アメフト
 

【アメフト】4年生特集 『覚悟』を胸に戦い続けた最後の一年 ~OF編~

2013年度 あずまボウル 11月24日(日) 会場:横浜スタジアム

3年連続日大との対戦になったあずまボウル。昨年は法大トマホークスが1点差の激戦を制し、甲子園ボウル出場までのぼりつめたが、悔しくも関西学院大学に敗れた。今年こそ日本一へ。それを果たすべく日大戦に挑むも1TDの差で惜しくも敗れてしまい、夢への道は閉ざされた。この試合が最終戦となってしまった4年生たち。試合後、1年間チームをけん引してきた彼らに取材をした。選手たちのトマホークスに対する熱い想いとは…

副将兼OLリーダー王野

4年生のコメント

OL 王野志宏副主将

―率直に今のお気持ちは 正直、やってきたことはなんだったのかなという気持ちもあります。でも自分たちがやってきたことがまだまだ足りなかったのかな、という気持ちです。
―試合前のチームの雰囲気は 試合に対して油断はしていなかったです。ただ先を見すぎていて足元をすくわれてしまったかなと、もっと試合に対してできる事があったかなと思います。先を見すぎてしまいました。
―日大の印象は 例年通り強さがあって、一体感があるなと感じました。
―今年のチームはどのようなチームでしたか 本当にキャプテンが素晴らしかったので、みんなキャプテンについていこうとしていました。自分はバイスキャプテン(副将)だったのですが、キャプテンに甘えすぎてしまったかなと思います。まだまだキャプテンのようにできていたらなと、終わってみて思います。
―今季どのような「覚悟」で臨んでいましたか 個人としては、OFをOLのユニットで勝てるようにしたいと強い気持ちをもってやっていました。去年甲子園で違うポジションに助けてもらったので、今年こそOLを育てて甲子園で勝つと思って過ごしていました。
―期待するOLの選手は 全員なのですが、あえていうなら一本目以外のみんなです。一本目以外のみんながどれだけ這い上がってくるかで層の厚さが変わると思うので、もちろん一本目にも、一本目以外のみんなにも期待しています。
―4年間の振り返り フットボールの面でも、気持ちの面でも、人として成長できた4年間だったなと思います。1年目の自分と今の自分ではもう本当に違う人間てくらい変わったので、ほんとに成長の場だったと感じます。
―王野選手にとって、トマホークスとは 本当に文句も言われますが、家族のような存在です。一緒に過ごす時間が本当に長くて、何でも言い合える、そういう存在です。
応援してくれた方、支えてくださった方に一言 申し訳ないです。本当に勝って恩返しがしたかったです。甲子園という舞台で皆さんに感謝がしたかったです。
―後輩に向けて 今の気持ちを忘れないで、忘れそうになったら何度もビデオ見返して思い出して、この瞬間に思っている気持ちを1年間継続できれば、来年こそ絶対日本一になれると思います。なので、今の気持ちを忘れずに前を向いて進んで行ってほしいです。  

TE 渡邊拓也副主将

―試合の振り返り みんな焦っているのがありました。ロングゲインばかり頭に入りすぎていて、いつもの自分たちのスタイルを忘れてしまっていました。気持ち的に焦りがありました。
―試合前のチームの雰囲気は 緊張は特にせず、みんな笑顔でいつも通り臨みました。
―日大の印象は やっぱり強いです。さすがという感じでした。
―今季のチームは 田中(主将)におんぶにだっこという感じで、自分もバイスキャプテンとして田中をもっとサポートして、チームを引っ張りたかったというのが、心残りです。
―4年間の振り返り 4年間はそうですね、1年生の時はDFにいたんですが、2年生からOFに入らせてもらって、自分は正直怪我が多くて、この試合も3日前の復帰で、それでも自分のことを信頼してくれて、一本目で試合に出させてくれたりしたので、本当に嬉しかったです。
―後輩に向けて 濯(♯4近藤)、佐々(♯18)、剛(♯14山口)、鈴木(♯12)にはQBとしてしっかりOFを引っ張っていってほしいです。
―応援してくれた方、支えてくれた方に一言 親にはほんとに感謝していて、4年間自分のわがままを聞いてくれて、勝利という形で恩返ししたかったですが、それができなかったのが心残りです。
―田中主将に一言 本当に申し訳ないなと思っています。試合中もOFが沈んでいる空気の中あいつが話しかけてくれて嬉しかったし、尊敬してるっていうのもそうなのですが、大好きです。
―渡邊選手にとってトマホークスとは もう本当に家族ですね。
―トマホークスで誇ることは 仲間です。  

