アメフト

【企画】新人特集 法大を背負う未来のスター候補を発掘せよ!俺たちが選ぶイチ押しNO.1ルーキー 〜アメフト部編〜 

新人特集~アメフト部編~
2019年8月20日(火)

 昨年に続き、今年も新時代を担う1年生ルーキーたちをスポホウ記者がご紹介。法大に入学してきた1年生ルーキーのこれからの活躍を見逃すな!今回はアメリカンフットボール部の平井将貴選手を取り上げる。

hirai rookie R800
新人特集~アメフト部編~ 平井将貴

新人特集:平井将貴

アクティブプレーで稀代の司令塔へ

 ORANGEの将来を担う攻撃の司令塔がこの春、堂々とした活躍を見せている。ルーキーQB平井将貴(法1)は春季オープン戦、そのほとんどに先輩QBに代わって先発出場。持ち味の「先を読むプレー」や積極的なパスで多くのビッグプレーを演出しスタジアムを沸かせた。

 平井は小学6年生の頃、先にアメフトを始めた兄の姿に憧れフットボールの世界に足を踏み入れた。兄の背中を追いかけ日々鍛錬を続けた平井は千葉日大一高に進学。高校2年になると副将に就任するが、なかなか自分の考えをチームメートに伝えられず苦しい時期もあった。そのような時期を乗り越え、主将となって挑んだ高校3年の全国大会。平井自身がチームを引っ張り千葉日大一高を全国の舞台で初となる白星をチームにもたらしたのだ。平井は「その試合は忘れられない」とその喜びを鮮明に記憶しているという。

 そして次なる舞台として選んだのは法大ORANGE 。高校時代の活躍が評価され、入学後最初の試合であり、チームとしても今季初戦の関学大戦からルーキーながら先発出場。「相当緊張していた」という言葉とは裏腹にアクティブなプレーを見せ、「あれだけのプレーができたら十分。非常に頑張っていた」と有澤玄監督をうならせた。そんな平井だが、私生活もアクティブ。休日の過ごし方を尋ねると「9:1くらいでアクティブで、友達と遊びに行ったりしています。ショッピングもありますし、バーベキューをしたりとか川行ったりとかします」と笑顔で語ってくれた。また映画鑑賞も趣味でおすすめの映画はアメフトが題材の映画『しあわせの隠れ場所』。アメフトが大好きな姿が伺える。

 この春に大活躍したルーキーだが、「ミスした後、どんどん悪い方向に流れてしまう」というメンタル面の課題が露呈。この課題克服が秋に向けての最重要だ。そして平井がこの大学4年間で目指すのは「リーグを代表するQB」。今季はまず試合で勝てるQBを目指す。法大は野辺歩夢(キャ4)を始め、強者揃いのQB陣だが、「フレッシュマンの勢いと元気、そして中学からのQBの経験を生かして勝っていきたい」とQB争いに意気込む。まずはチームでエースの座を獲得し、4年間でめざすのはリーグのトッププレイヤー、そしてライスボウルのMVPだ。その挑戦はすでに始まっている。

(記事:須藤大樹)

フォトギャラリー

  • hirai rookie R800
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み