ハンドボール

【ハンド】インカレ4年生特集〜最高の仲間〜

全日本学生選手権大会  1回戦 対大体大
2016年11月19日(木)
松茂町総合体育館

今年度最後の大会であるインカレを終えて、4年生はついに引退を迎えた。この1年間を最高学年として先頭を切り、チームを導いてきた彼らに改めて思いの丈を伺った。

IMG 9329 S
引退を迎えた4年生 

選手 コメント

長谷川良介 主将(社4) 

-試合を振り返って
勝てなかったことは残念でしたけど、自分のできることはしっかりやれたので、この続きは来年以降頑張ってほしいです。後悔はないです。

大体大への対策は生かせましたか
組み合わせが決まってからは大体大に勝つことだけを考えて練習してきました。その成果は試合でも発揮できたと思います。
 
-長谷川選手が主将として思い描いていたチームを作ることはできましたか
理想の50%くらいですかね。良い時の法政は本当に良いんですけど、悪くなってしまうと崩れていくので、良い時の法政がずっと続くようになるのが理想でした。
 
-今年は下級生が多く出場するチームでしたが
若い1年生や2年生が本当に頑張ってくれました。将来性があって伸びしろのあるチームだったと思います。
 
-同期の存在はどのようなものでしたか
たとえ試合に出られなくても腐ったりしない素晴らしい仲間でした。ベンチに入れなくても自分がプレーしているくらい全力で応援してくれましたし、信頼の置ける4年生たちでした。
 
-次期主将の内門選手と会話はされましたか
試合後にしました。4年生がまとまってしっかりやれば絶対に強くなるチームなので、来年は頼んだぞと声を掛けました。
 
-下級生に一言
今年みたいな結果ではダメなチームだと思います。能力も高いですし、もっと上を目指せると思うので来年は法政らしく楽しみながら頑張ってほしいです。
 
 

猪俣淳三郎(経4) 

-今のお気持ちを
悔しいのはもちろんありますけど、今年1年今までやってきたことを出しきることはできました。出しきれたことに関しては満足しています。
 
-今回の試合展開について
もちろん相手の方が格上なのですが、実力としてはそこまで差がないという状況でした。本当にひとつひとつのプレーで展開が変わっていく中で、やっぱり相手の方が技術とかではなく、一つの練習に対する追い込み方の積み重ねが自分たちより上だったのかなと思いました。
 
-まずは1勝という目標でしたが、今大会を振り返っていかがでしたか
もちろん目標を達成できなくて、悔しい部分もありますし、相手が本当に強いチームだったので、今日1勝できれば2勝3勝も全然見えた展開なると思っていたのですが。やはり1年通して勝てるチームを作れなかったということが原因なので、来年の1,2,3年生には勝てるチームを作ってインカレに戻ってきてほしいです。
 
-今年1年間の戦いを振り返って
1年生たちが活躍する代だったのですが、途中加入で粗削りの部分が沢山あったりして大変だったのですが、それでも全員日が増すごとに成長していって。今日も本当に堂々とプレーしてくれたので、来年とかに期待できると思います。
 
-大学4年間を振り返っていかがでしたか
楽しかったですね。やらされる練習があるチームではないので、自分たちでどこまで追い込むかというチームで。自分たちでやれるとこまでしっかりやりきりましたし、1年生など下級生のときも先輩にお世話になったりしたので、4年間全部含めて楽しかったです。
 
-最後に同期に向けて
いつも結構ふざけてる人が多いのですが、やっぱり最後やるときはやるという代だったので嬉しかったし、感謝しています。
 
 

石川雄貴(経4)

-今の気持ちは
負けてしまったんですけど、法政のいいところが全部出た試合だったので、悔いはないです。勝ちたかったのはもちろんなんですけど、勝敗関係なく思いっきりできたかなと思います。
 
-今年はどのような雰囲気のチームでしたか
4年生全体が本当に仲が良くて、チームワークという面で周りと戦ってきました。でも1回戦が駄目になってしまうと立て直せないところがあって、今回はその悪い面が出てしまったのかなと思いました。
 
-法政のいいところとは
盛り上がりですね。一度波に乗ると、ベンチもベンチ外も全体が一体となって盛り上がれるところが法政の強みじゃないかなと思います。
 
-法政での4年間はどのようなものでしたか
楽しかったです。大学4年間は楽しくハンドボールがやりたいなと思って入ってきたので、いい先輩にもいい仲間にも巡り合えて、4年間本当に楽しかったです。
 
-長谷川主将の存在は
自分たちの代は個性的な人が多くて、そんな4年生をうまくまとめられたキャプテンは長谷川しかいないと思っています。
 
-4年生全体はどのような代でしたか
本当に皆個性も我も強くて、とにかく自由で、全学年が集まった中でも一番精神年齢の低い代でした(笑)。
 
-今後もハンドボールを続けていきます
今のところ予定はないですけど、機会があればやっていきたいと思っています。
 
-後輩たちに伝えたいことは
法政らしく、楽しく、最後まで笑顔でハンドボールをやってくれれば悔いはないと思うので、それは続けてほしいなと思います。
 
-応援してくれた方たちへ向けて
4年間差し入れとか、わざわざ足を運んで応援に来て下さったり、いろいろな形で多方面から支えていただきました。それがなかったら今の自分たちはここにいないと思っているので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 

堀竜泰(社4)

-試合を見ていていかがでしたか
自分は出られなかったんですけど、皆が最高の活躍をしてくれて悔いはないです!
 