WR 吉水健人

―今日の試合を振り返って 自分が本当不甲斐ないだけで、4年生としてチームも引っ張れていないし、OFも引っ張ることができなかったので悔いに残ることが多いです。
―試合前のチームの雰囲気はどうでしたか みんなひとつのベクトルに向かってどんどん進んでいく感じだったので、試合前のチームの雰囲気は自分的には最高だと思いました。
―緊張している選手はいらっしゃいましたか いましたね。キャプテンは多分一番緊張していました。
―どのような意気込みであずまボウルに臨みましたか とにかくミスや失敗を恐れないでいこうっていう覚悟で臨みました。
―実際に戦ってみて日大の印象は 相手が相手なので強いっていう印象も受けたんですけど、今日は自分たちのミスで負けた、自爆で負けたっていうのが大きかったと思います。

―イエローが多かった印象でした そうですね。そういった自分たちのミスから、相手のペースになってしまって負けたのかなと思います。
―今年の4年生はどのような代でしたか 自分たちの代は結構仲良くて、みんな個性的な人が多くて、良い具合にまとまっていた印象はあります。
―個人的にこの一年間を振り返ってみて、どのような年でしたか 個人的にケガが多かったですね。自分は結構ケガがちで、春はずっとケガしていて試合に一試合も出れなくて、今季も中盤にちょっとケガがちになってしまって、今日の日大戦も後半正直ベストパフォーマンスできなかったです。それが印象的というか振り返ってそう思います。
―今年最上級生でしたが1~3年生の時と違いはありましたか 4年生は最後の年でもあるので、意気込みというか気持ちっていうのが違いました。ひとつひとつを大切にしていこうっていう気持ちでいました。
―自分的にどのようにして後輩たちを引っ張っていきましたか 正直自分はそんなに上手いプレーヤーではないので、プレーで見せるっていうよりも声を掛けてみんな切磋琢磨していこうという感じです。
―今年のスローガンは「覚悟」でした。吉水選手の「覚悟」とは 4年生として誇りを出していかないとって思っていて、そのためにいろいろな「覚悟」があって毎回テーマを決めています。毎日練習する前に気持ちを入れ替えて覚悟してその練習に取り組んだり、今日でしたらさっきも言ったようにミスに対して恐れないという「覚悟」だったり毎回違う「覚悟」があります。最終的には自分を恐れない「覚悟」です。
代替わりになりますがどういったチームになっていってもらいたいですか 厳しい面は厳しくして、ワイワイするときはワイワイして、ちゃんとオンオフ切り替えられるような良いチームになっていってほしいなと思います。
―この4年間振り返って とにかく早いです。高校の時からアメフトをやっていたんですけど、高校の3年間よりも大学の4年間の方が実際は長いですけど、感覚的にはすごく短く感じました。
―後輩に向けて伝えたいこと 負けないように頑張ってほしいです。自分らが負けてすごく悔しい思いをして、このまま人生ずっと悔しいままになってしまうので負けないでほしいです。
―応援してくれた方々にメッセージをお願いします 申し訳ないです。サポートしてくれたのに甲子園まで連れて行ってあげられなくて。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
―吉水選手にとってトマホークスとは トマホークスは人間的にも成長できる場所なんですけど、そのなかにも厳しいこととか楽しいことがたくさんあるので、自分にとって4年間が人生の半分ぐらいに感じる場所でした。
―最後に一言お願いします 毎年見に来ます!  

