アメフト

秋季リーグ戦 対立教大学 多彩な攻めで危なげなく勝利!

2011年度 秋季リーグ戦
9月19日(日)
会場:アミノバイタル 

 初戦を圧倒的な勝利でおさめたトマホークス。しかし、40yds越のロングゲインを与えてしまうなど守備面では課題も多く見つかった。今日の立大戦では、課題の克服とともに、さらなるスキルアップを目指す。

ikeda
RB池田は2本のTDで勝負を決定づけた

試合結果

トータル試合結果

41 14 1Q 00 8
13 2Q 00
00 3Q 00
法政大学 14 4Q 8 立教大学

 スターターQBを務めた高島のパスから始まった、法大の1stシリーズ。春から安定したコンビネーションを見せてきたWR松永と高島の息の合ったプレーで1stダウンを着実に更新していく。WR筆谷の26ydsのロングゲインで一気に前進すると、最後はWR下段がエンドゾーンでしっかりとパスを補給し先制のTD。続く、立大の攻撃はSF淺瀬のインターセプトであっさりと攻守交代。その後のシリーズでは、RB堀が格の違いを見せつけるランで敵陣を駆け抜け追加点を挙げる。第2Qも危なげなく試合を展開。下段がこの日2つ目のTDを決めれば、終盤にはRB池田がランでさらに点を加え27-0で前半を折り返す。
第2Q途中から代わったQB山口が第3Qもそのまま続投。この試合では12回試投中成功は3回と、まだまだ成功率は低いものの、山口らしい鋭いロングパスで何度も会場を沸かせた。攻めあぐねるオフェンスとは対照に、ディフェンスチームは完璧な守備で1stダウンの更新すら許さず我慢の第3Qをしのぎ切った。第4QはQB寺村を軸に攻撃を仕掛け、下級生中心のメンバーにも関わらず2TDを奪い41-0。残り35秒、法大はさらに点差をつけようと、オンサイドキックで攻撃権奪取を狙うも失敗。相手に有利な位置で攻撃権を与えてしまうと、DFのスキをつかれ失点。直後のTFPでも2ポイントコンバージョンを防ぎ切れず、残り時間わずか12秒のところで完封を逃した。
 
 前節に比べると攻撃面での爆発が見られなかったものの、攻守ともに締まった印象を受けた。オフェンスでは、青木監督が「QBがオフェンスをコーディネートできていた」と語るように、最後までQBを中心に立大ディフェンスを翻弄。ランだけをとっても、堀・池田・鈴木の3選手が1プレーごとに入れ替わり層の厚さをうかがわせた。ディフェンスも、早い段階でキャリアーを仕留め早々とパントへ追い込む安定感。最後で足元をすくわれたが、この試合を教訓に次戦こそ完封を期待したい。次節まで2週間。来たるべき決戦に備え、トマホークスは進化し続ける。

青木監督

-試合を振り返って
前半は予定通りです。QBがちゃんとオフェンスをコーディネートして、ミスもなかったのであれでいいんです。後半はメンツを落としたので崩れるところもあったけど、立教大はまぁまぁ強いのであれくらいできればいいかなと。順調です。

-次戦に向けて
あとはけが人が帰ってきますので、また層が厚くなります。頑張ります。 

LB 鵜沼主将

―試合を振り返って
完封っていう目標があったんですけど、最後に点を取られてしまったので、それが今の課題だと思いますし、自分達の心の弱さだと思います。

―最後の失点の具体的な原因は
ただたんに自分たちの気持ちが切れてしまったことですね。

―次戦に向けて
毎回そうですけど、最初から最後まで自分たちの持ってる力を出し切ること。まだまだ爪が甘かったので、そこを詰めていきたいです。 
 

SF 浅瀬選手

-今日の試合を振り返ってどうでしたか
ディフェンスは無失点というのを掲げてたんで、最後の最後に弱さが出てしまい課題が残ってしまいました。オフェンスは一回雰囲気悪くなったのでそこを立て直さなきゃいけないかなと思います。
 
-最後TDを奪われてしまいましたが、ディフェンスの具体的な課題はありますか
メンツが落ちていたというのもあるんですけど、最終的にみんな高いレベルで戦える位置にいないと関西とかに勝てないんで、みんなを同じレベルにするってところが課題だと思います。
 
-今日はインターセプトが決まりましたが調子の方はどうですか
今年から34番をつけているので自分がSFを引っ張っていかないといけない意識で、2戦目でやっとできたのでこれからもインターセプトしていきたいなと思います。
 
-夏合宿ではどこを重点的に練習しましたか
DBはタックルを中心にやったんですけど今日もあまりいいタックルがなかったので、これからの課題にして後半につなげていきたいです。
 
-最後に次の一橋大戦に向けて一言お願いします
ディフェンスは次こそ無失点で。
 

RB 鈴木選手

-今日を振り返って
疲れてしまいました。

-今日のTD数はどうですか
選手が変わってからの後半、特に3Qが取れていないので、選手が変わってからの切り替えや下級生の実力がまだ足りていないですね。

-今日の試合での自分の役割はどうでしたか
パスやタッチダウンもとれたし、ブロックも決まったので、できた方だと思います。

-3Qの無得点については
RBの堀さんが抜けたり、OLが下級生に変わったり交代したメンツの実力を出せなかった部分がある。次の試合では集中してやっていきたい。

-今日の試合で見つかった課題は
今日の一番の課題は3Qで取れていないことなので下級生に変わったとしてもしっかりTDが取り続けられるようにしたい。

-次戦に向けて一言
堀さんが変わってしまってからTDが取れなかったので、RB、誰が出てもTDが取れるようにしていきます。

フォトギャラリー

  • ikedaRB池田は2本のTDで勝負を決定づけた
  • horiこの日も随所で良い走りを見せたRB堀
  • asaseSF浅瀬のインターセプトで流れを引き寄せる
  • simodan先制のTDを奪ったWR下段
  • takashima前半OF陣の起点となったQB高島
  • suzukii堀、池田に負けじとTDで勝利へ貢献したRB鈴木
  • tokunagaDB徳永とLB増田で立大OF陣を追い込む
  • syubi完封こそ逃したものの相手を寄せ付けなかったDF陣
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み