アメフト
 

【アメフト】2014秋季リーグ戦 対立大 来たる最終節日大戦に向け順当な勝利!!

2014年度 秋季リーグ戦 対立大

2014年11月9日(日)

横浜スタジアム

ここまで秋季リーグ戦全勝で「強い法政」を今年も存分に見せてくれているトマホークス。今回の相手はこれまで全敗と勢いに乗り切れていない立大ラッシャーズだ。しかし、RB茂住雄太選手らを筆頭に強豪立教新座高時代のメンバーが多く残るため、法大にとっても決して気が抜けない相手だ。最終節に控える宿敵日大戦に向けて、法大は全勝で良い流れを作ることはできたのか。

ハドルからプレーに向かう法大OF陣

試合結果

トータル試合結果

42 14 1Q 00 10
7 2Q 00
14 3Q 00
法政大学 7 4Q 10 立教大学

戦評

 お天道様の涙が試合会場に降り注ぐ中、全勝が続く法大トマホークスと全敗と波に乗り切れていない立大ラッシャーズの試合は法大の攻撃から幕が開けた。

 1Qは近藤濯(文4)の前方へのパスが次々と通っていき、ペース良く1st downを更新していく。敵陣21yds付近からQB鈴木貴史(法2)のランプレーにより見事TDしたかに見えたが1st down獲得の判定。その後すぐにQB近藤がTD。攻撃権が立大に移るものの攻め込む隙を与えない。法大の勢いが変わることなく攻撃権が戻ると、反則を受けて一度後退してしまうもののパスやランを駆使して敵陣まで深く切り込み、再びQB近藤が飛び込んでTDを決めた。その後QB鈴木の46ydsランが光を放ったがうまく得点に結びつけない。

 2Qに入ると両チームは得点に絡むプレーを行えないまま時間が過ぎていくが、法大は黙ったままではない。確実に陣地を広げていき、8:03にWR奥津良介(文2)がTDし再び流れを取り戻した。

 後半に入るとさらにギアを加速させる。DE植山雄太郎(経3)のインターセプトによりチャンスを呼んだトマホークス。その流れを崩すことなく5:05WR奥津がTDを決め、その後7:48にはランプレーが持ち味であるQB鈴木が自陣39yds地点からロングのプレーアクションパスをWR小島太郎(営3)がエンドゾーンまで運び、TDし点差を広げる。

 4Qでは着々と攻めてくる立大に対してDF陣は粘りを見せるがFGを決められてしまう。0:43にはQB鈴木によるTDに加え、相手へのQBサックで再び勢いを取り戻そうとしたが、ファンブルしたボールを立大に奪われそのままTD。トマホークスは立大相手に42-10で勝利を収めた。

 秋季リーグ開幕からこれまで全勝で勝ち進んでいる法大トマホークスは次節に同じく全勝で迎える日大フェニックスとの関東一を決める決戦を迎える。昨年あずまボウルで宿敵・日大に惜しくも1TD差で敗れてしまったトマホークスは今季、”一心”というスローガンを掲げて練習し試合を重ねてきた。そして4年生にとって、甲子園を目指す最後のチャンスでもある。そんな4年生のためにも負けられない。全員が日本一を目指し、燃え上がる闘志を持つトマホークスは全力で日大戦へとぶつかっていく。(和多慎之介)

選手のコメント

小林貴主将(営4)

ー今日の試合を振り返って 立大に対して日大は66-0のスコアだったのに対して、自分たちは42-10というスコアだったので、日大に対してプレッシャーをかける事ができなかったという事もありますし、DFに関しては無失点を目標に掲げていたのに10点取られてしまったので、全然自分たちの力は出し切れていなかったです。

ー立大OFの印象 RBの茂住選手を中心にOLも強くて、力以外にも気迫の部分もしっかり持っていて手強い相手でした。自分たちは、茂住選手のランを自分たちがしっかりタックルをして一回で倒す事でシャットアウトして、立大OFが何もできない状態にすることを一番にやっていました。

ー今回から会場が横浜スタジアムになりましたが そもそも会場自体が大きいので、声が通りにくくコミュニケーションが取りにくい部分はあるのですが、プレーに向かうメンタルに関しては、何も変わらずこれまで自分たちがやってきた事をそのまま遂行するだけだと思っています。

ー2週間後に控える日大戦に向けてチームがやるべきこと チーム全体として、「力を発揮する」という部分にばらつきがあるのかなと感じていて、日頃の練習から見ても良い練習ができたと感じる日もあれば、気持ちが沈んでしまった練習の日もあったので、日大戦にみんなのピークをどれだけ持っていく事ができるかだと思っています。そのためにこれからの日々をどれだけ仮想日大にして練習するかが大切だと思っています。

