アメフト

【アメフト】第87回関東大学リーグ戦 あす日大戦! 関東伝統のライバル対決の行方は!!

第87回関東大学リーグ戦 対日大
2020年10月11日(日)
アミノバイタルフィールド

ついにあす初戦を迎える法政大学ORANGE。相手は今年から3季ぶりのTOP8復帰を果たした日本大学PHOENIXだ。歴史的に見ても法日戦は関東伝統のライバル対決。関東制覇に向け、まずはこの『伝統の一戦』を堅実に勝利したいところだ。

DSC 7432 R
8年ぶり関東制覇へ!好スタートに期待だ 

 2020年リーグ戦日程

日付試合結果対戦校開始時間
1 10月11日(日) 日本大学POHENIX 18:00
2 10月31日(土) 東京大学WARRIORS 13:00
3 11月15日(日) 中央大学RACCOONS 12:15
11月28日or29日 順位決定戦 未定

※『FOOTBALL TV!』で全試合生中継。CS『GAORA SPORTS』で中大戦と順位決定戦を録画放送。日大戦は台風14号の影響で同日18時試合開始に変更

展望

 『学生日本一』を狙う法政大学ORANGEを迎え撃つは3季ぶりにTOP8復帰を果たした日本大学PHOENIX。昨季のBIG8を全勝優勝で昇格し、完全復活に向け勢いにのるチームだ。昨年は春季オープン戦で対戦したが、一進一退の攻防を見せ、両チーム共にFG1回成功のみ。3-3で引き分けた。

 なんと言っても日大の魅力は堅守だ。昨年のBIG8では平均失点10点。昨年のオープン戦の法日交流戦でもTDを一つも許さない鉄壁の守りを披露した。この守りをどのように攻略するかが明日の勝敗を大きく左右する。

captain2 R

昨年のオープン戦で対戦。3—3の接戦で学生の『本気』を示した

 法大の攻撃の起点となるのがやはり、昨年ルーキーながら、巧みなパスを披露したQB平井将貴(法2)、そして『ランの法政』を象徴する阿部快斗副将(法4)と星野凌太朗(キャ2)の両RBの華麗なランプレーだ。加えて、コロナの中、自粛期間にサイズアップを遂げたOL陣に特に注目したい。彼らの巧みなブロックで日大ディフェンスをこじ開けることができるかが法大の得点を左右する。OL白石涼太(法4)は「僕は体重が増えて去年よりも思い切ったプレーができると思う。(体重増加を生かして)真っ向からぶつかっていきたい」と自粛期間の成果に自信を見せた。

hirai R

QB平井、今年も巧みなパスを見せろ!!

 また、日大はオフェンス陣に昨季BIG8トップのパス成功率(66.4%)を誇るQB林大希を有する。林を起点に日大の昨季の平均得点は48点。超攻撃的なオフェンス陣だ。法大はDL山岸達矢主将(社4)を中心に積極的なブロック、タックルで攻撃をシャットアウトしたいところだ。

nitidaishushou

会見で堂々と話す日大・伊東主将

 法大の関東制覇に立ちはだかる不死鳥軍団。公式戦開幕記者会見では日大・橋詰功監督が「(全体練習が)6月に再開した後も急激なことでしばらく練習を休むということも複数回発生している」とリーグ戦に不安を見せる。しかし、日大・伊東慧太主将は「顔つきや雰囲気、プレーのやり切りには一人一人の覚悟が出ている」と語っただけに、3年ぶりに『チャレンジャー』としてTOP 8に挑む日大は法大の『学生日本一』に向け、最初の大きな壁となるのは間違いない。

yamagishi R

山岸ORANGE、法大アメフト部に新たな歴史を刻め!

 「自分が入部してから一度も『学生日本一』、『甲子園出場』を達成できていないので、しっかりと法政ORANGEに対して新たな歴史を作りたい」と橙将、山岸。8年ぶりの甲子園ボウル出場に向け、「暁の猛者」たちの戦いが始まる。

(須藤大樹)

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202010191

 

 

定期購読の申込み