アメフト
 

【アメフト】夏合宿取材 2年生

2013年法政トマホークス夏合宿 2013年8月13日(火) 長野県黒姫

法政大学トマホークスの夏合宿が長野県黒姫で行われました。スポーツ法政新聞会は8月13日、14日に取材をさせていただきました。練習の合間に選手の試合では見られない表情を見ることができました。

2年 WR 恒吉幸紀

選手のコメント

WR 恒吉幸紀

ー夏合宿の目標 まだ下級生なんですけどレシーバーの中で存在感のあるレシーバーになれるようにっていうのが目標です。プレーで引っ張れるように。 ー個人的に夏合宿の間に克服したい点は 指摘するのが苦手なので、強く言えるように、指示できるような人間になりたいですね、この合宿で。頼られるような存在に。「困ったら俺に投げろ」みたいな感じのプレーをしていきたいです。 ー自分の持ち味はなんですか ビッグプレーですかね。ロングタッチダウンとか。一発で持っていけるようなプレーです。 ー昨日の試合について もっと勢いのある走り方ができたかなって思いました。守りに入りすぎちゃったので。ー先ほど言っていた存在感のあるプレーはできましたか?そうですね、試合前に「俺持ちたいんでお願いします」的なことは言ったのでできたと思います。 ートマホークスの強さはどこにあると思いますか そんなに飛び抜けた能力を持った選手がたくさんいるわけじゃないんですけど、チームが一つになってるところが強さにつながっていると思います。 ー秋季リーグのAブロックの対戦校について 一戦一戦を大事に、気を抜かないでやっていきたいと思います。ー秋季リーグを通しての意気込みをお願いします。有名になります。

TE 小島太郎

ー夏合宿の目標 個人的には秋のシーズンで活躍できるために基礎を固めたりスキルアップをして、フィジカルやメンタルを作るっていうのが目標です。 ーこの期間中にさらに伸ばしていきたい点は 自分はスピードが持ち味で、さらに速いプレーができるように練習してます。 ーでは改善する点は ブロックですかね。春シーズンに出た課題がブロックだったので秋シーズンにそれができるようにブロックを完成させていきたいです。 ーそれらの点に対してどのような練習を行っていますか ポジション別の練習の時間にブロックの練習とかももちろんあるんですけど、アフターでもそういう練習をしています。 ー自分のアピールポイントはなんですか 高さとスピードです。 ー昨日の練習試合について 昨日は出場してないんですけど、チームとしてOFはノーミスっていうのを掲げてたんですけど、自分たちからミスが出てしまっていたので、そういう小さなミスをなくしていきたいです。 ートマホークスの強さは何だと思いますか 楽しんでいるところじゃないかなと思います。 ー秋季リーグのAブロックについて 早稲田に高校の時にも戦った選手がいるので、個人的に早稲田には絶対勝ちたいです。ー秋季リーグ全体を通して何よりも今は準備が大事なので、この夏合宿は秋に向けて準備して完成させていくだけです。

