アメフト

【アメフト】新幹部インタビュー~日本一への青写真を描く~

新幹部取材
2018年2月18日(日)
法政大学第二高校武蔵小杉グラウンド

全国覇者日大を最終節で下すも、3位で幕を下ろした昨シーズン。オレンジ2年目を迎える今年は、寺林新主将のもと悲願の日本一を目指す。昨年大きな変革を遂げたアメフト部を今年はどう率いていくのか。4名の新幹部にお話を伺った。

j R
幹部4名(左から吉田郁、高津佐、寺林、篠原)

 2018年度オレンジ学生幹部

 役職名前 
主将  寺林翼(文4・LB) 
副将  高津佐隼矢(キャ4・WR) 
副将  篠原彰太(スポ4・LB) 
DEFリーダー(副将) 吉田郁(人4・DL) 
OFFリーダー(TEリーダー) 川村湧介(人4) 
DLリーダー 手塚滉貴(経4) 
LBリーダー 小澤優太(営3) 
DBリーダー 藤田廉三郞(国文4) 
OLリーダー 牧野魁(法4) 
RBリーダー 川村龍之介(デ工4) 
QBリーダー 野辺歩夢(キャ3) 
WRリーダー  南河竜成(営4)
KICKリーダー 石川創(法4) 

選手インタビュー

寺林翼

ー去年のチームの結果を振り返っていかがですか
結果3位として終わったんですけど、結構課題も多くて、チームとしてそんなに出来上がらない状態でシーズンを迎えてしまいました。なので、数字以上に課題が残ったシーズンだったと思います。
 
ー具体的にその課題とは
 改革が去年あって、去年の4年生はそれでチームにインストールする形で1年終わってしまいました。だから各大学の対策とか、いろいろ試し試しになってしまったので、あまり深くできなかったかなというのが課題ですね。去年の4年生がしっかり基盤を作ってくれたので、それを元に去年ダメだったところを修正しながら、もっとプレーの精度を高めたりだとかをできるんじゃないかなと思っています。
 
ー去年のダメだった点とは
圧倒的に練習量が少なかったのかなと思います。日大の10分の1ぐらいしかやってないんじゃないかと。練習量というよりかは質。でも、量も質も高めていかないとなとは感じています。
 
ー昨年の印象深い試合はありましたか
どの試合も結構それぞれの試合で思いはあるんですけど、個人的には1番楽しかったのは中央戦かな。
 
ー寺林さんから見て、去年のチームはいかがでしたか
自由でしたね。下級生の負担が少なくなった分、下級生で活躍する選手もたくさんいました。4年生はいろいろ責任があってつらかったと思いますね。
 
ーご自身としてはこのチームの改革をどのように捉えていましたか
僕は結構前向きに捉えていました。今まではガチガチの体育会だったところから、急にフラットだったり、自由と進歩だったりと本当に180度ガラリと変わりましたね。でも自由になった分、個人個人にそれぞれ責任が伴ってきて、一つの行動に対してやっぱみんなが責任を持つように行動しなきゃいけないと思うようになりました。考えなければいけない時間が多かったりだとか、すごいいい影響を受けたと僕は思っています。
 
ー今年のチームのスローガンは
「感謝」です。
 
ーなぜ「感謝」というスローガンにされたのですか
まずは去年1年、チームの改革で犠牲になったではないですけど、最初の1年として本当につらかった4年生にまず感謝しなきゃいけないと。後はこうしてフットボール出来てるのも、親やコーチ、地域の方々に声をかけてもらったりだとか、大学やこうやってスポ法皆さんに支えてもらったり、広めてくださったりだとか、皆さんの力があってこそだと思っています。それを今年1年は意識してほしいと思って、「感謝」にしました。
 
ー今年の目標は
やっぱり、日本一です!そこは変わらないです。
 
ー山場となる相手はどの大学になると思いますか
全試合山場だと思っています。それぞれのチームに強い選手はいますし、それぞれの対戦相手に因縁とはありますから。今年は各試合大変だと思います。
 
