アメフト
 

【アメフト】夏合宿取材 3年生

2013年トマホークス夏合宿 2013年8月13日(火) 長野県黒姫

法政大学トマホークスの夏合宿が長野県黒姫で行われました。スポーツ法政新聞会は8月13日、14日に取材をさせていただきました。練習の合間に選手の試合では見られない表情を見ることができました。

3年 QB 近藤濯

選手のコメント

QB 近藤濯

—合宿に来て自分の克服したいところ伸ばしていきたいところはありますか オフェンスのリーダーとして厳しくやるだけではなく、いろんな人のいろんな部分を見てオフェンスをうまくコントロールするというかうまく引き出してあげる というのを課題としていて、難しいんですけど優しくすることもしながらオフェンスをキリッとさせるというかだらだらしないような感じを、ただ厳しくやるだ けじゃなくてそういうところを優しく引き出せるようなリーダーシップを目標としています。
—個人のスキルアップというよりはチームをまとめることに重点を置いてやっているということですか 個人としてはまた目標が別にあって、去年あまりできなかった下半身だったり、自分で持って走るプレーをこの夏で結構やろうかなって思っています。
ーこの合宿でランを上達させるために、心がけていることや取り組んでいる練習などはありますか RBと混ざって練習を出来るときはやりたいと思っています。QBの事もあるのであまりまだできていませんがRBにメニューを任せてやっています。

—トマホークスの強さ、リーグが始まっていく上で強みなどはありますか 今年のメンバーはすごくいい人材がそろっていてすごくしっかりしているキャプテンもいるので、チームとしてはすごくまとまっているのですが、そこに甘んじて危機感が去年よりも少し薄れている部分があって、そこを秋シーズンの中でどれだけあげられるかがシーズンの中での成長につながると思うので、どの代でも元から強いチームはあまりないと思っていて、まあ、そういう年もあるんですけどシーズンの中で成長しないと勝てないと思うので自分たちが弱いということを 思い続けられればシーズン勝っていけるかなと思います。
—秋季リーグについて 始めの方は自分たちよりレベルの低い相手だと思うんですけど、相手に合わせず自分たちの力を出して、でも試合の中でミスが起きたりすることがあると思うのでそのミスに向き合えるか、危機感が持てるかが大事になると思います。
—意気込み 自分が目指すQB像っていうのが勝てるQBっていうのを目標にしているのですが、それは試合に出ていない部分でも試合に出ている部分でもみんなの支えになるというか精神的な部分で大きな支えになって自分がフィールドに入ってきたらフィールドの他の人が安心するというか、こいつが来たから勝てるなみたいな、みんなをほっとさせたりみんなが自信を持てるようなになりたいなと思っています。そこで安心させるだけじゃなく、自分が引っ張って勝ちたいなと思います。

DL 小林貴

—夏合宿での目標 自分の夏合宿での目標は役割なんですけど、生活面ではチームのルールを守ることで、プレー面においてそれぞれ11人、役割があってOFDFが成り立つ部分があるので役割というのを徹底していきたいなというのが目標です。

—役割とは具体的にどのようなことをしていますか 生活面ではマスク着用を徹底したり、プレー面ではランナーの動きで誰が止めるのかを役割として行っている。

—夏合宿での課題 生活面では、自分たちに足りない人間的な成長、ルールを守るなど人としてもう一段階成長すること。プレー面では試合で出来きれてなかった役割が目標であり、課題です。

—課題を克服するために夏合宿ではどのような練習をしていますか 自分は目立ちたがり屋なんで、自分が止めたい止めたい意思が強いんですけど、チームはそういったものじゃないんで、春は自分から止めにいっちゃってしまった場面が多くてそれで役割の部分が崩れちゃって出されるということがあったので、そこを堪えて、我慢が必要だと思った。ただ自分が止めにいくのではなく仲間に止めさせる工夫を自分がする、仲間のために自分がここを埋めて、次につなげるという意識で練習をしています。

—自分のアピールポイント(強み)は 自分の中でプレー中に波があるんですけど、そこの波が上がったときに出るビックプレーを起こせるという強みがあると自分では思っています。

—昨日の練習試合はいかがでしたか 自分のなかで格下の相手だったんですけどおごることなく自分の役割を徹底して、意識して試合をしていたんですけど、まだできたかなと頭のなかにあっちゃって、役割という目標を掲げたにしてはまだできたかなと思ってます。