K 谷澤隼人

ー夏合宿での目標 精神的な面のレベルアップが一番の大きな柱となっています。 ー夏合宿での課題 精神的なブレがキックに影響していて、それが去年からの一番の課題なので、自分のキックには何ヤードでも決まると自信を持ってやれば大きくは外れないかなと思います。 ーではさらに伸ばしていきたい部分は? 飛距離だったり、あとは自分のキックで流れを打開できるところがあるので、自分にできるのはキック一つだけなのでそこはどんどん伸ばしていきたいと思います。 ーそれらの課題のためにどのような練習をしていますか? まず、体を作るところから始めて、下半身の強化や体幹の強化を重点的に前半で行ってから、キックを安定させることを目標にして練習しています。 ー気持ちの面の強化は練習でどのように取り組んでいますか? 常に一本の重みというのを考えています。去年の甲子園も自分のキックで負けたというのがあるので常にどんなグラウンドであろうとも甲子園や試合の雰囲気を自分の頭の中でイメージしてやっています。 ー今年の夏合宿は1年生を初めて迎えた合宿ですが、去年と意識は何か変わりましたか? くくりとしてはまだ下級生で3年生について行ってるんですけど、その中で一個下がいるのでやっぱり姿勢は変わってきたのかなって思います。自分のことだけじゃなくてチームのことも考えて行動するようになりました。 ー自分の持ち味は何だと思いますか? 自分の持ち味って聞かれて、自分の持ち味ってないのかなって思います。でも、自分が蹴るためにはブロックしてくれる人たちやいろいろな人たちが支えてくれているので、自分というよりは周りの人の力が自分の持ち味ですね。 ー昨日の練習試合はどうでしたか? キックオフをあまりやっていなくて、久しぶりに本数を蹴ったんですけど、全然納得のいくキックではなかったので、これからどんどん向上させられたらなぁって思います。シーズン中までもまだ日はあるのでそこまでにしっかり自分のリズムを取り戻していきたいです。FGも少なくて反省もなかったんですけど、まぁ気持ちの面がやっぱり成長すればいいキックができるのでそこを常に意識していきたいです。 ー谷澤さんから見たトマホークスの強さはなんでしょうか? 全員が一緒のほうを向いていることですかね。ブレがないというか。4年生が日本一という方向へしっかり導いてくれて、それに下級生や3年生がしっかりそのルートに向けて進みやすいようになっているので、みんなが同じ方向に向かっていることが強みだと思います。 ーそれは選手だけではなくて支えてくれる方も含めてということですか? そうですね。 ー秋季リーグのAブロックの対戦校についてどう思いますか? どこであろうと特に意識はしていないです。甲子園で勝つことが目標であって、すべては過程なので特に意識はしていないです。 ー秋季リーグ全体を通して、目標達成までを通して今年はどのように戦っていきたいですか? 自分の目標、ゴールは甲子園で勝つことなので、その過程で自分が成長していければいいと思います。甲子園で勝ったときに、この1年間は間違っていなかったと思えるように戦いたいと思います。

RB 田邊僚

ー夏合宿での目標はありますか 秋シーズンが近いのでとりあえず秋シーズンにつながるように、自分RBなのでRBで勝てるようなユニットになることと、自分自身秋シーズンで勝てるRBになることです。 ー課題はありますか 秋が1ヶ月弱くらいで始まるので、もうちょっと体重を増やしたいです。 ー軽いですか そうですね。RBにしては軽いので、もうちょっと自分自身走り勝てるようフィジカルをあげていきたいです。 ー夏合宿で克服したいところはありますか 当たり負けすることが多いので当たり勝ちしたいのと、直線に入ったとき追いつかれないようにしたいです。 ー強化していきたいところはありますか どんな状況でも、必ずゲインできる選手になる。 ーどのような練習をしていますか 自分以外の10人の動きを深く理解して、自分の走るコースの判断を早めることです。 ー全体の雰囲気はどうですか 試合も勝ったんで良いと思うんですけど、合宿後半になってケガ人も多いので...でもチームの雰囲気としては良いと思います。 ー他の選手に負けないことはありますか 抜けたら追いつかれないなと思います。 ー昨日の練習試合についてはどうですか 点数的にも勝てたのでチームの雰囲気もいいと思いますし、秋のリーグ戦始まる最後の試合だったので、勝てたっていうのが良かったなと思います。 ー試合には出場されましたか 昨日は全員出たので。みんなが試合を経験できたので、チームにとってプラスなったかなと思います。 ー自分から見たトマホークスの強さは 学生主体っていうのをやってて、他の大学に比べて学生が考えて自分たちが出した答えを信じてやっているので、自信と、他大に比べたら人数は少ないですけどチームを通しての一体感は、うちが勝てる理由かなと思います。 ーAブロックの他校の印象はどうですか 早稲田大学は強い思うんですけどと、早稲田大学以外も侮れないです。最初上智大学から始まるんですけど、上智大学から早稲田大学まで全部気は抜いちゃいけないと思います。一試合一試合を大切にしていきたいと思います。 ー秋どのように戦っていきたいですか チームとしても、本当初戦から全力でいくことと、相手をなめないでいれば負けないと思うので、そしたらチームは勝てると思います。個人としては、出たときに結果を出せるような走りをしていきたいです。

