ハンドボール

【ハンド】平成24年度全日本学生ハンドボール選手権大会 対中京大

平成24年度全日本学生ハンドボール選手権大会 対中京大
2012年11月15日(木)
アクシオン福岡

昨日の天理大に勝利し、今大会目標としていた「初戦突破」を達成した法大。さらなる高みを目指し、迎える相手は東海地区1位の中京大だ。格上の相手ということもあり、中京大優位と予想される中、試合は手に汗握る白熱した展開となった。

 
IMG 6301 R
ベスト8をかけた戦いが始まる

試合結果

トータル試合結果

22
法政大学
13 前半 14 26
中京大学
9 後半 12

戦評

 前半序盤、相手の巧みなパスワークに翻弄され、失点する場面が目立つ。さらにはシュートミスや相手DFにシュートを阻まれ、思うように得点することが出来ない。前半18分、5-9と4点差をつけられたところでタイムアウトを要求。悪い流れを断ち切ろうとする。直後、ルーキー#4遠藤のロングシュートや#20野口の巧みなサイドからのシュートで連続して得点を奪う。その後はお互いに点を取り合い、迎えた前半終了残り5分。相手のパスミスから#15松浦がボールを奪い、そのままシュートを決め連続して得点する。最後は#5三富が技ありのサイドシュートをきれいに決め、13―14の1点ビハインドとし、前半を折り返す。

 「しっかり食らいついていこう」(三富)とみんなで声を掛け合い臨んだ後半。開始直後、相手の鋭いシュートを#11矢内がファインセーブ。その後も好セーブを連発し、流れが法大に傾き始める。すると後半11分、#5三富のミドルシュートから3連続得点で、ついに18―17とリードを奪うことに成功する。15分過ぎ、#15松浦のロングシュートが決まり、19―18となおリードを保つ。このまま流れに乗りたいところだった。しかし、東海王者の意地なのだろうか、直後に得点を許すとそこから一気に5連続失点。19―23と再びリードされる。これ以上引き離されたくない法大は#13坂野のシュートや#15松浦のサイドシュートで巻き返しを図るも、なかなか点差は縮まらない。最後まで果敢に相手ゴールに攻め込んだが、無常にもゲームセットとなった。結果、22―26で敗戦。インカレ2回戦敗退という結果に終わった。

 今大会印象的だったのがチームの雰囲気。得点を決めた場面では出場していない選手はもちろん、マネージャーやトレーナーも一緒に拳を突き上げ喜び、ベンチ一体となって選手たちを盛り上げた。技術、体力だけではない、このチームの一体感も初戦突破、東海王者に善戦という結果に少なからず結びついているのではないだろうか。

 だが法大ハンドボール部を引っ張ってきた4年生は今大会で引退となる。淋しいものがあるが、下を向いてはいられない。この1年、「1部昇格」、「入れ替え戦回避」、「インカレ初戦突破」という目標を達成へと導いた4年生。そんなハンドボール部を後輩たちはしっかりと引き継ぎ、新チームを築いてほしい。

 

選手コメント

三富主将

今日の試合を振り返っていかがでしたか
格上の相手だったんですけど、付け入る隙がなくて。前半はDFが機能して上手くいったんですけど、後半に力の差が出たなって感じですかね。

今日の試合はどのような展開で進めていこうと考えていましたか
さっきも言った通り、格上の相手だったので、当たって砕けろの精神で。自分たちのハンドボールをやろうってことを意識して試合に臨みました。

昨日と今日で戦術的に変えたところというのはありますか
相手のDFが昨日と違ったので、まあそこだけですね。

―1点差で前半を終えましたが、ハーフタイムではどのような話をされていましたか
離されても食らいついていこうってみんなで声を掛け合いました。

収穫と課題というものはなんでしょうか
4年生が最後だったんですけど、みんなで悔いなくやろうって言ってて。悔いはないと思うんですけど、後輩たちはちゃんと課題はわかってると思うので来年にしっかり活かしてほしいです。

インカレを振り返ってみてどうでしたか
僕自身、大学で全国大会に行くことがそんなになかったので、最後悔いなく終われたのでよかったなと。いいインカレだったなと思います。

主将としてこの1年間ハンド部を率いてきましたが、振り返ってみていかがでしたか
2部からのスタートで、練習メニューとか変えたりとかして取り組んできたんですけど、結果が徐々についてきて、秋は入れ替え戦も回避できて。主将としての最低限の仕事はできたと思います。