-大学での4年間はどのようなものでしたか
自分は3年生になるまで活躍することができなくて4年生になってリーグ戦にも出ることができて、最後メンバーは入れなかったですけど、それは自分の実力とか努力が足りなかったと思うので、そのことは今後社会人になった時にその反省を生かせたらなと思います。最後踏ん張れるようにしたいなと思います(笑)。
 
-今後の進路は
ハンドボールはもうやらないです!きっぱり他のスポーツやろうかなと思ってます。
 
-例えばどんなスポーツを
そうですね、ずっとハンドボールやる前とかは空手とかやってたので、考えないようなスポーツをやりたいと思います。
 
-今までの試合で印象に残っているものは
やっぱり今年の春季リーグ戦で点獲った時が一番嬉しかったですし、それとデビュー戦春の国士館大戦で相手のGKがずっと高校まで一緒にやってきた人だったので、その相手に勝つ得点を決められたのは嬉しかったですね。
 
-法大のチームの良いところは
良くも悪くもクズが多いところだと思います。そのクズさに本当に助けられてきたので本当に皆に「ありがとう」と伝えたいです。
 
-後輩の方々に向けて
「俺たちみたいになるなよ!」と伝えたいです。
 
 

中矢達裕(スポ4)

-試合を見ていかがでしたか
今年は4年生がコート立てなかったので、後輩に結構負担をかけたんですけどリーグ戦よりもたくましくなってくれて、来年しっかり強くなってくれるなと思いました。
 
-大学での4年間はいかがでしたか
けがも多かったんですけど、周りがインターハイいってる選手が多くて、自分はキャリアがない状態で入ってきてそれでも周りがしっかりフォローしてくれて楽しくハンドボールさせてもらったので、今まで色んなことを教えてくれた先輩と同期、後輩と皆に感謝したいです。
 
-法大のチームとして良いところは
やっぱり他のチームと違って、全員が良い雰囲気を作り出そうとしているところが良いところだと思います。
 
-後輩の方々に向けて
4年間楽しかったのは後輩のおかげでもあるので「ありがとう」ということと、来年絶対強くなれると思うので頑張って欲しいし応援してあげたいなと思います。
 
 

高橋睦(経4)

-今日の試合を見ていかがでしたか
チーム自体の個人能力は高いので、能力の高い後輩たちがたくさん入ってくれてチームの底上げにつながっていたと思います。とても強いチームにはなったんですけど4年生がまだ引っ張りきれない部分があって、チームとしての完成度が完璧ではなかったのかなと感じました。
 
-大学での4年間を振り返って
まず福島工業高校という全国では全然名の知られていないチームだったので、そこから法大に呼んでもらって本当に感謝していますし、インカレに出られなかったのは本当に残念でした。いろいろ努力はしてみたんですけどつながらなくて、悔いの残る形になってしまったと思います。
 
-法大のチームの良いところは
雰囲気もそうなんですけど、一人一人が後輩にも学んできたことを教えられる、皆能力があるので後輩に伝えられることが多いところだと思います。次につながる指導力を皆が持ってると思います。
 
-後輩の方々に向けて
今のままでも全然良いチームなんですけど、来年とかもっと良い選手が入ってくるので、それを生かして4年生が力を合わせてチームとして完成度の高いものをつくっていって欲しいです。
 
 

内野政寛(経4)

-今年のチームを振り返って
活躍する1年生が入ってきて、それを猪俣とキャプテンの長谷川が引っ張って、チームをうまくまとめてくれたという印象です。
 
-長谷川主将の存在は
ちゃんと練習中に言いにくいことも言ってくれて、そうやって厳しくいう事でチームがまとまっていったのかなと思います。本当にあいつのおかげでチームが一つになれたのだと思います。
 
-猪俣選手の存在は
今までは皆を引っ張っていくキャラじゃなかったんですけど、副キャプテンという役職についてからは本当にうまく皆をまとめてくれました。特に戦術面においてチームを強く引っ張ってくれました。
 
-4年生全体はどのような代でしたか
結構個性の強い人が多かったんですけど、それでもなんだかんだ皆まとまっていていました。試合の時とかもやることはできていたんで楽しく一緒に4年間を過ごせました。
 
