アメフト
 

【アメフト】 秋季リーグ戦 VS神奈川大 反則多く課題みつかるが、見事完封勝利!!

2013年度秋季リーグ戦 第2節 2013年9月14日(土) 会場 江東区夢の島競技場

秋季リーグ初戦、失点を許したトマホークス。無失点を目指す彼らの次の相手は神奈川大学アトムズだ。前回の反省を活かし、攻守ともに力の差を見せつけ、完封勝利を成すことはできたのだろうか…

インターセプトを決めたLB鈴木

試合結果

トータル試合結果

66 17 1Q 0 0
29 2Q 0
7 3Q 0
法政大学 13 4Q 0 神奈川大学

戦評

試合は法大のキックで開始された。1Q開始早々、法政大はLB鈴木のインターセプトで攻撃権を得るとすぐさまQB鈴木からWR山田へのパスTDが決まり、先制点を得る。さらに次の攻撃シリーズでは、QB鈴木のパスが思うように通らず、4thdownに追い込まれるもののK谷澤が44ydsのFGを決め追加点。その後もWR恒吉のパントリターンTDや1Q終了間際にDB植山のインターセプトも飛び出し、法大のペースで試合が展開される。

2Qでも、法大の勢いは止まらない。トライフォーポイントではQB鈴木からK谷澤へのパスTDでTPCを決めるなど積極的に得点を重ね、さらに神大を引き離す。

後半3Qに入ると法大はラン攻撃を中心に敵陣に攻め込む。疲れのためか多々、イエロー(反則)により後退する場面が見られたが、それでもしっかりと1stdownを更新し、RB田邊のランTDへつなげる。

続く4Q、RB伊藤、RB戸田がTDを決める。最後、意地を見せたい神大に自陣に攻め込まれるものの法大DF陣はしっかり押さえ、試合終了間際の神大のギャンブルで放ったロングパスを1年DB藤原がインターセプトし、法大は66-0で完封勝利を収めた。
今回の試合は終始、法大が主導権を握った試合展開となった。特に、法大DF陣による1試合4回ものインターセプトはチームに良い流れを引き寄せた。このままこの波に乗って次戦の一橋大戦でも攻守ともに圧倒的な強さを見せつけて欲しい。(岩崎 真)

監督・選手のコメント

菅原監督代行

―今日の試合を振り返って 今日の目標が前回と一緒なんですけど、全員参加で若手も出場出来て良かったかなと思います。全員が参加してプレイヤーとしてコーチとしてスタッフとして手ごたえのある試合が出来たとして勝てれば最高だよねというお話で、前回も同じなんですが、実現しましたというところでは本当に内容のある試合ができたかなと思います。ただ、ご覧通り後半になるとたくさんイエローが飛んでしまって、、、後半は若手の選手がほとんどだったので。イエローがたくさん出てしまったことは真摯に受け止め、改善していきましょうという話を最後にしました。

―次戦に向けて 次戦まで2週間あるなかでしっかり準備をしていかなくてはならないと考えています。ただプレーのスタイルというのは基本的には変わらず、強度が変わってくると思います。一橋大は結構思い切ってごりごりガツガツ当たってくるチームなので、そこのところはみんなの心構えをしっかりして、それを跳ね返すくらいの力強さでやっていければなと思います。

LB 田中喜貴主将

—今日の試合を振り返って DFに関しては1本目がターンオーバー、インターセプトをして下級生に見られたのはいいのかなって思って、OFは法大の方が力のあるチームだから最初の段階でもっと点を決めなきゃいけないんだけど、最初から波に乗れなかったから、そこは最初のスタートダッシュが課題かな。キックは終始、安定して良かったと思う。チームとしては良い流れで試合を終われて、課題もたくさん出たからそこをしっかり修正していこうと思う。
—インターセプトなどのスーパープレイに関して ターンオーバーは大事なビックプレーだからいい流れをチームに引き寄せて、良かったんだけど、OFがうまく乗り切ることができなかったからそこが課題。
—後半、反則が多かったですが 最初、暑くて後半になって疲れが出てきて集中力が切れて、1プレー1プレーずつハドルでどれだけ集中を切らさずに出来るかが大事だから、もう一度ハドルの役割をチームで考えて、ノーイエロー(反則を無くす)ことを意識していきたい。
—無失点でしたが それは収穫だと思う。みんなが無失点って意識してたし、何度か自陣に攻め込まれていたけど、そこでも自分たちがしっかり声をかけあって、自分たちのやることがしっかりできていたから今回はいろんな部分に関して継続することが出来ていたと思うので、良かったかなと。
ー次戦に向けて 一橋戦は下級生もいっぱい出ると思う。下級生が今日はのびのび出来てなかったからOF、DFともに一本目がのびのびしたプレーを見せれば下級生ものってくると思うから、入りの部分でOF、DFが一体感を持って最初から攻めてく。

LB 鈴木直樹

―今日の試合を振り返って チームとしては前回できなかった相手をゼロに抑えることができて良かったんですが、なくせるイエローをだしてしまったのがもったいないなく感じます。個人的にも先週の試合より満足いく内容でできたので良かったです。