ー小林選手は日大をどう評価されていますか 一言でいってしまうと、「強い」です。特にどこが強いかと言われたら、勝負所がとことん強いなと感じていて、対中大戦などで日大と自分たちを比較してみても、獲得ヤード数は自分たちの方が取っているのですが、得点は日大の方が取っているので、そこは自分たちが見習っていくべきだと思います。警戒している選手はOFだとWRの岩松選手とRBの高口選手です。DFだと主将の宮田選手と外国人選手もいるので非常に激しい戦いになると思います。

ーここまででけがをしている選手が最小限におさめられているように思われますが 今年は初戦から継続して力のあるチームとの対戦で占められていたので、その分練習を例年と比べて落としていたことが要因だと思います。春のときからこの秋季リーグが厳しい戦いになる事は分かっていたので、トレーニングを早い時期からやってきていたので、そういった面が影響しているのだと思います。

ー日大戦の理想の展開は DFはシャットアウトOFはどんどん点をとることができれば良いのですが、そう簡単には行かないのが日大戦なので、DFとしてはRB高口選手のランを止めることと、自分たちDLがどれだけQBにプレッシャーを与えることができるかだと思っています。

ー日大戦の抱負 勝つ。それだけです。

K 谷澤隼人(スポ3)

ー今回の試合を振り返って 個人的には、不甲斐ない試合だったかなと思います。

ーどのような試合展開を予想されていましたか キッカーというポジションなので、どんな展開にも応じられるようにしたいと思っていました。スペシャリストとはそういう仕事なので、どんな状況でも対応できるように準備しました。

ーどのような対策をされましたか キッカーとは結果を求められるポジションです。どんなに対策しても試合でできなければ意味がないので、結果を求めて、結果のためにしっかり準備をしています。

ー相手の印象はいかがでしたか 相手というよりも自分と戦うことが重要かと思います。不甲斐ない結果になってしまったのであまり良い感じではなかったです。

ー今日のコンディションはいかがでしたか 良い状態でしたが結果として出すことができなかったので、準備が足りなかったなと感じます。

ー日大をどう評価していますか いつも通り強いという印象ですね。自分達の出番が来たときに、一回一回が重要になってくると思います。スペシャリストで試合が決まるのではないかと思います。

ースパイクが左右違うのには何か意味がありますか よく聞かれるのですが特に意味は無いです。左利きなので、左足のスパイクが先にだめになってしまい新しいものにするのですが、右足はそのまま履き続けてしまうので左右違うスパイクになります。右足のスパイクだけが五足くらい残っているので、どうしようか悩んでいます。

ー次戦の日大戦は、キッカーとしてどのように試合に臨みたいですか やはり結果を大事にしたいです。しかし結果だけでなく、過程も大事にしたいと思っています。日大戦に向けてしっかり準備をし、準備の段階から勝てるようにしていきたいです。リラックスして試合に臨みたいと思います。

QB 鈴木貴史

ー今日の試合を振り返って 自分も走ることができましたし、チームとしても円滑に最後までやることを目標に掲げていて、その結果が今日のビッグプレーだったり、ランに繋がったんだと思います。

ー立大の印象は みんなが思い切りきていてタックルも低かったですし、自分も鋭いタックルを受けてしまったので思い切りきていたなという印象です。

ーどこに注意して試合に臨みましたか 雨が降っていたのでボールのセキュリティだったり、流れを変えてはいけないと思ったのでインターセプトなどに気を付けてプレーをしました。また自分は投げるポジションなので晴れの日と比べると雨の降っている日はボールの滑りとか感覚が全然違ってきたりするので、できれば雨は降らないで欲しいなと思いながらやってました。

ー3Q時のWR小島選手へのロングパスや自身のTDがありましたが、どちらが印象的でしたか ロングパスです。自分はどちらかというとランをメインに行っていて、その中で今回プレーアクションパスをできたのは大きかったかなと思います。

ー次回は日大戦ですが、昨年の日大に比べて今年の日大の印象で変わった点はありますか 1年の時は目の前のことをやるだけだったんですが、2年目となってディフェンスを見れるようになったり余裕を持てるようになってきた。1年の時は止めに来られて何もできなかったので、相手のディフェンスがどうやって来るかを考えて、それに対応できるようにしていきたいです。

ー日大戦で気を付けたいプレーはありますか 日大は反応が早くてボールのある所にすぐ集まってくるので、それを逆手に取ったりして気を付けていきたいです。

ー日大戦の抱負 4年生の引退がかかった試合でもあって、そして今のオフェンスには下級生が多くて4年生があまり出ていないんですけど、その中でも自分たちをサポートしてくれたりしているので、負けられないですし本当にいい人たちばかりなので、4年生のために全力で、死ぬ気で頑張っていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 20141114ハドルからプレーに向かう法大OF陣
  • CD491今日もキレのあるランを見せてくれた田邊
  • 38421法大DFは立大RB茂住を自由にさせない
  • 42AF1パスとランで3TDを演出した鈴木
  • 3大活躍の3年生WR恒吉幸紀(左)と小島(右)
  • 2立大OFに襲いかかるDL松田富美雄(営3)
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み