—秋季リーグ戦について 今年の4年生本当にいい人たちで大好きなんで自分の力を発揮できるように一つ一つ自分の役割を徹底していきたいです。

—どのように戦っていきたいですか 自分は元気が売りなんで辛いときにチームを支えられるようにそういった面でサポートできればいいなと思っています。

Aブロックの対戦校について 強豪校がBブロックに偏っていると言われているんですけど、一個一個準備を怠らず万全の準備で挑んでいきたいと思っています。

DE 上田賢吾

—夏合宿での目標 ポジションを転向してDTというポジションからDEというポジションに転向したので、そのポジションでの確立。去年、DTでプレイして自分というのを出せたので、今年もDEで自分というものを出せるようにしたい。 —夏合宿での課題 DLのポジションの中でも位置が変わってくるだけで細かい部分ですけど色々変わってきてしまうので、変わってしまう部分を去年と同じ場所まで上げられるか。 —練習内容は変わってくるものなのでしょうか 1年生の時はDE2年の時にDTになって、今年DEに戻った感じなので、やることは分かっているのでDTでやってきたことを生かして応用してDEでも活用できるかってことですね —自分のアピールポイント 忠実なプレイができるということ。与えられた役割をこなすことができる。 —昨日の練習試合は DEでの秋前初めての練習試合だったんですけど、課題がかなり見つかったので残りの合宿後半で修正していきたいと思います。 —その課題とは 一歩目の早さとか、リアクションの早さ。基本的にはスタートに関わる明確な課題です。 —秋季リーグ戦に向けて 1戦1戦油断はできないと思う。 —試合での個人の目標は 1試合で試合の流れを変えるモメンタムプレー(QBサックなど)を2回はしたいと思います。

RB 小山響

ー夏合宿での目標はありますか フィジカルアップです。あと、RBのユニットを引っ張れる存在になることです。 —課題はありますか 体重です。増えもしないし減りもしないし安定しまくっているので。 —夏合宿で強化していきたいところはありますか 一対一をかわせる能力です。美しく、きれいに。 —どのような練習をしていますか 強豪相手を意識しています。 —全体の雰囲気はどうですか ケガ人とか熱中症が多いから、それをシーズンでやっていたらダメだから改善していかないといけないなあと思います。 —RBの雰囲気はどうですか RBの雰囲気は良いと思います。ずっと仲良いからなあ。 —自分のアピールポイントはありますか ステップです。 —昨日の練習試合についてどうですか PC制度(=バディ制度)ってあるんですけど、その自分のPCの子(1年・今井)が良い活躍してくれて嬉しかったです。 —自分から見たトマホークスの強さとは 二高が基本はほとんどじゃないですか。でも二高って全国一位とかなくって、それでも勝てるってことはやっぱり指導がいいのかなと結構自覚してますね。人は変わっていないわけだから。トマホークスの指導方針が日本一狙えるところまでなっているのかなって思います。 —Aブロックの対戦校についてどう思いますか あまり意識していないです。 —今年のAブロックは昨年に比べて強豪といわれる学校が少ないと思うのですが それは意識しています。 —秋どのように戦っていきたいですか 最後までフィールドに立ち続けたいです。

DL 鈴木直樹

 

—夏合宿での目標 個人としては秋につながるようにブロックやタックルなど基本的な部分の向上を目指してやってて、プレー以外では3年生全体をチーム上級生としてチームをまとめあげられるように、まず3年生をまとめていくことを目的としてやってきています。 —夏合宿での課題は 一回熱中症で抜けちゃったこともあって体力的な部分がまだ課題かなって思っていて辛い時に声が足りなくなっちゃったりするので、秋シーズンやっていくなかで辛いことが出てくると思うので、そういった面で上級生として強くいれるように。序盤はできなかったのでこれから頑張っていきたいと思っています。 —課題を克服するために 特別な練習をしているわけではないですけど、基本的な練習のなかで自分がいかに意識するかってことが大事だと思ってやっている。 —自分のアピールポイント(強み)は フィジカルの強さ。フィジカルは他の誰よりも負けてないと思っていて自分の売りだと思っているんでフィジカルを生かしたヒットだったりタックルを自分の強みだと思うんで秋はそれを全面に出して頑張っていきたい。 —昨日の練習試合は 1年生も何人か出れて何人か良い動きをしている選手もいてチームの底上げという面でよかったなと思った。個人としては格上の相手ではなかったのでまだまだ自分としてのレベルアップは必要だなと思いました。 —自分から見てトマホークスの強さはなんだと思いますか 学生主体でやっている分、学生自体の意識の強さであったり一体感は他の大学より強い部分だと思う。自分たちで考えなくてはいけないので他の大学のコーチからやらされてる感ががないので強さにつながっていると思う。 —秋季リーグ戦に向けて 自分のやれることをやっていれば、チームも勝てると思うのでやります

DB 佐野剛

—夏合宿の目標
個人的な目標は秋に向けて、フィジカルというか一対一で負けないようにすることと、あとリーダーシップをとってチームを引っ張っていきたいです。
 
—夏合宿での課題
こだわったところを詰めていきたい、というか細かいところを仕上げていきたいです。
 
—その課題を克服するためにどのような練習をしていますか
特にレシーバーとのマンツーマンとかでボール取られたらもう負けみたいな高いレベルで。
 
—自分のアピールポイントや強みはありますか
今、一対一は本当にこの秋でも通用すると思います。
 
—自分から見たトマホークスの強さとは
他のチームにはないですけど、学生主体でやってて仲間のことをよく知ってるというか、細かいところを気遣えるところです。
 
—秋季リーグ戦のAブロックの他校はどうですか
どのチームも良いチームだと思うんですけど、自分たちのやりたいことをやれば必ず日本一になれると思うので一試合一試合全力で戦っていきたいと思います。
 
—最後に意気込みをお願いします
絶対優勝します。

フォトギャラリー

  •    3年 QB 近藤濯
  •    3年 DL 小林貴
  •      3年 DE 上田賢吾
  •      3年 RB 小山響
  •    3年 LB 鈴木直樹
  •     3年 DB 佐野剛
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み