WR 竹腰周平

―今日を振り返って 相当、イメージトレーニングをしてたんですけどイメージ通りできなかったです。
―4年間を振り返ってどのようなチームでしたか やっぱり一体感はどこにも負けないチームでした。とにかく楽しんでフットボールをやっていますし、仲が良いので日本一になるという目標のベクトルは一番強いと思います。
―個人的にはどうですか 最初は相当辛い面がありましたが、今振り返ると楽しかったです。ポジション変更とかもあったんですけど、うまくなると信じて続けていたらスタメンでも起用してもらえたので良かったです。
―今季はどのような「覚悟」でやってきましたか 負けた身なので今更言うのはあれですけど、日本一になる覚悟です。チームを立ち上げた当初、どこの大学よりもデカイ覚悟を決めてスタートしました。日本一どこよりも大きい覚悟です。
―応援してくれた方々に 本当に申し訳ないです。感謝の気持ちで恩返しするためにも日本一になりたかったですけど、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
―今後期待する後輩選手はいますか 自分がレシーバーだったので、恒吉(♯7)と太郎(♯86小島)には頑張って欲しいです。この1年間面倒見てきた、競争してきた仲なのでこの二人に期待しています。
―後輩に向けて一言 どこの大学よりもミーティングはしたと思うんですけど、フィジカル面で劣ってることをすごく今日感じたのでしっかり筋トレしてください。
 

RB 戸田裕将

 ―今日の試合を振り返って 後輩たちに感謝すべき試合だったかな、と。自分達の弱いところが露骨に出ちゃった試合。ディフェンスはすごく頑張っていたんですけどオフェンスが点が取れなくて、という感じです。

ー日大と試合をしてみて、どのような印象を持ちましたか やっぱり強いチームでした。

ー今年のトマホークスはどんなチームでしたか 日本で一番楽しくて、一番フットボールを楽しんだチームでした。キャプテンも最高だったです。

ー今年は一番上の学年ということで、どのような「覚悟」で試合に臨んでいましたか 「やるしかない」っていう気持ちでした。

ー4年間トマホークスでプレーして トマホークスは1年生から4年生のつながりがすごく濃くて、ファミリーみたいな存在でした。そんなすごく良いチームに入れて、幸せでした。

―戸田選手にとってトマホークスとは 人生の中でのかけがえのない存在でした。

―応援してくれた人、支えてくれた人に一言 感謝しかないです。「ありがとうございました」って。でも、勝てなくて申し訳ないです。恩返しができなかったです。そこは悔いが残ってます。

ー後輩に向けて 今年の試合の内容を踏まえて、来年こそは日本一になってもらいたいです。  

RB 笹尾郁弥

―今日を振り返って 自分たちが準備していたものは全部出し切ったので、気持ちよくできました。
ー今年の4年生の代はどのようなチームでしたか みんな優しいです。プレーとかでミスしちゃった時とか練習の時は厳しいんですけど、その後アドバイスをくれたり、優しくケアしてくれました。本当に良い4年生だったと思います。
―この1年間どのような「覚悟」を持って挑んできましたか 一番大きいのは歴代のエースRBの背番号である29を付けるという覚悟が一番大きかったです。その番号を付けるということは、自分がランプレーなどを引っ張っていかなければいけなかったので、それが一番最初の覚悟であり、最大の覚悟でした。
―4年間を振り返って 正直言って楽では全くなくて、辛いときの方が多かったですけど、勝ったときの喜びを知っているから、辛いことを乗り越えられました。これからの人生でもそういった辛いことがあっても頑張っていればいつか報われるときがくると信じていきたいです。
―笹尾選手にとってトマホークスとは みんなも言っていると思うのですが、家族ですね。辛い時も一緒なので、本当に家族です。
―後輩たちをこの1年間どのようにけん引してきましたか 自分は頼りない先輩だったと思ってるのですが、それでもみんなしっかりついてきてくれて、今年の4月と比べるとみんなすごく成長してくれています。自分たちは今日で終わりなんですけど、来年は心強い彼らがいるので全く問題なく、1年間日本一へ向けて戦ってくれると思います。
―後輩へ一言 29番を奪い合ってくれ!
―応援してくれた方や支えてくれた方へ一言 家族は家に帰ったらあたたかいご飯を出してくれて、必要な防具を買ってくれて、本当に「ありがとう」という言葉しかないです。応援してくれた方へも、「自分たちを応援してくれるために来てくれてありがとう」という言葉を伝えたいです。

