ハンドボール

【ハンド】2014関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対中大 宿敵相手に苦戦、まさかの結末

関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対中大
2014年9月7日(日)
日大八幡山

前日の熱戦から一夜。今日の相手は春に勝利している中大だが、昨季2位の筑波大から勝ち星を挙げえおり、油断はできない。3連敗中の法大としては絶対に落とせない試合だ。しかしそこにはまさかの展開が待ち受けていた・・・。

後半大活躍の長谷川

試合結果

23

法政大学

9

前半

15

31

中央大学

14

後半

16

戦評

 前半、GK柿崎雅俊(デ工2)がいきなり好セーブを連発し会場を沸かせた。ここで先制点と取っておきたい法大だったが、シュートが決まらず両者無得点の状態が続く。この状況で高間アミン(経1)がファールで2分間の退場を告げられてしまう。中大に7mスローを与えると、きっちり決められ先制点を許す。すると、法大のミスから速攻をくらい、点差が広がっていく。法大は、前回の試合を欠場していた長谷川良介(社2)のポストシュートやエース・坂野翔也(社4)の巧みなシュートで追い上げる。しかし11分を過ぎると、その勢いが止み17分を過ぎるまで無得点と悪い流れに。立て直しを図るため法大はタイムアウトを要求すると、高間のサイドシュートや河本憲汰(経4)の豪快なシュートが決まり出す。だが、中大の猛攻も続き9対15と6点差で前半を折り返すことに。

 後半に入ると、長谷川が躍動。ポストシュートで先制点を奪うと、続けて相手DFを振り切るパワーのあるポストプレーで得点を重ねる。一気に差を詰めたいところだったが、中大の攻撃を止めることができず差が縮まらない。中盤、柿崎のファインセーブかや河本、長谷川の得点で3点差まで詰め寄る場面もあったが、終盤に失点を重ね23対31でイタすぎる敗北を喫した。

 入れ替え戦を回避するためにも、絶対に負けることのできなかったこの一戦。敗北の原因として佐藤監督は、「キーパーからの球出し」を挙げている。柿崎がボールを捕球後、すぐにフィールド上の選手にパスを回すことができず速攻がワンテンポ遅れてしまった。次戦までに、この点をどこまで修正できるなかに注目したい。また、今日敗れてしまったことで入れ替え戦回避が厳しい状況になった法大。しかし、まだ決まったわけではない。今日挙がった課題を克服し、残りの試合を戦ってほしい。(山崎美香)

コメント

佐藤浩監督

ー今日の試合を振り返って
シュートミスが多いように見えるのですが、そもそもシュート自体が苦しい体制から打っている部分が多いです。結果シュートミスしているように見えます。そこにつながった根本的な原因は、柿崎が取ってすぐに速攻するために投げるモーションに入るのですが、そこで(ボールを)もらう選手がいないことです。いないために柿崎が一回止まってしまって、誰か取りに来いと言ってから投げています。そのプレーが今日10分以上もあって、それがあることによって速攻がワンテンポ遅れて、向こうは戻りが速くなり、自分たちの速攻が不利な状況で攻めていくので、結果的にシュートが潰されて無理打ちになり、勢いのないシュートという形で相手のキーパーに取られました。シュートという面だけではなく、それよりも前のところで自分たちの速攻の橋ができなかった、修正できなかったところが一番の問題です。そして逆速攻をやられて点を取られて今日の点数になりました。

ー今日の点差について
試合の中で、先ほど申し上げたキーパーの球出しを速くするところができずに点差がどんどん開いてしまったので、そこがやはり一番の原因です。

ーハーフタイムの間、その点について選手に話されましたか
前半はそこが顕著ではなかったです。前半はセットの攻めが多くなっていたので、向こうのDFがすごく高い位置からプレッシングしてきた中で、こちらも一生懸命1対1で抜こうとしていた部分がありました。そこを一生懸命抜いたところで位置が高いので、次のチャンスにつながらなかったです。パスを出して、出したらパス&ランで裏を付くという動きをするように指導しました。

ー次の試合までの課題は、キーパーの球出しを速くするということでよろしいですか
そうですね。せっかくセットで守って、しっかり速攻に出る形までいっているのにその一本目がすぐに出ないという状況は致命的です。そこは徹底的に直すようにと、試合後のミーティングでは言っています。

ー試合後、柿崎選手に何か伝えたことはありますか
今言った指示ですね。DF全員にもそうだし、柿崎にも改めて個人的に言いました。あとは、彼が全日本ジュニアでプレーしていたときに、お前が取った後メンバーはどう動いていたのかと聞いたら、こういう風に動いていましたときちんと言っていたので、それをメンバーに言ってその動きをしてもらえと言いました。せっかく全日本ジュニアという良いところに行って、良いプレーがわかっているので、それを自分のチームに取り込むようにという指示をしました。この一週間それがどこまでできるかで次の試合の流れにつながると思います。