DB 宮川周平

ー夏合宿の目標 秋シーズンを迎えるにあたってプレイヤーとしての存在感を出していきたいです。スポーツをやっている以上、自分じゃないとできないとか代わりがいない力とかがないと面白くないと思うので、秋シーズンを目の前にしてコーチや選手にそう思ってもらえるようになりたいです。 ーこの合宿でさらに伸ばしていきたい点は? DBというポジションはインターセプトをするっていうのが一番試合の流れを変える力になって、自分のポジションは特にフリーセーフティーというボールを狙うポジションをやらせてもらっていて、過程も大事になんですが秋は数字を残せるように、ボールとれるようになりたいと思います。 去年は先輩に後ろを守ってもらって前でおもいっきりプレーさせてもらってて、あんまりよくないんですが、思い切った分タックルミスとかも多かったんですが、今年は下がる分一本のタックルミスがタッチダウンにつながってしまうので確実にタックルで仕留められるようにしないとまずいですね。 ーそれらの点に対してどのような練習をしてますか? チームでも球際の強さにこだわるためにインターセプトのランキングとかを作ったりとか、タックルのランキングを作ったりとかしてるので、やっぱりそういうところで数字を常に意識するようにはしています。あとは、個人としてもこれは春から取り組んでいることなんですけど、DBのポジションってポジション別のパート練習よりも全体の練習で感覚だったりセンスが養われるので、そういう練習を大事にしています。2年生としての目標や課題はありますか?下級生としていままで4年生、3年生に支えてもらってきて、その先輩方が切羽詰まったときにどれだけ支えられるかという部分が大事になるので、けが人が多い中でどれだけ支えられるのかっていうのがこの合宿で問われていると思います。いままでリーダーシップを取れなかった人間が合宿でずっと一緒にいることでそういう部分が結構視聴してきていると思います。 ーでは合宿では技術的な面だけでなくチーム全体の結束力を強めるうえでも大事な期間ということですか? そうですね。うちのチームはとくにそういった面を重要視していると思います。 ー自分のアピールポイントは何ですか? 自分の一番のポイントは攻めれるところですかね。守りに入らないで攻められるところが強みだと思います。 ー昨日の練習試合について 良かった点を見つけるのがすごく難しくて、昨日の試合は正直自分の中では納得がいかなかったです。一番初めにイエローをとってしまって。ヘルメットからタックルに行っちゃって、それが結構もともと癖で相手に対してハードに行こうとしてそれでイエローをとられてしまって。相手に流れを持って行ってしまったので、そういうところで自分の気持ちとかを切り換えてできないといけないなあっていうことを痛感したのが今回の収穫ですね。それに気づけたことが良かった点でもあり、反省点ですね。 ートマホークスの強さとは 最後までっていう気持ちの部分だと思います。 モットーとしている際の部分でどれだけ体が動けるか、疲れているときにどれだけ相手と差をつけられるか、そういう部分が一番つよいところだと思います。 ー秋季リーグのAブロックの対戦校について それぞれのチームに個性があると思うので、激戦といわれてないAブロックであるからこそ、個性に合わせて自分たちが伸ばせることはたくさんあると思うので、相手の個性に応じてどんどん成長していけたらいいかなと思います。 ー秋季リーグではどのように戦っていきたいですか? DF としては下級生を育てるっていうのが来年上級生になるうえでも大事になってくると思うので、どんどん育てていって前半戦とかで下級生がたくさん出れるようにしてあげたいです。

RB 廣澤達也

—夏合宿での目標は 去年のリーグ戦前に怪我して手術してしばらくアメフトをやっていなくてちょうどこの夏合宿ぐらいから復帰っていう形だったのでこの合宿でスピードを戻したりとか体重も減っていたのでウエイトしてパワーを戻したりとかしたりっていうのが目標です。 ーパワーやスピードを戻すにあたって重点を置いてやっていることは ディフェンスとの11対11などの練習の時に1対1をスピードでかわせるようにしたり、1対1を心がけたり、普段でもみんながウエイトしている時間以外でウエイトをしたりっていうのを心がけてやっています。ご飯もたくさん食べています。 ー前日の練習試合について 自分がメッセンジャーとして出たプレーでタッチダウンに持って行くことが出来たのでよかったです。 ー練習試合をしてみて今までやってきたことの手ごたえはありましたか ありました。むしろけがをする前よりよくなっている気がします。 ー秋季リーグを通しての目標 合宿に入って序列は上がってきてはいるのですが、やっぱりしばらくアメフトをやっていなかったせいで基本の部分がいろんな動きのところが他の人達より劣っているのでそこを安定させて今の序列を少しずつ上げていきたいと思っています。 ートマホークスが他のチームに負けないところ 練習中とかにお互いに声かけてポジション内の序列の争いももちろんありますが、つらい練習をみんなで乗り越えていこうっていう絆は強いんじゃないかと思います。この絆で秋季リーグも頑張ります。

 

フォトギャラリー

  •     2年 WR 恒吉幸紀
  •      2年 WR/TE 小島太郎
  •      2年 K 谷澤隼人
  •      2年 RB 田邊僚
  •     2年 DB 宮川周平
  •     2年 RB 廣澤達也
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み