アメフト

【アメフト】春季オープン戦 対大東大

WR2015 春季オープン戦
2015年5月10日(日)
法政大学武蔵小杉グラウンド

ここまで全勝のトマホークスが今回ホームに迎えたのは大東大だ。格下相手に新戦力が躍動した。

IMG 0260WR#26長島大地

試合結果

トータル試合結果

70 14 1Q 6 12
28 2Q 0
14 3Q 6
法政大学 14 4Q 0 大東文化大学
 

戦評 

 開幕3連勝の中、法大と大東大の対決は大東大のキックオフで試合が始まった。
  1Q開始と同時に攻撃を繰り出す法大だが大東大の守りに対してうまく攻め込むことができず得点につなげることができない。攻撃権が移ると同時に相手の60yds以上のロングランで深く切り込まれ、先制点を取られるが、このTDが法大トマホークスの攻守陣を刺激する。チームの結束力でランやパスを駆使し着々と1st downを更新していき、5分21秒にRB桑原(営2)が19ydsのTDを決める。守備に戻ってもDB宮本(経4)が相手にQBサックを決めるなど相手は思うように動くことができず、敵陣42yds付近から再び攻撃機会を得る。その後すぐさまRB彦惣(法2)がTDを奪い、大東大との点差を広げる。
 
 2QにはRB彦惣のロングランが光を放つもQB樺山(文2)が大東大のQBサックを受け、思うように得点を加算できない。しかし攻撃権が再度やってくるとWR細谷(文3)によるロングランで敵を翻弄し、軽快なフットワークでTDをあげる。これを機に法大OFのギアが加速する。その後も7分22秒、9分31秒にQB樺山の2連続TD、そして2Q終了間際にWR細谷がTDと攻撃権が与えられると共に着実に得点を重ね、大東大を引き離し42-6で前半戦を終える。
 
 3Qになっても法大の勢いは止まらない。守りから始まったQだったがDB平野健斗(経3)が相手の鋭いパスをインターセプトし攻撃権を奪い取り、WR尾崎聖弥(営3)が相手DFの隙間を素早く走り抜きTD。その後も14ydsのロングパス、10ydsと13ydsのランとリズミカルに敵陣へ攻め込んでRB川村(デ工1)がTDを決め、流れを確実につかんだに見えたが大東大も負けじと1st downを着々と更新しTDをホイッスルと同時に許してしまう。
 
 最終Qでは開始早々RB彦惣のロングランで勢いを取り戻し、WR細谷も何度も相手からのタックルを受けるものの華麗にかわし進軍。RB川村が再びTDを収める。その後は一進一退の攻防が続くが、QBサックやインターセプトによりチャンスを作りWR尾崎が残り時間わずかにTDをあげ70-12で大東大に快勝した。
 
ここまで4連勝と着実に勝利を重ねているトマホークス。今試合は下級生による活躍が多く見られ、選手層の厚さを感じさせた。 勢いそのままに全勝でオープン戦を終えられるか。 (和多慎之介)
 

選手たちのコメント

宮川周平

今日の試合の総括を
―今日は全然満足できる内容ではないですね。
 
―70得点でも満足できない結果なのか
はい。得点数というよりも内容がひどかったので。
 
―具体的に言うと
もちろん入りもそうですし、決められることを決めれてなかったですね。ミスも多かったです。
 
―1年生の川村選手が2本TDを決めていたが
彼も結構体幹が強くて、相手を外せるプレイヤーなので、これからも頑張ってほしいなと思いますね。
 
―今日は1年生主体のメンバーだった
1年生というか、これまで出てなかった選手がメインに立ってました
 
―宮川選手の欠場はケガではなくそういった理由からか
そうですね。
 
ー試合後にゲーム形式の練習をしていたが、オフェンスの確認をしていたのか
いや、もちろんOFDF共にですけど、内容が悪かったので、修正するためにやりました。
 
ーもともと予定していた練習ではなく急きょ行ったものか
そうです。
 
ー次戦にむけて
来週は上智さんと中央さんということで、今週の反省を特に踏まえて、結果というよりは内容としてチームがグンと伸びれる週にできたらなと思います。
 

尾崎聖弥

-今日の試合を振り返って
練習でしてきた事をするだけでした。個人としての課題は多いので、もっと努力しなければいけないなと感じました。チームとしてももっとレベルを上げていきたいです。
 