RB 落合拓郎

ー今日の試合を振り返って 「準備が足りなかった」の一言に尽きると思います。自分たちの中では相当頑張ってきたつもりだったのですが、ただ単純に日大の準備の方が自分たちを上回っていたのだと思います。日大には自分たちの分まで甲子園で頑張って欲しいです。
ー試合前のチームの雰囲気は 試合前は、今年一年間「enjoy football」の気持ちを大切にしてきたので、みんな純粋にフットボールを楽しもうという気持ちを持って臨めていたと思います。ただ、今年は今日の試合までずっと勝ち続けてきていたので、自分たちのどこかでこのまま日大にも勝って甲子園に行けるだろうという油断が、今日の試合をこのような結果に引き寄せてしまったひとつの原因だと思っています。
ー今年のチームはどのようなチームでしたか 田中がみんなを引っ張って作り上げたチームだと思います。ただ、田中に周りの4年生が頼りすぎた部分があったあったのではないかと思います。田中におんぶにだっこというわけではないんですが、やはり田中の存在は大きくて、誰よりもリーダーシップを発揮していました。
ー4年間トマホークスでプレーして アメフト初心者としてトマホークスに入って、最初の1年目はそれなりの選手になれればいいと思っていました。しかし、4年になって正直今日の試合のUB(アップバック)としての出場も最後のプレーだけだったのがすごく悔しいです。ただ、その最後のプレーが、自分が高校までやっていたラグビーを活かしたプレーだったのが、4年間やってきて1番嬉しくて、それでいて感慨深いです。
ー落合選手にとってトマホークスを一言で表すと 「家族」です。仲の良さはそれ以上ですが。
ー4年間応援して頂いた親御さんに一言お願いします 家族の中でも特に親父には感謝していて、自分は小学校と中学校では野球、高校ではラグビー、大学ではアメフトをやってきました。親父に部活を始める時に必ず言われたのが、野球だったら甲子園、ラグビーだったら花園に連れて行けよと言われて、大学でアメフトを始めると決めた時にも親父には東京ドームに連れて行けよといつも言われてきました。この15年間親父はずっと自分の一番のファンだったので、大学4年目こそ親父を日本一の父親にさせてあげたかったのですが、それができなかったのが唯一の後悔です。家族には、申し訳ないという気持ちが強い分、ありがとうという気持ちも強いので、今日家に帰ったら直接家族には最初にありがとうと伝えます。
ー来年チームを引き継ぐ後輩に一言お願いします 今年あずまボウルで負けたことで、後輩たちが何か感じてしっかりと行動に移してもらいたいと思います。RBユニットとしては来年は小山(♯32)と伊藤(♯23)がいるので、何も不安はありません。ただ、来年はもっとフィジカルをつけていってもらいたいと思います。 来年からはリーグ編成も変わって、厳しい戦いが予想されますが、勝って日本一になってもらいたいです。  

OL 千葉優一

 ―今日の試合を振り返って 日大はやっぱり地力があって強かったなと思います。こっちもたくさん準備してきたことはあったのですが、試合中それができなかったときにアジャストできなかった。そのあたりで地力の差が出ましたね。

 

ー試合をしてみて、日大にはどのような印象を抱きましたか 大学1年の時からずっと当たってきて、すごくフィジカルの強いチームだということは分かっていたんですけど、それを改めて痛感した試合でした。

 

―今年のトマホークスはどのようなチームでしたか 今年のトマホークスは、今までに無いくらい本当に1年生から4年生までの仲が良いチームでした。キャプテンの喜貴(主将)が「一体感」をすごく大事にしていて、その喜貴が作った一体感のある本当にすばらしいチームだったと思います。

 

ーこの一年間は、一番上の学年として、どういった「覚悟」でプレーされていましたか 自分はレギュラーじゃなくて控えだったので、一本目で出ていたのは自分よりも年下の下級生でした。その子たちを支えるという覚悟と、レギュラーになることを諦めない覚悟を持ってこの1年間練習に取り組んできました。

 

―4年間トマホークスでプレーしてどうでしたか 楽しかったです、本当に。良いチームメイトと、良い仲間と、良い先輩、良いコーチ、良い監督に巡り会えた。本当にすばらしい、かけがえのない4年間だったと思います。

 

―千葉選手にとってトマホークスとは 学生生活の全てですね。法政二高からアメフトを始めて7年間トマホークスでやってきたので、学生時代の全て、青春の全てがトマホークスだったと思います。

 