―インターセプトも決めましたが自身の調子は 前回の試合がすごく悔しくて今週1週間しっかり準備してきたので、今日にかける想いは強かったです。

―今試合目標はありましたか とりあえずDFの目標は攻めるという目標だったので、攻められるところは攻めていきました。

―DFの雰囲気は 上級生はやっぱりキャプテン(LB#57田中喜貴主将)を頼ってしまっていて、他の上級生がリーダーシップをとれていないと思うので、もっとリーダーシップをとっていきたいと思います。

―期待する下級生は SF#43石神は1年生とは思えない落ち着きがあって良いです。

―LBで期待する下級生は #42の樽澤は頑張ってもらわないと困るので(笑)もっと頑張って欲しいです。

―上級生になった3年生の雰囲気は そうですね、ポジション内でもミーティングなどもしていて、徐々には良くなっているんですが、まだまだリーダーシップをとらないといけないと思います。

―次戦に向けて 次の試合まで2週間あくので、その分しっかり準備してのぞみます。

QB 山口剛

ー今日の試合を振り返って 前回の試合と比べると意識するところはいっぱいあったんですけど、やっぱり今日の試合だけで見るとまだまだ全然で反省する点がたくさんあって、今日と明日でまた自分の反省点をしっかり見つめ直して次の試合に生かして次は良いパフォーマンスをできたらいいなと思います。

ー具体的にどのような改善点が見つかりましたか ハドルの時にうまくまとめられていないっていう反省が自分の中であって、ハドルをうまくまとめて全員が良い形でプレーを始めるとプレーが出ると思っていて、その形が多分今回はあまりできていなくてプレーが出てない時も何度かあったのでそういうのをなくしていければいいなと思います。

ー前回の試合で一年生の鈴木選手(QB#12)も同様にハドルコントロールがまだできていないとおっしゃっていましたが上級生から見ても難しいですか 簡単に見えてそういうところが一番難しくて、プレーより一番大事で、そういうところがプレーに影響してくるんじゃないかなと自分は思っています。

ー今日のスコアについて 自分はスコアに関してはあまり意識していなくて内容の方を意識していて、ただ点を取るだけだったらどのチームも多分できると思ってて、1プレー1プレーに対する全員の想いとかそういうので反省点が出ると思って…うまく言えないんですけど、コーチの方にも点はあまり意識しなくていいって言われて、そういう意味で意識しないで臨めました。

ーパスの調子はいかがですか 前回に比べたらすごく落ち着いていたとは思うんですけど、まだまだやっぱり反省するところはいっぱいあって、反省だらけですね、自分は。

ーパスとランはどちらが得意ですか どちらかというと自分はパスを練習とかでも多めにやっています。

ー良かった点は 最初の立ち上がりがテンポ良くプレーが出てて、一番最初のシリーズは自分がTD持っていこうという気持ちでいてしっかりそれを達成できて良かったかなと思います。

ー次戦に向けて 今日の試合の自分を自己分析してしっかり反省をだして、それを次の試合に向けて2週間1日1日を大事にして良いパフォーマンスできるように仕上げていけたらいいなと思います。

RB 田邊僚

ー今日の試合を振り返って 自分はRBとしてフィジカル面で弱さがあるので、そこをもっと改善していきたいです。また獲得ヤードの数値から見ても、もったいない所が多いのでもっと一対一をかわしたり、ボールセキリュティを意識していく所からやっていきたいです。

ーグラウンドが天然芝でしたが いつもは人工芝で練習しているので不安はありましたが、思ったよりも違和感なくやれたのでよかったです。

ー自分の立てていた目標に対してどの程度達成できましたか 神大戦は「ATTACK」というスローガンを掲げていたのですが、自分に置き換えて考えてみると、どこか守りに入ってしまった所があり、精神面で修正していかないと上位校と試合をした時に足下を救われてしまうと思ったので、今後はそこをもっと意識していきたいです。

ーフリッカーを今日も投げていましたが もっとボールの精度をあげて、チャンスがあればまたやりたいし、練習からWR陣と信頼関係をもっと築いていって、次こそは決めてビックプレーを演出したいです。

ーRBユニットの目標を教えてください 今年は笹尾さん(#29)をはじめ、みんなレベルが高く、RBの中の競争もあるので周りと競い合いながら、「RBでゲームを作る」ユニットにしていきたいです。

ー次戦に向けて 次の試合は2週間後なので、それまでに最大限の準備をして、キックだろうがOFだろうがDFだろうが試合を全てパーフェクトにこなすのがトマホークスなので、全力で頑張ります。

フォトギャラリー

  •      インターセプトを決めたLB鈴木
  •      パントリターンTDを決めるWR恒吉
  •     何度もタックルを決めるLB田中主将
  •      トマホークスの要SF宮川
  •      TPCを決める谷澤
  •      TDを決める俊足RB小山
  •      QB山口率いるOF陣
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み