ハンドボール

【ハンド】2011関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対青学大 盤石な戦いぶり、順当に勝ち進む

2011年度関東学生ハンドボール連盟2部秋季リーグ戦 対青山学院大
2011年9月18日(日)
日体大健志台

後半戦の始まり。今日の相手は青学大。
連勝の流れそのままに圧倒できるか。 

h110918 125 R

試合結果

トータル試合結果

 

28
法政大学

15 前半 9

 

18
青山学院大学

13 後半 9
 

戦評

 前半、非常にゆったりとした立ち上がりを見せる。先制されるも焦る様子はなく、相手の攻撃でのミスを突き速攻を仕掛けると、松浦(経2)が落ち着いてロングを決める。その後も赤間(社4)・佐々木(経4)らを中心に相手DFを動いて崩し、最後はルーキー坂野(社1)がGKの動きを読んだ落ち着いたシュートを魅せ、点差を広げていく。DF面でも相手に速攻をさせないように対応するなど、攻守にわたり相手に隙を与えず、しっかりと主導権を握り前半を15-9で折り返す。

 後半序盤、相手に連取されてしまうも前半のリードもあり、すぐに流れを取り戻す。ポストに入った藤(社4)が相手の裏を取って得点を決めたり、佐々木がロングシュートを決めたりと、攻撃の手を一切緩めない。後半10分から20分にかけては、GK矢内(経3)の好セーブと相手のOFのミスもあり無失点と、守りからいい流れを演出する。20分過ぎにはこの試合で最大となる10点差をつけ、その得点差のまま28-18で試合を終えた。

 6連勝し現在2部首位を走っている法大だが、まだまだ満足はしていない。試合を重ねるごとに課題は改善されつつあるが、目標の1部に復帰し、いい戦いをするためにはまだゲーム内容がよくないように見える。残り3試合を全勝するのはもちろんのこと、各試合しっかりと目標を持って戦い、一まわりも二まわりも成長した姿で1部復帰を果たしてほしい。 

コーチ・選手コメント

山口コーチ

―今日の試合を振り返って
前半DFが立ち上がりエースの6番にポイントやられてリズムが取れなかったかな。ただそれでも一本一本大事にしてリズム、流れがこっちに来た。全体的にノーマーク外し過ぎて、点数もうちょっと35、6点、7、8点くらい欲しかったけど、取れなかった要因がそれかな。相手はエースすごかったけど点数的にも取られてないし他でもやられてないので、DF的にはできたんじゃないかと思います。

―チームの調子は
目標は1部昇格なので、調子良くてもそこまで持ってくのは当たり前なんで、ちょっとスタミナはなかったけど、まぁ調子はいいんじゃないかと思います。

―リーグ残りの3試合はどう戦うか
一本一本大事に、次は入れ替え戦を見据えてゲーム一試合一試合やれたらなと。やっぱり2部で終わるのが目標じゃないので。 

 

#22 佐々木主将

―今日の試合を振り返って
相手の6番がすごくいい選手で、そこを抑えればまずどうにか勝てるかなっていうのはあったんですけど、実際試合やってみるとちょっと取られすぎたかなっていうのがありますね。もっと他の人にやらせて、もっと6番を守るべきだったかなっていうのが印象と、あと後半に体力がちょっとこっちは落ちてるんで、体力面とかでも1部に上がるためには必要なのかなっていう試合でした。

―今日はシュートミスが多かったように思いますがその辺りは
そうですね、今日特にシュートミスが多かったんですけど、これからどんどん強い相手とやって、最終日に一番強い国際武道とやるので、今日みたいなシュートミスがあるとちょっと苦しい展開になってくると思うので、やっぱりどんな状況でもどんな相手でもシュート確実に入れなきゃないなっていうのは今日改めて感じました。

―途中で肩を痛めたようですが
もう大丈夫です。ちょっとケガしてたので、逆にもってかれてやばいなって思ったんですけどすぐ治ったので。

―今日見つかった課題は
相手が一人少ない5人の状態での攻めの仕方とか速攻の繋ぎ方とか、一番はやっぱりノーマークシュートが課題になってくるかなと。

―前回の試合から少し期間が空きましたがどのように練習を
まず相手のビデオを研究してディフェンス練習なり攻めなり、けが人もちょっといたので、試合想定して色んな人出せるように準備してはきましたね。

―あと3試合ですがどう戦うか
まず今目の前にある課題をクリアして、最終的に入替え戦にいい形でもっていければいいかなと思います。

 

#12 矢内選手

―今日を振り返って
28点を取って勝ったんですけど、シュートミスがなければ40点くらい取れるゲームでした。攻撃面でのミスが多かったかなと思います。

―相手の攻め方はGKから見て守りやすかったか(センターがよく動いてクロスして、45に打たせる攻撃について)
相手のエース(6番)以外あまりシュートを打ってくる感じがなかったので、絞りやすかったですね。打ってくるタイミングも大体同じで、途中からそのタイミングもわかってきたので、あとはコースを読むといった感じにできました。

―相手のスカイプレイについて
正直DFにもう少し詰めてもらって守って欲しかったです。通ってしまったのは仕方ないって割り切って守っていたので、あの攻めの形だけ意識して守るといったことは特にしませんでした。

―今日見つかった課題は
戻りですかね。攻守の切り替えがもっと速くできると思います。DFは何度もやられているプレイ(相手の得意な攻め方)に関して、試合中に早いうちから対策できるようにすることも課題です。

―残り3試合負けられない試合が続きますが
目標は一部に戻って、真ん中くらいの成績をあげることなので、二部でつまづくわけにはいかないという気持ちで戦っています。連勝のいいペースを保って勝ちをつなげていきたいです。

―次戦に向けて意気込みを
DFが切ったコースを止めたいです。そして失点を20点以内に抑えることがベストだと思うので、それを目標に頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • h110918 125 R
  • h110918 081 R
  • h110918 384 R
  • h110918 379 R
  • h110918 417 R
  • h110918 435 R
  • h110918 474 R
  • h110918 224 R
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み