-法政での4年間はどのようなものでしたか
2年生の時に1回試合に出る機会があったんですけど、そこから続けて試合に出られなかったことに後悔が残ります。次は社会人になるんですけど、しっかりと悔いを残さないように一つ一つのことを真剣に挑んでいきたいなと思います。
 
-卒業してからハンドボールを続ける予定は
遊び程度にできたらなと思います。
 
-後輩たちに伝えたいことは
こうして毎年毎年、接戦で負けてしまっているので、来年は能力の高いメンバーもたくさんいますし、しっかりと勝てるチームというのを作っていってほしいと思います。
 
-応援してくれた方たちへ向けて
特に両親に対して、自分は試合に出られなくて親孝行できなかったことが残念なんですけど、高校からやってきてずっと支えてきてくれたので本当に感謝しています。
 
-メンバーへ向けて
一緒にハンドボールができて本当に楽しかったです。ありがとう!
 
 

柿崎雅俊(デザ4)

-今のお気持ちを
悔しいですね、本当に。
 
-試合を終えた直後は
終わったなーって。
 
-今日の試合を振り返って
前半、ダブルスコアになりそうなくらい勝っていただけに。いっつも法政は自分たちのミスから逆に速攻を食らっちゃって、もったいない失点ばっかりで。自分たちの代でそこを直せなくて、それは3年生以下もわかっていると思うので。そこを修正すれば逆転されることなく、前半の貯金がそのままいけると思います。
 
-今年1年間の戦いを振り返って
監督が練習でいない分、4年生がやるしかないんですけど、キャプテンと副キャプテンがちゃんと締めてやってくれていて、他の4年生がちょっと。キャプテンと副キャプテンには申し訳なさと感謝ですね。
 
-ご自身としては、この1年間いかがでしたか
楽しみながらずっとハンドボールをできていたかなと思います。
 
-大学4年間を振り返って
下級生のときは、自分は生意気だったので、本当に上級生に迷惑かけたなっという気持ちで。上級生になったら、やっぱり気持ちがわかるというか、自分が下級生のときにばかだったなっていうのがわかったし、成長できたかなって思います。
 
-特に上級生として意識したところは
やっぱり人数も多くて、上手いのが下級生ばっかりだったので、どうやってまとめていくか、どういう雰囲気でどうやって勝っていくかが一番悩んだかなと思います。結局最後は自分たちは楽しく、勝てるチームがいいかなと思ってやりました。
 
-キーパーのポジションでしたが、プレッシャーは常にありましたか
入れ替え戦のときは緊張しました。それ以外は楽しかったです、ずっと。下級生のときから出させてもらっていて、ありがたかったです。
 
-来季、下級生に期待することは
4年生が引退しても、チーム力はたぶん全然落ちないと思います。法政は出だしが悪いとか色々問題があったのですが、結構そういうところは自分たちの代で改善できたかなと思っていて。あとはやっぱりDFがちょっと下手くそなのと、ミスが多くてシュートまでいけないというのが課題だと思うので、そこを気にして3年生以下で練習作ってもらって頑張っていってもらいたいです。そしたらたぶんインカレでも結構良いところまでいけると思うので。
 
-同期に向けて
出会えて良かったです。楽しかった。ありがとうございました。
 
-今まで応援してくださった方々に向けて
本当に感謝ですね。いつも毎回来てくださって。最後勝てなくて申し訳なかったですけど、本当にありがとうございました。
 
 

立野省吾(社4)

-今大会を終えて、今のお気持ちは
正直悔しいのもありますが、ほとんど全てを出しきれたので良かったです。
 
-今回は、選手としては臨まなかった大会でしたが
なるべくチームの力になれるようにっていうのを心がけていたので、それでその中で考えたら選手よりはトレーナーの方がいいんじゃないかっていう結果になりました。
 
-この1年間、チームを見てきていかがでしたか
素材というか個々はすごい選手が集まっているので、あとはチーム力でした。最後にやっぱり学生中心というところでの詰めの甘さが少し出たのかなというのがありますが、1年間見てきたら全員がすごく成長していて、チームとしても良いチームになっていたので良かったと思います。
 
-大学4年間を振り返って
やっぱり最高の仲間に囲まれて、4年間しっかりハンドボールと向き合えることができたので、とても充実した大学生活でした。
 
-同期に向けて
楽しいこと苦しいこと色んなことを一緒に乗り越えてきましたが、この仲間たちじゃないと乗り越えられなかったんじゃないかと思うので、かけがえのない仲間です。
 
-最後に、今まで支えてくれた方々に向けて
ハンドボールを10年間やってきた中で、色々な人に出会って、色んなことを教えてもらったりしました。ハンドボール人生としてもすごく貴重な体験をさせてもらったと思っているので、全ての人にありがとうと言いたいです。
 
 
 
 
 

フォトギャラリー

  • IMG 9329 S引退を迎えた4年生

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み