ー今年のチームの雰囲気や去年との違いなど見てとれますか
今年は下級生が結構ウエイトを中心となって引っ張っていってくれていますね。去年はいきなり変わって、下級生は空いた時間とはウエイトするようにと突然言われたので。でも、去年1年間で下級生はフィジカル、ファンダメンタルの重要性に気づいている選手も多くて、部活がない日もウエイトに来ていますね。そういうのを見ていると、今年は期待できる選手が多いなと思います。
 
ー特に期待している選手は
うーん、いっぱいいるんですよね。結構いい選手いるので。ただウエイトを結構頑張ってるなと思うのはDLの山岸(達矢)だったり、OLの(中村)幹だったり、ラインが頑張ってくれているなと。スキルもセンスあるやつが多いので、レシーバーの神(優成)だったり。LBの松永(新太郎)、去年最後3試合出てて結構いい成績残してるんで。1年生には期待してる面は大きいです。
 
ー主将にはご自身で立候補してなられたのですか
そうですね。立候補で。
 
ーどういう思いで立候補されたのですか
去年のキャプテンの小山さんが結構同じポジションというのもあり、話す機会も多くあって、小山さんと新しいチームの方針とか何でそうなったのかとかいろいろ話をしてました。僕は小山さんが自身を犠牲にして、チームのためにいろいろやっていたのを見ていたので。せっかく小山さんが作り上げたこのチームをもっと良くしたいと思い、立候補しました。
 
ーどのようなチームにしていきたいと考えていますか
理念でもあるように、フットボールを通じてみんなが人として成長して、その結果が日本一となれるようなチームにしていきたいと思います。
 
ー理想のキャプテン像というのはイメージしていますか
模索中です(笑)。
 
ー今年の幹部はいかがですか
結構個が強いんですよ。見ててわかると思いますけど(笑)。 高津佐も個の塊ですし、篠原も試合は出てはいないですけど、しっかり個はありますし、吉田も我の塊みたいなやつなんで。大変だろうなと思っています。
 
ーそこをまとめていくのが寺林さんという感じですか
いや、僕はまとめるというよりかはそいつらに頼っていくと思います。何だかんだいって、ちゃんとやってくれるメンツですし、信頼しているので。僕が爆発しそうになった時はその3人に頼ろうと思っています。
 
ー最後に今年も応援してくださっている方々に一言お願いします
今年は必ず日本一に。そして楽しい試合にしていきたいと思っているので、またぜひ試合に来てください。
 
d R
小山前主将の意志を継ぎ、日本一を目指す寺林主将 
 

高津佐隼矢

ー新体制となったが、オフェンスとしての目標は
どんな強いディフェンスがいてもオフェンスさえ強ければ、絶対負けることはないし、僕自身そういうオフェンスを作れると思っています。
 
ー今のチームの印象は
僕が四年間いた中で今が一番いいと思います。一人一人がのびのびやっているなと思います。今まで僕らが一年生の時は、色々怖がりながら部活に来ていたというのがあって、オレンジ2年目ということで一年生をのびのびさせるという体制が出来たので、1~4年生の皆が楽しんで部活に来れて、大分雰囲気はいいかなと思います。
 
ー副将としてどのようなチームにしていきたいか
幹部が活躍することがチームとしてもいいことだと思うので、自分自身もっとやらなきゃいけないなって思います。
 
ー副将となり気持ちは
今年副将となったんですけど、僕がやりたいと言ってなった訳じゃなくて、寺林が、「俺がキャプテンやる上でのサポート、俺が信頼しているやつを置きたい」ということで僕が選ばれて、前から上下関係なしに言いたいことは言うし、元から引っ張ってたのかなとは思うので、やることは変わってないですね。
 
ー主将については
こいつは凄いです(笑)。自分と一緒で1年から試合に出てた唯一のメンバーなので、変に一年生の時から話していたし、二人で悩んでいた時もあったし、でも寺林がキャプテンになって、支えてほしいから副将になってくれと言われたときに、寺林だったらいいかなと思いました。DFの核だと思うし、凄いです。
 
