アメフト

【アメフト】春季オープン戦 対一橋大 初戦の相手に快勝!

2015 春季オープン戦
2015年4月25日(土)
法政大学武蔵小杉グラウンド

待ちに待った春季オープン戦。初戦の相手一橋大に新生トマホークスはどう戦うのか。常勝軍団として負けられない戦いが始まる...

IMG 4116
アメフトの季節がやってきた!

試合結果

トータル試合結果

56 14 1Q 00 0
14 2Q 00
14 3Q 00
法政大学 14 4Q 00 一橋大学
 

戦評 

 春季オープン戦の開幕戦は、法大のキックオフで試合開始。一橋大にダウン更新を許さず1stダウンを獲得すると、QB鈴木貴史のパスやWR 阿部康成のランを中心にゲインを獲得していく。開始4分25秒で先制し、その後も危なげない守備を見せて1Qを14-0で終える。
 
 2Qに入っても法大のペースは続き、早くも1分40秒にQB鈴木が3度目のTD。このOFの活躍に対しDF陣も好タックルを見せるなど安定したプレーを続ける。何度かファンブルする場面も見られたもののきっちりと無失点に抑え、終了間際にTE山崎瑠の開けたスペースを突いたQB馬島臨太郎がTDを加え、28-0で2Qを締めくくった。
 
IMG 4075
期待の新戦力QB#18馬島
 
 3Qに入ると、1STダウンを更新した直後いきなり罰則を受け、さらにQB馬島が足を滑らせて陣地が後退してしまうなど、良くない流れで相手に1stシリーズを与えてしまう。しかし3rdダウンでDL松田冨美雄、LB高橋悟、DL吉田郁の3人がかりでQBサックを決め、再びモメンタムを掴む。QB馬島を中心に1stダウンを更新し続け、ファンブルや罰則を受ける場面も見られたものもののDB松田知也がインターセプトを決めるなど随所で格の違いを見せつけ、56-0と無失点で勝利を収めた。
  開幕戦として悪くない内容だったが、宮川主将が「まだまだ」と語ったように本調子とはいっていない。オープン戦を通してコンディションを高め、悲願の甲子園ボウルへ向けて新たなスタートを切った。(安部雅人)

選手たちのコメント

宮川周平

―今日の試合を振り返って
 チームとして温まるのが遅かったので、初めからOFもDFもとばしていけたらもっと良かったかなと思います。
 
―各Qに2TDだったが、OFの出来は
まだまだだと思います。ほぼTDダウンに繋げられると思うんですけど、ドライブ数をもっと増やして、回しをもっと作っていかないと、より強い相手の時の得点率は落ちると思うので、そこをやっていかないといけないと思います。
 
―罰則が全体的に多かったが
 そうですね。ミスが多くなってしまったのは、一人ひとりの集中力が試合前から欠けていたというのはあったと思います。そこで、最初にも言った入りの部分の集中力を高めていればもっとやれたと思います。
 
―今日の試合の中で良かった部分は
 一年生が多く出場できて、良いプレーも各所で見られたかなと思うので、それは良かったと思います。秋には活躍してくれるかなという選手もいますね。
 
―次の試合に向けて一言
 次は今日の課題を改善して、良い試合ができればと思います。
 

馬島臨太郎

ー今の試合を振り返って
この試合はテンポを意識してやるって決めてたんですけど、最初の交代してからがテンポが遅くて、上級生の鈴木さんとかに劣ってたかなと思います。OLとレシーバーのおかげで自分がTD取れたんですけど、それはありがたかったです。
 
ーTDを決めたときの心境は
素直に嬉しかったです。
 
ー個人の目標
鈴木さんを抜かして、自分が一本目になって、四年生を甲子園に連れて行きたいです。
 
ー今日見つけた課題
早いテンポでOFのプレーを回すことです。OFの目標が毎シリーズTD取るってことだったんですけど、自分が出たときに取れなくて、それを今日達成できなかったのが悔しかったですね。
 
ー明日の試合に向けて
早いテンポでプレーを回すことを意識して、TDを取りたいです。

 

フォトギャラリー

  • IMG 3946得点の要RB#21廣澤達也
  • IMG 4027OL#75遠藤ケビン
  • IMG 4102QB#18馬島の安定したパス
  • IMG 4065RB#3鎌田は上級生としての意地を見せる
  • IMG 4135TE#46仲野嵩明
  • IMG 4162WR#19山田一輝
  • IMG 3914DFの活躍が光った
  • IMG 4038RB#23桑原進之助
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み