法大ハンドボール部としての4年間を振り返ってみていかがですか
うーん…辛いこととかたくさんあったんですけど、振り返ってみると楽しかったことが多かったです。

印象に残っている試合を挙げるとしたらどの試合になりますか
今日の中京大戦ですかね。僕自身の中では1番ベストな試合だったと思います。

これからハンドボール部を担っていく後輩に向けてメッセージをお願いします
来年は1部からのスタートなので、今年の秋は8位だったので、もっと間に入っていけるように頑張ってもらいたいです。

4年間ともに頑張ってきた同期のみなさんへメッセージをお願いします
お疲れ様でしたっていうのと、社会人になってもお互い頑張ろうって言いたいです。

三富さんにとってハンドボールとは何ですか 
15年間やってきたので、大げさかもしれないですけど、人生そのものですかね。

最後になりますが、法大ハンドボール部を応援してくれているみなさんへメッセージをお願いします
遠いところに応援に来てくれたり、差し入れなどもくれたりして4年間感謝してます。ありがとうございました。

 

野口選手

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
あまり得点とか貢献できなかったんですけど。相手が東海地区1位で。でも結構惜しい試合だったなと思います。
 
―惜しい試合でしたが、相手との差は何だと思いますか
気持ちだけですね。余裕が違ったというか、今日は相手の方が勝ちたいっていう気持ちが強かったと思います。
 
―昨日、今日とインカレを振り返っていかがでしたか
後輩たちが頑張ってくれて、来年にも繋がるような試合ができたと思います。勝つこともできたので、楽しかったです。
 
―この4年間を振り返っていかがでしたか
あっという間だったんであまり覚えてないんですけど、楽しかったです。普段監督がそんなにいなくて、その分選手たちだけでやることが多かったので。
 
―印象に残っている試合を挙げるとしたらどれになりますか
そうですね…今日ですかね。すごく楽しかったです。
 
―野口さんにとってハンドボールとは何ですか
難しいですね…小学校のころからやってきて、まあ、体の一部ですかね。
 
―後輩たちへメッセージをお願いします
(何も言わなくても)まあ、あいつらならやってくれますよ!笑
 
―次に4年間一緒に頑張ってきた同期のみなさんへメッセージをお願いします
色々あったんですけど、いい仲間でした。ありがとうって言いたいです。
 
―最後になりますが、法大ハンドボール部を応援してくれているみなさんへ一言お願いします
いつも試合に駆けつけて、応援してくれてありがとうございます。OBの方たちにもたくさんお世話になったので感謝してます。ありがとうございました。
 
 

矢内選手

―今日を振り返って
正直言うと、自分たちのミスでこういう展開になっちゃったかなって思います。
 
―インカレ2戦を振り返ると
それなりにチームとして、よくまとまってできたと思うんですけど、最終的に年間を通して相手を上回るときの攻めとかで上手くいかずに、そこを修正できなかったところが悔やまれるところですね。
 
―ご自身はファインセーブ連発でしたが
そんなに意識してなかったですね。関東のリーグに比べてシュートが上手いと感じることがあんまりなかったです。
 
―これで今年最後の試合となりますが、今年を振り返ると
2部スタートから始まって、昇格して、1部に残留して、インカレでは2回戦まで来れて…なので満足してます。
 
―では4年間を振り返ると
今思えば、もっと下級生の時にトレーニングとかもっとできたところもあったかなって思います。
 
―印象に残っている試合は
順大との入れ替え戦ですかね。あそこで勝てたのは本当に大きかったですね。
 
―同期に向けて
4年間ありがとうの一言ですね。
 
―後輩に向けて
もっと色々工夫して考えながら、常に上を目指して練習をしていってほしいなと思います。
 

大竹選手

―今日を振り返って
立ち上がりからDFも声が出てて、守れて、くらいついていけて、最後までそんなに点差が離されずにできたんでよかったです。
 
―インカレはどうでしたか
自分はDFしかやってないんですけど、いい試合ができました。
 
―今年1年はいかがでしたか
あっという間でしたね。自分は色々忙しくてリーグ戦とか参加できない試合が多かったんですけど、楽しかったです。
 
―では4年間を振り返ると
あっという間でした()。特に3・4年生は早かったですね。
 
―印象に残っている試合は
最後の試合ですかね。今日の。
 
―今日の結果には満足ですか
そうですね。でも悔しさとやりきった感が半々ですね。
 
―後輩に向けて
来年はもっと強くなると思うのでリーグ戦では上位を狙って、インカレでは自分たちの結果よりも勝ち上がっていってほしいですね。
 
―同期に向けて
この仲間でできてよかったです。
楽しい4年間でした。
 

福原選手

―今日を振り返って
前評判で強いと聞いていたチームだったので、正直ここまでできると思ってませんでしたね。それと同時に、終わるときに4年間…というよりもハンドボールを続けてきた10年間を思い出しましたね。
 
