ハンドボール

【ハンド】2010関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ入れ替え戦 対立大 法大セブン躍動!激闘制し1部残留!

2010年度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ1部2部入れ替え戦 対立教大
2010年10月17日(日)
日体大健志台

迎えた運命の入れ替え戦。1部所属の法大としては絶対に負けられない一戦だ。

20101017-04 R
キレのあるステップで相手を翻弄する栗山

試合結果

トータル試合結果

 

29
法政大学

12 前半 11

 

24
立教大学

17 後半 13
 

戦評

 序盤は38年振りの一部昇格を目指す立大が攻勢を仕掛ける。立大ペースで試合が運ばれると思われたが、法大が高さを生かしたシュートで徐々に主導権を握り逆転。1点リードで前半を折り返した。

 後半は個の力で勝る法大が次々と得点を挙げ、最大で7点差をつることに成功する。後半20分過ぎ、法大に2分間の退場者が出るも、ディフェンスが上手く機能し、立大に有利な状況を乗りこえ無得点に押さえた。この後は互いに点を取り合う展開となり、来季1部残留を決めることになった。

監督・選手コメント

上久保監督

―今日の試合についてお願いします
立ち上がりはミスが多くて押されていたけど、得点を入れて修正していけた。今までは後半の立ち上がりに集中力が切れて中だるみすることが多かったけど、今日はボールが回っていた。佐々木も後半に点を入れていてよかったね。斎藤は前半良かった。屋鋪は秋から1対1の勝負ができるようになったのが大きいね。今日はいいところで上から打っていた。

―インカレへ向けて。
組み合わせがいいから、勝ち進んで日大と戦いたい。ベスト4までいきたいね。

#8 畑村主将

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
相手が必死で応援もすごかったので、雰囲気に飲まれてた部分がありました。空気もずっと向こうのままで、我慢のハンドでした。(立大とは昨年2部リーグで対戦しましたが)リーグ戦と入れ替え戦では違いますね。自分たちは今回迎える側だったので、相手には勢いがありました。

―今日の法大のプレーについては
前半は相手が意外と走ってきて最初は点を取られてしまったんですけど、徐々に慣れていきました。後半は相手がばてていたんですが、やっぱりうちはミスがいつも通り多くなってしまいましたね。今日は内容よりも結果が求められる試合ではあったんですが。イメージとしてはもう少し楽に勝てると思いました。

―今シーズンを振り返っていかがですか
悔いが残りますね。もっとできたと思います。終始ミスの多さにつきますね。

―次はインカレです
初戦の同志社戦は勝てると思います。2回戦であたる桃山学院大は関西で2位になっている強いチームなんですが、頑張りたいです。目標は(昨年のインカレで敗れた)日大にリベンジすることですね。

#12 斎藤選手

―今日の試合を振り返って
ミスをしなければ、もう少し余裕で勝てると思ってました。

―今日の自身の好セーブの連発について
そんなに調子はよくなかったです。相手の雰囲気(応援がうるさかった)と、自分たちのミスで崩れてしまいましたね。

―1年を振り返って
いい時と悪い時の波が激しかったです。来シーズンはいい時の波を維持すればいい結果になると思います。

―インカレに向けて
春も夏もよくない結果に終わったので、最後はベスト8に入りたいです。そして、今シーズンやられた日大と戦いたいですね。

#4 栗山選手

―今日の試合を振り返って
相手の気迫がすごくて前半は飲まれました。下級生は相手の応援で集中できてなかったと思います。

―立教に対しての対策はしましたか
相手とはレベルが違うと思っていたので、特にしていなかったですね。毎回のことで、守備の徹底の認識とミスを減らすことだけは意識していました。

―1年を振り返って
去年とほぼ同じメンバーなのに進歩が見えず、強さが変わらなかったし、むしろレベルが落ちたと思います。おごった気持ちがあってよくなかったと思いますね。

―来シーズン、下級生に対する課題は何だと思いますか
とにかく各個人のレベルアップしかないです。冬に頑張ってあげてもらいたいですね。

―インカレに向けての意気込みをお願いします
2回勝つ(ベスト8)!そうすれば、日大が来ると思うので倒したいです。

#2 赤間選手

―今日の試合の感想は
絶対に負けられない試合だったので、全員で気持ちを一つにして勝てたので良かったです。

―勝因はなんだと思いますか
波が相手にいきかけたときに、集中を切らさずにできたことだと思います。

―立教大の印象は
気合いが入っていたので、それに押されないように意識しました。

―相手の応援による影響はありましたか
ありましたね。指示も聞こえず、手こずりました。

―今後の課題は見えましたか
特にインカレに向けて、シュートをもっと打てるようにしていきたいです。

―チーム全体の課題は
後半の集中力やスタミナが切れないようにしたいですね。

―来月にはインカレが待ち受けていますが
4年生は最後ですし、自分も4年生に悔いを残させないように頑張りたいです!

#5 佐々木選手

―今日の試合の率直な感想は
勝って良かったっていうのが第一です。2部が1部に上がるっていう波がどうしても強いですし。前半はみんな感覚でプレーしている部分があって、2部のチームを甘く見ていましたね。

―今日の勝因は
後半をしっかり切り替えて、ディフェンスは少し乱れた部分もありましたが、要所要所で抑えることができたので、そこが勝利の要因になったと思います。

―今日に向けて取り組んだことはありましたか
特にはなく、普段通りやってましたね。自分たちの力を出すことができれば勝てると思っていました。

―立教大の印象はいかがでしたか
とにかく元気があって、足がよく動いていて、ディフェンスが上手かったです。立教より自分たちの方が身長もデカいのに、上から打ってきたりして。波にのまれかけるくらいに、勢いがありました。

―今日の反省点は
ディフェンスとキーパーの連携。それから速攻は、パス一本で狙おうとして、コート全体を使えていないところです。あとはもっと状況に応じたプレーができるようにしたいですね。

―その他に課題は見えましたか
ノーマークシュートや1対1の弱さと、パス回しでカットされることが多かったので修正していきたいです。

―次はインカレがありますが
けっこういいブロックに入ったのですが、走れるチームと当たったり、関西は今日に比べて大型なので。ディフェンスでは間合いをつぶすことを意識していきたいです。

―最後に目標をお願いします
目標はベスト4。そこまでの一戦一戦をしっかり勝ち進んでいきたいです。

 

フォトギャラリー

  • 20101017-04 R
  • 20101017-02 R
  • 20101017-03 R
  • 20101017-05 R
  • 20101017-06 R
  • 20101017-01 R
  • 20101017-07 R
  • 20101017-08 R
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み