アメフト
 

【アメフト】秋季リーグ戦VS東京大 法大DF陣の好プレー続く、開幕4連勝!!

2013年度秋季リーグ戦 第4節 2013年10月6日(日) 会場 江東区夢の島競技場

秋季リーグ戦の中盤を迎え、第4節の相手は東京大学ウォリアーズだ。頭脳プレーの相手に法大トマホークスはどんな試合展開を繰り広げるのか…

法大DF陣の要、LB田中主将

試合結果

トータル試合結果

57 21 1Q 00 0
15 2Q 00
7 3Q 00
法政大学 14 4Q 00 東京大学

戦評

 試合は東大のキックオフで始まる。法大は着実に1stdownを獲得し、いきなり最初のドライブでRB田邉が23ydsのランTDを決める。このOF陣の奮起に負けじとDF陣も堅い守りで東大をすぐに4thdownに追い込む。相手のパントをWR恒吉がキャッチし55ydsのパントリターンTDを魅せる。直後、東大のパスをLB早坂がインターセプト。早々から法大はモメンタムをつかむ。  2Q、わずか開始33秒でQB#12鈴木からWR小島へのパスを成功させTD。続く攻撃では、パーソナルファールを取られてしまう場面も見られたが、ランとパスを上手く使い分け1stdownを更新していく。エンドゾーンまで残り14ydsまで迫ると、RB小山がこれを走り抜けTD。相手との点差をどんどん広げ、36点リードで前半を折り返す。  3Q、エースQB近藤が相手DF陣のプレッシャーをかいくぐり、小島へのパスをヒットさせTDに繋げる。この後東大OF陣も調子を取り戻す。次々にパスを成功させ、遂に法大はエンドゾーンまで18ydsの地点まで攻め込まれてしまう。だが法大DF陣は冷静だった。この後DE松田のQBサックで相手を後退させピンチを回避。続く東大のドライブでもDT舘野、DT清水が立て続けにQBサックを決め、会場を沸かせた。  4Qも法大の勢いは止まらない。QB山口の50yds以上のTDパスは法大の反則により無効になってしまう。しかし山口は直後WR六川への53ydsロングパスを再度成功させ今度こそTDに繋げた。法大DF陣も最後まで手を緩めることなく完封を達成し、結果57-0で快勝を収めた。  秋のリーグ戦は早くも前半戦を終え、折り返し地点に到達している。これからはリーグ後半戦に差し掛かり、相手校のレベルも上がってくる。今までの試合で出てきた反省点を克服し、イエローや細かいミスなどを修正して、さらに強くなったトマホークスを見せてほしい。次の立大戦に勝てばリーグ65連勝。常勝軍団の連勝記録はまだまだ終わらない。(山崎 美香)

選手のコメント

田中喜貴主将

―今日の試合について 今回の試合はこの前の試合に引き続き最後までの部分で際の部分をもう一回やり直すということでオフェンス、ディフェンス、キック共に東大という今までよりもワンランク上の相手に対して動じず、最後まで自分の役割をやり続けた結果がいい結果につながったと思います。
―後半について フィールドゴールの出来るところまで持って行かれたのが、長いパス一発だったのでディフェンスの中でパスを全部止められることはないから、どちらかと言えばここまで攻め込まれた後にしっかりそのあと止められた、押し戻せたのは一つ収穫になったかなと思います。
―東大の印象は やはり先週までのチームに比べプレーの完成度が高いと思いました。いろんなプレーをやってくるチームで、フェイクが多くて頭を使ってプレーしてくる相手にどれだけこっちも頭を使って攻められるかというのを意識させられました。

―ディフェンスの好プレーが多く出ていましたが ビックプレーをすることでチームの勢いをも らえるっていうのはそうなんだけど、インターセプトだったり、タックルでファンブルさせたりとかもっとひとつランクが上のビックプレーを起こさないと次や 大きな試合になった時に流れを持ってこれないのでそこはまた一つ課題なのかなと思いました。

―無失点について 手ごたえは、ディフェンスとしてしっかりランが止められてパスに逃げさせることが出来たというのはすごくいい流れだったのかなと思う。ここからはパスに逃げさせたときにどれだけパスを守れるかというところにこれから焦点を当てていきたいです。

―次戦に向けて 立教は今すごく注目されていてランニングバックがすごくいいチームなんで、タックルにこだわって、今日は自分たちもタックルを外されることが多かったので、タックルにこだわって一週間やります。

DL 舘野大和

―今日を振り返って 下の子達も出てきてDLで上手く止めれたんじゃないかなと思います。
―試合中、随所に良いタックルプレーがででいたと思うのですが、ご自身のなかでベストプレーはとのプレーですか 4Qでのタックルですかね
―普段副将として心がけていることはなんですか とりあえず、下の子達にも見られているので私生活でもボロは出さないようにしています。
―次戦の立教戦にむけて一言 立教もOLが結構大きいので、DLと1対1で勝てればいいなと思います。