ー高津佐選手が考えるWRユニットの課題は
レシーバーってかっこいいじゃないですか。誰が見てもかっこいいと思えるようなレシーバーっていうのを作り上げたいですね。誰が出てもこいつすげえなと、見ている人が思えるようなレシーバーユニットを作りたいです。
 
ー個人の目標は
今年マークがくるかなと思っているんですけど、関係なしに全部球を取る気持ちでやろうと思います。
 
ーマークへの対応
対応のしようがないので、普通の動きに一工夫してフェイントをいれたり、緩急を使ったりして、マークを外せるように頑張ります。
 
ー自分の自信があるプレーは
周りがすごいと思えるようなほかの人と違う動きが出来るのかなと思っています。人に真似されるのが僕は嫌いなので、真似出来ない動きを常に追求しています。
 
ー昨シーズンの法大のオフェンスを振り返って
パスが大分良かったので、去年のQBの馬島さんもパッシング部門で1位で、野辺もいるので大分いいと思います。
 
ー印象深い昨シーズンの試合は
慶応戦ですね。開始2プレーか3プレー目で馬島さんが怪我して、野辺が急に出てきたんですけど、野辺も落ち着いてプレーして、普通に勝てたっていう普通の勝利なんですけど、自分たちは野辺の努力も見てきたので、印象深い試合です。
 
ー今年はランとパスどちらが主体か
まだ決まってないです。
 
ー理想の攻め方は
止まらないで常に前に進み続けることですね。
 
ー他大のディフェンスで手強い選手は
アメフト分からないので知らないですよ(笑)。
まだ分かりません(笑)。
 
ー憧れの選手は
レシーバーコーチの栗原さんですね。動きやタイプも全然違うんですけど、寄せるように頑張っています。練習は自己流でやってたんですけど、それにプラスして栗原さん流が入ったので、技のバリエーションが増えたかなと思います。
 
ー下級生に期待していることは
今のうちに4年生の技を盗んでおきなということですね。今年の四年生はうまい人が多いので、盗めるものは盗んだ方がいいんじゃないかと思います。
 
ー新入生の期待の選手は
今は全員ですね。大分身体も出来上がっているので、新戦力ですね。
 
ーファンの皆様へ
今年も法政オレンジをよろしくお願いします。楽しいオフェンスを披露します。
 
ー1年間の意気込みを
今年は日本一を狙えると本当に思っています。頑張ります。
 
c R
最上級生となるエースレシーバー高津佐
 

篠原彰太

ー昨シーズンを振り返って
リーグが3位で、東京ボウルも勝てましたが、反省点は多かったと思うシーズンでした。

ー昨シーズンの印象深い試合は
昨年は一つ一つが印象深かったですが、特に中央戦ですね。今までは、シーズンで負けても最後の試合ばっかりでしたが、中盤で負けてしまったのは初めての経験でした。絶望感もありましたが、そこからまとまった感じもあるので印象深いです。

ー最上級生になりますが
学年で、今年は一人一人が主体的に動けるようなチームを目指そうと話し合いました。昨年はキャプテンに頼りきっているところが多かったので、キャプテンがいなくなっても全員がリーダーシップを発揮できるチームを作れるように心掛けています。

ー今のチームの雰囲気は
みんな楽しそうにやっていて良いと思いますが、まだ受け身になっている選手が多いです。そういう面は、詰めていって自分から行動できる選手を増やしていきたいです。

ーチーム作りで心掛けていることは
今年は理念である「自由と進歩」をみんなで共有して、主体的に一人一人が行動できるようチームを作りたいです。

ー副将になられた理由は
僕は他の幹部の3人とは違い、あまり試合に出た経験はないですが、そういう選手でも当事者意識を持ってチームに貢献できれば影響を与えられると思い、自分から立候補しました。

ー篠原選手からみるチームの課題は
自分で考えて行動して、周りとコミュニケーションをとりたいです。今までやってきたからという理由だけで、行動するのではなく今何をしなきゃなのか考えられるようにすることです。

ー寺林キャプテンの印象は
プレーでもディフェンスの中心的な選手ですし、人物的にも頼れます。だからこそ、1人にしてはいけないと思うので、みんなでサポートしていきたいです。