―今まで応援してくれた人、支えてくれた人に一言 親や友達には甲子園で勝つことができなくて本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。特に親はずっと支えてくれましたし、それに応えるには勝つしかないと思っていたので、それができなくて本当に申し訳ないと思います。

 

ー後輩に向けて一言お願いします 今年1年間本当に良いチームを作ってきたと思っているので、来年もそれを引き継いで良いチームを作って勝ってほしいと思います。
 

OL 住本柾

―今日の試合を振り返って 日大は強いなというのが、一番の印象ですね。でももうちょっとできたかなという風には思いました。

ー"できなかった"部分というのは、具体にどのようなところですか まず、体のコンディションが良くなかったので、そこはしっかりと万全にして臨みたかったです。あとは、ちょっと相手に合わせてしまった部分があるので、自分達のやるべきことをちゃんとやっていれば、もうちょっと良い試合ができたかなと思います。

ー日大のプレーにはどのような印象を持ちましたか フィジカルが強いと思いました。特にラインのフィジカルが強かったです。

ー前の試合から、どういった準備をされてきましたか。また、チームはどのような雰囲気でしたか準備は日大に対してはしっかりやってきてたつもりなんですけど、去年勝っていたということで、少し「今年も勝てるんじゃないか」といった雰囲気はあったかもしれないです。

ー今年のチームはどのようなチームでしたか 本当にキャプテンがしっかり引っ張ってくれて、それにみんながついていくという感じでした。けっこう良いチームかなと思います。

ーこの一年間は、最上学年としてどういった「覚悟」でプレーされていましたか  自分は「もうここで死んでも良い」っていう覚悟をもってやってます。負けてしまったんですけどね。でも楽しかったです。
ー4年間トマホークスでプレーしてどうでしたか トマホークスは「人間形成」をまず第一に考えているので、そこはすばらしいと思います。アメフトだけじゃなくて、人間として自分が成長できたっていうのが、一番トマホークスに入って良かったと思うところです。
ー住本選手にとってトマホークスとは 難しいですね…。でもやっぱり、「人間として成長できる場」でした。

ー応援してくれた人、支えてくれた人に対して一言 本当に感謝の言葉と、申し訳ないことですね。でも、特に感謝ですね。やっぱりそこはしっかりしないといけないので。親には特に感謝しています。

ー後輩に向けて一言 今年は4年生の人数が少なかったですが、来年は(人数がいる分)もっと強くなると思うので、来年こそは甲子園に行って欲しいです。

WR 黒田泰憲

―今日の試合を振り返って 悔いが残ってしまいました。
―この1年間どのような「覚悟」を持って挑んできましたか OFリーダーをやらせてもらっていたので、彼らを日本一へ導くという覚悟を持っていました。
OFリーダーとしてどのようなチーム作りに取り組んできましたか どんなところからでも点を取れる。何をしてくるのか分からないようなOFを作るのが目標でした。
―今年の4年生の代はどのようなチームでしたか 人数はそこまで多くないのですが、すごく仲が良かったです。
―最上級生としての1年はどうでしたか 目標に届かなかったというところに関しては、本当にどこにおいても足りてなかったのかなと思います。
WRのリーダーとして後輩たちをどのようにけん引してきましたか 素直な子たちが多く、自分が声を掛ければそのとおりにやってくれていたので、とてもやりやすかったです。
―後輩たちへ一言 日本一を期待しているのでお願いします!
―黒田選手にとってトマホークスとは 本当に成長できた場所です。そして家族でもありました。一緒にいると本当に安心します。
―4年間を振り返って すごく辛い思いをたくさんしてきましたが、今振り返ると本当に楽しくて充実した4年間でした。
―応援してくれた方、支えてくれた方へ一言 本当にこういう形で終わってしまって申し訳なく思っています。今まで支えてきてもらっていたことは本当に大きな力になっていました。ありがとうございました。 

フォトギャラリー

  •     副将兼OLリーダー王野
  •     リーグ戦通じて安定のキャッチ力を見せたWR竹腰
  •    エースRBとしてチームの起爆剤となった笹尾
  •     RBリーダーとしてユニットを支えた落合
  •     副将としてチームをけん引したTE渡邊
  •     正確なスナップでQB・K・Pを援護したC住本
  •      OFリーダー兼WRリーダー黒田
  •      WRユニットの一角を占めた吉水
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み