、大丈夫ですか
いや、痛いです(笑)肩ですね。
 
―最終セットが大石選手だったり、本村選手になったりしていましたが、何か意図は
特に意図はないんですけど、自分が最後やりたいと思ったらやる、やりたくないなあと思ったらやらないみたいな感じですね。
 
―先日のフルーレに関しては
フルーレも早稲田に準決勝で負けたので、今年はダメだったと思います。
 
―インカレに向けて一言
インカレには個人でも出るので、個人のフルーレで優勝できるようにと、団体でも早稲田とかに勝てるように頑張りたいです。

*掲載が遅くなったことお詫び申し上げます。

 

フォトギャラリー

  • kanto2-1個人・団体Vを獲得した主将水谷
  • kanto2-2全員の気持ちはひとつ(左から、吉田健・安藤・大石)
  • kanto2-3団体戦優勝の瞬間(水谷)
  • kanto2-4個人ベスト8、団体戦フル出場の吉田健
  • kanto2-5応援席へ力強いガッツポーズ!
  • kanto2-6高さある相手にもひるまず攻めていく本村
  • kanto2-7ポイントゲッターとして勝利に導く大石栞
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み