QB 近藤濯

―今日を振り返って まだまだミスが目立ってますねOFとしてきっちりできる部分がまだあると思うので、相手に関係なく自分たちのミスをしないこと、自分たちのリズムでプレーを持っていくことを心がけなきゃなと思いました
―細かいミスとは まずイエローですね。他には1対1が勝ててないです。あとは全体として集中力がないかなと思います1本目は少しずつ仕上がってきていると思うんですが、その分2本目との差が激しいので、そこを埋めていかなきゃと思います
―今日の目標は 全体としての目標は達成されたんですが、ミスをしないことだったり、自分たちのをやるという部分はまだまだだと感じます
―OFの雰囲気は 序盤浮ついているところもあったんですが、中のハドルの雰囲気はまとまってきてるかなと思います。

ーハドルについて山口選手(#14)鈴木選手(#12)共に難しさを感じていましたが近藤選手はどうですか そうですね、自分のハドルの雰囲気は、いきいきとしていて楽しめている雰囲気を作りたいと思っています。今日久しぶりにハドルに入ってみて、試合中結構みん な集中することだったり、緊張しているなと思って、全然楽しめていないので、やわらげられるようなハドルを意識していきます
―ご自身の調子は まぁ最悪っちゃ最悪ですね調子は悪かったんですが、これから試合をしていく中では絶対調子の良い日、悪い日あると思うので、悪い日にいかに良いパフォーマンスができるのか、見つけていかなきゃいけないと思います

―次戦にむけて まだOFのミスの部分だったり、しっかり一発で持っていける部分だったり、まだまだなので、そこを調整しつつ、一戦一戦大事に勝っていきたいと思います。

RB 小山響

―今日の試合を振り返って いつも2キャリーとかばっかりですぐ替えられてしまうんですけど、今回は5回くらいできたので今日は楽しかったです。

―自身のTDについてはいかがですか 完璧でした。
―この秋、残り短いヤードからTDを決めている印象が強いです そうですね。全然ショートなので長い距離でTDしたいです。長い距離が走りたいです。
―57点という得点について 点だけが全てではないですけど、日大が前の試合で大量得点していたのでもっと獲りたかったです。強さにやっぱり比例すると思うので。

―秋のリーグ戦も折り返し地点まで来ましたが雰囲気などはどうですか チームとしては、今までは4戦目とかは上の方の1本目とかしか出れなかったけど、今季は結構下の子とか初心者の子たちにもたくさん回せているのでみんなで勝ててるなと思います。
―夏合宿でステップが持ち味とおっしゃっていましたが今季は出せてますか 全然出せていないです。つまらないです。回しの順番的に微妙というか、自分が盛り上がらないとき、シチュエーション的にあまり好きではないときに回ってくるので、機会がほとんどないです。

―RBのユニットの状態について 例年に比べれば全然ケガ人は少ないです。

―次戦に向けて 次は綺麗に2人くらい抜いてTDしたいです。

DE 松田富美雄

―試合を振り返っていかがですか チャンスを活かせたので良かったです。
―先週に引き続き無失点ですが、その点はどうですか 要所要所で選手の気持ちが出ていたので良かったと思います。
―大量点差での勝利が続いていますが、チームの雰囲気はいかがですか みんな油断しないように引き締めていこう、という雰囲気で練習しています。
―QBサックを決めましたが 良かったです。
―次戦に向けて一言お願いします しっかり準備して次戦も無失点に抑えたいです。

TE 小島太郎

―今日を振り返って ミスが多くて、決して良かったとは言えないです。目立ったっちゃ目立ったんですけど、ミスが多くて全然ダメだったと思います。自分的には。
―本日2度TD成功しましたが、それ以外の場面で納得のいくプレーができなかったということですか そうですね。他の点に関しては全然まだまだですね。それに、あれは(今日のTD)は自分じゃなくても決められたパスなので。
―持ち味のスピードをいかしたプレーはできましたか そうですね。東大は今日はDBを深めに守ってたんですけど、それでも縦で決められたっていうことは、けが明けにしては、まぁいい感じか なってところです。
―では、夏合宿の取材の際におっしゃっていた課題のブロックについては ブロックは今日も全然完璧でなくて、まだまだ課題はブロックです。
―今日の試合、先週に引き続き、完封で終えられたことについては DFが本当に頑張ってくれていて、それに比べてOFはパントとかもけがしていて、DFに助けてもらっているので、まだまだOFは頑張らないといけないですね。
―今日で4戦目ですがチーム全体の調子はどうですか おごらずに一戦一戦、日本一を目指すチームとしてやっていけてると思います。
―個人的に新たな課題は見つかりましたか 冷静になることですね。
―例えばどのような場面で パスの時とか、もっと冷静 になればいいプレーできたなとか思うことがあったので、そういった場面ですね。
―最後に次戦へ向けて一言お願いします 次は立大なので、フィジカルももっと強くなってくるので、パスはもちろんですけど、自分の課題でもあるブロックで相手を圧倒できたらと思います。

フォトギャラリー

  • 法大DF陣の要、LB田中主将
  • DL舘野ら好プレーをみせる法大DF陣
  • 2試合連続先制TDを決めるRB田邊のラン
  • TPCでTDを決めるWR竹腰
  • WR恒吉秋季リーグ2本目のパントリターンTD
  •    キックでも活躍したRB伊藤
  • QBサックを決めたDE松田
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み