【ハンド】2014関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対国士大 一進一退の攻防の末同点に終わる

関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対国士大
2014年9月21日(日)
明大和泉

秋季リーグも終盤に差し掛かかった。GK中村の活躍で前半をリードで終え後半を迎える。緊迫した試合展開が続き、最後の1秒まで目が離せない試合となった。

好セーブを連発しチームを救った中村

試合結果

22
法政大学
10 前半 8 22
国士舘大学
12 後半 14

戦評

 試合は前半から緊迫した展開となった。開始早々、河本憲汰(経4)が前日11得点の勢いのまま得点を決めるが、そこから国士大OF陣のスピードに押され3連続失点。だがその後は前日なかなか決めることができなかったセットプレーでの得点が連続して決まるなど、相手にリードを許さない展開に。DF面ではGK中村祐貴(経3)が奮闘する。DF陣との連携によって相手のシュートを次々にセーブし攻撃のリズムを作り出しながら、ノーマークシュートも何本もセーブし流れを相手に譲らない。長谷川良介(社2)の連続得点などもあり10-8とリードして前半を終える。
 後半、立ち上がりに難のある法大。先制点を奪うも、すぐに連続失点しリードを広げることができない。中盤に差し掛かったころには4連続失点し、遂には逆転を許してしまう。だが法政も意地を見せる。全員で声を出しながら、法大の得意とするDFから速攻を4連続で決め再びリード。終盤には左サイドの嶋大介(スポ4)が得点を重ねる。試合は残り時間約1分の段階で同点。ここで佐藤監督はタイムアウトを取り最後の攻撃にかける。しかし、法大のシュートは外れ、逆速攻を食らってしまう。リスタートを仕掛けた結果、長谷川がファールを誘い、ここでの7mスローを河本がしっかりと決めて引き分けに。22-22で試合を終え、今季初の勝ち点を得た。

 結果を見れば勝ち点を得られたが、内容的にはチームに流れを引き寄せられる場面でのミスが多く、試合を優位に運べなかった。次戦では今日の試合を落とさなかったことをプラスに捉え、シュートチャンスを着実にものにする落ち着いた試合展開を期待したい。(松尾武蔵)

コメント

佐藤浩監督

―今日の試合を振り返って
昨日、日体大に後半かなり引き離されて、精神的にもつらい状態で翌日この試合を迎えました。実際、昨日も諦めてはいないのだろうけども、諦めているような状態で点差が離されてしまった。そんな中でとにかく変えられるものは気持ちしかない、気持ちを切り替えていこうと話して、それを選手が実施してくれて、最後の最後まで諦めない、点差がどうなろうと諦めない、ということを試合中もみんなが言い続けて、それが最後の残り13秒で負けていても諦めないラストワンプレーにつながったのかと思います。

―後半残り1分同点の場面でタイムアウトを取った際、どのような話をされたのですか
残念ながら確実に点を取れる戦術、フォーメーションは持ち合わせていない状態でしたので、いつも通りの攻めをしようと、変なことをせずいつも通りのことをして、得点できなくともきちんと守ろう、そういう話をしました。実際、そこで逆速攻をやられて勝ち越されたのですが、残り時間でできること、守れたら速攻、入れられてもリスタートをして点を取りにいくという意思の疎通が全員できていたので、とにかく絶対に諦めないということを確認しました。

―勝ちきれなかったものの大きな勝ち点1を得て、今後2試合の戦い方は
今日の試合で何が通用して、何が通用しないかというところがはっきりわかりました。まず、点が取れないということ。どうしてもロースコアにならざるを得ない、22点じゃ勝てません。かと言っていまから点をたくさん取れるようにはなれないので、今日のDFをさらに進化させて、DFからの速攻、不利な状況でもDFで粘るというようなところの精度を上げていきたいです。

―昨日の引き続き今日も石川雄貴(経2)選手を起用されていましたが、狙いはDF面での強化にあるのでしょうか
彼はかなり高い位置までDFで出ることができるので、そういった意味で相手にプレッシャーを与えられる、守るだけでなく相手のミスを誘うことができるというところで彼の動きには期待していました。実際今日はできたかなと思いますね。

―DFからの速攻も多く見受けられましたが
それでもまだ少ないほうです。まだまだいけると思いますので、そこの部分でマイボールになってからの走り方をもう少し精度を上げていればあと2,3本は取れたのかなと思います。

―次の順大戦に向けて
順天堂は得失点をみてもかなりマイナスが大きいチームですので、40対20で勝つつもりで、そういった意気込みで行かないと、この先入れ替え戦を見据えたときに、そのくらいのスコアで勝たないとズルズル行ってしまいます。ただ勝てばいい試合ではないのでそういった戦いをしたいです。

