ハンドボール

【ハンド】2011関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対東大 5連勝も、ディフェンスに課題

2011年度関東学生ハンドボール連盟2部秋季リーグ戦 対東京大
2011年9月8日(木)
法大多摩

中盤戦に突入した、秋季リーグ戦。
5戦目の相手は、春季リーグ2部8位の東大だ。

IMG 0506 R
シュートを放つ#13 坂野

試合結果

トータル試合結果

 

41
法政大学

20 前半 12

 

21
東京大学

21 後半 9
 

戦評

 前半、先制を許してしまうものの、赤間のシュートから流れが生まれ4連続得点!しかしその後は、東大オフェンスに対応しきれず点の取り合いに。常にリードをしながらもイマイチ乗り切れないまま後半へ突入。

 開始早々パスミスから失点するシーンも見られたが、前半に比べると選手の動きは格段に良くなっていた。関大戦で佐々木が「取りたい」と言っていたポストからの得点も、藤を中心にしっかりと機能。1分に1本のペースで得点を重ね41-21でゲームセット!この試合、終始活躍が光っていたのは右サイドの坂野。相手のミスをついた速攻や、巧みなループシュートを駆使して前半だけで7得点を稼ぎだした。まだ一年生の彼が、今後どのような成長を遂げていくのか楽しみでならない。

 危なげなく5連勝目をあげた法大。しかし、ディフェンス面での課題はまだまだ山積みだ。1部と戦うためには、失点を最低でも20点以下に抑えておきたいところ。相手に合わせずに序盤から攻めあがり、早い段階で相手を攻略できるかがポイントだ。オフェンスでもキーパーと一対一の場面でシュートを外すシーンや、要所でのパスミスなどが目に付いた。リーグ戦も残り4試合。入れ替え戦までに急ピッチでの修正が必要になるだろう。

選手コメント

#13 坂野選手

―今日の試合を振り返って
今日の試合は前半に先制されて、競ってたんですけど、ディフェンスからしっかり守って速攻で抜け出したりして、一点一点積み重ねていけたので、チームの雰囲気もよかったです。それが勝ちに繋がったのかなと。

―今日得点をかなり決めていましたが調子は
はい、徐々に上がってきてます。

―リーグ戦半分終わりましたが
自分がいい流れの時にシュートミスしてしまった時があったんで、これから後半戦に向かってしっかり決めて、チームを鼓舞できるように後半頑張っていきたいと思います。

―次回は青学戦ですが意気込みを
1点差でも勝ちは勝ちなので、青学戦では勝つんだって気持ちを全面に出して頑張っていこうと思います。 

 

フォトギャラリー

    • IMG 0506 R
    • IMG 0511 R
    • IMG 0546 R
    • IMG 0787 R
    • IMG 0586 R

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み