ハンドボール

【ハンド】2012関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 対明星大 接戦制し全勝優勝!いざ入れ替え戦へ!

2012年度関東学生ハンドボール連盟2部春季リーグ戦 対明星大
2012年5月20日(日)
日体大健志台

前試合は大量得点で大勝し、波に乗っている法大だが、最終戦をどう締めくくるのだろうか。全勝でいい流れそのままに、入れ替え戦へ挑みたいところだ。

試合結果

トータル試合結果

34
法政大学
16 前半 14 29
明星大学
18 後半 15
 

戦評

 序盤は相手に積極的にシュートを狙われ、主導権を握られる苦しい展開が続く。しかし反撃のチャンスを待っていたかのように、#4 遠藤(経1)の速攻や#13 坂野(社2)の倒れこみシュートなどで立て続けに得点を決め逆転に成功すると、流れを一気に引き戻す。最後は#15 松浦(経3)が相手のディフェンスをものともせず、高さのあるところからロングシュートを決め、前半を16-14で折り返した。

 後半も前半の良い流れのまま、さらに得点を重ねていく。特に、#4 遠藤が決定機を逃さずにシュートを決める場面が多く見られた。また、#15 松浦が相手の隙をつき、落ち着いて速攻を決めるなど、安定した試合運びを見せる。しかし後半終盤に明星大がタイムアウトを取ると、良かった流れが一変。突如DFがかき乱され連続失点を喫すると、相手ベンチのムードも最高潮に。しかし時間に助けられ、ここでゲームセット。最後は追い上げられるも法大が34-29で勝利し、見事に全勝でリーグ戦を締めくくった。

 今季リーグ戦は1年生の活躍も目立ち、多くの選手が実践で経験を積めたことが良い点として挙げられる。しかし本当の戦いはここからだ。今季リーグ戦わずか1勝の順天堂との対戦になるが、1部の強豪の中で戦い続けてきたチームとの対戦となる。だからこそ、今までのような試合展開はそうそうできないだろう。しかし昨年2度も入れ替え戦で悔しい思いをしただけに、勝利への執念を見せてほしい。そしてそのとき、1年越しの「1部昇格」への悲願が達成されるであろう。

監督・選手コメント

上久保監督

―今日の試合を振り返って
立ち上がりやっぱりディフェンスが上手くかみ合ってなくて、後半訂正してディフェンスもよく機能して、あれが続けばいいんだけど、どっかでミスが重なるとどうしてもディフェンスが乱れちゃうっていうそういう状況があって、後半の後半は点が取られすぎで、まぁメンバーを替えたっていうのもあるんだけど、でもディフェンスを守れれば入れ替え戦も突破できると思うので全然心配はしてないです。

―リーグ戦を振り返って
順調じゃないですかね。戦術的にもう少し相手によって変えれればいいんだけど、でもいつもの練習のスタイルを通してたので、接戦の試合もありましたけど、時間と得点を考えてやってきたので問題ないと思いますね。

―入れ替え戦に向けて
技術的には1部に通じるものを持ってるので「絶対勝つんだ」っていう気持ちが全面に出てれば突破できると思いますけど、これから一週間の練習でディフェンスの立て直しと、あと結局ノーマークのシュートできちんと入れないと相手にペースを持ってかれてしまうのでその練習をして、後半ペースに乗って得点を重ねていければと思います。

遠藤選手

―今日の試合をふり返って
今日は自分的にはシュートが結構入って良かったです。全体的にディフェンスが真ん中で簡単に打たれてしまうところがあったので、そこを次の試合までに修正していきたいです。

―今日の良かったところは
チームは全体的にシュートミスが無かったことと、個人もシュート確率が高かったことです。

―見えてきた課題は
悪かったところはやはりシューターに対する手のあげ方とか、キーパーとの連携の取り方ですね。

―試合の出来は
まあまあ良かったと思います。

―今日は色々なポジションをこなしていましたが
いまチーム内で怪我人がいるので、その穴を埋められるようなプレーをしていきたいです。

―シュートもよく決まっていましたが
松浦さんとか先輩の助けもあって、気持ちよく打てました。

―最後は相手ペースになっていましたが
速攻を無理にいってそこからの逆速攻などがあったので、そこで落ち着いてプレーしていけたらいいなと思いました。

―リーグ戦全日程終えましたが、ふり返ってみて
やっぱり入学して一番最初のリーグ戦だったので高校と大学の差もあったんですけど1部でプレーするために法政に入ったので優勝で満足しないで来週の入れ替え戦で全てをかけて頑張りたいです。

―入れ替え戦の相手は順天堂ですが
ビデオなどをみて、みんなで話し合っているんですけど、やっぱりセンターとポストが要注意ということなので1週間練習に重点的に取り組んでいきたいです。

―入れ替え戦へ向けて意気込みを
絶対1部に上がるので応援お願いします。

 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み