アメフト

アメフト春季オープン戦 VS立教大学 総合力で奪った勝利!日本一に向けて着実に前進!

2012年度 春季オープン戦
6月3日(日)
会場:川崎球場

天気予報とは裏腹に日が射す中で行われた春季オープン戦のラストゲーム。トマホークスはここ2試合続けて70得点以上・無失点と順調な仕上がりを見せている。今日の相手も格下の立教大学。結果だけでなく内容にもこだわりたいところである。果たしてどのようなゲームになったのだろうか・・・

IMG 3281 Rspeed20120107
TDを決め喜ぶWR恒吉(左)と竹腰(右)

試合結果

トータル試合結果

67 13 1Q 0 0
9 2Q 0
28 3Q 0
法政大学 17 4Q 0 立教大学

戦評

 法大K谷澤の風に乗ったキックで始まったこの試合。法大は1stシリーズで相手を3rdダウンアウトに追い込み流れをつかむと勢いそのままにOFリーダー・RB池田のTDであっさり先制点を奪う。続く守備ではDFリーダー・LB田中にインターセプトが飛び出し攻撃権を取り戻すと、QB寺村の敵陣35ydsから放たれたパスをWR伊東がしっかりキャッチしTD。このあと2ポイントコンバージョンを試み失敗に終わるが幸先の良いスタートを切る。

 2Qに入っても法大のペースで試合が進む。このクォーターに入り初めて攻撃権を得ると相手に一度も攻撃権を与えず最後はIフォーメーションから再びRB池田がTD。K谷澤のTFPは失敗に終わるが、その後谷澤はFGを決め着実に追加点を重ねていく。

 後半からは多くの選手が出場する。その中でも代わって入ったQB近藤濯(アロウ)の動きが目に留まった。後半開始早々WR恒吉への矢のようなパスでTDを奪うと次はRB鈴木康へのパスでTD。さらに3Q終了間際にもRB田邊へのパスでTDを奪う。また、WR恒吉は78ydsのパントリターンTDも決めるなどこちらも素晴らしい動きを披露する。

 4Qになっても攻撃の手を緩めない法大は、再びRB田邊とWR恒吉のTDで追加点を奪うとK谷澤も本日2本目のFGを決め67-0と大きくリードを広げる。このまま試合終了か、そう思われたが立大も最後の意地を見せてくる。パスで着実に前進しエンドゾーンまで残り5ydsの所まで迫ってきた。しかし、ここはさすがの法大DF陣。この試合最大のピンチもCB佐藤裕が「焦らず落ち着いていこうと思っていた」と語ったようにきっちりはね返し試合終了。この試合も見事な勝ち方で春のオープン戦を締めくくった。

 初戦の関大戦に敗れはしたものの青木監督も「期待値ぐらいにはなってきた」と述べたように十分戦えるチームになってきている。グラウンドも完成したことでさらに充実したトレーニングができることだろう。秋が来るのが待ち遠しい。学生日本一という目標を達成するためにリーグ戦開幕まで全力を尽くしてもらいたい。(吉弘 翔)

監督・選手のコメント

青木監督

―今日のゲームを振り返って
今日の試合はまあまあの出来ですね。もっと点を取るつもりでしたが67点はまずまずでしょう。けが人が戻ってきたので選手の層が厚くなってきていることと下級生のランナーの層が厚かったですね。また、QBが2人とも機能したことが良かった点ですね。それから今まで練習が出来なかったのですが、グラウンドが出来てしっかりした練習が出来るようになったため動きが良くなりました。今年は、特別にすごい選手がいないので総合力で上がってきたかなと思っています。だいたい期待値ぐらいにはなってきているので秋のリーグ戦を楽しみにしていてください。

DL蔀主将

―今日のゲームを振り返って
今日は、得点もしっかり取れましたしキックもフィールドポジションでモメンタムを取るという点に関していいプレーが出来たと思うのでOF陣・DF陣・スペシャルチームそれぞれの目標は達成できたと思います。

―今日で春のオープン戦は終了しましたが振り返っていただいて
1試合目の関大戦で敗戦してしまいましたが、そのあと切り替えることが出来ました。しかし、負けた部分の甘さが抜け切れていないと思うので秋のリーグ戦までに弱くなってしまった法政の強い気持ちを取り戻していきたいと思います。

―秋のリーグ戦までに取り組むべき課題は
体が小さいことがあげられるのでウェイトトレーニングをいつもに増してやっていきます。また1人1人の意思があいまいなのでそのことに関しては私が面談をしようと思っています。

―グラウンドが完成しましたが
今までは練習場に移動するまでが大変でしたし、借りている練習場なので使用時間が限られていました。しかし、自分たちのグラウンドが完成したことで何も気にせず自由に使うことが出来るのでやっときちんとした練習が出来る環境が整ったかなと思います。

