ハンドボール

【ハンド】2011関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 対国武大 意地でもぎ取った2勝目!

2011年度関東学生ハンドボール連盟1部春季リーグ戦 対国際武道大
2011年5月29日(日)
日体大健志台

迎えたリーグ最終戦。法大はここまでわずか1勝。最後に2勝目を挙げることはできるのか。

IMG 0764 R

試合結果

トータル試合結果

 

27
法政大学

14 前半 7

 

24
国際武道大学

13 後半 17
 

戦評

 前半、藤や赤間の連続ポイントで大きくリードを奪う。中盤に失点が続き迫られるも、終盤に怒涛の攻撃で引き離し、14-7と2倍の点差をつける。

 さらに点差を広げたい後半だったが、相手に先制を許すとミスからの失点が重なり、点差は縮まっていく。3連続失点の悪い流れを断ち切るべく、GK矢内から坂野へのロングパスでそのまま走り一対一でシュートを決める。その後、パスミスで相手に一対一でシュートを打たれるもGK矢内が気迫のセーブを見せ、そこから赤間が速攻で得点。このまま法大の流れを作りたかったが、中盤にスタミナが切れ始め相手に4連続でゴールネットを揺らされ同点とされる。さらに7mスローを決められ逆転を許す。その後は一進一退の激しい攻防が続いたが、ラスト2分で3点のリードを奪い、なんとか接戦を制すことに成功した。

 リーグ戦通算成績は2勝7敗。今日の試合には勝ったものの、その後の中大の試合結果により入れ替え戦が決定した。6月5日、2部2位の明星大と戦うことになった法大。一部残留はなんとしても死守してほしい。

監督・選手コメント

上久保監督

―今日の試合について
後半にスタミナが切れた。いい形でああここで1点取れればってところで外す。あれが逆転された要因。流れを切らないように順調に入れていけばあんなにならない。それが法政が勝てない理由だと思った。前半は攻防してて後半になって負けたのはスタミナと流れを断ち切ることができないから。最終的に勝てたのは日頃の練習の成果かな。慌てないでできた。本来なら慌てるところを落ち着いてできた。速攻で決まるところもあった。まぁ勝てて良かった。後半の立ち上がりが悪い。ここで入れとけばな、入れたら相手諦めるなってところで外して取られるのが苦戦した原因です。

#22 佐々木主将

―今日を振り返って
前半の貯金が助かりました。後半の10分から15分にかけて体力的に苦しくてやられてしまいました。
 
―相手の変則型のDFについて
そこまでDFされているという意識はありませんでした。ただ相手の勢いだったり、そういった空気に圧倒された部分もありました。荒いDFに引いてしまってガツガツいけなかったのもよくなかったです。
 
―後半余裕の展開にできなかった要因は
疲れからのミス、速攻が決まらない、足を使ったDFができずに要らないファウルをした、というのが苦しい展開になった原因だと思います。
 
―平山さんが不在で、石井君が初スタメンでしたが
ミスは多かったと思うんですけど、よく頑張ってくれてたと思います。平山のいない穴を充分カバーしていました。
 
―今シーズンを振り返って
目標は5位以上でした。それが達成できなくて残念です。正直、もう少し楽に展開できた試合もあったと思いますし、自分たちのミスから大差で負けるといったところもありました。自分たちのハンドをできなかったのが一番の原因です。
 
―課題は
パスミス、DFミスからの逆速攻、フィジカルでの押し負け、フットワーク力、メンタル面です。
 
―入れ替え戦になってしまいますが
負けられないです。相手がどんなチームかわからないんですけど、一部の力を発揮して秋も一部でできるようにしたいです。
絶対勝ちます。

#12 矢内選手

―試合を振り返って
やばかったです。

もう少し点差が開くのかなと思いましたが
シュートミスが多くて連続失点を許してしまって、また何点かとってもまたシュートミスやパスミスで連続失点、っていうのを繰り返してましたね。あれだけミスをしたら普通は勝てないです。

―矢内選手から見た今日の法大の攻撃は
単調で簡単なプレーしかしてないし、それなのにミスが多かったです。遠いところにパスを出そうとして、そこでミスをして相手の思うつぼにはまってしまってたと思います。結局長いパスはミスが出やすいので、そこを相手に狙われて、やられてましたね。もう少し一対一で強く間に入っていくプレーがないとダメですね。

―終盤急に流れがよくなりましたが、なにかきっかけがあったのですか
運が良かっただけですね。たまたま角度がないところから坂野のシュートが入ったりとか、ほんと運が良かっただけですね。 

―春季リーグ戦はこれで終わりですが、個人的に成長した部分は
全くないです 

―では課題は
基礎です。やっぱり実力が上のチームのシュートは全く取れなかったので、速いシュートに対する読みや判断の速さを上げていきたいです。 

―チーム全体の課題は
ミスを減らす、それだけです。DF面でもいろいろとあるんですがまずは基本のパスキャッチですね。動きが合ってないので、隣同士声をかけあっていかないとですね。

―入れ替え戦に向けて
とりあえず勝ちます。勝ちしかないです!

#19 石井選手

―今日を振り返って
前半勝っていたんですけど、後半逆転されてしまって苦しかったです。集中力が切れかけた時に、みんなで声を出して盛り上げたのがよかったと思います。
 
―初スタメンでしたが
緊張はありませんでした。同じポジションの平山さんがいなかったので、自分が出るんじゃないかと思っていました。
 
―相手のOFの戦術には対応できましたか
勢いのある攻めには困りました。相手のペースになった後半は特にやりにくかったです。
 
―自己採点すると何点の出来ですか
勝ったんで80点くらいですかね。自分的にはDF面で貢献できたと思っています。
 
―春季を振り返って
結果的に入れ替え戦に回ってしまったんですけど、気持ち切らさずに入れ替え戦に勝って、東日本も勝って、インカレに出場できるようにしたいです。個人的には正サイドで決められるようになりたいです。
 
―入れ替え戦に向けた意気込みを
負けられない一戦なので、チーム一丸となって試合に臨みたいです。
 

フォトギャラリー

  • IMG 0764 R
  • IMG 0601 R
  • IMG 0567 R
  • IMG 0717 R
  • IMG 0584 R
  • IMG 0633 R
  • IMG 0698 R
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み