ーLBユニットの課題は
昨年は試合に出ていたメインの3人と下の差が凄く激しかったです。下のレベルが上がらないと、上がケガした時にどうしようもないと思います。誰が出ても活躍できるユニットにしていきたいです。

ー目標としている選手は
山西(樹)さんです。プレーする前に、あまり動かずにしっかりと見て、行動するときはすぐに行動できるような人です。今のチームだと、小澤(優太)君が圧倒的なので、どれだけ吸収できるかが重要だと思います。

ー他大学の印象は
まだあまり交流がないので分かりませんが、昨年は日大が優勝したのを見ていますし、自分たちはまだまだかなと感じています。

ー期待の選手は
僕は初心者で始めてまだまだ試合に出れていないですが、DBの高橋(慎太郎)や吉井(勇輔)のように初心者でも頑張っている選手がいっぱいいるので、そういう選手に活躍して欲しいです。

ーアメフトを始められたのは大学に入ってからですか
高校までは剣道をやっていました。

ーアメフトとは全く違うスポーツですが
剣道を十何年も続けていましたが、正直勝てないと感じたのと、新しいことに挑戦したいということが大学に入ったときに重なったので、色々な部活をみて日本一を目指しているアメフト部が良いと思いました。

ーLBユニットの鍵となる選手は
キャプテン寺林と小澤君は圧倒的に強いので鍵になると思います。しかし、試合ごとにキーマンが変わるチームの方が強いと思うので、2人に頼りきらずに、みんなが成長できるようにならなくてはいけないと思っています。

ー期待の新入生は
まだあまり会えてないので良く分からないです。

ー今年の意気込みは
昨年が新しくなって色々なことに挑戦して、課題がたくさん見つかりました。新しいことにチャレンジしてくれた4年生にはとても感謝しています。ただ、感謝の気持ちを「ありがとう」という言葉だけでなく、行動や結果で示せるように理念を全体で共有して、みんなでベクトルを合わせて勢いのあるチームにしていきたいです。

ー応援して下さっているファンの皆さんに向けて
昨年は春に3敗してしまい、ハラハラする試合が多くて、大丈夫かなと心配するチームだったと思います。今年は昨年見つかった課題を一つ一つクリアして、応援したくなるようなチームを作れるようにしていきたいです。これからも応援宜しくお願いします。

b R

寺林主将と同じくLBの篠原、主将を支えていく

吉田郁

-副将になった率直な感想は
高校の時から副将をやっていて、大学の時にやるつもりは正直なかったんですけど、でも自分がやってチームを引っ張っていきたいという思いがあったので頑張ります。

-昨季を振り返って
去年から新しい環境になって仕組み自体も変わっていって、すごく新鮮で新しいシーズンだったので自分は結構楽しいイメージがあったんですけど、(引退した)4年生がそれにみんなが馴染みやすいようにすごく頑張ってくれて、その分恩返しを自分たちがしないといけないなという思いはありました。春も3敗してどうなるかなとは思ったんですけど、夏にしっかりみんなが一丸となって頑張れたので、それはすごくよかったところかなと思います。

-ディフェンスとしては
ディフェンスは“Diehard”というのを掲げていて、「オフェンスにいくらプレーしても結局はTDをさせないように」というディフェンスで、それは体現できていたのかなと思うんですけど、その反面、反則だったりシステムミスといって決められたことをできなかったりして、それでディフェンス全体が崩れてしまって一発でTDを取られたりとか、そういう課題がいっぱいありました。そこを今年は直していけたらなと思います。

-印象に残っている試合は
印象に残っている試合はやっぱり京大戦(東京ボウル)ですかね。一番最後の試合で、結構拮抗していた試合で、ディフェンスもTD取られたことはあったんですけど、でもFGだけに収められたりして。課題はいっぱいあったんですけど、チーム全体的にいい試合だったのかなと思います。

-新チームの雰囲気は
まだポジションごとでしか練習していなくて、全体で集まって練習というのはすごく少ないんです。でもそこでしっかりみんな声が出ていてすごくいい雰囲気でランメニューとかはできたと思うんですけど、これからもっと頑張っていかないとなという感じです。