―インカレについて
1試合でも多くこのチームでやりたいって気持ちもありましたし、強豪相手にいい試合ができたのでよかったかなと思います。
 
―4年間を振り返ると
大学2年の時に負ったケガでほぼ棒に振って、自分自身に悔しい気持ちもあったんですけど、それも人生かなと。
ハンドボールに集中できない時期もあったんですけど、ケガから回復してもう一度みんなとハンドボールがしたいって気持ちがあったので、昨日の1回戦の試合で得点できて本当によかったです。みんなも喜んでくれて報われましたし、法政のハンドボール部は最高だなって思いました。
 
―記憶に残っている試合は
もちろん昨日の試合ですね。僕が出てからみんな気を遣ってくれて、痛いほど優しさが伝わってきました。
 
―後輩に向けて
松浦君を中心に頑張ってほしいです。彼のおかげでここまで来れた、と言っても過言ではないですし、彼がキャプテンになってもっと強くなると思うので、来年はインカレ3回戦に行ってほしいですね。
 
―同期に向けて
正直ケガをしたときに何度も心が折れそうになって、辞めようかなって考えた時期もあったんですけど、そこを救ってくれたのが同期で…それがあったからこそ、今この場に立てたと思います。本当に感謝しています。
 

山代マネージャー

―今日は見ていていかがでしたか
キャプテンが当初から「挑戦者として挑もう」と言っていて、そういう気持ちで緊張感を持って臨めたのが良かったと思います。
今までのリーグみたいに、一回やられてダラダラやられるのではなく、よく喰らいついていってくれたなと思います。悔しい所もありますけど、本当によく戦ってくれたと思います。
 
―どんな4年間でしたか
もうちょっとできることもあったのかなと思いますね。
そこをしっかり後輩たちに引き継いで、どんどん良くなって行ってもらいたいです。未来は明るいと見ていて思うので、今後はOGとして関わっていけたらいいですね。
 
―後輩に向けて
色んな人に支えられていることを忘れずに。
OB、保護者、大会関係者に感謝して、自分たちが今ハンドボールをできることを当たり前だと思わずにハンドボールをやっていってほしい。もちろんハンドボールに集中してください。
 

永井トレーナー

―今日を振り返って
勝てるかなと思ったんですけど、重要な所で取れなくて負けちゃって…
 
―トレーナーから見て選手の状態は
初戦の時は全然体が動いていなかったので大丈夫かなと心配だったんですけど、今日はみんな疲れはあったと思うんですけど、昨日より体が動いていて調子は良かったかなと思います。
 
―今年を振り返って
去年のチームよりも互いに言いたいことが言い合えるようになって、1年生も頼もしい子ばっかなんで凄いいいチームですね。
結構メンバーで1年生も出ているので、これからどんどん強くなっていくと思います。
 
―2年間を振り返って
入ったばっかの時からずっと福原がケガをしていて、はじめましての頃からリハビリを見てたんですけど…
昨日の試合でゴールを決めてくれて本当にうれしかったですね。でも嬉しさ半分、悔しさ半分で、もっと全力でプレーさせてあげたかったですね。
 
―記憶に残る試合は
昨日ですね。ずっとリハビリだった選手が復帰して、久しぶりのゴールだったんで嬉しかったですね。
 
―後輩に向けて
1・2年生もよく出てて、3年生も最近になって責任感が出てきたのか、試合中に結構話すようになっていいチームだと思うので、これからも頑張ってほしいです。
 
―同期に向けて
途中から入ったんですけど、みんな温かく迎え入れてくれて、2年間凄い楽しかったです。本当に感謝してます。

フォトギャラリー

  • IMG 6301 Rベスト8をかけた戦いが始まる
  • IMG 6412 R-thumb-160x160-4861豪快なシュートを放つ#15松浦
  • IMG 6447 R-thumb-160x160-4859#4遠藤はルーキーながら主力として奮闘
  • IMG 6469 R-thumb-160x160-4860ファインセーブを魅せた#12矢内
  • IMG 6483 R-thumb-160x160-4858指示を出す主将の#5三富
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み