―4年生の意識は変わってきましたか
正直、抽象的な問題なので難しいですが、自分自身も含めて大きく変わったとは言えないです。ですので秋までには4年生がチームを引っ張って4年生の力で勝利に導けるようにしたいと思います。

CB佐藤裕選手

―今日を振り返って
0点に抑えられたということはとてもよかったと思います。そのなかでも色々反省が見えたのでこれから改善していこうと思います。

―DF陣の雰囲気はどうですか
終始集中していて良かったと思うんですけど、細かいところでまだミスがあるので修正したいと思います。

―チーム全体の雰囲気はどうですか
今年もONEと掲げて一体感を意識して試合を進めることができてきています。

―3試合連続無失点でしたが
結果としてはいいと思うんですけどそれに安心せず、これからもやっていきたいと思います。

―後半自陣エンドゾーンまで5ydsと攻め込まれ冷や冷やする場面がありましたが
自分たちもこういう経験は結構しているので、焦らず落ち着いていこうと思いまして気迫で乗り切りました。

―今日でオープン戦はすべて終わりましたが全試合振り返っていかがですか
1試合負けてしまっているので屈辱を晴らすためにもそのくやしい思いを忘れずにやっていこうと思います。

―これから秋に向けて意気込みをお願いします
絶対に負けられない試合が続くと思うので絶対に負けません!!

QB近藤濯(アロウ)選手

―今日のゲームを振り返って
目標としていた8TDは達成したのですが、ミスが絡んでTD出来ないところがありました。自分の中ではもう少しTDを取れたと思っています。

―具体的にはどのようなミスですか
具体的にはパスのミスであったりコミュニケーションのミスであったりと細かいミスが多いです。もっと得点力のあるOFをやらなくてはと思っています。

―2年生からみる今のチーム状況は
関大戦で負けましたが、その分他校に見せつけるということで少しでも多く得点を取ろうとしていることによって団結力が出てきていると思います。

―近藤選手が出場されてさらに流れが良くなったように感じました。いかがですか
いつも自分たちがやっている練習では、自分たちのチームのDFが相手なので普段ミスをした時に言われたことをやっただけです。それで通用したということは、結果として自分たちのDF陣の方が強かったということですね。

―お名前が濯(アロウ)ですがその由来は
星の王子様の翻訳者・内藤濯さんからきていると聞いたことがあります。また、英語だと『許す』という意味の『allow』だからと聞いた気がしますがどちらにしてもはっきりとわかりません!(笑)

―QBにちなんで『矢』という意味の『arrow』ではないのですか
わからないですね。弓矢のように鋭いパスを投げられればと思います!(笑)

―少し時間が空きますが秋のリーグ戦に向けて意気込みをお願いします
日本一になることももちろんそうですが、自分はいま2番手なので先輩から1番手を奪ってOF陣を引っ張っていけるようにと考えています。

―そのために具体的に取り組もうとしていることは
プレーの理解度を高め、今日あったような細かいミスをなくしていま出ている先輩より何か1つ特化したものを作れればいいなと思っています。

WR恒吉選手

―今日の試合を振り返って
まだ自分のことをやるのが精一杯だったんですけど、先輩たちが自分のやれることをやれと励まして力になってくれました。

―パントリターンTDも決めましたが
先輩たちのブロックがあってできたので、そのブロックのおかげです。

―チームにはもう慣れましたか
先輩達がすごく優しくて、雰囲気に慣れてきました。

―持ち味を教えてください
スピードですね。

―オープン戦を終えてどうですか
大学の試合で緊張する試合ばかりだったんですけど、先輩たちの盛り上げが力になって楽しく試合できました。

―高校とは違いましたか
目標を達成するという雰囲気が高校とは違いますね。

―課題はありましたか
細かいミスをなくしていきたいです。

―目標はありますか
他の大学に名前を覚えてもらえるように頑張っていきたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 3281 Rspeed20120107TDを決め喜ぶWR恒吉(左)と竹腰(右)
  • IMG 5136 Rspeed20120107多彩な攻撃を見せたQB近藤濯
  • IMG 4831 Rspeed20120107活躍が期待されるルーキーのOL笠井
  • IMG 4878 Rspeed20120107インターセプトを決めたLB田中
  • IMG 3216 Rspeed20120107RB池田の先制TDでOF陣を活気付ける
  • IMG 5227 Rspeed20120107副将としてチームを引っ張るLB山崎誠
  • IMG 4998 Rspeed20120107小林は今季OLを務める
  • IMG 4896 Rspeed20120107さらなる進化を求められるWR松永
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み