-今季戦っていく上でのディフェンスの方針や目標は
今年はディフェンスは“Execute”を掲げていて、去年の反省として、タックルミスやアサイメントミスや反則があったりしたので、それを無くそうという意味としっかり自分たちの役割を執行するという意味、あとはオフェンスをタックルで仕留めようという意味があります。

-理想の守り方は
去年から掲げている“Diehard”がというのが今の自分たちのシステムにおいて当てはまるもので、出された分は仕方ないのもありますが、その中でも相手に「こいつは粘り強いな」と思わせるようなディフェンスが理想だと思います。

-他大のオフェンスで手ごわいのは
やっぱり早稲田とかですかね、タレントも揃っていますし。日大とかも結構手ごわいなというイメージはあります。

-ディフェンスのキーマンは
キーマンか…難しいな(笑)。全員って言いたいんですけど(笑)。でもキャプテンの寺林はキーマンになってくれるかなとは思います。

-DLユニットとしての課題は
去年、髙橋(孝綺)さんと徳山(翔輝)さんと俣野(正太郎)さんが抜けてサイズが小さくなってしまったんですけど、サイズが小さいというのも乗り切れるくらいに自分たちはもっとパワフルにやっていかないといけないと思うので、自分たちでフィジカルを付けてやっていきたいと思います。

-山場となる試合は
難しい…(笑)。アメフトはスポーツだから勝てばいいので正直。やっぱり早稲田とか日大とかだと思います。

-早大や日大との力量差は感じるか
日大はオフェンスの4年生があまりいなくて、3年生から1年生が結構残っているので、その分ではちょっと今の状態では力は衰えていると思うんですけど。あと早稲田も残っている分は残っていてスター選手とかもいるので…まあでも頑張ります(笑)。

-日本一に向けての現時点での課題は
やっぱりまだ自分たちはフィジカルが足りないので、去年ひたすら筋トレとかもずっとやってきたんですけど、もっとフィジカルを付けること。あとはフットボールの基礎ももっとやって、土台につけるものをもっと大きくしないとその上に乗るものも乗らないので、そこをもっと大きくしていかなきゃいけないかなと思います。

-下級生に期待することは
下級生も自分たちと同じくらい筋トレもすごく頑張っていて、自分たちより上げるんじゃないかという選手もいっぱいいます。フィジカルもすごく付いてると思うのでそういう部分では期待しています。

-名前を挙げるとすれば
DLの新2年生の宮沢(崇史・文1)はすごい身長も技術も結構あると思うのでその点では期待しています。

-副将としてどのようなチームにしていきたいか
去年から受け継がれたこともしっかり自分たちが受け継いでいきたいので、下級生がやりやすいような環境を自分たちが作ることが使命だと思います。あとは練習をよりいい効率でやっていくこととか、そこら辺をしっかり考えてチーム全体を見てやっていきたいと思います。

-1年間の意気込み
自分は高校から試合で活躍するというのが目標で、それはまだ全然達成できていないので、自分が活躍すればチームの力になるという意味で活躍していきたいですね。ラストシーズンなので。とにかく勝てるように頑張っていきたいと思います。

-オレンジを応援してくださっている方々へ一言
おととし色々あったんですけど、去年からチームが変わっていろんな方々が応援してくださって、SNSでも色々発信したりしてフォロワーもすごく増えて、いろんな人に応援されているなと自分たちも実感しています。今年「感謝」というチームのテーマがあるんですけど、応援してくださる方に感謝をして、自分たちが試合で魅せていけたらなと思います。応援よろしくお願いします。 

a R

 ディフェンスリーダーも務める吉田郁

フォトギャラリー

  • j R幹部4名(左から吉田郁、高津佐、寺林、篠原)
  • e Rチームを率いる寺林主将
  • f R副将となった高津佐
  • g R自ら立候補したという篠原
  • h R試合で活躍を誓う吉田郁
  • o Rマスコットのオレンジスライス君と新幹部
 

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 april1st

定期購読の申込み