-体の調子はどうですか
あまり良くはなかったんですけど、これからの試合に向けてコンディションを整えられる様にしていきたいと思っています。
 
-相手の印象は
普段からトマホークスのDFチームとやっているので脅威だなとは感じませんでした。やるべき事をこなすのが自分の仕事なので、自分のするべき事に集中していました。しかし今回DFも0に抑える事ができたと思うし、OFももっと点を取れたと思いました。見た目だけでなく内容にもこだわって練習をしていくべきだと実感しました。
 
-気を付けた事は
今日は下級生が中心で試合をしていたので、下級生の精神面でのケアやフォローをうまくできればいいなと気を配りました。
 
-3Q.4QでのTDについて
このTDを当然の事にしないと相手チームがより強くなった時に点を取る事ができないので、今日のTDが自分にとって当たり前のこととしてやっていきたいです。
 
-OBの方からの『坊主にしろ』について
知っているOBの方々だと思うので強くは言えないです。笑  坊主にはしません。笑
 
-3年生としてどんな一年間にしていきたいですか
今年はチーム全体としてもレベルアップしていきたいです。特に3年生全体でチームを勝利させて、このチームは3年生だと感じてもらえる様な年にしていきたいです。
 
-今年の抱負は
シーズンが終わって、このチームはレシーバーが強かったと言ってもらえるように頑張りたいと思います。
 

彦惣祐人

ー今日の試合を振り返って
正直、自分の課題に繋がるものが多かったです。
 
ーその課題とは
最後(TDに)持っていけるか、持っていけないかのところでミスしてしまったりだとか、最後の突き詰めのところができてなかったです。
 
ー全体を通して多く出場していましたが、コンディションなどはどうでしたか
後半はやっぱりきつかったです。最後に疲れが出ちゃったかなと思います。
 
ーそれは今後どのように改善していきますか
普段から走り込みをしていきたいと思います。
 
ー大東大に2回のTDを決めて
嬉しかったですし、これからも取っていきたいです。相手は関係なしに取れたというのは嬉しいですし、もっと上の強い大学でも取らなきゃいけないと思います。
 
ー次戦に向けての意気込み
またこれからも頑張るので応援お願いします。
 

樺山大資

―今日の試合を振り返って
レシーバーに投げれば取ってくれると言っていたので、とりあえずレシーバーに球をまわして、後はOL、バックを信じてやりました。レシーバーが取ってくれたのが結構大きかったです。
 
ー予想していた試合展開か
下級生がメインで自分がQBに入って、QBを引っ張っていかなければと思っていたのですが、前半立ち上がりを意識したテンポがまだできていないので徐々にやっていけたらいいなと思います。
 
―相手の印象
OLのパスラッシュが結構来ていてプレッシャーになってしまった部分があったので今後改善していけたらと思います。
 
―今日のコンディション
よかったです。
 
―次戦にむけて
次の試合も、先輩のQBの鈴木さんがメインになると思うのですがしっかり下が支えて、相乗効果が出せるくらい自分が成長していきたいので、しっかり自分が鈴木さんをサポートできるくらいの気持ちで試合に望みたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 0277相手のOFを阻止するDF陣
  • IMG 0461WR#17別府紘行
  • IMG 0387RB#23桑原進之助
  • IMG 0506WR#88細谷海斗
  • IMG 0510QB#10井上太稀
  • IMG 0356DE#8松田冨美男
  • IMG 0364WR#83尾崎聖弥
  • IMG 0260WR#26長島大地
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み