嶋大介

―今日の試合を振り返って
昨日は流れが悪い中で終わってしまいましたが、そこを切り替えて試合に臨めたのは良かったと思います。

―シュートも決められていましたが、調子は良かったですか
そうですね。自分の中でも集中していたので、キーパーも見えていて良かったかなと思います。

―GK中村選手の好セーブについて
あのような止め方をしてくれると、僕たちも盛り上がるので中村くんはよく頑張ってくれたなと思います。

―今日の試合で良かった点はありますか
チーム全体としては、均衡していた試合の中で集中を切らすことなく最後までやり通せたのは良かったと思います。

―改善点はありますか
所々ミスが目立ったので、そこを無くしていけばさらに点数が重ねて勝った試合だったのかなと思います。

―同点という結果はどのように捉えていますか
正直勝てた試合ではあったんですが、そこで落ち込むこと無く、今日のことを生かして来週の残り2試合勝ちたいと思います。

―次戦に向けて
今日引き分けで今までの試合でも良かった方だと思うので、この流れを元に来週の2試合良い試合をして勝ちにつなげられたらなと思います。

中村祐貴

―今日の試合への意気込みと振り返り
昨日の試合(日体大戦)完敗で、個人的にも良くなかったので今日は本当に頑張ろうと思っていました。今日勝てなかったのはとても悔しいです。

―ご自身のプレーで個人的に良かった点
 国士舘とはそこそこ相性も良くて最初の方は止めることができました。
ただ後半もっと止められるシュートもあって試合の結果も同点なのでもっと頑張れたかなと思います。

―ロングシュートを安定して止められていた印象がありますが何か意識したことはありますか
相手のビデオを見てシュートを上から打ってくるのはわかっていたので、DFと約束事を決めてどっちがどう守るかを確認できていたことが良かったと思います。

―前日(日体大戦)が大量失点ということでしたが
切り替えるしかないという感じでした。試合前はみんな静かでどうなるかと思っていましたが、いい雰囲気で波に乗って行けたので良かったです。

―次回への抱負をお願いします
自分はそんなに試合に出られるキーパーではないんですけど、試合に出たらチームを助けることのできる勝てるキーパーになりたいです。

遠藤由陽

―今日の試合を振り返って
今日はDFが機能していました。攻めている時間が長いとどうしても相手の流れになってしまいます。守っている時間が長いとこっちのペースにもっていけるので今後2試合を残すのみですが、DFは今のまま維持しつつ、OFをもう少しシュートをしっかり決められるようにしたいですね。

―速攻も多く見受けられましたが
相手の戻りが遅かったので、そこの隙を突いて足でいきました。

―勝ちきれなかったものの、大きな勝ち点1となりました
そうですね。けれどあと2つ勝たないと入れ替え戦になってしまうので、しっかり良いところは維持して、悪いところは反省して、この2試合勝ちにいきたいと思います。

―収穫と課題はありましたか
速攻の飛び出しとシュートの確率という点は良かったと思います。課題としては、OFで相手DFの正面に入ってしまったりしたのでそこを工夫して、もう少し考えて攻撃していきたいです。

―昨日は大差で敗れ、今日の試合に向けてどのようなことを考えていましたか
昨日はほとんど速攻でやられてしまっていたので、とにかく戻りをしっかりしようと話し合いました。今日は比較的戻りもできていたのかなと思います。

―残る2試合の戦い方は
順大は2部から上がってきたチームで格下だと思っているのでしっかり対策をして勝ちにいきたいです。東海も去年勝っているので粘り強く戦いたいです。

―次の順大戦に向けて
本当に勝ちにいきます。それだけです。

 

フォトギャラリー

  • 2014ハンド秋国士④202 R-thumb-160xauto-9692好セーブを連発しチームを救った中村
  • 2014ハンド秋国士① R-thumb-160x160-9694鋭いシュートを放つ遠藤由陽(経3)
  • 2014ハンド秋国士② R-thumb-160x160-9695速攻を仕掛ける嶋
  • 2014ハンド秋国士④201 R-thumb-160x160-9693最後に同点の7mスローを決めた河本
  • 2014ハンド秋国士⑤ R-thumb-160x160-9696相手DFをかわしてシュートを打つ渡邉大貴(社3)
  • 2014ハンド秋国士⑥201 R-thumb-160x160-9697今試合チーム内最多得点を挙げた長谷川
  • 2014ハンド秋国士⑥202 R-thumb-160x160-9698試合を終えた選手たち
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み