アメフト
 

春季オープン戦 法政大学vs関東学院大学

2011年度 春季オープン戦
6月5日(日)
会場:川崎球場  

 先週の試合で今季最多得点を奪い、2試合連続の完封勝利を収めたトマホークス。オフェンス、ディフェンスともに調子が上向きなのは確かである。しかし、昨秋リーグで喪失ヤード最少の関東学院大学ハリケーンズを迎えると、今までとは打って変わった追いかける試合展開となった。 

IMG 2433
QBサックを決めたLB増田

試合結果

トータル試合結果

42 0 1Q 7 27
7 2Q 7
14 3Q 7
法政大学 21 4Q 関東学大

試合は関学大のレシーブで始まる。だがここは、自陣にも入れない堅い守備で相手をパントに追い込む。ファーストシリーズで先制したい法大は、ランを中心に攻撃を展開する。だが、QB寺村がインターセプトを許すと、それが相手の先制TDにつながってしまう。今季初めてリードを許すと、フォルス・スタートなどの反則を繰り返してモメンタムが相手にある状態で1Qを終える。

 2Qに入ると相手にパスをつながれ再びTDを許し、リードを広げられる。だが、ここから法大の攻撃がつながり始める。RB池田の21ydsのロングゲインやRB鈴木のランで進めると、最後は1年生QB山口からWR下段へのパスを決めこの試合初めてのTDを奪う。すると、このあとのシリーズではギャンブルを試みるなど積極的な攻撃を見せていく。
 徐々にリズムを取り戻してきた法大であったが、3Q開始直後インターセプトからリターンTDを奪われる。だが、WR松永がキックオフリターンで敵陣30ydsまで攻め込むと、寺村からWR伊東への18ydsのパスを決めTDを奪う。オフェンスのモメンタムはディフェンスにも伝わり、CB徳永がインターセプトをする。これをランとパスでうまくつないでいき最後は松永がパスをキャッチしここで同点に追いつく。LB田中のタックルやパスカット、LB増田のQBサックが冴えわたりこれ以上の点を相手に許さない。
 4Q開始早々には松永が2つ目のTDを奪い逆転に成功する。チーム全体が良い雰囲気を醸し出していると、すぐさま田中がインターセプト。伊東がリバースプレーで20ydsのTDを決める。その後相手にTDを許すものの、鈴木のランでゲインを稼ぐと最後は池田のランでTD。これが関学大の息の根を止めるダメ押しのTDとなった。
 
 今日で春のオープン戦が終わった。ここでは、1年生の山口、DL小林を始め多くの下級生が試合経験を積んだ。これを活かし、秋にはチームに欠かせない大きな戦力となって欲しい。残る試合は19日の日本代表戦である。自分たちの力を試すためにも全力でぶつかっていって欲しい。

監督・選手コメント

青木監督

-試合を終えて
コーチのミスですね。まぁでもそれがあったにしてはそこそこじゃないかな。フルメンバーではなかったしね。

LB 鵜沼主将

-試合を終えて
負けみたいなものですね。

-原因は
甘く見てたのかなと思います。

-春の目標だった“10個ボールを取る”というのは達成されましたが
ひとつの目安なんで、達成したことで自信にはなると思うんですけど、終わり方がちょっと…。

-春を通してDFで成長した部分は
成長したなと思える点が今日で全部なくなってしまったので…。

-ご自身に関しては
自分に関してはふがいないです。キャプテンの役割は、試合の展開に関係なく最後までフィールドに立つということだと思うので、一瞬でもフィールド外にいる時間あったのはよくないですね。(試合中にフィールド外に出たのは)一年生の時以来です。

-後輩LBについて
まだ戦うには難しいけど、成長してない訳ではないので、本人たちが自信を持ってプレーしてくれればいいと思います。

-現段階でチームに足りないものは
自分たちが実力で上回ってるときに、相手に対して自分たちの持ってる力をフルで出していく、ということです。

-さ来週には日本代表戦があります。代表には佐藤裕亮選手(10年度卒LB・鹿島ディアーズ)もいらっしゃいますが
楽しみですね。

 -春に実力が上のチームと対戦することで、法大にとってどんな刺激になるでしょうか
今の段階でどこまでできるかの目安にもなりますし、いい刺激になると思います。最後まで自分たちのプレーをしたいです。頑張ります。

WR 松永選手

 -今日の試合を振り返って
今日はリターナーで持って行きたかったです。

-どんなことを意識して試合に臨みましたか
ファーストシリーズをとるという目標で臨みました。また、ノ―ターンオーバーも意識したんですけど達成できませんでした。

-前半と後半のオフェンスの違いは
前半から奥へのパスを呼んでいたんですけど、後半になってQBが奥を狙ってくれてよかったです。

-レシーバーの中ではどんな気持ちで取り組んでいますか
自分たちが引っ張らなきゃと思っています。3年生は4年生にも2年生にも近いので、しっかりコミュニケーションをとっていきたいと思います。

-今後の課題は
ブロックと、あとはQBに下級生が多いので引っ張っていきたいと思います。

-19日の日本代表戦では宮本さんなど先輩と一緒にプレーできますが
吸収できるものを吸収したいと思います。

DL 小林選手

-今日を振り返って
今日は全然駄目でしたね。ちょっとヤバかったです。

-南山、国士舘と完封でしたが、今日の試合27失点ということで何か原因や問題点などはあったのでしょうか
国士舘で完封して少し調子に乗ってしまった部分もありましたし、いけると思ってやられてしまったところもありました。

-鵜沼主将は取材の際、よく失点0を口にされていますが、小林選手はどのように試合に取り組んでいますか
もちろん0点で抑えることを常に考えてます。

-失点0はチーム全体で話されているのでしょうか
DF全体を通して話しています。

-春を通しての印象
点差とかでは勝っているんですが、細かいところ見ると負けているところもあって、圧倒はできてないんで、秋に向けて細かいところをもっとやっていきたいと思います。

-大学の試合には慣れてきてはいますか
ちょっとずつですけど…

-調子として春はいかがですか
あんまりまだ大学のこの感じには、もともとDLではなかったというのもあって、慣れきれていないですね。 

-課題は見つかりましたか
ヒットが高いと言われて、体が浮いてしまうので、しっかり低くいくことです

-青木監督は小林選手を期待の一年生に挙げていましたが
期待に答えられるように頑張りたいです。

-プレッシャーなどはありますか
ありますね。

-秋に向けて何か目標などはありますか
今、DLとして1年生は多く出ているんですけど、春はDLやられているので、秋は頑張って、DL変わったなと思われるようにやっていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • IMG 2433QBサックを決めたLB増田
  • IMG 1332試合前に気合を入れる
  • IMG 1372試合後悔しさをにじませた主将・鵜沼
  • IMG 1748WR下段のTDで反撃開始!
  • IMG 1840CB安倍は相手のパスを阻止!!
  • IMG 18931年生QB山口
  • IMG 1644R&WRとして大活躍の松永
  • IMG 2670安定したキャッチを見せたWR伊藤
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み