ー今日の長谷川選手の活躍について
彼は、ポストの中でつかまれてもシュートまで持っていくという力がチームの中で一番あります。今日は病み上がりでありながらかなり頑張ってくれました。しかし問題は、彼がせっかく2人、3人も引きつけているのにその次が走っていなくて笛がなって終わってしまうことです。笛が鳴る前にいけば、もっとチャンスが増えると思います。その点も課題です。彼自身には問題はないです。

ー長谷川選手は春を終えてからどの点で成長していると思いますか
メンタルの部分です。当然緊張とかしていますが、負けないんだとか、やはりぶつかり合うスポーツなので自分がどれだけ強い気持ちを持っていけるかだと思います。

ー次の筑波大戦に向けて
筑波大がどうのこうのではなく、自分たちがやろうとしているハンドボールの中で何が課題なのか、今日であればキーパーの球出しという課題を明確にすれば、うちの守ってから走るハンドボールができると思います。それが実現できるように頑張って、筑波大に勝ちたいと思います。

河本憲汰主将

―今日の試合を振り返って
終始リードされて追いかける展開になってしまったのですが、やはり大事な場面でのシュートミスであったり、安易なミスで速攻をくらったり、技術的な差というよりはメンタルの部分で差が出たのかなと思います。
あと今日はバックプレーヤー(フローター)の得点があまり伸びず、そういった際の選手交代をふくめてどうすればいいのか戦略をたてていかないと今後厳しいのかなと思います。今日は遠藤由陽(経3)、渡邉大貴(社3)、坂野の3人がバックプレーヤーのスターティングメンバーだったのですが、2人が0点、1人が1点みたいに苦しい内容だったので、そういう時に自分であったり内門竜之介(経1)ら控えのメンバーで早めに手を打つべきだったのかなと思いました。

―河本選手自身調子はいかがでしたか
だいぶいい方ですね。結構試合から離れていて、試合に出ても短い時間だけだったので…。1本目のシュートで自分に得意なランニングシュートが決まったのでそのまま勢いに乗れました。

―一度3点差まで詰め寄り、相手に退場者を出させながら追いつけなかったが
相手が5人の時のOFは圧倒的にこちらが有利なのにも関わらず、DFをずらしてもシュートを外してしまったり、強引に打ってしまったり、やはりそこをきちっと決められないと勝てないです。今日は長谷川の調子が良くて、相手を退場させてくれたけれど、そこでしっかり点数に繋げられなかったのが痛いですね。

―8点差の敗戦はリーグ後半にも響くと思いますが
辛いですね。なかなか厳しい状況だと思います。

―残り5試合の戦い方は
今年の場合、ずば抜けて強いチームがあるわけではなく番狂わせも十分に考えられるので、どこに勝てるかというのもわからないので一戦一戦全力で頑張りたいです。勝ち点を取りに行きたいですね。一番苦手と思っていた早稲田に対して7点差といい試合ができたので、そういった意味ではまだまだチャンスはあると思います。

―次の筑波大戦に向けて
監督からもあったのですが、キーバーからの球出しが遅れてしまうというのがあって、1秒でも早く前に持っていきたいので、誰がDFに付かれてもいいように想定し常にキーパーからボールをもらう意識というのを徹底して練習に取り組みたいです。

長谷川良介

―今日の試合振り返って
出だしに3点差をつけられたことが響きました。あとはシュートミスですね。シュートがもう少し決まっていればいい試合になったと思います。

―個人的な収穫
相手が自分より小さかったということで、そこを割っていくプレーが出来たというのは良かったと思います。

―前の試合が欠場(体調不良)ということでしたが、今日の試合どう臨みましたか
そうですね。昨日はチームに迷惑をかけたので、その分頑張ろうと思ってました。

―中盤点差が3点差まで詰まりましたが、最終的に8点差まで開いてしまいました。その原因はどう考えますか
ここぞというところでのディフェンスミスです。大事な場面で相手の逆速攻を許してしまったところが駄目だったのかも知れないです。

―次の筑波大戦に向けて
まだ0勝ということで勝つしかないので、結果にこだわってやりきりたいと思います。

フォトギャラリー

  • ハンド2014秋中大長谷川 R-thumb-160xauto-9412
    後半大活躍の長谷川
  • ハンド2014秋中大DF R-thumb-160x160-9413相手のシュートコースを塞ぐ渡邉大貴(左)と長谷川(右)
  • ハンド2014秋中大パス R-thumb-160x160-9414ポストの長谷川にパスする渡邉
  • ハンド2014秋中大北川201 R-thumb-160x160-9416DFの要として出場する北川誠人(経3)
  • ハンド2014秋中大北川202 R-thumb-160x160-9417存在感を発揮するエース坂野
  • ハンド2014秋中大河本 R-thumb-160x160-9415豪快なシュートを放つ河本
  • ハンド2014秋中大立野201 R-thumb-160x160-9418後半の初めに出場した立野省吾(社2)

  • ハンド2014秋中大立野202 R-thumb-160x160-94197mスローを打つ竹内
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み